ARROWS NX10 アローズNX10 スペック 5G対応 予想 2021年 富士通のスマホ

ARROWS NX9と呼ばれるモデルがすでに販売されておりますが、次のモデルの登場も気になりますよね?
今のところ次のモデルがどのようなモデルになるのか、不明点も非常に多いですが、次のモデルに関して紹介してみたいと思います。

ARROWSシリーズはドコモから継続的に販売されると思われます。

 

スマホを事務手数料無料で買う方法

ドコモで購入可能

【ドコモとソフトバンクは事務手数料が無料】
オンラインショップは24時間営業で2750円以上なら送料無料です。ネットからスマホを購入する人がかなり増えています。
ドコモオンラインショップで購入する
au Online Shopで購入する
ソフトバンクオンラインショップで購入する

発売されるのであれば、ドコモになると思われます。ドコモオンラインショップは事務手数料が無料のため、結構なメリットがある会社です。
事務手数料が無料ということは、それだけでもメリットがあることなのです。
店舗であれば、事務手数料を取られることは必須ですからね。
ウェブのほうが間違いなくメリットがあるということになります。

こちらがドコモオンラインショップとなります。

ドコモオンラインショップでの購入は発売日に自宅に届く
ドコモオンラインショップは事務手数料無料
ドコモオンラインショップは2750円以上の購入で送料無料

ARROWS NX9のスペックを紹介

まずはARROWS NX9のスペックを紹介したいと思います。

こちらの機種をベースに次のモデルであるARROWS NX10のスペックが決まるといっても過言ではありません。

ARROWS NX9のスペック

メーカー 富士通
大きさ 約152×72×8.5mm
重さ 162g
OS Android10.0
CPU SnapDragon 765G
RAM 8GB
ROM 128GB
画面サイズ 6.3インチ
解像度 フルHD+ 有機EL
カメラ 約4850万画素+約800万画素+500万画素(深度)
インカメラ 約1630万画素
カラー ネイビー、ゴールド、ホワイト
その他 3600mAhバッテリー、IPX5/8、IP6X、MIL規格に対応

黄色マーカーの部分が特にレベルアップするものと思われます。

ARROWS NX9はミドルハイという位置付けとなっています。ミドルレンジモデルとハイスペックモデルの中間のモデルということになります。

ハイスペックモデルほど高額ではありませんが、ゲームに特化しているモデルということもあり、そういった性能は結構オススメです。

Snapdragon7番台は継続

Snapdragonの7番台というものは継続されると思われます。

こちらを確認いただきたいのですが、7番台というのは、ミドルハイのスマホに搭載されるモデルとなっています。
昨今Snapdragon480 5Gと呼ばれるCPUも登場しました。

Snapdragon480 5Gが発表 廉価版モデルでも5Gへの対応は可能に 低価格スマホも5G対応に
Snapdragonの廉価版モデルの480というモデルが登場しました。 クアルコムというメーカーも知っている人も増えてきているのではないかと思いますが、Snapdragon4シリーズが久しぶりに発表された感があります。 Sn...

こちらを確認してもらいたいのですが、こちらは4番台となっています。4番台でミリ波にも対応する5G対応のCPUとなりました。

✔Snapdragon480でミリ波に対応するCPUが登場

となれば、次に発売されるCPUではミリ波に対応されるのではないかとかなり期待したいところではないかと思います。

5GはSub6とミリ波に期待

当然ながら5GはSub6とミリ波に期待したいところです。
上記でCPUが廉価版モデルでもミリ波に対応されるということをお伝えしましたが、廉価版モデルでもミリ波に対応されるのであれば、ミドルハイのモデルである、ARROWSの次期モデルであえて対応してこないということはありえないかと思います。

✔搭載されるCPUを考えるとSub6とミリ波に対応
Snapdragon778G ミドルレンジの最新CPUがクアルコムより登場 5G対応も 今後のスマホに期待
Snapdragon778Gと呼ばれるミドルレンジのCPUが発表されるようですね。 Snapdragonというのは、日本で最もメジャーなCPUとなっています。 今回それの最新にあたるSnapdragon778Gと呼ばれるものが発...

今後Snapdragon778Gと呼ばれるCPUも出てくると言われております。

ミドルレンジの中でもハイレンジがARROWS NXシリーズだと思いますので、ひょっとすると、こちらのCPUが採用される可能性はあります。

Snapdragon855と同じGPUが採用されるということになりますので、Xperia 1などと同じレンジのCPUということになります。

ゲームをする上で、正直なところ十分といえば十分なCPUのスピードだとは思いますね。

ミリ波を採用しているのは、基本的にハイスペックモデルがメインです。そのためハイスペックモデルになるかどうかは微妙な部分です。

ハイスペックモデルでのミリ波の採用はもう少し時間がかかりそうです。それは5Gのエリアがまだまだ狭いということもあるかと思います。

5Gのエリアは今後増えますが、ミリ波に関してはまだまだエリアは狭いと思います。

カメラに深度カメラが付属

カメラに深度カメラが継続されると思われます。他社はToFを継続すると思われますが、ToFより、深度カメラでも同様に奥行きを検知することが可能となっています。

現行のカメラは深度カメラを入れてトリプルカメラとなっていますが、深度カメラを入れて4ついわゆるクアッドカメラになる可能性も十分にありえるかと思います。
クアッドカメラになったら、望遠レンズも付与されるようになると思われます。望遠レンズというのは、基本的には現行では搭載されておりません。
他社では10倍は当たり前となっており、これらが改善されると、テンションもかなり上がるのではないかと思っています。
深度カメラのバージョンアップと望遠カメラのレベルアップにはかなり期待したいと思いますね。

✔深度カメラとは奥行きを計測するカメラ
✔深度カメラがあれば、ポートレートモードではかなりきれいに撮影が可能

洗えるスマホは継続

洗えるスマホというのは、継続されるでしょう。

✔MIL規格に対応していることがすごい

MIL規格に対応されているということが本当にすごいです。
現状では、日本でMIL規格にまで対応しているスマホというのは、そこまで多くはありません。
ただ代表的なスマホでいうと以下のものがあります。

TORQUE G04 au トルクG04 スペック レビュー 評価 オススメ 価格 防水 防塵
auから最新のTORQUE G04が発表されました。その後最新のTORQUE 5Gの発売が開始されました。 TORQUEシリーズは非常に人気の高いモデルとなっていますので、TORQUE 5Gのスペックなんかも期待できるスペックに仕上がって...

こちらTORQUE G05と呼ばれるモデルです。こちらのモデルはMIL規格にも対応しており、非常に人気の高いモデルとなっています。
防塵の対応に伴い、建設現場や工事現場などで大活躍です。
富士通のスマホに関しても同様に工事現場などで大活躍することは間違いないかと思います。

✔洗えるということは、コロナ対策も万全

洗えるということは、コロナ対策も万全に行えるというものです。
スマホを洗うという習慣はあまりないかも知れませんが、コロナの影響でスマホを洗うということをしたいという人もいるのではないかと思います。
他のモデルで洗うということまですると故障の原因にもなりかねません。
そういった部分が排除されているということは、かなり魅力的ではないかと思っています。

ゲーミングスマホという位置づけ

ゲーミングスマホという位置づけのモデルになることが予想されます。
それはARROWS NX9からの流れということになります。

AQUOSシリーズでもゲーミングスマホという位置づけのモデルを販売しており、今後ゲーミングスマホという位置づけのモデルというのは、かなり販売されていくのではないかと思っています。

✔ゲーミングスマホはこれからの流れに

ただ悩ましいのは、ゲーミングスマホのCPUは一番グレードの高いものではないのです。
それが一番悩ましい部分でもあるかと思います。
ゲームをしたい人はCPUなどの能力が高いほうがいいんじゃないの?と思うのかも知れませんが、実際にはそれだけではなくタッチパネルなどの反応などもすべてのある程度の基準をクリア出来ているものが、ゲーミングスマホとなるわけです。

ゲームをする人にとっては、ゲーミングスマホというネーミングは気になる人も多いはずです。
ARROWSシリーズもラインナップとして、そのようなものも出てきているということは覚えておいたほうがいいですね。

ゲーミングスマホ 素早い動きや通知もない ゲームをすることに特化したスマホ リフレッシュレートなどがポイント
ゲーミングスマホというジャンルを知っていますか?なかなかゲーミングスマホといってもピンとこない人もいるのではないかと思っています。 なぜゲーミングスマホというものは、ピンとこないのか?ということですが、やはりスマホゲームをするというこ...

ゲーミングスマホというのは、今後シェアを伸ばしていくと思います。

富士通はミドルレンジに力を入れている

富士通のハイスペックモデルは、正直なところあまりいい印象を頂いている人は多くないと思っています。
そのため富士通は若干安価なモデルで勝負していくのではないかと思っています。

日本でハイスペックモデルといえば、GalaxyシリーズとXperiaシリーズです。
この2強の中に入っていくことは結構厳しいのではないかと思っています。
そのためミドルレンジに力を入れていくものと思われます。

ミドルレンジに力を入れていくことで、昔の富士通の強さを出してもらいたいと思います。

✔ハイスペックモデルで戦うことは難しい
✔富士通独自の技術を生かしてほしい

昔は富士通は指紋認証などを早く取り入れていた

富士通はガラケーの時に指紋認証などをいち早いく取り入れていました。
そういう新しい技術に関しては本当に貪欲だと思います。

新しい技術というのは、なかなか難しいかも知れませんが、どんどん取り入れてもらいたいですね。

✔指紋認証機能などガラケー時代から積極的に採用

今は海外からの技術などをかなり取り入れているかと思いますが、富士通はもっとかなり力を入れてもらいたいと思っています。
富士通のスマホというのは、一度過去に失敗をした経緯もあり、それからはあまり販売台数が伸びていません。
本当に残念な限りだと思いますね。

富士通の技術力の高さというのは、知っている人も多いのではないかと思います。

ディスプレイ内部に指紋認証を入れてもらいたいと思いますが、コストがかかるのでどうなんでしょうかね。

最近OPPOなどのモデルで指紋認証をディスプレイ内部に埋め込み型のモデルも結構販売されておりました。

これからは、スマホに搭載されるモデルというのは、指紋認証も画面埋め込みになっていくでしょうね。

2021年夏モデルとして登場する可能性

ドコモ 2021年 ahamo 夏モデル 秋 スマホ 機種変更 発売日 値段 予想 価格 5Gがメイン機種に
2021年夏モデルの発表会が開催されました。どのようなスペックのモデルが発表されたのでしょうか? ドコモオンラインショップは事務手数料無料で購入しやすいので、ぜひ検討してください。 発売日に自宅に届くというメリットもあります...

2021年の夏モデルが今後発表があるかもしれません。ここ最近メーカーの発表後にすぐにキャリアから発売されることも多くなっており、キャリアが夏モデルとして発表しない可能性も十分にありえるのではないでしょうか。

それでも2021年に発売されるモデルとしてNXシリーズの販売もあるかと思いますので、期待したいところですね。

夏モデルというのは、基本的に今年最もハイスペックなモデルをメインに発売されるケースが多いので、本当に楽しみですね。

arrows Be5 アローズビー5 F-52B ドコモ スペック 発売日 予約 価格 レビュー
ドコモから今後arrows Be5が発売されると思われますので、紹介したいと思います。 そして2021年夏モデルとしてARROWS Be4 Plusが発売されました。その後継モデルとしてARROWS Be5が発売されると思われます。 ...

こちら同じARROWSシリーズですが、ARROWS Be5というモデルの発売も行われると思われます。

非常に低価格なモデルとなっていますので、こちらのモデルも買いだと思いますね。

ARROWSシリーズというのはMIL規格にも対応しているので、かなり購入しやすいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました