OPPO Reno6 /6Pro リーノ6 スペック 価格 発売日 日本 楽天モバイルあたりの発売は可能性としてあり?

ソフトバンクのiPhoneを使う】
ソフトバンクオンラインショップなら事務手数料無料

OPPO Reno6がグローバルでは発売されているモデルとなっています。

OPPOシリーズというのは、日本でも徐々に浸透しているメーカーとなっていますので、知っている人も増えてきたのではないかと思います。

認知度が上がってきているメーカーというのは、これからの勢いというのは、かなり上がると思います。

 

最新のツイート

こちらに最新のツイートが上がっています。

2021年5月27日にOPPO Reno6が発表される予定となっています。

どのようなスマホになるのでしょうか?非常に楽しみですね。

こちらのツイートの内容を見てもらえるとわかるかと思いますが、2021年5月27日に発表と記載があります。

本体の画像も掲載されていますので、かなり期待したいですね。

✔2021年5月27日発表

ただこれはグローバルモデルとして発表されるだけなので、日本モデルとしては、いつ発売になるのか?などの情報はまだありません。

どのようなスペックに

引用元:ijiwei

こちら今出ているスペックとなっています。

発売されるのは3つのモデルのものが発売されるとも言われております。

✔OPPO Reno6
✔OPPO Reno6Pro
✔OPPO Reno6Pro+

この3つのモデルが販売される予定となっています。

スペック的にはどのようになるのでしょうか?

OPPO Reno6 5Gのスペック

メーカー OPPO
機種名 Reno6 5G
大きさ 156.8 × 72.1 × 7.6
重さ 182g
OS Android11.0 ColorOS11
CPU Dimensity900 5G
RAM 8GB 12GB
ROM 128GB 256GB
画面サイズ 6.43インチ
解像度 メイン:2,400×1,080
メインカメラ 6,400万画素/800万画素/200万画素
インカメラ 3,200万画素
ネットワーク1 2G: GSM 850/900/1800/1900MHz
2G: CDMA BC0(800MHz)
3G: CDMA2000 BC0(800MHz)
3G: UMTS(WCDMA) bands 1/2/4/5/6/8/19
4G: TD-LTE bands 34/38/39/40/41(160MHz)
4G: LTE FDD bands 1/2/3/4/5/7/8
4G+: TD-LTE: B38C/B39C/B40C/B41C/B40D/B41D/B39A+B41A/B39A+B41C
4G+: LTE FDD: B1C/B2C/B3C/B1A+B3A/B1A+B3C/B1C+B3A/B3A+B41A/B8A+B41A/B1A+B5A/B1A+B8A/B3A+B8A/B3A+B41C
5G: n1/n3/n28/n41/n77/n78
ネットワーク2 2G: GSM 850/900/1800/1900MHz
2G: CDMA BC0(800MHz)
3G: CDMA2000 BC0(800MHz)
3G: UMTS(WCDMA) bands 1/2/4/5/6/8/19
4G: TD-LTE bands 34/38/39/40/41(160MHz)
4G: LTE FDD bands 1/2/3/4/5/7/8
4G+: TD-LTE: B38C/B39C/B40C/B41C/B40D/B41D/B39A+B41A/B39A+B41C
4G+: LTE FDD: B1C/B2C/B3C/B1A+B3A/B1A+B3C/B1C+B3A/B3A+B41A/B8A+B41A/B1A+B5A/B1A+B8A/B3A+B8A/B3A+B41C
5G: n1/n3/n28/n41/n77/n78
Wi-Fi Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac/ax
カラー 星黛紫 | 夏日晴海 | 星河入梦 | 夜海
その他 4,300mAhバッテリー

スペック的にはミドルレンジクラスといったところではないかと思います。

CPUは日本ではほぼ無名のCPU

Dimensity900と呼ばれるCPUは知らない人が多いのではないでしょうか。

実際にDimensity900を搭載しているモデルというのは、日本ではほとんどの人は知らないのではないかと思います。

Snapdragon 768Gを超える性能と言われております。

ということは、2021年に発売されたAQUOS Zero6よりもスペック的には高いということになります。

AQUOS Zero6 アクオスゼロ6 2021年 スペック ゲームスマホに 240Hzのリフレッシュレート
AQUOS Zeroシリーズというのは、以前はハイスペックモデルでしたが、今はミドルハイのスペックとなっており、価格も若干抑えられたモデルとなっています。 【公式サイト】 こちらから予約出来ますので、ぜひ予約してもらいた...

こちらにAQUOS Zero6のスペックを掲載しております。

2021年に発売された日本製のスマホよりもスペックが高いということは、かなりのメリットがあることだと思います。

✔Dimensity900のスペックは比較的高い
✔Dimensity900はSnapdragon換算でSnapdragon 768Gを超えるスペック

ここまでスペックが高いモデルであれば、全く問題ないかと思います。

カメラは6400万画素

カメラは6400万画素あります。

実はこのカメラというのは、私が持っているRealmeという機種と同じ画素数のトリプルカメラとなっています。

Realme GT Master Edition スペック レビュー 評価 評判 カメラはきれい?真我GT 大师版 深澤直人 デザイン
realme GT Master Editionと呼ばれるスマホのレビューやスペックなどを紹介したいと思います。 今回紹介したいモデルというのは、深澤直人さんがデザインしたというところが非常にいいと思います。 深澤直人というと、...

こちらがRealmeのスペックになりますが、カメラ部分を見てもらいたいのですが、Reno6と同じだと思いませんか?

全く同じ配列ということで、カメラ性能もどの程度になるのかある程度予想することが可能となります。

【カメラ比較】iPhone13ProMAX ナイトモード 違い 12ProMAX 11ProMAX Xs XやGalaxy
iPhone13シリーズが発売され、自宅にiPhone13ProMAXがやってきました。 今回は私が過去から持っているiPhoneをベースにどれだけ進化したのか?というところを紹介したいと思います。 iPhone13シリーズはま...

こちらにrealmeで撮影したカメラがあります。比較的このような撮影状況になるのではないかと思います。

✔6400万画素のカメラはかなりきれい
✔トリプルカメラの配置が他社製のカメラと同じ
✔同じカメラモジュールを利用しているのではないかと予想

実はrealmeというモデルと、前面カメラも同じ画素数なのです。

そういうことを考えると画素数も同じということで、カメラモジュールは全く同じものを採用しているのではないか?と思います。

それならかなりきれいなカメラ撮影になると思いますね。

またメインカメラは、F値が1.7となっており、かなりの暗い場所での撮影でも問題なく撮影できるのではないかと思います。

正直なところカメラ性能に関しては、かなりいいと思います。

リフレッシュレートが90Hz

リフレッシュレートが90Hzと高いです。

ここ最近ではiPhone13Proシリーズで120Hzのリフレッシュレートのモデルが色々出てきたと言われておりますが、リフレッシュレートは、高いほうが間違いなくメリットがあります。

iPhone13が60Hzのリフレッシュレートだったので、それよりも1.5倍のリフレッシュレートとなります。

ゲーミングスマホ 素早い動きや通知もない ゲームをすることに特化したスマホ リフレッシュレートなどがポイント
ゲーミングスマホというジャンルを知っていますか?なかなかゲーミングスマホといってもピンとこない人もいるのではないかと思っています。 なぜゲーミングスマホというものは、ピンとこないのか?ということですが、やはりスマホゲームをするというこ...

こちらにリフレッシュレートに関する件を掲載しておきますので、一度確認してもらいたいのですが、リフレッシュレートが高いほうがスクロール含めて非常になめらかに表示されます。

画面がなめらかに動くこと自体がかなりいいと思いますので、そういう観点からしてもいいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました