OPPO Reno7 /7Pro リーノ7 スペック 予想 噂 価格 発売日 楽天モバイル

ソフトバンクのiPhoneを使う】
ソフトバンクオンラインショップなら事務手数料無料

OPPO Reno7 のスペックが出てきているようです。

OPPO Reno7も今後発売される予定となっています。

OPPOは非常に人気の高いメーカーの一つです。最近は知っている人も多いのではないでしょうか。

OPPOのRenoシリーズというのは、日本でも発売されている人気のモデルです。Reno7というモデルも今後発売される予定となっています。

 

OPPO Reno7の情報がリーク

こちらに情報がリークされております。

Reno7シリーズのリークはすでに始まっています。バニラReno7は50MPIMX766センサーを備えています。

カメラのリークとなっています。

OPPO Reno5 Pro+にもこのIMX766センサーは搭載されております。

Pro+に搭載されているモデルが、通常のReno7に搭載されるということは、かなりありがたいのではないかと思います。

OPPOシリーズもReno5までは日本での販売が行われており、今後Renoシリーズというのは、日本でもかなり人気のあるモデルになると予想されます。

参考までにReno6のスペックを紹介

OPPO Reno6 /6Pro リーノ6 スペック 価格 発売日 日本 楽天モバイルあたりの発売は可能性としてあり?
OPPO Reno6がグローバルでは発売されているモデルとなっています。 OPPOシリーズというのは、日本でも徐々に浸透しているメーカーとなっていますので、知っている人も増えてきたのではないかと思います。 認知度が上がってきてい...
メーカー OPPO
機種名 Reno6 5G
大きさ 156.8 × 72.1 × 7.6
重さ 182g
OS Android11.0 ColorOS11
CPU Dimensity900 5G
RAM 8GB 12GB
ROM 128GB 256GB
画面サイズ 6.43インチ
解像度 メイン:2,400×1,080
メインカメラ 6,400万画素/800万画素/200万画素
インカメラ 3,200万画素
ネットワーク1 2G: GSM 850/900/1800/1900MHz
2G: CDMA BC0(800MHz)
3G: CDMA2000 BC0(800MHz)
3G: UMTS(WCDMA) bands 1/2/4/5/6/8/19
4G: TD-LTE bands 34/38/39/40/41(160MHz)
4G: LTE FDD bands 1/2/3/4/5/7/8
4G+: TD-LTE: B38C/B39C/B40C/B41C/B40D/B41D/B39A+B41A/B39A+B41C
4G+: LTE FDD: B1C/B2C/B3C/B1A+B3A/B1A+B3C/B1C+B3A/B3A+B41A/B8A+B41A/B1A+B5A/B1A+B8A/B3A+B8A/B3A+B41C
5G: n1/n3/n28/n41/n77/n78
ネットワーク2 2G: GSM 850/900/1800/1900MHz
2G: CDMA BC0(800MHz)
3G: CDMA2000 BC0(800MHz)
3G: UMTS(WCDMA) bands 1/2/4/5/6/8/19
4G: TD-LTE bands 34/38/39/40/41(160MHz)
4G: LTE FDD bands 1/2/3/4/5/7/8
4G+: TD-LTE: B38C/B39C/B40C/B41C/B40D/B41D/B39A+B41A/B39A+B41C
4G+: LTE FDD: B1C/B2C/B3C/B1A+B3A/B1A+B3C/B1C+B3A/B3A+B41A/B8A+B41A/B1A+B5A/B1A+B8A/B3A+B8A/B3A+B41C
5G: n1/n3/n28/n41/n77/n78
Wi-Fi Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac/ax
カラー 星黛紫 | 夏日晴海 | 星河入梦 | 夜海
その他 4,300mAhバッテリー

こちがReno6のスペックとなっています。

CPUはDimensity1000+に期待

Reno7はDimensity1000+に期待したいところです。

メディアテックというメーカーのCPUとなりますが、日本ではあまり馴染みのないCPUとなりますが、グローバルでは比較的安価なCPUとして認知しております。

日本で販売されるモデルというのは、SnapdragonシリーズというCPUを搭載しているモデルが非常に多いです。

それがDimensityというものになれば、価格が安価になります。

Dimensity1000+はSnapdragon865 5Gとほぼ同じくらいのスペックとなります。

Snapdragon865 SoCが登場 A14には性能では届かないベンチマーク登場 iPhone12が優位に
Snapdragon865と呼ばれる最新のCPUが登場しました。Snapdragon865ですが、2020年に登場するスマホに搭載される予定になっており、2020年の時点ではかなりスペックの高いものになると思われます。 今回Snapd...

こちらにSnapdragon865のCPUに関する情報をお伝えしたいと思います。

かなりのハイスペックCPUということになります。

CPUのスペックも明らかに

申し立てられたOPPOReno7仕様。 Dimensity 920プロセッサ、10ビットディスプレイ、65W急速充電、50MPプライマリカメラ、GG5、UFS3.1、LPDDR4xを搭載します。
元2,999

こちらがOPPO Reno7の仕様予想となっていますが、Dimensity 920となる見込みです。

それでも現行よりもスペックアップは間違いありません。

Dimensity 1000+を望んでいた人にとっては、ちょっと残念な結果であることは間違いありません。

✔CPUはOPPO Reno6よりもレベルアップ
✔Dimensity 1000+にまではならなかった

5000万画素のカメラが搭載されると言われておりますが、IMX800というカメラに期待したいところですね。

最新の情報では、カメラはIMX766になるとも言われております。

IMX766というのは、ソニー製のカメラということになります。

スマホをメインに利用する人なら、カメラ含めてかなり利用するのではないかと思います。

せっかく利用するなら、ハイスペックモデルのカメラを利用したいですからね。

✔ソニー製のカメラなら信頼性十分
✔スマホを利用する上で、重要なことはSNSの投稿などが重要

SNSへ手軽に投稿できるのか?ということや映える写真を撮影できるのか?というところも非常に重要な要素になるのではないかと思います。

年々レベルアップしているモデルとなりますので、カメラも年々レベルアップしてもらいたいですね。

それでもソニー製のカメラなら、十分ではないでしょうか。

価格は5万円前後?

価格は3000元前後になると思われますので、日本円で5万〜6万円程度ということになります。

それくらいの価格設定であれば、かなり購入しやすいのではないでしょうか。

✔価格はかなり安価
✔5万円〜6万円程度の価格に

相当安価な価格設定であることから、日本でも購入したいと思う人もかなり多いのではないかと思います。

スペック的には、かなり充実してくると思いますので、期待したいところですね。

上記に2999元とあります。

約53000円くらいとなっていますので、予想通りの価格設定ということになります。

中国メーカーなので、元表示となりますが、日本への輸入とさらに消費税が入るので、6万円台になる可能性も十分ありえるのではないかと思います。

中国価格では2999元というのは妥当な価格設定ではないかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました