リフレッシュレートとは? スマホ iPhoneで60Hz 90Hz 120Hz 240Hzとあるけど何か? 違い 比較

 
事務手数料が無料のオンラインショップドコモ公式オンラインショップ上記クリックで、ドコモオンラインショップ公式サイトに遷移します。ソフトバンク公式オンラインショップ上記クリックで、ソフトバンクオンラインショップ公式サイトに遷移します。楽天モバイル公式オンラインショップ上記クリックで、楽天モバイルオンラインショップ公式サイトに遷移します。ワイモバイル公式オンラインショップ上記クリックで、ワイモバイルオンラインショップ公式サイトに遷移します。

リフレッシュレートという言葉が結構最近増えていると思います。

リフレッシュレートというものは何でしょうか?

 

インテルのホームページにわかりやすく説明

より高いリフレッシュ・レートでゲームをプレイすることは、ゲーム体験に大きな影響を与える可能性があります。これは、すべてのフレームが重要となるペースの速い、競争の激しいゲームに、特に関係があります。ただし、144Hz または 240Hz のディスプレイを購入するだけでは、メリットを確認するのに十分ではありません。

システムは、より高いリフレッシュ・レートを利用するために必要なフレームレートに電力を供給できる必要があります。

上に示したように、より高いリフレッシュ・レートは、ディスプレイが画面上の画像を更新する頻度を指します。これらのアップデートの間の時間は、ミリ秒 (ms) で測定され、ディスプレイのリフレッシュ・レートはヘルツ (Hz) で測定されます。

ディスプレイのリフレッシュ・レートとは、ディスプレー が 1 秒間に何回、新しい画像を描画できるかを指します。これはヘルツ (Hz) で測定されます。たとえば、ディスプレイのリフレッシュ・レートが 144Hz の場合、画像は 1 秒間に 144 回更新されます。GPU と CPU が連携して生成される高フレームレートと組み合わせると、よりスムーズな体験と高い FPS を得られる可能性があります。

より高いリフレッシュ・レートを利用するために考慮すべき最も重要なコンポーネントの 3 つは次のとおりです。

迅速に更新できるモニター。
AI、物理学、ゲームロジック、レンダリングデータなどの重要なゲーム命令を提供するのに十分な速度の CPU。
これらの命令を迅速に実行し、画面に表示されるグラフィックを作成するのに十分な速度の GPU。
モニターは、システムが生成する速度でのみ画像を表示できるため、CPU と GPU がこのプロセスを迅速に完了できることが重要です。CPU と GPU がモニターに十分な数のフレームを提供できない場合、その仕様がどれほど優れていても、モニターは高リフレッシュ・レートの画像を生成できません。

モニターのリフレッシュ・レートが 144Hz であるが、GPU が毎秒 30 フレームしか提供していない場合、その高いリフレッシュ・レートは使用されていません。

引用元:intel

こちらintelのホームページにこのような記載がありました。

✔リフレッシュレートとは、1秒あたりの画面更新頻度
✔120Hzの場合1秒間に120回画面が更新される

単純にこの数字が増えることで、更新頻度が増えるということになりますので、なめらかになるということになります。

スマホの場合GPU含めて対応

先程のintelの説明に関しての内容というのは、GPUが対応していなかったらとありましたが、スマホの場合はそんなことはありません。

スマホに関しては、GPUなども含めてそのレートに対応されています。

ただアプリによっては対応していないこともありますので、最大のリフレッシュレートを試すということはできないかもしれません。

ただ通常であれば、問題ありませんので、基本的にスマホの場合は、リフレッシュレートに対応しているということは、アプリも対応されていることがほとんどなので、効果があるかと思います。

✔ゲームがなめらかに
✔画面のスクロールがなめらかに
✔動画がなめらかに

ただ動画の場合はフレームレートということもありますので、一概によくなるのかはわかりません。

高リフレッシュレートでなくてもさほど大きな問題はない

リフレッシュレートが高いほうがいいと言われておりますが、個人的には高リフレッシュレートでなくてもいいのでは?と思っています。

ただ一番いいのはスクロール時です。

ウェブサイトを見る時に、スクロールするかと思いますが、そのスクロール時に、リフレッシュレートが高いとなめらかに動作します。

60Hzでも十分かもしれませんが、比較するとやはりなめらかスクロールのほうがいいと思います。

✔スクロールがなめらかに
✔スクロールはカクカクよりなめらかのほうがいい

絶対にカクカクより、なめらかのほうがいいに決まっています。

ただそれくらいを我慢できれば、問題ないのです。

普通のスマートフォンであれば、60Hz以上のリフレッシュレートとなっていますので、問題はありません。

165Hzというゲーミングスマホも登場

165Hzというかなりのハイリフレッシュレートを持ったゲーミングスマホが登場しました。

これから165Hzくらいを搭載したスマホの発売も普通にありそうですよね。

Asus ROG Phone6 /6 Pro スペック及び価格は? どんなスマホとして登場するのか?
Asus ROG Phone6というスマホが登場しました。 基本的にゲーミングスマホという位置づけのモデルとなっています。 ROG Phone6のスペックは? こちらツイッターにもROG Phone6のスペックに関する情報...

こちらを見てもらいたいのですが、かなりのハイエンドスマホとなっています。

キャリアモデルとして登場することはないかと思いますが、CPUも最新のCPUを搭載し、スペック的にも、かなり上位のモデルであることは間違いありません。

最上位モデルでは18GBというRAMの容量もあり、ROM容量に関しても512GBという容量です。

相当すごいモデルであることは間違いないかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
ワイモバイルストア公式UQモバイル公式キャッシュバック