Galaxy A20 ギャラクシーA20 SC-02M スペック レビュー 価格 維持費も安い オススメ機種

 

Galaxy A20がドコモから販売されていますので、紹介したいと思います。このGalaxy A20は2019年冬モデルとして登場したモデルとなっています。Galaxy A20のスペックなどを紹介したいと思います。

まずは購入サイトから紹介したいと思います。

 

Galaxy A20はドコモオンラインショップから購入することがオススメ

こちらが、ドコモオンラインショップとなっております。こちらが購入サイトとなっています。ドコモオンラインショップでは機種変更の事務手数料が無料となっています。

以下の価格はすべて税抜きです。

機種変更時ドコモオンラインショップ店頭
XiからXi無料2,000円
FOMAからXi無料3,000円
FOMAからFOMA無料2,000円
新規契約時無料3,000円
MNP無料3,000円

こちらが元々の料金となっておりますが、ドコモオンラインショップでは無料となります。この価格というのは、量販店やドコモショップなどでかかる金額です。事務手数料が無料になるのは、ドコモオンラインショップだけです。店舗購入では機種変更時の事務手数料がかかるということは覚えておきたいですね。またドコモオンラインショップでは頭金が不要です。頭金というのは、店舗では通常発生します。最近では看板に頭金無料と記載してある店舗もありますが、ドコモオンラインショップならその頭金も無料です。

それではGalaxy A20のスペックに関して紹介したいと思います。

Galaxy A20のスペック

モデルGalaxy A20
大きさ約150.0mm×約71.0mm×約8.1mm 最厚部8.4mm
重さ151g
OSAndroid9.0
CPUExynos 7884B
RAM3GB
ROM32GB
画面サイズ5.8インチ
解像度1600×900 HD+
アウトカメラ有効画素数約800万画素 F値1.9
インカメラ有効画素数約500万画素 F値2.0
無線Wi-Fi IEEE 802.11a/b/g/n/(2.4GHz)/n(5GHz)/ac
カラーレッド、ホワイト、ブラック
バッテリー3,000mAh
その他防水(IPX5/IPX8)、防塵(IP6X)、USB Type-C

こちらがスペックとなっています。スペック的には一般的なスペックということになります。

CPUなどの能力面はどうか


Exynos 7884BというCPUを搭載しています。こちらのCPUというのはサムスン純正のCPUとなっています。日本ではあまり馴染みのないCPUですよね。
CPUの能力としてはミドルレンジとなります。Snapdragon636と同じくらいの能力となります。CPUの能力としてはSnapdragon630よりもSnapdragon636のほうが高いので、CPUの能力としてはミドルレンジの中でも若干高めとなります。


こちらを見てもらいたいのですが、同時期に販売されたAQUOS Sense3となっています。こちらの機種はSnapdragon630を搭載しています。
単純に見るとAQUOS Sense3よりも若干ながらスペックがいいモデルとなります。
日本ではExynos 7884BというCPUに関しての情報は非常に少ないかと思います。日本ではGalaxy A20しかこのCPUを搭載しておりません。
それでもスペック的にはSnapdragon6番台の性能を持っているので、ミドルレンジレベルの性能があるということを知っていたらいいと思います。

RAMの容量は3GBあれば十分

3GBのRAMの容量となります。RAMの容量として3GBくらいあれば問題はありません。Androidはハイスペックモデルであれば、6GB以上のRAMを搭載していますが、その分価格は高くなります。RAMの容量などを抑えている分価格も安価なのです。そのため3GBくらいあれば十分となります。ただしRAMの容量が少ないということは、大量に複数のアプリなどを立ち上げることで、RAMが消費されますので、RAMの容量が3GBであれば複数のアプリの同時立ち上げはやめておくほうがいいでしょう。数個のアプリを立ち上げるとアプリをこまめに落としていくなどの工夫が必要となります。
そもそもRAMというのは、勉強机と思っていただければいいと思います。勉強机が広いほうが勉強がしやすいですが、本棚にしまえばまた勉強をすることができます。
本棚と勉強机に本を出したり、入れたりするとそれだけ時間がかかりますが、こまめに勉強机の中にあるものをしまってしまえば、勉強机を効率よく利用することができます。RAMの容量が大きいということは、その勉強机が大きく、常に参考書を開いた状態で勉強をすることができます。
不要となった参考書を定期的に片付けることで、効率よく勉強机を利用することができますので、勉強机を定期的に整理するようにしたいところです。それがまさにRAMの容量が少ない場合は定期的に整理したほうがいいということです。
スマホの場合だと、定期的にRAMをクリーンナップしておきましょう。

カメラはシングルカメラ


カメラはシングルカメラです。背面は800万画素で、前面は500万画素です。
1つのカメラしかないので、カメラ性能に関しては少し心配かと思います。昨今デュアルカメラ以上が当たり前になってきている中でのシングルカメラ1つしかありません。
ただしサムスンのカメラ性能は非常に高いのです。


こちら参考になるかどうか微妙ですが、Galaxy Note9からのカメラとなります。個人的にはGalaxy Note9よりもiPhoneのほうが動画撮影などの能力は高いような気がします。それくらい個人的にはオススメしたいですね。
今回シングルカメラしかありませんが、それでも十分なのではないか?とも思います。

カメラの性能はそこまで高くはありません。カメラ性能に特化した機種を選択したいのであれば、他のドコモの機種を選択してもいいかと思いますが、そもそもGalaxyシリーズのカメラへの力の入れ方というものは、かなりのものです。そういうこともあり、カメラへの期待度はそこまで高くはありませんが、それでもまだ使えるレベルであるということは、いうまでもありません。

長持ちバッテリー

バッテリーの容量は3,000mAhとなっており、長持ちバッテリーです。3,000もの容量があれば、十分となります。
バッテリーの容量というのは、気になるところではあるかと思いますが、長持ちするというところで、かなりいいのではないかと思います。
使い方にもよるかと思いますが、カタログでは5日のバッテリーとも言われております。5日持つことは普通に考えてないかと思いますが、それでもかなり持つことは間違いないでしょうね。
バッテリーが長持ちの機種というのは、色々出ております。ハイスペックモデルなどでは3,500mAh程度のバッテリーを保持している機種もあるかと思いますが、そこまでの機種なら画面サイズもさらに大きく6インチを超えているものもかなり販売されていると思われます。この画面サイズで、3,000という値はかなりのスグレモノであるかと思います。

長持ちバッテリーを搭載している機種というのは、個人的にはかなりオススメしたいと思います。2019年〜2020年のドコモの新製品に関しては、4000mAhもの大容量バッテリーを搭載しているモデルの発売も行われました。AQUOS Sense3というモデルは非常にいいモデルとなっています。そちらのAQUOS Sense3は4000ですが、大容量に越してことはありませんが、3000でも十分大きめなのです。バッテリー容量が大きいとそれだけ長時間利用できます。それならまだしも、2年〜3年以降にバッテリーなどが劣化した後も、結構それからの持ちもそこまで悪くはなりません。そういうことをトータル的に考えると、やはり大容量バッテリーというのは、かなりオススメできます。

価格は?

一括価格:21,384円
36回分割:594円

非常に低価格で販売されているということがこちらを見てもわかるかと思います。これくらいの価格でスマホを購入できるのであれば、かなりメリットがあるかと思います。
相当安価ですよね。36回払いで3年維持することを前提ですが、毎月の支払いは600円を切っているのです。相当安価な価格設定だと思います。

ドコモオンラインショップなら送料無料及び事務手数料無料ということで、さらにお得ですよね。

価格が安価なモデルというのは、ドコモではこれからも継続的に販売すると思います。それにしても一括で2万円ほどの機種ということで、心配する人もいるかと思います。ドコモも恐らく販売価格は極限まで絞っているのではないかと思っています。その理由ですが、ドコモも自社回線を継続的に利用してもらうことで利益をあげているのです。そのため、端末そもそもが売れなければ、商売が成り立たないのです。そういうこともあり、極限まで価格を下げているのではないかと思っております。
基本的にスマホの価格は安くても5万円くらいするものだというふうに刷り込まれている人にとってはこのメリットは本当になかなかないかと思います。

ガラケーからの乗り換えを意識

このGalaxy A20という機種はガラケーからの乗り換えを意識した機種になっています。

ガラケーの画面が3.4インチ程度しかありませんが、それを超える画面サイズになっています。
実はこれはこの機種だけではなく、iPhoneでも今利用しているガラケーよりは、大画面になります。
基本的にスマホにするだけで、画面の大きさというのは、かなり大きくなるのです。
ガラケーというのは、基本的に物理ボタンがあるから、どうしてもその分画面サイズが小さくなるのです。
それと比較するとスマホにするだけで、かなりの大画面になります。
今のガラケーの画面が小さいと感じている人なら、ガラケーから乗り換えることをオススメしたいですね。
ガラケーを持っている人はまだ1000万人以上いるといわれており、ドコモもFOMA停波の案内をしている以上、FOMA難民を作りたくないのでしょう。
それでも基本的にガラケーを利用している人は、ガラケーの使い勝手がいいわけです。
なかなか乗り換えるまでいかないのではないかと思っています。
それでも徐々にFOMAからスマホへ乗り換えている人は増えてきているのかもしれませんね。そうしないとFOMAが停波した時にこまるのは利用者自身ですからね・・・

2019年-2020年モデルでほかに安価なモデル

AQUOS Sense3 アクオスセンス3 ドコモ au ソフトバンク 人気機種に
AQUOS Sense3がドコモ auなどから販売されております。ソフトバンクはAQUOS Sense3 Plusという機種が販売されています。 ソフトバンクのAQUOS Sense3 Plusはこちらを確認してください。 ...

こちらAQUOS Sense3というシャープから発売されているモデルも紹介しておきたいと思います。こちらのモデルに関してもかなり安価なモデルとなっており、非常にメリットがあります。先程バッテリーが4000mAhあるというモデルをお伝えしましたが、こちらのモデルがその大容量モデルを搭載したモデルとなっているのです。
こちらのモデルもかなり安価なモデルとなっています。
昨今安価なモデルがかなり販売台数を伸ばしているので、やはり安価なモデルは人気があるのでしょう。
またAQUOS Sense3はシャープということもあり、日本では正直なところ受けはいいでしょうね。日本人はやはり日本のメーカーが好きな人が多いです。特に年配の方はそちらのほうを選択する傾向があるかと思います。最近のドコモのモデルはフラッグシップモデルと、ミドルレンジのモデルを半分ずつ販売している印象が高いです。今回のGalaxy A20もいわゆる廉価版モデルとなっています。廉価版モデルだったとしてもかなりオススメ出来るモデルだと思います。
個人的に見てもこちらのモデルもかなりオススメ出来るかと思います。
安価なモデルというのは、最近本当によく売れています。スマホの維持費が高くなったことにより、やはり購入しにくくなった人もいるのです。そうならないようにこのような機種を定期的に販売してもらいたいですよね。

Galaxy Aシリーズはグローバルでかなり売上を伸ばした機種

iPhoneXR iPhone11が2019年最も売れたスマホに Galaxy A20やiPhone11Proも上位に
2019年に世界で最も販売台数を伸ばした機種というのは、iPhoneXRになったようですね。日本ではiPhone8の販売がかなり多くありましたが、iPhoneの人気は衰えるところを知りません。 iPhoneXRの人気が非常に高く、正直...

Galaxy Aシリーズというのは、グローバルでかなり売上を伸ばしている機種です。グローバルで売上を伸ばすにはそれなりの理由があるわけです。
価格性能比が非常に高い機種だからということになるかと思います。Galaxy Aシリーズというのは、価格的にもそこまで高くはありません。Galaxy Sシリーズの価格は高額なので、世界でもそこまで販売台数の上位に入っている機種に選ばられることはありませんが、Aシリーズの価格設定であれば、グローバルの人でも購入しやすいのではないかと思います。
実際に日本でも売れているモデルというのは、価格が結構安価なモデルが販売されております。
そういうこともあり、グローバルと同様に日本でも販売しやすい機種となっていることは間違いありません。
今後もGalaxy Aシリーズと同様のモデルが日本から発売されるとかなり販売台数を伸ばしていくことは間違いないと思います。
現状日本では、Galaxy Aシリーズと、AQUOS Sense3の販売台数がかなり増えています。それだけ低価格モデルの人気があるということにもなるかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました