iPhone15 /15Pro /15ProMAX 2023年 スペック 予想 発売日 価格 噂 ソフトバンク au ドコモ

MNP一括オススメ案件

MNPで安く買えるスマホを紹介



 
携帯情報コムをフォローする

iPhone15が2023年にも発売される予定となっています。

iPhone14でフルモデルチェンジされる予定となっていますので、ベースはiPhone14となり、それの後継モデルという位置づけになるものがiPhone15です。

 


スマホを事務手数料無料で買う方法
ソフトバンクのiPhoneを使う】
ソフトバンクオンラインショップなら事務手数料無料

iPhoneの購入はオンラインショップがおすすめ

iPhoneを購入しようと思っている人は、オンラインショップを利用する人が非常に増えています。

オンラインショップの利用というのは、ここ数年飛躍的に伸びています。

✔オンラインショップは楽に購入できる
✔オンラインショップからの予約も非常に簡単

ドコモもしくはahamoを利用している人

こちらはドコモオンラインショップとなります。

ドコモオンラインショップは事務手数料なので、非常に購入しやすいです。

またahamoを利用している人もドコモオンラインショップを利用することが可能となります。

ahamoを利用している人もドコモオンラインショップは事務手数料無料
ahamoを利用している人もドコモオンラインショップは自宅まで送料無料でiPhoneの送付
ahamoを利用している人もドコモオンラインショップは発売日に自宅まで届けてくれる

このようなメリットがあります。

ドコモ ahamo iPhone13 を安く買う iPhone14まで待つべき?新しい施策が登場
ドコモでスマホを購入する場合には、スマホおかえしプログラムと呼ばれるものがあることを知っていますでしょうか? スマホお返しプログラムというものは、どのようなプログラムなのでしょうか? 非常にメリットのある施策なので、オス...

こちらスマホおかえしプログラムを利用することにより、本体代金を抑えることも可能となります。

このように今かなりの人がドコモと契約をしているのです。

ドコモオンライン ショップ 機種変更 デメリット メリット 新規 乗換を利用する人が多い
ドコモオンラインショップを利用してスマホの機種変更や新規契約を行う人が非常に増えています。 ドコモオンラインショップで契約するメリットやデメリットはどのようなものがあるのでしょうか? こちらが公式サイトとなりますが、公式...

こちらにahamoを利用している人もドコモオンラインショップのメリットを掲載しておりますので、こちらも合わせてご確認いただければと思います。

auまたはpovoを利用している人

au Online Shopを利用してiPhoneの購入を行う人もいるでしょう。

au Online Shopは頭金不要で、送料無料で自宅まで送付してくれます。

au Online Shopは送料無料
au Online Shopは頭金無料

また少しでもauは安く購入できる施策を提供してくれています。

au iPhone13 スマホトクするプログラム スマホトクするボーナス デメリット メリット
auから新しいプログラムが発表され、2022年4月以降もこのプログラムが最新のプログラムとなっています。 そのためiPhone13やiPhoneSE3を購入する時にこのプログラムを利用している人は結構多いと思います。 このスマホ...

こちら2021年9月17日から出てきた最新のプランとなります。スマホトクするプログラムというプランとなります。

✔スマホトクするプログラムを利用して恩恵を得よう
✔今のところメリットのほうが間違いなく多い

それだけでもかなりのメリットになることは間違いありません。

au オンラインショップ 2022 メリット 機種変更 MNP 新規 お得に契約 予約 購入が出来る
au Online Shopのメリットに関してお伝えしてみたいと思います。 まずはau Online Shopというショップを知っていますか? auが直営で実施しているオンラインショップです。このau Online Shopを利...

こちらにau Online Shopのメリットを掲載しておりますので、こちらも合わせてご確認ください。

ソフトバンクまたはLINEMOを利用している人

ソフトバンクを利用している方にもメリットがあります。

ソフトバンクオンラインショップは事務手数料無料で自宅まで送料無料でiPhoneを届けてくれます。

は送料無料で自宅まで送付
ソフトバンクオンラインショップは発売日に自宅に届く

少しでも早い段階でスマホを購入したいと考えている人にとっては、本当に朗報です。

またこれはLINEMOのユーザーであったとしても、対応してくれるので、それもメリットがあるのではないかと思います。

LINEMO iPhone13 利用 ソフトバンクで機種変更 新トクするサポートが使えるのか
LINEMOというサービスが出ていることを知っていますでしょうか? LINEMOであれば、毎月の維持費をかなり下げて利用することが可能となります。 LINEMOなら3GBのプランから選択が可能 LINEMO...

こちらにLINEMOでも2021年モデルのiPhoneの購入が安価な価格設定でできるのか?というところを掲載しているページとなっています。

ソフトバンク スマホ iPhone 機種変更 半額で買える メリット 安く買うためのキャンペーンを紹介
ソフトバンクからトクするサポート+というプランを利用することで、かなりお得に購入することが可能となっています。 この施策というのは、スマホを実質的に半額で購入することが可能となります。 iPhone13が発表され、この施策で購入...

こちらに半額で購入できる施策に関してお伝えしておりますので、こちらも合わせてご確認ください。

これはかえトクサポート+と呼ばれる施策となっており、かなりメリットがあります。

ソフトバンクオンラインショップ メリット デメリット 機種変更 新規 MNP 予約 お得に契約する方法
ソフトバンクオンラインショップを使ってお得に契約したいと考えている人も結構多いと思います。 ソフトバンクオンラインショップのメリットをお伝えしたいと思います。 ソフトバンクの携帯を購入するならソフトバンクオンラインショッ...

楽天モバイルを利用している人

こちら各社から販売される予定となっています。

楽天モバイルを利用している人にも当然ながらメリットはあります。

楽天モバイルはとにかく毎月の維持費が安いのです。

毎月の維持費が安いので、楽天モバイルを利用する人が非常に多いのです。

楽天モバイル iPhone アップデートプログラム メリット デメリット 本当にお得なの?
楽天モバイルからiPhoneアップデートプログラムと呼ばれるものが出ていることを知っていますでしょうか? 楽天モバイルというのは、SIMフリーを除く各キャリアモデルの中で最もiPhoneの価格が安価なのです。 楽天モバイ...

こちらの施策を見てもらいたいのですが、少しでもiPhoneを安価に購入できる施策となっています。

この施策を利用することで、少しでもiPhoneを安く買うことができるのです。2021年モデルにも適用されると予想されますので、メリットはかなりあるでしょう。

iPhone15のスペックを予想

今の命名規則からするとiPhone15というのは、2023年に発売されると予想されます。

✔命名規則通りなら2023年の発売の予想
✔2023年ではかなり進化していると予想

iPhoneの2023年モデルでは、ノッチが完全に排除されます。
かなりすっきりとしたデザインとなります。

ノッチが排除されたことにより、正面から見た見た目はかなりいい感じに仕上がっていると思います。上部におそらくカメラが内蔵されていると思います。

内蔵されたカメラでFaceIDなどを利用することが可能となっています。

ここまですっきりとしたものになれば、かなりいい感じですよね。

コンセプト画像が登場

iPhone15Proのコンセプト画像が登場しております。

iPhone15Pro コンセプト 画像を紹介 背面のカメラが4つのクアッドカメラに
iPhone15Proのコンセプト画像が紹介されております。 iPhone15ということで、2024年モデルのものとなっていますが、かなり見た目はかっこいい見た目になっています。 iPhone15Proのコンセプト画像 こ...

こちらにその記事を掲載しておきますが、コンセプト画像ではクアッドカメラとなっています。

○クアッドカメラが搭載の予定
○望遠レンズがかなり強力になると予想

望遠レンズがかなりよくなると予想されます。

今までiPhoneではペリスコープが搭載されておりません。

ペリスコープカメラがほしいという人の結構多いのではないかと思います。

ペリスコープカメラが搭載されることで、望遠は相当よくなると予想されます。

画面埋め込みの指紋認証

画面に埋め込みタイプの指紋認証機能が搭載される可能性が非常に高いことがわかりました。
画面埋め込みの指紋認証というのは、Androidの一部の機種ですでに対応されており、利便性も非常に高いことは知られています。

日本ではOPPOなどにも搭載されており、かなりメリットがあるのではないかと思っています。

iPadAirなどでは、TouchIDが電源部分に埋め込まれているモデルなどもあり、かなりメリットがありますが、やはりディスプレイ前面にあるほうがメリットがあることは間違いありません。

基本的には画面埋め込みの指紋認証機能というのは、2018年頃から技術的には量産化されており、iPhoneでの搭載を待ち望んでいる声もかなり多かったのではないかと思います。

これが2023年まで搭載されないということは、ちょっと残念な感じもしますが、待っている声も多いと思いますので、ぜひ検討してもらいたいですね。

✔2023年に画面埋め込みのTouchIDが搭載

昨今コロナの影響により、マスクをしていると認証しづらいなどの声も多く聞かれます。そういう時にTouchIDがあればかなり便利ですからね。
この機能にはかなり期待できるのではないかと思います。

すでに2022年モデルの時点で、画面埋め込みの指紋認証というのは、搭載されている可能性が高いです。

より精度の高いものになっていると思います。

FaceIDはコロナが収束していれば、利用しやすいわけですが、実際に日本では年中マスクをすることがこれからは当たり前になると予想します。

それであれば、画面埋め込みの指紋認証機能というのは、これから普通に販売してもらいたいですね。

正直なところ指紋認証が埋め込まれているモデルというのは、本当に使い勝手がいいです。

iPhone15ではかなり進化すると予想

2023年にはかなりの進化が見込めることは間違いありません。
2023年までにもiPhoneは進化していきますが、本体がすっきりしていくという進化は本当にいいですね。

この頃になると、iPhone12からすると3世代後ということになりますので、モデルも変わっていることだと思います。

iPhone15の頃だと思いますね。

今後iPhone13は発売されないという噂などもあり、iPhoneの名称は今後どうなっていくのかわかりませんが、期待はしておきたいところです。

進化したiPhoneは本当に楽しみですね。

ただiPhone14の後継モデルということもあり、形状などはiPhone14とさほど変わらないものと思われます。

✔iPhone14で形状変更があり、iPhone15では形状変更は少ない
✔形状の変更が行われた次のモデルは売れる

形状変更が行われた次のモデルというのは、売れるのではないかと思います。

iPhone6とかならiPhone6sとなるわけです。後継モデルのほうが安心して利用することが可能となります。

TouchIDが埋め込み型に

TouchIDが埋め込み型になると言われております。

この記事を執筆している時点ではiPhone14もまだ発売されておりません。

iPhone14ではTouchIDが搭載されないとも言われており、iPhone15では期待が高まります。

しかしながら、iPhone15でもProシリーズのみへの対応になるのではないかと思います。

AndroidスマホではすでにTouchIDが埋め込み型になっていることから、TouchIDの埋め込みに関しては、本当に期待したいところです。

✔AndroidスマホではすでにTouchIDが搭載
✔TouchIDの埋め込みは技術的には問題ないはず

引用元:weibo

iPhone15で独自モデムなどが採用の可能性

iPhone15で独自モデルなどが採用される可能性があります。

2023年 Apple 5Gのチップ 独自開発 iPhoneに特化したモデルでより高速になるのか
Appleが自社専用のカスタム設計をしている5Gモデムを開発しているということがわかりました。 iPhoneやAppleのアナリストのミンチークオ氏が投資家たちに対して伝えた内容となります。 Appleは5Gをモデムを自社設計に...

iPhone15の頃になると独自モデムなどが採用される見込みになるようです。

現在クアルコムのモデムをiPhoneは採用していますが、クアルコムの5Gモデムから自社独自のモデムに変更する可能性があるという動きをとっているようです。

✔自社独自のモデムによりさらに高速化
✔自社独自のモデムで脱クアルコムを図る

Sub6とミリ波の両方に対応したモデムになると予想されます。日本でもその頃になるとミリ波のエリアもかなり増えていると予想されますので、かなり便利になっていることでしょうね。

iPhone15では自社チップを採用 他社に頼らず自社調達で部材コストを削減か | iPhone予約
iPhone15が2023年に発売されると思われますが、iPhone15では、自社チップを採用すると報じられております。 iPhoneはAシリーズというCPUというのは、基本的には...

こちらにも記事となっていますが、自社でモデムを含めて開発するようですね。

2022年1月の情報となっていますので、iPhone15に向けてこのように開発しているのではないかと思います。

Snapdragonシリーズのモデムに関しては、確実にAシリーズのCPUに統合される予定となっています。

2022年でモデルチェンジでその後継に?

2022年にはiPhone14の発売が行われると言われております。

2022年モデルで、2021年モデルからするとフルモデルチェンジされると言われておりますので、2023年モデルというのは、見た目は2022年モデルとさほど変化はないと思います。

ただカメラ埋め込み技術の搭載や指紋認証機能の画面埋め込み、それ以外にも色々な変化が期待できます。

後継モデルというのは、前のモデルよりも間違いなく細かい部分の不具合改善なども行われておりますので、かなり期待ができるのではないかと思います。

✔iPhoneはまだ他社で利用されている技術を取り込むだけのちからはある
✔iPhoneはあえて他社の技術を真似しないでいるのか・・・

アップルというのは、最新の技術を利用することはできたとしても、いつも後出しジャンケンという形で出してきます。

それでもアップルが出してきたら先進的な機能としてクローズアップされるわけです。

ある意味アップルはそれだけすごいということになりますが・・・どうでしょうか?

iPhone14とiPhone15はさほど見た目の変化はないと思います。

✔iPhone14とiPhone15は見た目の変化は少ない
✔カメラの画素数などのアップには期待

iPhone13が発売され、iPhone14を待つかどうしようか・・・と考えている人も多いはずです。年々同じくらいの性能アップはしていますので、あまりそれは気にしないでおきたいところですね。

なかなかiPhoneの価格も高額になっており、毎年のように買い替えが厳しいという人も多いのではないかと思います。

確かにiPhoneを毎年のように買い換えるという人は少ないかと思いますが、それでもiPhoneは年々進化しているので、1年の進化を体験してもらいたいですね。

折りたたみのiPhoneの発売の可能性も

折りたたみのiPhoneの発売の可能性もあるかと思います。

折りたたみはGalaxy Z Fold3が2021年に発売され、価格もかなり安価な価格設定になってきております。

ただiPhoneで販売されるときには、結構高額になると思います。

✔iPhone15の折りたたみはかなり高額になると予想
✔iPhone15は折りたたみモデルも別途発売

通常のiPhoneとは別モデルとして折りたたみモデルが発売されると思われますので、miniが今後なくなるということで、mini以外のモデルとして販売されると予想されます。

昨今Galaxy Z Fold3も発売され、折りたたみに関しては、かなり期待が持てると思います。

基本的に折りたたみのスマホというのは、これから間違いなく市場をかえていくでしょう。

業界の目論見としては、さらに高額なモデルを販売して、一部の顧客をそちらがわに移動させるという狙いもあるかと思います。

折りたたみモデルというのは、Xperiaシリーズでも開発されており、Galaxy、Xperia、iPhoneということになるのではないかと思います。

日本にはモトローラも来ておりますが、正直なところモトローラのモデルはほとんど売れていないと言われております。

モトローラは過去日本にやってきましたが、これからといったところでしょうか。

TSMCの3nmCPUには期待

TSMCが3nmCPUを2022年には導入すると報じられています。

TSMC N3というCPUは2022年下半期に3nmのプロセスルールに移行の予定
TSMCという会社を知っている人も多いのではないかと思います。 iPhoneのCPUを製造している会社となっており、Aシリーズと呼ばれるCPUを製造している会社です。 そのTSMCですが、2022年下半期にも3nmのプロ...

こちらの記事を見てもらいたいのですが、TSMCというのは、3nmのCPUを2022年後半から製造ということになりますので、2022年ならiPhone14ですが、それにはさすがに間に合いません。

iPhone15からの採用になることはほぼ間違いないかと思います。

✔3nmのCPUはiPhone15から採用
✔プロセスルールが細かいので、高速処理に期待

プロセスルールが細かくなり、高速処理にも期待できるわけですが、実際にはそこまで高速にはならない可能性があるとも報じられております。

もうプロセスルールの細かさだけでは、表すことが出来ないなにかがあるのではないかと思います。

技術的にはもうかなりすごいところまでいっており、これ以上技術的に上げることも難しいのかもしれません。

プロセスルールが下がるということは、かなり期待してもいいと思います。

iPhone14で4nmのプロセスルールとなる可能性が非常に高いので、3nmとなれば、消費電力もかなり抑えられると予想されます。

ペリスコープレンズが採用される予想

ミンチークオの予言 iPhone15でペリスコープレンズが搭載になるか 望遠はかなりすごい
アナリストのミンチークオ氏は知っている人も多いと思いますが、ミンチークオ氏の予想として、iPhone14では、4800万画素のカメラが搭載されたモデルが販売されると報じられております。 また2023年いわゆるiPhone15になると...

ペリスコープレンズが採用される予定となっています。

ペリスコープレンズというのは、潜望鏡カメラということになります。

光学10倍を超えるようなカメラになると思われますので、かなり期待できるのではないかと思います。

ペリスコープカメラが搭載されるモデルというのは、Androidスマホでは結構多いと思いますが、iPhoneではまだ採用実績もありません。

光学ズームの倍率が上がれば、デジタルズームと合わせることで、30倍や50倍といった、かなりの望遠まで対応されると思われます。

✔ペリスコープカメラが搭載されるとズーム倍率がかなり上がる
✔ズーム倍率が上がると遠くのものをかなり拡大して撮影が可能

iPhone14で4800万画素になると言われており、iPhone15でも画素数に関しては継続して4800万画素になるでしょう。

過去からiPhoneは1200万画素だったことを考えると、ようやく画素数アップということになります。

画素数アップは、かなりの人が待ち望んでいることは間違いありません。

ペリスコープレンズがあれば、相当いいと思います。望遠レンズに関しては、iPhone14でも採用される可能性があると報じられておりますが、今後iPhone15でも継続的に搭載される予定となっています。

iPhone15ProのディスプレイにBOEを採用

iPhone15ProのディスプレイはBOEが製造 iPhone14ディスプレイもBOEが製造の予定
iPhone15Proが2023年に発売される予定となっていますが、ディスプレイはBOEというメーカーが製造する可能性があるようです。 日本でもBOEというメーカーは馴染みのないメーカーとなりますが、iPhone13にはすでにこのBO...

iPhone15ProにBOEという中国メーカーのディスプレイが搭載されると報じられております。

BOEというのは、まだ知名度もそんなにないかと思いますが、今ディスプレイ市場では、かなりの技術を持った会社となっています。

iPhone13では普通のiPhone13にBOEのディスプレイを提供しています。

iPhone13Proはサムスンがディスプレイを提供しており、iPhone14では、iPhone14ProシリーズにサムスンとLGがディスプレイを製造します。

そしてPro以外のiPhone14には、BOEのディスプレイが搭載されるのです。

BOEのディスプレイは着実にシェアを伸ばしており、今後iPhoneのディスプレイシェアをかなり奪ってくるのではないかと思います。

✔iPhoneのディスプレイシェアをBOEは奪う可能性がある
✔サムスンやLGと肩を並べる性能を持ったディスプレイ

ディスプレイというのは、技術だけではなく省エネという観点からも、このBOEという会社は優れているのでしょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
ワイモバイルストア公式 UQモバイル公式 キャッシュバック