SnapDragon778G Realme GT Master ベンチマーク 能力 処理速度 CPUなどの速さはどの程度なのか

ソフトバンクのiPhoneを使う】
ソフトバンクオンラインショップなら事務手数料無料

Realme GT MasterはSnapDragon778Gを搭載しているスマホとなっています。

SnapDragon778Gというのは、結構性能は高く、おすすめできるスマホとなっています。

そのスマホの能力というのは、どれくらい高いのでしょうか?

 

GeekBench5を使って能力を測定

今回はGeekBench5を利用して能力を測定しました。

realme GT Master EditionというモデルはSnapDragon778Gを搭載しており、SnapDragon778Gの能力というのは、基本的にミドルハイという位置づけの能力となっています。

そのため能力値としては結構高いと思います。

こちらがrealme GT Master Editionのベンチマークの結果となります。

✔シングル:783
マルチ:2796

それではこの能力が高いのか?低いのか?というところですが、実は結構高めの能力となっているのです。

他のモデルを比較して見るとその能力の高さが一目瞭然となるわけです。

他社のスマホの能力はどの程度なのか?

こちらGeekBench5の中に、他社のスマホの能力に関する記載があります。

こちらを見て貰えれば、能力に関する情報はわかりますが、能力を数値化しているので、相当わかりやすいのではないかと思います。

✔SnapDragon865+以下でExynos990以上

能力としては、現行で発売されているハイスペックモデルに搭載されているCPUの1年ほど前のレベルということになります。

SnapDragon865が搭載されているスマホよりも若干下回る程度くらいだと思っておけばいいと思います。

そのため能力としては、十分といえるのではないかと思います。

昨今発売されているスマホでも3万円前後で販売されているモデルというのは、基本的に2年から3年ほど前に販売されているハイスペックモデルに搭載されているCPUの能力ということになります。

それと比較しても、これくらいの能力であれば、かなり高めということがわかるのではないかと思います。

価格もかなり安く買えるモデルに

Realme GT Master Editonの価格は、かなり安価な価格設定ということになりますので、実は価格性能比でいうとかなりメリットのあるスマホであることは間違いありません。

日本でも、このようなハイスペックのモデルのスマホを5万円程度で販売してもらいたいと思います。

それくらい安価な価格設定になっています。

ただ後は知名度といったところになるのではないかと思います。

✔Realmeはまだ知名度がそこまで高くはない
✔品質もよく、スペックも非常に高いスマホ

今後日本市場に、入ってくることが期待されるのではないかと思います。

日本市場に出てきたとしても、能力的には十分戦えるスマホになっていると思います。

2022年モデルで日本では搭載か

2022年モデルをメインにこのCPUは搭載されるのではないかと思います。

2021年にまだ出たばかりということになりますので、2021年に搭載するスマホはまだ少ないと思います。

おそらく2022年に登場するスマホであれば、搭載しても不思議ではありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました