【Pixel8 iPhone14 Xiaomi13T Pro 実質12円】
スマホ乗り換え.com|新規契約・MNPで特典&キャンペーンが目白押しのソフトバンク取扱店
スマホ乗り換え.com(ドットコム)ではソフトバンクへの新規契約・乗り換え(MNP)で最速のキャッシュバックキャンペーンを実施中!全国どこからでも最新の携帯・スマートフォンを簡単&お得に購入できます。累計販売台数50万台超!


【脱サラも可能毎月数十万稼げる商材】
アフィリエイト小遣いレベルから独立まで数十万から数百万まで稼げる
アフィリエイトという言葉を聞いたことある人も多いと思いますが、アフィリエイトをやることで小遣いレベルから起業するレベルまで人によって感じ方は違うと思います。 起業するレベルというのは、専業として仕事をするというレベルとなっています。 ...

スマホで収入を得る 小遣いが稼げる 脱サラも可能な案件を紹介
スマホがあれば小遣いを稼ぐことができるという案件があればかなりメリットがあると思いませんか? スマホ1つで小遣いが稼げるのであれば、相当魅力的だと思います。 しかも数ヶ月必死にやれば、毎月数十万も稼げちゃうという案件があれば興味...

【携帯情報コム公式Instagram】
Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.


Snapdragon778G ミドルレンジの最新CPUがクアルコムより登場 5G対応も 今後のスマホに期待


 

この記事にはPR文言を含んでおります。

Snapdragon778Gと呼ばれるミドルレンジのCPUが発表されております。

Snapdragonというのは、日本で最もメジャーなCPUとなっています。

今回それの最新にあたるSnapdragon778Gと呼ばれるものが発表されると言われております。

 

事務手数料が無料のオンラインショップドコモ公式オンラインショップ上記クリックで、ドコモオンラインショップ公式サイトに遷移します。ソフトバンク公式オンラインショップ上記クリックで、ソフトバンクオンラインショップ公式サイトに遷移します。楽天モバイル公式オンラインショップ上記クリックで、楽天モバイルオンラインショップ公式サイトに遷移します。

Twitterの内容

[Exclusive] In all likelihood, Qualcomm will unveil its Snapdragon 778G processor on May 19th.
Will be sort of an underpowered SD780G with same CPU but Adreno 640 GPU
5G, Wi-Fi 6E, BT 5.2, and support for LPDDR5 RAM.

[独占]おそらく、クアルコムは5月19日にSnapdragon778Gプロセッサを発表する予定です。
同じCPUでAdreno640GPUを搭載したパワー不足のSD780Gのようなものになります
5G、Wi-Fi 6E、BT 5.2、およびLPDDR5RAMのサポート。

日本語に訳すとこのような感じです。

Snapdragon780GではAdreno642を搭載していますが、Snapdragon778GではAdreno640を搭載しています。

Adreno640というのは、Snapdragon855に採用されているGPUとなりますので、世代的には若干古めのGPUとなります。

ミドルレンジの中でも、若干スペックを落としたモデルに搭載されると思われます。

コント2022年のミドルハイのスマホに搭載されるのではないかと思います。

✔2021年は日本でも採用実績が低かった
✔2022年に採用してくるスマホが増えるのでは?

なぜ採用実績が少なかったのかわかりませんが、採用実績が少ないということは、日本では2022年以降になるのではないかとも思います。

日本の主流はSnapdragon765G

日本の2021年モデルのミドルレンジモデルの主流というのは、Snapdragon765Gが主流となっています。

Snapdragon 765G 5G Mobile Platform | Qualcomm
Snapdragon 765G 5G Mobile Platform brings premium smartphone experiences for gamers, including 5G gaming, Elite Gaming features, and all-day battery life.

こちらがクアルコムのページとなっていますが、昨今日本で販売される10万円前後のミドルレンジクラスにはかなりの確率で搭載されております。

au TORQUE 5G G05 トルク 5G KYG01 スペック レビュー 価格 評価 防水 防塵 Coleman
TORQUE 5Gが販売されてから少し経過し、販売台数も少し落ち着いてきたという状況となります。 これから夏の時期になりますので、キャンプや山、海などにTORQUE 5Gを持っていきたいという人も結構多いのではないかと思います。 TOR...

こちらTORQUE 5Gと呼ばれるモデルとなっていますが、こちらのモデルでも搭載されているのです。

日本の主流となっているモデルでは2021年に販売されていることから、まだSnapdragon765Gあたりが採用される見込みとなっています。

しかしながら2021年の後半にかけては、Snapdragon765Gよりも上位のCPUが搭載される可能性が非常に高いと思われます。

SnapDragon765Gなどと比較して?

SnapDragon765Gなどと比較して10%ほど能力アップしています。

2021年の夏以降に発売されるモデルに搭載される可能性が非常に高いと思われます。

✔SnapDragon750Gの後継
✔SnapDragon765Gの後継

これら7シリーズの後継として発売されております。

そのため同じシリーズであったとしても、CPU違いで最新モデルとして販売しているケースもあります。

CPUの処理能力というのは、本体の動作速度に影響することが大半なので、より高速なスマートフォンが欲しいという人ならSnapDragon778Gという2021年の夏以降に販売されるスマホに搭載されている778Gという選択肢もありではないかと思います。

2021年冬モデルに期待

2021年の冬モデルのミドルレンジモデルに搭載されることを期待したいと思います。

AQUOS Zero6 アクオスゼロ6 2021年 スペック ゲームスマホに 240Hzのリフレッシュレート
AQUOS Zeroシリーズというのは、以前はハイスペックモデルでしたが、今はミドルハイのスペックとなっており、価格も若干抑えられたモデルとなっています。 【公式サイト】 こちらから予約出来ますので、ぜひ予約してもらいた...

ひょっとするとAQUOS Zeroシリーズが冬に登場するかと思いますが、こちらのモデルに搭載されるかもしれません。

ARROWS NX10 アローズNX10 スペック 5G対応 予想 2022年 FCNTのスマホ
ARROWS NX10というARROWS NX9の後継モデルの存在も非常に気になるところではないかと思います。 ARROWSシリーズの中で、ハイスペックの部類に入る、NXシリーズですが、ゲームなどをする人にとってもありがたいスマホとな...

他にはARROWSシリーズもミドルレンジモデルの発売を行っております。

このように日本ではミドルレンジモデルが冬に出てくるというのは、日本メーカーではこれらのモデルがメインになると思います。

当然ながら海外から入ってくるメーカーもありますので、海外メーカーは同様にこのSnapdragon778Gを採用するかもしれません。

ドコモ 2021年 ahamo 夏モデル 秋 スマホ 機種変更 発売日 値段 予想 価格 5Gがメイン機種に
2021年夏モデルの発表会が開催されました。どのようなスペックのモデルが発表されたのでしょうか? ドコモオンラインショップは事務手数料無料で購入しやすいので、ぜひ検討してください。 発売日に自宅に届くというメリットもあります...

こちらドコモの夏モデルなどの予想となっています。こちらのモデルの一部も冬モデルとして発売されると思われますので、冬モデルには搭載される可能性が高いです。

778Gの能力はどの程度なのか?

SnapDragon778Gを搭載しているスマホをGETしましたので、紹介したいと思います。

SnapDragon778Gの能力というのは、どの程度なのでしょうか?

✔2021年のハイスペックモデルよりも若干落ちる程度
✔3年以上利用できるスマホに
SnapDragon778G Realme GT Master ベンチマーク 能力 処理速度 CPUなどの速さはどの程度なのか
Realme GT MasterはSnapDragon778Gを搭載しているスマホとなっています。 SnapDragon778Gというのは、結構性能は高く、おすすめできるスマホとなっています。 そのスマホの能力というのは、どれく...

こちらにどの程度の能力なのか?というところをお伝えしている記事がありますので、紹介したいと思います。

ハイスペックモデルというところまではいかないまでも、十分ハイスペックモデルと同等に戦えるということが、こちらを見てもらえればわかるのではないかと思います。

個人的に見ても、かなりいいモデルに仕上がっていると予想されます。

SnapDragonシリーズの中でも7シリーズというのは、価格も若干抑えられながら、ハイスペックという立ち位置のモデルになるのではないかと思います。

5Gへの対応はスタンダードに

5Gの対応というのは、スタンダードになりました。

昨今CPUが5Gに対応するということは、当たり前のことになってきているということです。

特にSnapdragon7シリーズというのは、ミドルレンジの中でもハイレンジにあたりますので、5Gの対応は当然ながら行われております。

✔Snapdragon8シリーズ:ハイスペック
✔Snapdragon7シリーズ:ミドルハイ
✔Snapdragon6シリーズ:ミドル
✔Snapdragon4シリーズ:ロー

Snapdragonシリーズというのは、このような形で展開されております。今回は7シリーズとなりますので、ミドルハイという位置づけということになります。

ミドルハイというのは、基本的には日本円で10万円前後で販売されるモデルが多く存在します。

ハイスペックとなると、11万円以上くらいというレンジになります。当然ながらものによっては10万円以下でもSnapdragon8シリーズのCPUを採用しているモデルも多く存在しますが、基本的に最近のCPUというのは、すべてのレンジで5Gへの対応が行われていると思っていてもいいのではないかと思います。

GはゲーミングのG

今回のモデルにもSnapdragon778GというGがついています。

このGというのはゲーミングのGということになります。

ゲームに特化しているというわけではありませんが、ゲームをしたい人にとってはGがついているスマホを選択することをオススメしたいですね。

✔GはゲーミングのG
✔ゲームをする人はGがついているモデルを選定すればよい

先程もお伝えした通り、今回発表される予定のSnapdragon778Gというのは、Snapdragon855と同じCPUに搭載されているGPUを採用しています。

Adreno640と呼ばれるものとなっています。

携帯情報.コム
ドコモ au ソフトバンク 最新スマホの情報を掲載 iPhone15 Galaxy S23 Xperia 1 V

Xperia 1に搭載しているGPUと同じGPUということになります。Xperia 1シリーズでも十分ゲームなどを行うことは出来たと思いますので、ゲームをするには十分ということになります。

今後の最新情報を待ちたいところですね。

プロセスルールは6nm

プロセスルールは6nmとなっています。

昨今7nmや5nmなどはありますが、6nmとは結構珍しいですね。

ちょうど中間のプロセスルールということになりますので、悪くはないといった感じではないかと思います。

✔プロセスルールが細かいほど処理速度が早い
✔プロセスルールが細かいほど省エネ

ある程度省エネと処理能力の2つを兼ね備えたモデルになるということは間違いありません。

HDR10+に対応

HDR10+に対応しています。

HDR10+とは? HDR10 HDRの新規格 ハイダイナミックレンジというのは? 何?
HDRという文字を見ることも結構多いと思います。HDRというものは一体なんなんでしょうか? EIZOのホームページで非常にわかりやすく解説されていたので、紹介したいと思います。 こちら登録無料で友達登録頂くことで、割引情報な...

HDRとは、High Dynamic Range(ハイダイナミックレンジ)の略称で、従来のSDR(スタンダードダイナミックレンジ)に比べてより広い明るさの幅(ダイナミックレンジ)を表現できる表示技術です。

HDR10+というのは、最も最新の技術に対応しているということになりますので、表示される画像などはかなりきれいに表現されるということになります。

このような処理もCPU側で処理するということになりますので、対応していないCPUであればそういった表現を行うことがスマホ側では出来ません。

今後の主流はミドルレンジに

今後日本市場での売れ筋はミドルレンジモデルになることは間違いありません。

2015年頃のようにハイスペックモデルのスマホが売れまくるという時代は正直なところ終わりました。

ハイスペックモデルといえばiPhoneのみは継続して販売されておりますが、それ以外のモデルは本当に売れていません。

ハイスペックモデルからミドルレンジモデルへ移行したということは、それだけみなさんのお財布事情が厳しくなったと言わざるを得ません。

✔ハイスペックモデルはあまり売れないスマホに
✔ミドルレンジモデルが売れ筋モデルに

今後ミドルレンジモデルが多数販売されることにより、メーカーはさらに苦しくなるでしょう。

ハイスペックモデルの売上からするとかなり落ちるからです。

売上が落ちるということは、本当に残念な限りですね。

AQUOS Zero7で搭載になるかも

AQUOS Zero7 アクオスゼロ7 スペック 予想 噂 進化は? au ソフトバンクからの発売になると予想
AQUOS Zero7が2022年にも発売されると思われます。 AQUOS Zero6が2021年の9月末に発表され、秋、冬モデルという位置づけとなっています。 そのため2022年に発売されるAQUOS Zeroシリーズ...

2022年にはAQUOS Zero7というモデルの発売もあります。

ひょっとするとAQUOS Zero7で販売される可能性もあります。

AQUOSシリーズというのは、非常にいいモデルです。

購入している人もかなり多いのではないでしょうか。またSnapdragon778Gという名称となっており、ゲームにはかなり強いモデルとなります。

リフレッシュレートも高く、ゲームをする上では非常に優れたモデルになっていることは間違いありません。

すでにこのCPUを搭載しているモデルもありますが、基本的にはAQUOS Zero7を利用する人はゲームをする人というイメージも強いと思います。

2022年には色々なスマホで搭載されてくるのではないかと思います。

Tensorと同じくらいの能力という情報も

TensorというCPUを知っていますか?

このTensorというCPUというのは、GoogleがPixel6に搭載しているCPUとなっています。

Tensor テンソル グーグルが採用する新しい 独自 CPU 高速に処理できるのか?
Pixel6と呼ばれる新しいスマホが登場しました。 Pixel6では最新のCPUが搭載されておりますが、テンソルと呼ばれるCPUとなっています。Tensorと書いてテンソルと日本語では読むみたいです。 このテンソルに関す...

こちらがTensorというCPUとなっていますが、Google Pixel6とPixel6 Proに搭載されているCPUとなります。

ミドルハイということになります。

同じくらいのCPUの能力ということであれば、かなり信頼性が高いということもわかるでしょう。

✔Google製のスマホと同じくらいの能力
✔Snapdragon778Gならゲームも十分利用可能

基本的にはスマホの能力というのは、CPUに左右されますが、CPUに左右されるということは、それだけ何が搭載されているかというところを気にする人も多いということになります。

Snapdragon778Gが搭載されているということは、かなり高速に動作させることができるということになりますので、それだけでもメリットがあると思っていただいていいのではないかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
ワイモバイルストア公式UQモバイル公式キャッシュバック