Snapdragon778G ミドルレンジの最新CPUがクアルコムより登場 5G対応も 今後のスマホに期待

Snapdragon778Gと呼ばれるミドルレンジのCPUが発表されるようですね。

Snapdragonというのは、日本で最もメジャーなCPUとなっています。

今回それの最新にあたるSnapdragon778Gと呼ばれるものが発表されると言われております。

 

スマホを事務手数料無料で買う方法

Twitterの内容

[Exclusive] In all likelihood, Qualcomm will unveil its Snapdragon 778G processor on May 19th.
Will be sort of an underpowered SD780G with same CPU but Adreno 640 GPU
5G, Wi-Fi 6E, BT 5.2, and support for LPDDR5 RAM.

[独占]おそらく、クアルコムは5月19日にSnapdragon778Gプロセッサを発表する予定です。
同じCPUでAdreno640GPUを搭載したパワー不足のSD780Gのようなものになります
5G、Wi-Fi 6E、BT 5.2、およびLPDDR5RAMのサポート。

日本語に訳すとこのような感じです。

Snapdragon780GではAdreno642を搭載していますが、Snapdragon778GではAdreno640を搭載しています。

Adreno640というのは、Snapdragon855に採用されているGPUとなりますので、世代的には若干古めのGPUとなります。

ミドルレンジの中でも、若干スペックを落としたモデルに搭載されると思われます。

日本の主流はSnapdragon765G

日本の2021年モデルのミドルレンジモデルの主流というのは、Snapdragon765Gが主流となっています。

Snapdragon 765G 5G Mobile Platform | Qualcomm
Snapdragon 765G 5G Mobile Platform brings premium smartphone experiences for gamers, including 5G gaming, Elite Gaming features, and all-day battery life.

こちらがクアルコムのページとなっていますが、昨今日本で販売される10万円前後のミドルレンジクラスにはかなりの確率で搭載されております。

au TORQUE 5G G05 トルク 5G KYG01 スペック レビュー 価格 評価 防水 防塵 Coleman
TORQUE 5Gが販売されてから少し経過し、販売台数も少し落ち着いてきたという状況となります。 これから夏の時期になりますので、キャンプや山、海などにTORQUE 5Gを持っていきたいという人も結構多いのではないかと思います。 TOR...

こちらTORQUE 5Gと呼ばれるモデルとなっていますが、こちらのモデルでも搭載されているのです。

日本の主流となっているモデルでは2021年に販売されていることから、まだSnapdragon765Gあたりが採用される見込みとなっています。

しかしながら2021年の後半にかけては、Snapdragon765Gよりも上位のCPUが搭載される可能性が非常に高いと思われます。

2021年冬モデルに期待

2021年の冬モデルのミドルレンジモデルに搭載されることを期待したいと思います。

AQUOS Zero6 (Zero4)アクオスゼロ6 2021年 スペック ゲームスマホに 240Hzになる予定
AQUOS Zeroシリーズというのは、以前はハイスペックモデルでしたが、今はミドルハイのスペックとなっており、価格も若干抑えられたモデルとなっています。 Zeroシリーズというのは、初代はハイスペックモデルという位置付けでしたが、3...

ひょっとするとAQUOS Zeroシリーズが冬に登場するかと思いますが、こちらのモデルに搭載されるかもしれません。

ARROWS NX10 アローズNX10 スペック 5G対応 予想 2021年 富士通のスマホ
ARROWS NX9と呼ばれるモデルがすでに販売されておりますが、次のモデルの登場も気になりますよね? 今のところ次のモデルがどのようなモデルになるのか、不明点も非常に多いですが、次のモデルに関して紹介してみたいと思います。 ARR...

他にはARROWSシリーズもミドルレンジモデルの発売を行っております。

このように日本ではミドルレンジモデルが冬に出てくるというのは、日本メーカーではこれらのモデルがメインになると思います。

当然ながら海外から入ってくるメーカーもありますので、海外メーカーは同様にこのSnapdragon778Gを採用するかもしれません。

ドコモ 2021年 ahamo 夏モデル 秋 スマホ 機種変更 発売日 値段 予想 価格 5Gがメイン機種に
2021年夏モデルの発表会が開催されました。どのようなスペックのモデルが発表されたのでしょうか? ドコモオンラインショップは事務手数料無料で購入しやすいので、ぜひ検討してください。 発売日に自宅に届くというメリットもあります...

こちらドコモの夏モデルなどの予想となっています。こちらのモデルの一部も冬モデルとして発売されると思われますので、冬モデルには搭載される可能性が高いです。

5Gへの対応はスタンダードに

5Gの対応というのは、スタンダードになりました。

昨今CPUが5Gに対応するということは、当たり前のことになってきているということです。

特にSnapdragon7シリーズというのは、ミドルレンジの中でもハイレンジにあたりますので、5Gの対応は当然ながら行われております。

✔Snapdragon8シリーズ:ハイスペック
✔Snapdragon7シリーズ:ミドルハイ
✔Snapdragon6シリーズ:ミドル
✔Snapdragon4シリーズ:ロー

Snapdragonシリーズというのは、このような形で展開されております。今回は7シリーズとなりますので、ミドルハイという位置づけということになります。

ミドルハイというのは、基本的には日本円で10万円前後で販売されるモデルが多く存在します。

ハイスペックとなると、11万円以上くらいというレンジになります。当然ながらものによっては10万円以下でもSnapdragon8シリーズのCPUを採用しているモデルも多く存在しますが、基本的に最近のCPUというのは、すべてのレンジで5Gへの対応が行われていると思っていてもいいのではないかと思います。

GはゲーミングのG

今回のモデルにもSnapdragon778GというGがついています。

このGというのはゲーミングのGということになります。

ゲームに特化しているというわけではありませんが、ゲームをしたい人にとってはGがついているスマホを選択することをオススメしたいですね。

✔GはゲーミングのG
✔ゲームをする人はGがついているモデルを選定すればよい

先程もお伝えした通り、今回発表される予定のSnapdragon778Gというのは、Snapdragon855と同じCPUに搭載されているGPUを採用しています。

Adreno640と呼ばれるものとなっています。

XPERIA 1 2019 スペック レビュー 発売日 価格 ドコモ au ソフトバンク
XPERIA 1(ONE)という名称でソニーから発表されました。今回特筆すべき点は何点かありますので、こちらのページで紹介してみたいと思います。まだまだこの機種は今後人気が出てくることは間違いありません。 ソニーは半年に1度のフラッグ...

Xperia 1に搭載しているGPUと同じGPUということになります。Xperia 1シリーズでも十分ゲームなどを行うことは出来たと思いますので、ゲームをするには十分ということになります。

今後の最新情報を待ちたいところですね。

プロセスルールは6nm

プロセスルールは6nmとなっています。

昨今7nmや5nmなどはありますが、6nmとは結構珍しいですね。

ちょうど中間のプロセスルールということになりますので、悪くはないといった感じではないかと思います。

✔プロセスルールが細かいほど処理速度が早い
✔プロセスルールが細かいほど省エネ

ある程度省エネと処理能力の2つを兼ね備えたモデルになるということは間違いありません。

HDR10+に対応

HDR10+に対応しています。

HDR10+とは? HDR10 HDRの新規格 ハイダイナミックレンジというのは? 何?
HDRという文字を見ることも結構多いと思います。HDRというものは一体なんなんでしょうか? EIZOのホームページで非常にわかりやすく解説されていたので、紹介したいと思います。 HDRとは?  HDRとは、High Dyn...

HDRとは、High Dynamic Range(ハイダイナミックレンジ)の略称で、従来のSDR(スタンダードダイナミックレンジ)に比べてより広い明るさの幅(ダイナミックレンジ)を表現できる表示技術です。

HDR10+というのは、最も最新の技術に対応しているということになりますので、表示される画像などはかなりきれいに表現されるということになります。

このような処理もCPU側で処理するということになりますので、対応していないCPUであればそういった表現を行うことがスマホ側では出来ません。

今後の主流はミドルレンジに

今後日本市場での売れ筋はミドルレンジモデルになることは間違いありません。

2015年頃のようにハイスペックモデルのスマホが売れまくるという時代は正直なところ終わりました。

ハイスペックモデルといえばiPhoneのみは継続して販売されておりますが、それ以外のモデルは本当に売れていません。

ハイスペックモデルからミドルレンジモデルへ移行したということは、それだけみなさんのお財布事情が厳しくなったと言わざるを得ません。

✔ハイスペックモデルはあまり売れないスマホに
✔ミドルレンジモデルが売れ筋モデルに

今後ミドルレンジモデルが多数販売されることにより、メーカーはさらに苦しくなるでしょう。

ハイスペックモデルの売上からするとかなり落ちるからです。

売上が落ちるということは、本当に残念な限りですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました