ドコモオンラインショップは事務手数料無料で契約ができる

Google Pixel4a /4aXL スペック 価格 発売日 ドコモ ソフトバンク 2020年モデル 廉価版機種に?

Google Pixelシリーズというのも日本では、Google Pixel3がドコモ及びソフトバンクから取扱を開始しました。

それに伴いGoogle Pixelシリーズというのは、日本でもかなり知名度を上げてきています。

Google Pixelというのは、Google社がフラッグシップモデルとして販売しているスマホとなりますが、オンラインショップを中心に人気のあるモデルとなっております。

ドコモとソフトバンクから発売の予定?

こちらドコモオンラインショップとなっております。

ドコモオンラインショップでは機種変更を行うと事務手数料がゼロ円になります。

また頭金もなく非常にお得です。そのためドコモオンラインショップを利用するユーザーが最近はかなり増えているのです。ドコモを利用している人はドコモオンラインショップを是非検討してもらいたいですね。

ソフトバンクオンラインショップもかなり利用者が最近は増えてきております。

ソフトバンクオンラインショップというのは、iPhoneの販売でかなりの人が利用するのですが、最近ではiPhone以外の機種もかなりソフトバンクオンラインショップを利用して購入しています。

2500円以上の機種を購入すると送料無料で自宅まで送付してくれるだけでなく、ソフトバンクオンラインショップを利用することで、時間の無駄を省くことができるのです。

そのためソフトバンクオンラインショップの利用はかなり最近増えています。

それではGoogle Pixel4aがどのようなスペックになるのか予想してみたいと思います。

Google Pixel4aのスペック

2019年の後半にはGoogle Pixel4の発売が行われる予定です。

Google Pixel4というのは最新のCPUなどを搭載したGoogle社のフラッグシップモデルとして登場すると思われます。

Google Pixel3の後継モデルとして登場することは間違いないでしょう。

そのためGoogle Pixel4というのは最新のモデルとして登場する予定となっております。

そして2019年の春に、Google Pixel3aの発表が行われました。

Google Pixel3aというのはGoogle Pixel3の廉価版という位置づけで販売されており、価格帯もかなり抑えられて販売されています。そのためGoogle Pixel4aに関してもGoogle Pixel4の廉価版という位置づけで販売される可能性が非常に高い機種の一つです。

それではどれくらいのスペックになるのでしょうか。

まずは2019年時点で販売されている廉価版に搭載されるであろうCPUはSnapDragon730と呼ばれるCPUが登場しております。

Google Pixel3aではCPUにSnapDragon670が搭載されておりました。

今後SnapDragon6番台のものというのは、SnapDragon7番台へシフトしていく予定ですので、現行で販売されているSnapDragon730もしくは2019年に販売される可能性のあるSnapDragon740と呼ばれる次のCPUが搭載される可能性が高いです。

SnapDragon855Google Pixel4に採用されるため、SnapDragon8番台の採用はないと思われます。

続いてRAMの容量ですが、2018年時点でもフラッグシップモデルに搭載されるRAMの容量は4GB〜8GB程度となっております。

そのため2020年になったとしても4GB程度に抑えられる可能性も十分にありえます。

ただしPixelシリーズでは最長3年間のバージョンアップ保証がついていると思われますので、3年後も見据えると6GBのRAMの搭載も可能性としてはあるでしょう。

Google Pixel4aで搭載されるAndroidのバージョンは10が搭載されると思われます。

それから3年というとAndroid12程度までは保証されるということになります。その頃になるときっちり動作させるためにはそれなりのRAMの容量は必要かもしれません。

続いてカメラですが、カメラはGoogle Pixel4でデュアルカメラが採用されると思われます。

Google Pixel3aもそうでしたが、基本的には同じモデルの部材を流用すると思われますので、Google Pixel4aではデュアルカメラが搭載される可能性は十分にありえるかと思います。

またパンチディスプレイと呼ばれる前面カメラの採用もありえるかもしれませんね。

パンチディスプレイというのは、GALAXY S10で採用されたディスプレイとなっており、パンチの穴のようなものが前面に搭載されます。

Google Pixel3aは有機ELを採用しているということもあり、有機ELならこのパンチディスプレイが採用される可能性というのは十分にありえるでしょう。

有機ELならわりと変化にとんだディスプレイでも製造することが可能のようなので、パンチディスプレイになる可能性はありえますね。

Googleストアでの購入となりSIMフリーモデルがスタンダードに?

Google含めて日本市場でもSIMフリースマホの需要というものがかなり出てきております。

昨今分離プランと呼ばれる通信費と本体代金の分離を行うプランというものがいろいろ出てきております。

最近では、ドコモが新料金プランを発表したことが話題を呼びました。

それに伴い月々サポートやドコモウィズの廃止を行い、端末代金が高額になるということをある意味示唆しているプランとなっております。

新料金プランが2019年以降スタンダードになるなかで、SIMフリーにもかなり注目が集まると思います。

SIMフリースマホのことをよく知らない人も今後は勉強していく必要があるかと思います。

新料金プランになるとどうしても長いあいだ利用したいと思う人が多く出てくると思います。

長い間スマホを利用することで、新料金プランではメリットが出るようなプランとなっています。

それならSIMフリースマホが今後は売れてくる可能性も十分ありえますね。

とはいうもののいろいろな意味での安心感という意味では、キャリアモデルが一番信頼性が高いかと思いますがどうでしょう?

トリプルレンズに期待

Google Pixel4ではトリプルレンズが搭載されます。

それに伴い廉価版という位置づけではありますが、やはり期待するのはトリプルレンズでしょう。

トリプルレンズが搭載されると当然ながら動画や写真をかなりきれいに撮ることが出来るようになるのです。

最近はレンズを複数搭載するスマホが非常に増えており、トリプルレンズを搭載している機種も増えてきました。

どうせ利用するなら複数のカメラできれいに写真を撮りたいですからね。

本当にGooglePixel4にまずは期待したいところです。それの廉価版という位置づけでも、フォルムを変更することなく、販売されるPixel4aに期待ですね。


動画でスマホを解説

動画でスマホを解説しています。最新スマホの情報を掲載中 チャンネル登録お願いします。



スマホ・ガジェット専門サイト

スマホのガジェットを専門に紹介しているサイトです。海外スマホなどを紹介しているページです。日本ではあまり見ることのできないモデルを発見できるかもしれません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA