ドコモオンラインショップは事務手数料無料で契約ができる

Google Pixel4 /4XL ピクセル4 スペック 予想 発売日 価格 Android 10.0 搭載予定

Google PixelというGoogle純正の機種が世界的に発売されておりますが、Googleが本気を出しているモデルであることは間違いありません。

iPhoneに負けないでおこうという意気込みはかなりのものであるかと思います。

GooglePixel3というモデルがすでに日本で販売開始しておりますが、次に発売される予定のGoogle Pixel4に関して紹介したいと思います。

Googleが純正に発売する端末ということで、非常に期待している人もかなり多いことは間違いありません。

Google Pixel3 /Pixel3XL ドコモ 一括価格19800円で 非常に購入しやすく オススメ機種に

2019年9月7日

Google純正の機種に期待するものは?

Google純正の機種に一番期待したいものというのはやはりOSのバージョンアップ保証というものでしょう。

OSのバージョンアップに関してはiPhoneの場合はある程度維持されるもののAndroidの場合はそれほど維持されるものではありません。

特にキャリアモデルに関しては残念なほどバージョンアップ保証というものがされません。

OSのバージョンアップがされるというだけでやはりセキュリティなどもかなり向上することは間違いありません。

それでも残念なほどバージョンアップが保証されていないのです。

それはやはり汎用的なOSをキャリアモデルにカスタマイズされて発売されているからということです。iPhoneはそのカスタマイズというのがほとんどありません。

基本的にOSをそのまま利用しているのです。マルチランゲージ対応というのはAndroidもiOSも変わりませんが、キャリアに対応させるということではAndroidのほうが確実にキャリアの思惑に対応した機種になっていることは間違いありません。

AndroidONEなどのバージョンアップ保証をしている機種というものは存在するものの、実際のところAndroidONEなどの機種を所持している人の割合というのはかなり少ないと思います。

それでもGoogle純正の機種を所持するということはバージョンアップ保証のために持っているという人が多いということは事実のようですね。

 

ドコモオンラインショップなら事務手数料が無料でお得
docomo ドコモ au SB ymobileL

カメラ性能に期待

Pixel4発売前にGalaxy Note9とPixel3との動画比較を実施しています。

Pixelシリーズもそうなんですが、やはりカメラ性能を重視する人というのはかなり多いと思います。

カメラ性能を重視するなら他の機種と比較する必要があります。こちらGalaxy Note9と比較している動画がありますので、一度確認してみてください。

どちらのカメラがいいのかというのがわかるかと思います。

ハイスペックであること間違いなし

Google純正の機種ということですが、ハイスペックな機種を採用することは間違いありません。

GooglePixel4が発売される頃にはAndroidのバージョンも10.0になっていると思います。

Android10.0の頃にはどんなことが出来るのでしょうね?

それが本当に楽しみです。最近AndroidOSというのは機能が増えていますが、OS自体は軽くなっている印象です。

見た目上それほど大きな差はないようにも感じますが、内部的には色々OSを触っていることがわかると思います。

新機能が追加されておりますが、ハードにそれほどの負担をかけることなく非常によくできたOSだと思います。

そういう意味ではGooglePixel4あたりになるとかなり期待出来るのではないでしょうか。

Pixelシリーズというのは、グローバル的に見てもハイスペックモデルであることは間違いありません。

Android10.0 AndroidQ 新機能 便利 オススメ 変更点 販売日はいつのなるの?

2019年9月5日

こちらAndroid10で採用される可能性のある機能などが紹介しております。こちらも合わせてご確認いただければと思います。

Pixel3も当然ながらAndroid10以上含めてアップデートすることが可能となっております。

Pixel3の後継モデルということもあり、期待している人もかなり多いかと思います。

公式画像がリーク

こちらGoogleが公式に画像を出してきました。このタイミングで公式に画像を出してくるということはかなり驚きですね。

恐らく9月ごろに発売されると思われますので、相当早いタイミングです。

見た目はiPhone 2019年モデルの背面っぽいですね。iPhoneは3つのカメラを搭載するモデルとなっています。

Google Pixel4ではSnapDragon855を採用か

SnapDragon855と呼ばれるCPUを採用してくれると思われます。SnapDragonと呼ばれるCPUというのはQualcommが製造しているCPUとなっておりますが、SnapDragon855と呼ばれるCPUというのはかなり素晴らしい能力を持っていると思われます。

2018年に採用されている機種に採用されているSnapDragon845と呼ばれるものより1.3倍程度能力が高くなると思われます。

1.3倍の能力が高くなるということに対して、かなりの向上が期待できると思います。

CPUの能力だけではそのスマホの能力を語ることはできませんが、実際のところSnapDragonを採用しているスマホというのは非常に評判もいいスマホとなっております。

Google純正ということで、ハイスペックであることは間違いないと思いますが、CPU以外の能力に関してもRAMの容量は6GBになると報じられています。

またROMの容量に関してもかなり高いと思われます。ROMに関しては128GB程度のROMを採用してくれると思われます。

基本的に最高のスペックで提供されることはほぼ間違いないと思いますね。

2019年中に発売が開始されるのであれば、SnapDragon855を採用する可能性は非常に高いと思われます。

SnapDragon855を搭載するモデルというのは、2019年に入り今後大量に販売されてくると思われます。

日本ではGALAXY S10やXPERIA 1などもSnapDragon855を採用する見込みになっております。

SnapDragon855 /Plus スナドラ855 最新のCPU Qualcomm 現行の2世代後モデル Hana v1.0

2019年8月7日

SnapDragon855AQUOS R3XPERIA 1でも採用されているCPUとなっているため、かなりいいCPUです。

GooglePixel4は前面も背面もデュアルカメラに

こちらを見てもらいたいのですが、前面も背面もデュアルカメラになっております。

こちら現在出ているイメージとなっておりますが、背面のデュアルカメラということはわかるのですが、前面もデュアルカメラになる可能性があります。

またパンチディスプレイを搭載するということで、GALAXY S10と同じような形状になるということでしょう。

GALAXY S10+などの 2019年モデル 発表 デザイン 画面サイズ スペック カメラはトリプル 1TBのROMのモデルも

2019年6月3日

こちらにGALAXY S10シリーズの写真を掲載しておりますので、こちらを合わせてご確認いただければと思います。

GALAXY S10シリーズでパンチディスプレイが搭載されることにより、今後ノッチタイプのスマホとパンチディスプレイを搭載するスマホの2つのスマホが世の中に出てくる可能性があります。

どちらが好きかどうかは完全に好みになるかと思います。

ノッチタイプだとどうしても動画や写真を見る時に端っこが切れてしまうわけですが、パンチディスプレイと呼ばれるものは、その部分に穴が空いているわけです。

どちらがいいのかというと微妙なところではあるのですが、それら2つの機構がない場合というのは本体サイズがどうしても大きくなるわけです。

そのあたりを考慮してこのようなレイアウトになっているのです。

デュアルカメラになることはすでに確定しており、背面の1200万画素メイン+1600万画素望遠カメラとなっています。望遠カメラで1600万画素もあるということは、結構珍しいですね。通常望遠カメラというのは、そこまで画素数が高くないものが多いです。

Google Pixel4に搭載されているセンサー類がすごい

Google Pixel4では スマホにタッチすることなく 動かすことが出来る 非常に便利な機能が搭載

2019年7月31日

かなりのセンサーがGoogle Pixel4には搭載される予定になっています。

搭載されるセンサー
「顔認証用IRカメラ」
「フロントカメラ」
「光近接センサー」
「オーディオポート」
「Soliレーダーチップ」
「顔認証用ドットプロジェクター」
「顔認証用IRカメラ(2つ目)」
「顔認証用赤外線投射装置」

これだけのセンサーが搭載される見込みです。かなりのセンサー類ですが、顔認証関連のセンサーがたくさん採用されていることがわかるかと思います。今回は顔認証がメインの認証解除技術となります。

また今回はこれらのセンサーを利用して、ジェスチャーコントロールが可能となる見込みです。

ジェスチャーコントロールというのは、手などを動かしてスマホに命令を送る仕組みとなっており、日本でもすでに搭載されている機種というのはあります。

たいていの機種での採用はまだですが、ジェスチャーコントロール機能が便利だということになれば、一気に普及するかと思います。ジェスチャーコントロールというのは、日本でも富士通のタブレットくらいにしか採用されていませんが、技術としては別に珍しい技術ではありません。

今回かなり多くのセンサー類が採用されていることを考えると、ジェスチャーコントロールも、かなり認識されるようになるのではないかと思います。

手に触れることなくスマホをコントロールする画面というのは、ウェブ閲覧や本を読んだりする時かと思います。

基本的には自宅にいながらゆっくり本を読んだりする時間がある人にとっては、いい機能なのかもしれません。通勤や通学の時は、ジェスチャーコントロールなど出来ませんので、普段はあまり利用しない機能でしょう。

カメラのズーム性能は最大8倍に

Google Pixel4に搭載されるカメラは最大8倍になるようです。参考値ですが、iPhoneのカメラは静止画で最大10倍、動画で6倍となります。

Galaxy Note9などは静止画10倍、動画10倍と非常に高性能なカメラなのです。

実は他の機種と比較して望遠に関しては、若干劣るレベルなのです。

ズーム性能はせめて10倍はいってもらいたかったですね。基本的にカメラのズーム性能というのは、もっとがんばればいけたのに・・・という感じです。

Galaxy Note9などは2018年に発売されたモデルとなります。2018年に発売されたモデルでも10倍ズームが動画では可能なのです。Pixel4ももう少しがんばってもらいたかったですね。

とはいうものの、光学ズームも2倍ついていると思われますので、それなりにズームをしても結構きれいということがわかるかと思います。

スマホでのズーム性能というのは、正直なところそこまで力を入れる必要はありません。そこまでズームを撮影したいのであれば、やはり一眼レフやビデオカメラなどを導入すべきです。手ブレ補正などもついていますが、ズーム倍率があがると基本的には手ブレ補正機能というのは、あまり役立ちません。そういう意味でも8倍ズームでもいいのかもしれませんね。

 

ドコモオンラインショップなら事務手数料が無料でお得
docomo ドコモ au SB ymobileL

Pixel4の見た目

Pixel4の見た目はこのようになると言われております。

こちらTwitterからの情報となります。

背面に関しては、トリプルカメラになるようですね。Pixel3ではシングルカメラだったことからトリプルカメラということで、かなりの進化になると予想されます。カメラの進化が本当にとまりません。

画面サイズは?

画面サイズはPixel4が5.6インチ、Pixel4XLは6.25インチとなる見込みです。

Pixelシリーズ画面サイズ
Pixel4:5.6インチ(2280×1080)
Pixel4XL:6.25インチ(3040×1440)

画面サイズは5インチ台と6インチ台のものとなりますが、画面の解像度がことなります。

画面の解像度はPixel4XLのほうが高いようです。画面解像度が高いとそれだけ画面がきれいに見えるため、個人的にはおすすめしたいです。

ただし画面が大きいとそれだけ持ち運びなどが不便になるので、そのあたりも考え方かと思います。

昨今フラッグシップモデルでは6インチを超えるモデルが当たり前になってきました。6インチというのは、大画面というイメージもあまりなくなってきましたが、やはりコンパクトサイズがいいという人もかなり多いわけです。iPhone8が継続的にかなり売れているということもその理由の一つかもしれません。

大画面モデルばかりが売れていく時代ではなくなったのかもしれませんね。

日本では正式にGoogle Pixel3の販売が開始

日本国内でGoogle Pixel3の販売が開始されました。これに伴い今後Pixel4の販売の可能性がかなり増えるのではないでしょうか。

基本的にはPixelシリーズというのは、Googleのフラッグシップモデルとなっており、OSに関しても最新のものを利用することが可能となっているのです。そのため利用したいと思う人はかなり多いと思います。

またPixelシリーズとiPhoneというのは比較対象にもなりやすいと思います。

iPhoneXsの購入かPixelシリーズの購入かで悩む人もかなり多いと思います。

ネット上の情報ではスペックなどはiPhoneXsのほうが上位にきているといわれております。

iPhoneXsはそれだけ素晴らしいスペックになっているということなのでしょうね。

GooglePixel3が販売になったということで、スペックなどを紹介しておきましょう。

Google Pixel3 /XL ピクセル3 スペック 発売日 デザイン 日本 ドコモ ソフトバンク

2019年9月4日

こちらスペック等を掲載している記事となっております。こちらも合わせてご確認いただければと思います。

Pixelシリーズというのは、非常に人気の高いスマホとなっております。GooglePixel4の販売はまたドコモ、ソフトバンクから発売されるのでしょうか。

それも楽しみですね。

Google pixel4も付属品はすべてついてくる可能性が高い

Google Pixel4でも付属品はすべてついてくる可能性が非常に高いと思います。

付属品が全てついてくるというのは、アダプターやケーブル、そしてイヤフォンジャックなどのスマホで楽しむ為の付属品のことです。

ドコモ Google Pixel3 3XLとの違い 比較 大きさ ノッチ スペックはどうなの?

2019年4月18日

こちらに付属品に関しての記載があるかと思います。こちらを見てもらえれば付属品がきっちりついてくるということがわかるかと思います。

付属品に関しては、やはり気になる人は多いと思います。

付属品の有無はかなり気になる部分だと思いますね。

付属品があるほうが売れ行きはいいと思います。Google Pixel4はGoogle純正ということだけあり、Googleもかなり力を入れているスマホだと思います。

Googleという世界的な企業が本気を出して製造しているスマホなのです。相当期待している人は多いと思いますね。

付属品がすべてついてくるというのは、利用者としてはありがたいことですね。しかしながら今後日本でも本格的に分離プランが導入されることにより、本体代金と通信費の完全分離が行われると本体代金を別途支払うということになりかねません。そのため別途本体代金を払うということで、本体代金の値上がりにもなるかもしれません。

最近ではそのような付属品を省いて少しでも安価に販売しているスマホも増えております。そういうことを考えると本当にそれがいいのかというと微妙な部分ではあるかと思います。

FaceIDが搭載される可能性も高い

FaceIDという認証方式が採用される可能性が高いことがわかりました。

iPhoneでも同様に採用されている認証方式となっておりますが、iPhoneのマネとはいいませんが、同様の認証方式というものを検討しているようです。

FaceIDというのは顔面認証というものとなっており、顔面で認証するものです。

指紋認証よりもさらに精度が高いといわれており、ご認識はほぼないということです。

昨今認証方式というものがいろいろ出てきており、実際にどれがいいのかというとユーザーとしてもあまりわからないということではないかと思います。

ユーザーとして、認証方式がいいというのは、どのような状況下においても認証ができるということではないかと思います。

正直なところFaceIDの認証方式というのは、マスクを好む日本人には、そこまでなじまないものになるのかと思います。

マスクをした状態でFaceIDというのは認証でいないケースが多いですからね。基本的に認証できないと思っておいたほうがいいと思います。

日本では、花粉の時期や冬の間はマスクをする人が非常に多いです。そういうことを考えると、FaceIDは好まれることはないかと思います。

FaceIDというのは、iPhoneを利用する人の認証方式ということで、その人達のレビューなどを参考にするといいかと思います。

Googleも世界標準のスマホを製造するので、ある意味仕方ないことかもしれませんが、マスクをつける人が多い日本ではちょっと厳しいかもしれませんね。

すでにGoogle Pixel4の実機も存在か

Android Open Source Project(AOSP)の中でGooglePixel4に関する言及を行っております。

こちら日本語に訳すと

「私たちは4.14と4.19でもこれを望んでいます、そしてそこには確かにいくつかのパッチが必要です。計画は、まずこれをPixel 3に展開し、すべてが実際に機能することを確認することでした。その後、ピクセル4などに進みます。 Pixel 4デバイスを使用していたとしたら、そもそも4.9に煩わされていなかったでしょう」
となります。

GooglePixel4の開発が現在進んでいるということはほぼ間違いないと思いますが、いつ頃の発売になるのでしょうか。日本でも登場するのでしょうか。

Google Pixel3aの発売

Google Pixel3aの発売が近々開始されています。

Google Pixel3a Pixel3aXL スペック 発売日 価格 日本 2019年 ドコモ ソフトバンク 夏モデルとして登場?

2019年8月6日

すでにGoogle Pixel3aのスペックなどはある程度リークされており、Google Pixel3の廉価版として発売される予定となっています。

Google Pixel3は2018年に発売されたモデルの中でもハイスペックモデルとして位置づけされ、Google社のフラッグシップモデルとして発売されました。

Google Pixel3の後継モデルとしてGoogle Pixel3aというモデルを投入し、その後2019年の秋ごろにはGoogle Pixel4として発売されるわけです。

Google Pixel3aは廉価版という位置づけのためPixel4と比較するとかなりスペック的にも開きがあると思います。

それでもGoogle Pixel3aでは最新のAndroidのバージョンを搭載し、今後も定期的にAndroidのバージョンはアップしていくでしょう。

2019年にはAndroid10と呼ばれるバージョンがあり、2020年にはAndroid11くらいまでのアップデートには十分対応できるかと思われます。

最新のAndroidが搭載され、センサー類も標準に

最新のAndroidが搭載されるPixelシリーズですが、そのためセンサー類に関してもOS側での標準での搭載となると思われます。

2019年7月には、ジェスチャーコントロール機能などが紹介されておりましたが、これらの制御を行う事ができるということが、Android10の標準機能となるのです。

Androidの標準機能になれば、他社含めてほぼ間違いなくこの機能を搭載してくることは間違いないと思います。

基本的にAndroidに搭載される機能というのは、各メーカーが標準で搭載出来るようにある程度汎用的に作られているわけです。

各社ほぼ間違いなく、搭載されるようになるかと思いますね。

今後はAndroidに標準搭載されるジェスチャーコントロールということになるでしょう。

Androidはそういう意味では機能の追加に関しては、各社に任されている部分が多いので、今度どうなるのかかなり楽しみですね。少なくともGoogle Pixel4には搭載されると思われます。

iPhone11の対抗機種として十分な実力

GooglePixel4という機種は、iPhone11シリーズの対抗としては十分な機種です。

Google Pixel4とGoogle Pixel4XLという機種が、それぞれiPhone11Pro、iPhone11ProMAXと呼ばれる機種と比較されることが多いと思います。

iPhone 2019 iPhone11 Ⅺ XI MAX アイフォン スペック 予想 噂 価格 発売日 ドコモ au ソフトバンク

2019年8月15日

こちらiPhone11の情報を掲載しているページとなっていますが、iPhone11と比較してもGoogle Pixel4の実力は十分です。

iPhone11と呼ばれる機種というのは、個人的に見てもかなりオススメできる機種となっていますが、Pixel4と比較するとどうでしょうね・・・

Android最高の機種とiOS最高の機種です。いわゆる頂上対決のような機種ですね。


動画でスマホを解説

動画でスマホを解説しています。最新スマホの情報を掲載中 チャンネル登録お願いします。



スマホ・ガジェット専門サイト

スマホのガジェットを専門に紹介しているサイトです。海外スマホなどを紹介しているページです。日本ではあまり見ることのできないモデルを発見できるかもしれません。