企業にスマホ iPhoneを導入する手順 気をつけないといけないことは?セキュリティは?

最近企業でもiPhoneなどのスマホを導入する企業が増えてきております。そもそもなぜ企業にiPhoneなどを導入する必要があるのでしょうか?
電話とメールだけでは、業務をこなすことが難しくなってきていると考えている社長も多いでしょう。
企業にスマホを導入する上で、気にしておかないことなどを考えていきましょう。

 

企業にスマホを導入する目的

まず企業にスマホを導入する目的ですが、目的を失ってはいけません。ただしマイナス要因もあることは覚えておきましょう。
私が考える企業にスマホを導入する目的ですが、様々な目的があることは承知していますが、企業として目的を明確化することは非常に重要なことなのです。
そのため目的は、はじめにきっちり共有しておく必要があるのです。

・社外でのメール等のやり取りで添付ファイルを見たい。
・社内に帰ることなく、外出先で業務を完結したい。
・テレビ会議などを場所を選ばず行いたい。
・ルータ+パソコンはかさばるので、持ち物は減らしたい。
・ガラケーが買えなくなってきた。
・プライベートのスマホを使わせたい。
・社内システムを社外から利用したい。
・エクセルやワードの編集をカンタンに外出先から行いたい。
・SFAなどの導入にはスマホが必須となってきた。

これらが主な目的ですが、基本的に業務要件もあるかと思いますが、いわゆる会社的な要件も多くあるはずです。
外出先で即時性のある仕事が出来るように効率化を図らせたい経営者にとっては、ガラケーよりもスマホのほうが便利なのです。
いつでもどこでもテレビ会議などが可能となり、社員の居場所なども把握しやすくなるからです。ただし通信費などが余計にかかり、ガラケーと比較するとコスト増だと感じる経営者もいるかも知れません。そのあたりを少しずつ解決するためにはどうしたらいいのでしょうか?

スマホ導入で気をつけないといけないこと

スマホの導入で最も気をつけないといけないことがセキュリティです。
ガラケーの時とは違い、その中に入っている情報というのは数知れません。
最近はクラウドサービスも当たり前になっており、iPhoneからクラウドサービスを利用させたいと考えている企業も多いでしょう。ただしクラウドを利用する上でも気をつけたいものがセキュリティなのです。
それではスマホの導入で気をつけたいことをお伝えしていきたいと思います。

・盗難・紛失対応
・情報漏えい対策
・覗き見防止
・余計な通信(パケット)をさせないための制御
・ログ監視

社員というのは、見られているということを前提にスマホを利用すると、やはり抑止力が上がります。いわゆるログ取りというものは必須となっているわけです。
スマホを遊びに利用していないかなどのログを監視するということが非常に重要な要素です。

また盗難防止対策も非常に重要なことです。その上で暗号化に対応しているデバイスを利用するということが非常に重要となります。
暗号化されたデバイスを利用すると、内蔵メモリを抜き取られる可能性が非常に低くなります。
現時点では、iPhoneは通常状態で暗号化されています。
Androidも設定の変更で暗号化させることが可能です。

Androidの暗号化手順
デバイスの設定アプリを開きます。
[セキュリティ] または [セキュリティと現在地情報] 次に [画面ロック] をタップします。
[パターン]、[PIN]、[パスワード] のいずれかをタップして、画面ロックの種類を選択します。
デバイスの起動に PIN、パターン、またはパスワードを必要とすることによって「このデバイスの保護を強化する」かどうかを求めるメッセージが表示されます。この設定を行った時点で、デバイスが暗号化されます。
[デバイスの起動に必要] を選択します。
[続行] をタップします。
PIN、パターン、またはパスワードを設定します。画面の手順に沿って操作します。
デバイスの起動に PIN、パターン、またはパスワードを必要とするかどうかを指定できます。画面ロックの設定方法をご確認ください。TalkBack などのユーザー補助サービスや Bluetooth でペア設定したユーザー補助デバイスをお使いの場合は、起動時にそうしたサービスやデバイスを利用せずにこの情報を入力する必要がありますのでご注意ください。

機種によって暗号化手順は若干異なりますが、暗号化は行うことが可能です。暗号化を行うだけでセキュリティレベルはかなりあがります。
いわゆる盗難紛失時の対策が容易になるということです。

MDMの導入を検討する

このセキュリティに関わる部分でMDMと呼ばれるアプリのインストールを検討しましょう。MDMというのは、モバイルデバイスマネージメントの略です。
MDMは色々な会社から出ていますので、どれがいいのか?と言われるとかなり難しいです。キャリアと契約するのであれば、キャリア独自のMDMも存在します。
キャリア独自のMDMが結構ラクで便利かもしれません。

私が知る限りでMDMの会社をいくつか上げておきましょう。

・CLOMO
・AirWatch
・LanScopeAn
・MobiConnect

これらが結構有名ですね。有名なアプリを利用するほうが、結果的によい結果となります。パソコンと併用して管理出来るようなものは個人的にはオススメできません。
いわゆる資産管理ソフトをメインに行っているような会社が付属でMDMを導入しているというものは、個人的にオススメできません。
その理由はMDMというのは、モバイルに特化した製品なのです。パソコンの資産管理の延長にあるわけではありません。
この中にLanScopeを入れましたが、Anは特化した製品となっていますので、通常のLanScopeとは若干異なります。

パソコンの資産管理ソフトで有名なものは、SKYSEAやhammockなどが有名です。それらの延長線上にあるMDMはオススメできません。
これはあくまで個人的な感想となりますので、使っている人がいたらごめんなさい・・・
そもそもMDMというのは、クラウド環境にあるべきという考え方がメインにあり、通常のパソコンの資産管理ソフトはオンプレが一般的です。そのためオンプレ上にあるMDMよりもクラウドを前提にした管理のほうが固いと考えています。

MDMで1番てっとり早いのが、キャリア推奨のMDMです。キャリア推奨を利用するほうが結果的にラクに管理出来る可能性が非常に高いです。

MDMは24時間運用可能なものを選択

MDMは24時間のサポートがついているものがいいです。どういうことか?ということですが、紛失や盗難はいつおきるかわかりません。
そのため会社の情シスでは対応できないケースがあるのです。
紛失で最も多いのは、金曜の夜中から土曜の朝方にかけてです。
飲み会の帰りにスマホを置き忘れたなんてことが結構多いのです。
そのためその時間帯にでも紛失対応をしてくれる会社に依頼する必要があるのです。
24時間365日対応をしてくれるサービスを提供している会社を選択しましょう。
紛失時にワイプいわゆる初期化をしてくれるサービスがあるのです。そのサービスをぜひ選択してください。

24時間で情シスが運用している会社以外の会社なら24時間対応可能なサービスを選択するほうがオススメということはわかっていただけたと思います。MDMを運用する中で万が一会社のスマホを落としてしまった場合は、自分の携帯電話にMDMの緊急連絡先は入れておきたいですね。通常ならMDMの緊急連絡先に電話して紛失したことを伝えると、暗証番号か合言葉か求められます。それを回答すれば、初期化をしてくれるので、それを忘れないようにしたいですね。

キッティングサービスは確実にお願いしよう


キッティング作業は業者にお願いするほうが間違いなく便利です。キッティング作業をお願いしていないと、会社の情シスが自分たちでそれをすることになります。
キッティング作業は正直なところ慣れない作業の上、失敗したらかなり面倒です。
会社としては、キッティング作業は無駄な費用だと判断されがちですが、無駄な作業ではありません。
キッティングを自分たちでするほど、危険なことはありません。それこそMDMとしてセキュリティを守ろうとしているにも関わらず、ダダ漏れになる可能性があります。
キッティング作業は会社の情シスもしくは総務がやる場合は、本当に危険な作業となっていますので、最低限のキッティング作業はキャリアが持っている法人サービスがありますので、そちらにお願いしておくほうがオススメです。
恐らく1台あたり数千円レベルなので、そこをケチってしまってはいけません。そのあたりは情シスの方も、上層部の方にきっちり伝えておきましょう。

携帯電話の管理が総務から情シスに移管

携帯電話の管理がMDMの導入やセキュリティに絡んでくることが多くなると、総務から情シスに移行されてきます。総務の仕事が減り、情シスの仕事が単純に増えるということになります。
しかもMDMの管理も増えるので、携帯電話の棚卸し含め、番号管理や契約管理も情シスの仕事になってきます。
総務の携帯電話の管理というのは、せいぜいガラケーの中での番号管理と料金プランの管理だけです。
正直なところを言うと、総務の携帯電話の管理などはそこまで大変な仕事ではありません。それが情シスの仕事になれば、一気に難易度があがります。
情シスの仕事は年々専門性が増していき、また分野もどんどん広がっていっているのです。
それでも会社は情シスに対して投資をしてくれるところは非常に少ないです。
いわゆる会社にとっての本業は情シスではないからですね。それでも守るべきものをシステム的に守ってくれるのは情シスの仕事なのです。
携帯電話管理に関しても情シスが担うようになれば、どんどん情シスに仕事が増えていきますが、ある意味それが情シスの宿命なのかもしれませんね。
今までのようにエクセルの管理からMDMでの管理になっていきます。MDMで管理することで、情シスにもどんどん情報が上がってくるわけです。
スマホの管理も情シスが行うようになり、また管理しないといけないことが増えるので、会社としても余計な工数が増える可能性もあるのです。
それでもスマホを持つ営業の業務効率があがるわけですから、仕方ありませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました