ドコモオンラインショップは事務手数料無料で契約ができる

GALAXY S10 /Plus ギャラクシーS10 スペック 予約 発表 新機能 発売日 価格 ドコモ au

GALAXY S10が正式発表されました。この日を待っていた人も多いのではないかと思います。

GALAXY S10は今回グローバルモデルとして3つのモデルの発表が行われました。

日本ではドコモ及びauから2つのモデルが発売されます。

GALAXY S10及びGALAXY S10+ GALAXY S10+の3つのモデルです。

どのようなモデルになるのか気になる人も多いでしょう。日本で発売されるのであれば、ドコモ、auから発売される可能性が非常に高いと思われます。

グローバルモデル発表時点では日本での販売に関しては言及されておりませんが、気になることであることは間違いありません。

目次

日本で発売されるのはドコモ、au

ドコモ、auから発売予定
GALAXYシリーズというのは日本ではドコモ、auの2社から発売されています。
GALAXYシリーズはかなり人気も高く、スペックの高いAndroidスマホです。
XPERIAと同じくらい人気の高いモデルの為、売れ筋スマホに入ってきます。
今回かなりのスペック強化が図られかなり期待できるモデルの一つです。

ドコモオンラインショップの事務手数料の要件が改定され、すべての契約で事務手数料が無料となります。

これに伴いすべての契約で適用されることからかなりお得に契約できるようになりました。

またドコモオンラインショップでは2500円以上の購入で無料で自宅まで送付してくれるということもメリットです。

また頭金も不要です。

それだけでかなりお得に購入することが可能です。頭金と事務手数料が不要ということで、かなりの人がオンラインショップから購入しています。

また発売日に自宅まで届けてくれるというところも非常に魅力的ですよね。

今回ドコモオンラインショップを予約するとGALAXY BUDSをもらうことが可能となります。

それだけで1万円以上するイヤフォンとなっておりますので、ほしい人にとってはありですね。

普通に購入するとこれくらいの価格ですね。相当お得なことがわかるかと思います。

予約購入は必須ですね。

<au>

日本ではドコモ及びauから発売されました。

ドコモオンラインショップの場合はなんといってもXiからXiへの機種変更時の事務手数料が無料です。

これはかなりありがたい話ですよね。事務手数料だけでも2160円かかりますからね。

そういう意味でこういうオンラインショップを利用するということは非常にいいと思います。

今回GALAXY S10シリーズというのはGALAXY S10とGALAXY S10+とGALAXY S10eの3つのモデルが発売されましたが、日本で発売されるのは、GALAXY S10とGALAXY S10+になる可能性が非常に高いですね。

予約キャンペーンが出てくる可能性が高く、日本では2019年5月下旬の販売になる見込みです。
その頃に予約をして購入すると間違いなくお得に購入することが可能かと思います。
ドコモ、auから販売される予定ですが、予約キャンペーン時に予約購入をオススメします。

詳しくはこちら発表後の記事を確認ください。

GALAXY S10+などの 2019年モデル 発表 デザイン 画面サイズ スペック カメラはトリプル 1TBのROMのモデルも

2019年6月3日

折り畳めるスマホ Galaxy Fold スペック 7.3インチ トリプルカメラ搭載

2019年5月10日

こちら折りたたみスマホです。折りたたみのスマホって本当に面白いですよね。

予約購入でGALAXY Budsプレゼント

予約購入でGALAXY Budsがプレゼントされます。いわゆる無線イヤフォンのプレゼントです。これはかなりありがたいことではないかと思います。

このプレゼントというのは、ドコモオンラインショップから予約した場合、au Online Shopからプレゼントされます。

それぞれのリンク先をクリックしてみてください。

各社のオンラインショップに行くことが可能となります。こちらから予約を行うことで、GALAXY Budsをもらうことが可能となります。

また今回もそうですが、予約特典は必ずもらえますので、ぜひ予約購入いただければと思います。

ワイヤレスイヤフォン 全員 プレゼント 2019年 ギャラクシー S10 予約がお得でオススメ

2019年5月26日

こちらの記事も合わせてご確認ください。ワイヤレスイヤフォンが無料でプレゼントされるので、間違いなく予約購入はお得です。

予約して購入することは本当にオススメしたいですね。

ドコモの発売は2019年6月1日となっており、予約をしている人は5月30日から予約のための出荷が開始されます。今回は2019年6月1日10時に予約開始メールがやってきました。

ドコモからお知らせメールが10時以降に届くかと思いますので、そのタイミングで購入していただければと思います。

ドコモのGALAXY S10というのは、やはりかなり人気の機種なだけに相当売れるのでしょうね。発売日だけで10万台以上は売れるものと思われます。

それくらいGALAXY S10というのは、期待されているモデルということになります。

本当に発売日にGETできる人は羨ましいですね。

GALAXY S10がついに発表

GALAXY S10が発表されました。かなりの人が期待していたことではないでしょうか。

GALAXY S10+などの 2019年モデル 発表 デザイン 画面サイズ スペック カメラはトリプル 1TBのROMのモデルも

2019年6月3日

今GALAXYシリーズの発売されるタイミングというのは、GALAXY Sシリーズが2月から3月ごろでNOTEシリーズが9月ごろとなっております。

すでにサイクルは出来上がってきていると思います。

最新の情報では2019年の1月という情報も出てきております。やはり少しでも早い段階でのリリースというのがメーカーとしてもインパクトがあると思います。

早く発売を開始することにより、他社よりも優位に立ちたいという思いもあるかと思いますね。

発売日は年々早まると言われておりますが、実際に早まるかどうかはその直前にならないとわかりませんけどね・・・

とはいうものの、GALAXY NOTE9の発表は8月になるということで、こちらは間違いなく早まっています。そういうことを考えるとGALAXY S10の発表も早まるかもしれないでしょう。

The Samsung Galaxy S10 launch date is is likely to be in early 2019. More specifically we’ll probably see it at MWC 2019, which takes place from February 25-28.

Not only does a leaker claim we’ll see it then, but Samsung announced the Galaxy S9 range at MWC 2018, so the 2019 show is the most likely release date.

こちらの情報を見てもらえれば、2019年のMWCにて発表される予定になっております。

日本のキャリアモデルとして販売されるのは、2019年5月下旬となります。グローバルモデルの販売とキャリアからの販売は異なりますので注意が必要です。

日本は基本的にキャリア販売がメインとなります。そのためキャリアモデルの販売に関しては2019年5月下旬とおぼえておけばいいと思います。

GALAXY S10のスペック

モデル名 GALAXY S10
寸法 未定
重さ 未定
OS Android 9.0
画面サイズ 6.1インチ
画面占有率 93.1%
解像度 3040 x 1440 QHD+
ディスプレイ Quad HD+ Curved Dynamic AMOLED
プロセッサ Snapdragon 855
RAM 8GB
内蔵ストレージ 128GB or 512GB
microSD 最大512GB
前面カメラ 10MP、f/1.9
背面カメラ 1600万画素(超広角)+1200万画素(広角)+1200万画素(望遠)
LTE Cat.20 Enhanced 4×4 MIMO, 7CA
WiFi 802.11ax
Bluetooth v5.0
Payment NFC, MST
カラーバリエーション Prism Black、Prism White、Prism Green、Prism Blue
バッテリー容量 3400mAh
認証センサー 指紋認証(画面内蔵)
その他 IP68防水防塵、ワイヤレスパワーシェア

GALAXY S10+のスペック

モデル名 GALAXY S10+
寸法 未定
重さ 未定
OS Android 9.0
画面サイズ 6.4インチ
画面占有率 93.1%
解像度 3040 x 1440 QHD+
ディスプレイ Quad HD+ Curved Dynamic AMOLED
プロセッサ Snapdragon 855
RAM 8GB or 12GB
内蔵ストレージ 128GB or 512GB or 1TB
microSD 最大512GB
前面カメラ 10MP、f/1.9、8MP f/2.2
背面カメラ 1600万画素(超広角)+1200万画素(広角)+1200万画素(望遠)
LTE Cat.20 Enhanced 4×4 MIMO, 7CA
WiFi 802.11ax
Bluetooth v5.0
Payment NFC, MST
カラーバリエーション Prism Black、Prism White、Prism Green、Prism Blue、Ceramic White、Ceramic Black
バッテリー容量 4100mAh
認証センサー 指紋認証(画面内蔵)
その他 IP68防水防塵、ワイヤレスパワーシェア

こちら<GALAXY S10及びGALAXY S10+のグローバルモデルでのスペックとなっております。

日本モデルのスペックは若干異なりますので、注意が必要となります。

グローバルモデルではいろいろなモデルがいくつか販売されました。

日本ではRAMの容量は8GBのモデル、ROMのは128GBのモデルが発売されました。

 

ドコモオンラインショップなら事務手数料が無料でお得
docomo ドコモ au SB ymobileL

auからはSCV41とSCV42という名称で販売される

auからはSCV41及びSCV42という名称でこのGALAXY S10及びGALAXY S10+が発売されると思われます。

SCV41 SCV42 GALAXY S10 /S10+ au 発売予定 予約 キャンペーン プレゼント実施

2019年5月15日

こちらを見てもらいたいと思いますが、auから発売される時の機種名称です。

GALAXYシリーズというのは「SCV」というものが継続してついています。

これがいわゆる型番と呼ばれるものです。

今までも同様にこの型番というものが命名規則としてついていました。

auモデルといったとしても実際にはドコモモデルと比較しても変わりません。

日本仕様として発売される為、ベースはドコモモデルと同じになります。若干auとはバンド帯が異なる為、そのあたりは違うかもしれませんが、バンド帯の違いだけで、ベースとなるモデルは同じとなります。

auモデルであってもドコモモデルであっても基本的な仕様は同じものとなっております。そのため自分にあったキャリアを選択することをオススメしたいですね。

バンド帯はかなりの数に対応

SIMフリーを検討する人も少なからずいるかと思います。

今回発売されるGALAXY S10シリーズのバンド帯というのはかなりの数のバンド帯に対応しています。

2Gバンド GSM 850 / 900 / 1800 / 1900 – SIM 1 & SIM 2 (dual-SIM model only)
3Gバンド HSDPA 850 / 900 / 1700(AWS) / 1900 / 2100
4Gバンド LTE band 1(2100), 2(1900), 3(1800), 4(1700/2100), 5(850), 7(2600), 8(900), 12(700), 13(700), 17(700), 18(800), 19(800), 20(800), 25(1900), 26(850), 28(700), 32(1500), 38(2600), 39(1900), 40(2300), 41(2500), 66(1700/2100)

これらのバンド帯に対応しております。

ドコモ 通信帯域 LTE 4Gで利用できるバンド MVNO 格安SIMで活用できる

2019年3月7日

こちらドコモでの利用バンド帯となっております。

ドコモでは1,3,19の3つに対応していれば基本的には問題ありません。

当然ですが、LTEバンドとして3つのバンドに対応しておりますので、問題はありません。

LTEのバンド数がたくさんあるということは、次回機種変更したあとでもこの機種をMVNOなどで利用し続けるということは可能となります。LTEバンド数が多いというだけで、かなりメリットがあるでしょう。

たくさんのバンドに対応しているということで、それこそ格安SIMなどでも利用を検討している人にとっては、このGalaxy S10というのは、オススメ出来るモデルかと思います。最近格安SIMへの転入もかなり鈍っており、なかなかドコモやauから格安SIMに移行出来ない人も多いと思います。

実際に格安SIMで運用していると、遅い時間帯などがあるというデメリット部分もあるため、その利用は進まないのかと思います。

日本ではかなり売れると予想

GALAXY S10シリーズは10周年ということもあり、かなり販売台数を伸ばしてくると思われます。日本市場においてXPERIAからGALAXYシリーズに乗り換える人の数も増えてきたように思います。

その理由はGALAXYシリーズのほうが先進的なスペックを搭載しているからです。

先進的なスペックを搭載しているというGALAXYシリーズなので、このGALAXY S10に関してはかなり販売台数を伸ばしてくるものと思われます。

日本での発売に関してはまだもう少し先となり、2019年5月中旬に発表されると思われますが、XPERIAシリーズもその時に同時に発表されると思われます。

それならやはり比較するのはスペック表でしょう。

CPUなどの基本的スペックは同じになりますが、カメラのスペックが明らかに異なります。カメラ性能に関して言えばGALAXY S10のほうが上をいっていると思います。

画素数というのは、基本的にそこまで変わらないと思われますが、トータル的なカメラではGALAXYシリーズのほうがいいと判断されるのではないでしょうか。

そのあたりはGALAXYシリーズの専用サイトやテレビCMでもよりGALAXYシリーズのほうが上に見せるように頑張ってくるでしょう。

今回のGalaxyシリーズではカメラをかなり強化しております。

カメラの強化というのは、ユーザーからするとわかりやすいですね。

カメラというのは毎日は使わないもののせっかくならきれいに残したいという人にとってはかなりおすすめできる機能の一つかと思います。

GALAXY S10の5Gモデルは今後グローバル展開

GALAXY S105Gモデルというものが今後発売される見込みです。

2019年3月時点では5Gモデルが今後発売されるという通知のみです。

SnapDragon855という2019年の時点では最も最新のCPUにX50モデルそしてX55モデムのどちらかを装着することで、5Gの通信が可能となります。

5Gの通信ができるようになるとLTEの100倍の速度で通信ができるとも言われております。

相当高速通信になると思われます。

世界的な商用運用の開始が2020年ごろになると予想され、各社のテスト用端末として販売されるのではないでしょうか。

SnapDragon855というCPUには未来を感じます。2020年にはいるとSnapDragon865と呼ばれるCPUが発売される予定になっており、そちらのほうは5Gが標準で搭載される統合モジュールになる予定です。

統合モジュールになるとモデムを付与することなく利用することが可能となりますので、かなりいいと思います。

5Gモデルというのは、2019年の夏モデルとしては発表されませんでしたが、ひょっとすると2019年冬モデルとして5G対応モデルの発売があるかもしれません。すでに5G対応モデルというのは、韓国では発売されています。

ベースのスペックはGALAXY S10と同じスペックとなっておりますが、ベースのスペックだけではなく、5Gに対応しているということだけでもかなりのポテンシャルではないかと思います。

韓国で5Gモデルは100万台販売をしたという情報もあり、5Gモデルの人気はかなりのものですね。日本からも冬モデルとして5Gに対応したモデルの販売を望む声が出そうです。

SIMフリーモデルならGALAXY S10の購入は可能

Galaxy Samsung S10+ プラス 128GB SMG975F/DS (出荷時ロック解除) 6.4

Galaxy Samsung S10+ プラス 128GB SMG975F/DS (出荷時ロック解除) 6.4

87,350円(07/10 14:45時点)
Amazonの情報を掲載しています

こちらSIMフリーモデルの並行輸入モデルとなっております。

海外から取り寄せられるモデルとしてはすでに購入することが可能となっており、欲しい人ならSIMフリーモデルの購入をオススメしたいですね。

今後日本でもSIMフリーモデルの流通が間違いなく増えていくと思われます。

ドコモも分離プランというものを出してきており、分離プランを利用することで、SIMフリーモデルでも実際にスマホを購入してもそれほど変わらない価格帯のモデルということになります。

そういうことを考えるとやはり分離プランというのは、SIMフリーを加速させるわけです。SIMフリーモデルは技適への対応など気になる部分はあるものの、そういうことをあまり気にしない人にとってはSIMフリーモデルを普通に利用してしまうでしょう。

キャリアから発売されるモデルでは技適が通っている端末となっておりますので、技適の端末の購入をしたいものです。

技適に関する質問もアマゾン側には投げましたので、そのうち回答もあるかと思います。

 

ドコモオンラインショップなら事務手数料が無料でお得
docomo ドコモ au SB ymobileL

カメラ、画面サイズでGALAXY S10とS10+は差別化

GALAXY S10のレンダリング画像 背面は3つのカメラ 6.1インチディスプレイ搭載

2018年12月10日

こちらの記事を見てもらいたいのですが、GALAXY S10とGALAXY S10+との差別化の記事となっております。

実際にこの2つのモデルの違いに関して触れられているわけですが、画面サイズが若干ことなります。

そしてカメラに関しては3つのカメラとなっております。S10+は4つのカメラになる見込みなので、非常に期待したいところですね。

GALAXY S10というのは、日本でも発売される非常に人気のモデルとなっております。

これはかなり期待したいですね。

SnapDragon855のベンチマークが出てきた

こちらXPERIA 1のベンチマークとして出てきました。

SnapDragon855が搭載されるモデルとも言われておりますので、GALAXY S10もSnapDragon855モデルが登場すると言われております。

となれば40万ほどのベンチマーク結果になると思われます。

おそらくXPERIAシリーズよりもベンチマークよりもいい結果になると思われますので、42万程度になるのではないでしょうか。

相当高いベンチマークの結果ということで、非常に期待できると思います。

そこまでいいベンチマーク結果ならストレスフリーで楽しむことができるかと思いますね。

GALAXY S10でも同様のCPUが採用される見込みとなっております。XPERIAシリーズと同様のCPUが搭載されるのであれば、かなり期待は持てるかと思います。

基本的にCPUというのはその機種の能力を測定するものなのです。そのため今回40万近くのベンチマークの結果が出てきたということで、GALAXY S10の性能はかなり高くなることが予想されます。iPhoneよりも能力が高くなる可能性が高いということですね。

ただしあくまで客観的な能力が高いということで、使い勝手がいいということは別問題です。

GALAXY S10とほぼ同じスペックとなりますので、XPERIA 1のベンチマークというのは、かなり参考になると思います。

ディスプレイ内蔵指紋認証

ディスプレイ内蔵の指紋認証機能がGALAXY S10では搭載されました。

ディスプレイ内蔵の指紋認証機能というのは、OPPOというメーカーで採用され、今後どんどん認知されていくものと思われますが、まだまだ採用しているメーカーも少ないです。

XPERIA 1では残念ながら内蔵の指紋認証が採用されず、キャリアモデルとして登場するのは、GALAXY S10シリーズだけになると思われます。

ディスプレイに内蔵された指紋認証というのは、使い勝手に関してはかなり向上すると思われます。

その理由は背面はサイドに指紋認証があるより、前面にあるほうが間違いなくボタンとして押しやすいからです。

しかしながらディスプレイに埋め込まれたことにより、保護フィルムすべてで対応できるとは限りません。

今回のディスプレイ埋め込みにより対応できる保護フィルムというのは、基本的には純正の保護フィルムとなります。

サードパーティでも対応しているものもあると思いますが、ベースは純正ということになります。

GALAXY S10のケース購入が可能

GALAXY S10 /S10+ 保護ケース カバーの購入 手帳ケース オススメ

2019年6月12日

すでにGALAXY S10のケースが販売しております。GALAXY S10のケースは事前購入がオススメです。

こちらでも事前に購入することが可能となっておりますが、基本的にGALAXY S10の発表後に購入することが出来ます。

どうせ買うならセットで購入したほうがいいと思います。

GALAXY S10のケースを事前に欲しい人は事前購入がオススメです。

ケースは端末自体を保護するものなので、ケースをつける人はかなり多いと思います。

日本のキャリアモデルとして販売される頃には、ケースもさらに充実しているかもしれませんね。

ノッチがなくなり、ベゼルレスに

GALAXY S10 /S10+ではノッチなしのベゼルレスデザイン 最新のイメージ画像が流出

2018年10月24日

こちらの記事を見てもらいたいのですが、ノッチがなくなり、ベゼルレスになっております。

上部はほとんど何もありません。ここまでベゼルがないというのは本当にすごいと思います。

ノッチがない機種というのは、今後このように増えてくることは間違いないかと思います。

GALAXYシリーズの最新モデルはかなりよくなってくることは間違いないと思います。

ここまでデザイン性の高いモデルならiPhoneにも負けないと思います。

どうしてもiPhoneと比較する人が多いわけですが、iPhoneとAndroidでは基本的にできることはあまり変わりません。

デザインなどで評価することをオススメしたいですね。iPhoneのノッチがあまり好きでない人はこのような見た目のほうがいいのではないでしょうか。

GALAXY S10の画面埋め込み 前面カメラ 斬新なデザインで全面がディスプレイに

2018年12月5日

こちらの記事を見てもらいたいのですが、本体前面ディスプレイの中にカメラが埋め込まれる可能性が非常に高いです。

前面ディスプレイ内蔵カメラという新しい作りになると思われます。これによりノッチがなくなるのです。

ノッチがあるスマホがいいのか、もしくは前面カメラを見たいということで、このようなカメラを持ったスマホがいいのか賛否は分かれる部分ではあるかと思います。

実際に動画などを見るときにはこのカメラ部分というのは結果的に動画が映し出されることはありません。

それが非常に気になるという人もいるのではないでしょうか。

前面ディスプレイのカメラ部分が気になる人はどうなんでしょうね。とはいうものの結果的にノッチも同様です。ノッチに関しても同様のことが言えるかと思われますので、ノッチがいやで、こちらを選択する人もいるでしょうね。

どちらにしろ前面のディスプレイが大きくなるわけですから非常に期待したいところです。

 

ドコモオンラインショップなら事務手数料が無料でお得
docomo ドコモ au SB ymobileL

GALAXY S10ではイヤフォンジャックがなくなる可能性が高い

GALAXY S10 以降に発売されるスマホでサムスンはイヤフォンジャックを廃止しようとしている

2018年10月15日

こちらの記事を見てもらいたいのですが、GALAXY S10ではイヤフォンジャックがなくなる可能性が非常に高いです。

イヤフォンジャックに関してはサムスンは搭載すると明言しておりましたが、GALAXY S10以降発売されるスマホには搭載されない可能性が非常に高いですね。

これを吉と読むか凶と読むかといったところではないでしょうか。

基本的にイヤフォンジャックというのは、音楽を聞く人にとっては必須機能の一つです。

ただし音楽を聞かない人にとっては全く必要のない機能なわけです。イヤフォンジャックがなくなるとフルセグ等のアンテナはどうなるのかわかりませんが、今後なくなっていくことは間違いなさそうですね。

噂ではイヤフォンジャックがなくなるとも言われておりましたが、実際にはイヤフォンジャックはついていました。

イヤフォンジャックがなくなると今まで利用していたイヤフォンの利用ができなくなる恐れもありますので、イヤフォンジャックがついているということで安心した人も多いのではないかと思います。

GALAXY S10は2019年に発売予定

今後GALAXY S10というのは2019年に発売されることはほぼ間違いありません。

2017年にGALAXY S8が発売されかなりの人気になっていることは知っている人も多いと思います。

GALAXYシリーズというのは、なぜそこまで人気があるのか?ということですが、やはりAndroidの中ではかなり革新的な機種を製造しているからです。

どこまで革新的なのか?ということですが、GALAXY S8で登場した全面ディスプレイです。

それはかなりのものかと思いますね。全面ディスプレイを採用したことにより、人気が爆発したといわれております。

今後GALAXY S10の発売までにGALAXY S9の発売もあります。そのGALAXY S9ではフロントパネルに対して指紋センサーを埋め込むようなことも実施しているようです。

指紋センサーに関して言えばGALAXYシリーズに限らす色々な機種でどの部分に採用されるのか話題になります。

フロントパネルに指紋センサーを置くということ自体がかなりすごい技術です。GALAXY S9でそれらの技術的な課題をクリアした上でGALAXY S10というものは発売されると思われます。

GALAXY S10の発売時期は2019年3月頃と見られておりますが、かなり期待は出来ると思いますね。

GALAXY S10の名称がGALAXY Xに?

2019年からGALAXY Sシリーズを廃止しGALAXY Xシリーズに名称変更の予定

こちら最新の情報によると今後GALAXY Sシリーズの名称を廃止するということになるようです。

GALAXY Xという名称に今後変わっていくものと思われます。これはまさにiPhoneと同じ感じになるということのようですね。

iPhoneもiPhoneXという名称に変更しました。2017年にiPhone8とiPhoneXの2つのモデルを採用しており、今後はiPhoneXに統合されていくというものです。

GALAXYシリーズも今後はGALAXY Sシリーズを廃止し、GALAXY Xとなっていく可能性が非常に高いと思われます。

GALAXY Xという機種というのは、折りたたみ型になる可能性が高いと報じられておりましたが、ここにきてGALAXY XというのはGALAXY S10結果的にGALAXY S9の後継モデルになる可能性が非常に高いということがわかりました。

実際には名称変更になるだけで、今まで通りのGALAXYシリーズは提供されるということなので、安心したいと思います。

GALAXY Xというのは7インチを搭載したモデルという別モデルになると思われます。そのためGALAXY S10がGALAXY Xになるということはないかと思いますね。

GALAXY S10という名称のスマホはこのまま残ると予想されます。

GALAXY S10ではSnapDragon855が採用

GALAXY S10ではSnapDragon855が採用されました。

SnapDragon855 スナドラ855 最新のCPU Qualcomm 現行の2世代後モデル Hana v1.0

2019年3月5日

SnapDragon855が採用され非常に期待できるモデルの一つとなりました。

SnapDragon855と呼ばれるCPUというのはクアルコムが発売しているCPUとなっており、2019年モデルの中では一番ハイエンドなものとなります。

CPUというのはそのスマホの能力を即反映しますので、動作速度にはかなり影響すると思われます。

SnapDragonは信頼性も高く、日本で発売されているスマホにはたいてい同梱されております。それくらい人気の高いCPUとなっております。

間違いなくおすすめできるCPUとなっており、GALAXY S10シリーズだけではなく、XPERIA 1でも搭載されるCPUです。

SnapDragon855
信頼性が高く処理能力も早い
AI機能の強化がされている
日本市場でも大多数のモデルがSnapDragonのCPUを採用

これらの観点からGALAXY S10に搭載される最新のSnapDragon855の能力にはかなり期待したいです。

GALAXY S10では指紋認証機能はディスプレイ内部に

GALAXY S10では指紋認証機能はディスプレイ内部に入ってくると報じられております。

GALAXY Sシリーズも2018年の時点でS9まで来ておりますが、その先というのはGALAXY S10ということになります。

GALAXY S10というのは、当然ですが2019年に発売される予定になっております。GALAXY S10でディスプレイに指紋認証機能が入るということで背面にあった指紋認証機能が排除されるということになります。

そのため使い勝手は当然ながら飛躍的に向上するかと思います。

使い勝手が飛躍的に向上するということは、当然ながらかなりいいと思います。背面に指紋認証機能があるということ自体が使い勝手としてはイマイチだったと思います。

その理由はやはりケースをする人が多いからです。ケースをすることで、背面に指紋認証があれば相当使い勝手はわるかったと思います。

それが前面にくることでかなりの使い勝手向上になるでしょうね。

GALAXY S10でトリプルカメラを搭載する

GALAXY S10ではトリプルカメラを採用しました。

ドコモから今後発売される予定になっているスマホですが、こちらのスマホくらいしかトリプルカメラは搭載されておりません。

今後トリプルカメラの取扱を間違いなく各社増やしてくるでしょう。

フラッグシップモデルのみにしか搭載されないと思われますが、トリプルカメラというのは、かなりオススメしたいですね。

GALAXY S10 Plusにトリプルカメラが搭載される噂 iPhoneXPlusにも搭載予定

こちらの記事にもトリプルカメラの情報が掲載されております。こちらの情報も合わせてご確認いただければと思います。

2つの新機能が搭載予定

こちら2つの新機能が採用される可能性が高いです。

2つの新機能というのは、トリプルカメラ及びディスプレイ内蔵の指紋認証機能です。

2つの新機能が搭載されることにより、GALAXY S10の売上はかなり伸びていくものと思われます。

GALAXY S10に関しては世界的にも非常に人気のあるスマホなので、相当期待している人も多いと思います。

GALAXYシリーズの中でも最高峰となっており、人気もかなり出てくると思われます。

昨今カメラ機能に対してかなりの注目を浴びる様になりました。カメラ機能というのは、スマホを利用する上では必須ですからね。

5つのカメラを搭載予定

GALAXY S10では5つのカメラが搭載 前面2つ 背面3つのトリプルで登場か

2018年8月2日

GALAXY S10は5つのカメラになると報じられております。実際にはGALAXY S10+だけになるかと思います。

前面もデュアルカメラになる可能性もあるということは非常にありがたいですね。

背面は3つのカメラということでついにトリプルカメラが搭載されます。トリプルカメラのスマホはまだ世の中に発売されている機種としては非常に少ないです。

非常に少ないスマホとなっておりますので、発売されるとかなり期待できるでしょう。

トリプルカメラがどこまで進化するのかわかりませんが、現行のデュアルカメラよりは間違いなく進化すると思われます。

進化されたカメラを本当に見てみたいですね。

5つのカメラという非常にいい文言です。かなりおすすめしたいですね。

GALAXY S10最新の見た目

GALAXY S10の最新の見た目が出てきました。こちらかなりかっこいいと思いませんか?

GALAXY S10 ギャラクシーS10のデザインがリーク 見た目 ディスプレイはすごい

2018年12月7日

こちらが見た目となっておりますが、この見た目はどうでしょう?

いくつか紹介している見た目に関してかなりブラッシュアップされているのではないでしょうか。

GALAXY S10の見た目は本当にかなりよくなっているかと思います。

GALAXY S10から他の機種への充電ができる

GALAXY S10から他の機種への充電が出来ます。

GALAXY S10では逆方向のワイヤレス充電が付く 他のスマホの充電も可能

2019年5月22日

こちらの記事を見てもらいたいのですが、逆方向へのワイヤレス給電が可能になるかもしれないという記事です。

現在Huaweiのモデルの一部で逆ワイヤレスが可能ですが、こちらの機種で逆ワイヤレスとなれば、非常に便利だと思いませんか?

普通に考えるとワイヤレス充電に対応したガジェットの充電が可能になるのです。

また他のiPhoneなどに充電をすることも可能となっており、複数のガジェットを持っている人にとっては間違いなくメリットのあることだと思います。

そういう意味では間違いなくこちらはオススメできる機能の一つかと思います。また新しい情報が出てきましたが、発売までまだありますので、まだ情報は出てくるものと思われます。

こちら紹介した記事というのは、GALAXY S10シリーズ発表前の記事となっており、その後ワイヤレスパワードシェアという機能がついているということがわかりました。

それに伴い他の機種への充電も可能です。ただしQiに対応していることが条件となります。

それによりGALAXY BUDSなどの充電も可能となります。それはかなりメリットですね。

中国国内で3C通過

GALAXY S10 中国での3C 認証 SM-G970F、SM-G975F、SM-G973F

2019年1月16日

こちらの記事を見てもらいたいのですが、中国国内で3Cが通過しました。

3Cが通過したことにより、GALAXY S10というのは中国国内でも販売される予定です。

ただし中国国内で販売されるモデルはExynos9820と呼ばれるモデルとなっており、日本国内で販売される予定のSnapDragon855というわけではありません。

日本国内はSnapDragon、中国国内はExynosとなっており、何が違うのかというとCPUを製造しているメーカーが異なります。

中国国内版に関してはサムスン製のCPUとなるわけです。基本的なCPUの性能にはそこまでの大差はないと思われます。

国によってGALAXY S10の仕様がことなるということがわかるかと思います。

ベンチマーク結果が出てきた

GALAXY S10のベンチマーク結果が出てきました。


こちらに動画で掲載しております。

ExynosモデルとSnapDragonモデルの2つのモデルのベンチマーク結果となっております。

上段がExynos9820モデルとなっており下段がSnapDragon855です。

SnapDragon855のほうが若干ですが、良くなっていることがわかるかと思います。

日本で発売されるのはSnapDragon855のほうが発売される予定になっております。

マルチで1万を超えるベンチマークの結果です。

こちらはGALAXY S9のベンチマークです。これも当然ながら結果としては悪くはないわけですが、やはりこれよりは上位という位置づけになるかと思います。

約1割〜2割程度性能がよくなるということになります。性能が1年であがるのはそれくらいがもう限界になっているのかもしれません。それでも性能は間違いなく上がっておりますので、かなり期待できるかと思いますね。

GALAXY S10のカメラ性能に期待

GALAXY S10 /S10+でのカメラ性能が気になる どれくらいきれいに写真や動画を撮れるの?

2019年2月18日

こちらを確認してもらいたいのですが、カメラ性能に関してはGALAXY S10ではさらに期待できそうです。

カメラ性能というのは年々向上しているわけですが、GALAXY NOTE9というのが、GALAXY S10の発売前直近のモデルです。

今回GALAXY S10でカメラ性能がモデルチェンジするわけですが、今回のモデルチャンジはかなり大きなものになる予定です。

複数のカメラになる予定になっており、複数のカメラが搭載されることにより、間違いなくいいカメラとなる見込みなのです。

カメラを複数搭載するということは、かなり期待できることかと思います。

デュアルカメラでもこの綺麗さです。とはいっても2つのカメラを同時に使っているわけではありません。

結果的に広角カメラの1つを利用しているにしか過ぎないのです。

おそらくカメラ1つあたりの性能というのは、2019年モデルになり、またよくなると思われますので、おそらく更にきれいな動画を撮ることが可能になると思われます。

GALAXY S10 /Plus ギャラクシーS10 RAMの容量 カメラ 仕様を動画で解説

近々GALAXY S10の販売が開始される予定になっております。

GALAXYシリーズというのは日本で販売される機種となっており、日本ではGALAXY S10及びGALAXY S10+の2つのモデルの発売が期待されております。

GALAXYシリーズは過去から継続的に販売されている、ドコモ及びauから発売が予想されており、どのようなスペックになるのか非常に期待されているところです。

日本での発売はドコモ及びau

ドコモオンライン ネットからドコモ スマホ 購入 メリット デメリット

2019年4月1日
こちらドコモオンラインショップとなっております。

こちらのオンラインショップから購入すると事務手数料が無料となっております。

それだけでもドコモオンラインショップから契約するメリットというものがあるのです。

また発売日に自宅まで送付してくれるということもかなりのメリットかと思います。

自宅まで送料無料で送ってくれるということで、ドコモオンラインショップはぜひ契約したいオンラインショップであることは間違いありません。

こちらau Online Shopとなっております。こちらのオンラインショップから購入する場合は事務手数料は必要となりますが、au Online Shopもドコモと同様に自宅まで送料無料で送付してくれる上に発売日に自宅まで届けてもらうことが可能です。

発売日に自宅まで届けてくれるということもかなりのメリットがあるかと思います。

最近はこれらのオンラインショップを利用する人がかなり多くいます。オンラインショップは自宅や通勤、通学の時にでも購入することができますので、かなりメリットがあります。

時間短縮で購入することが可能となっているのです。ぜひ検討してもらいたいですね。

GALAXY S10のスペックを動画で解説

それではGALAXY S10シリーズがどのようなスペックになるのか紹介したいと思います。

こちらGALAXY S10のことを動画で掲載しているページとなっております。

GALAXY S10というのは、サムスンのフラッグシップモデルということで販売されております。

実態はサムスンですが、日本でCMをする時はGALAXYという提供名にしております。現在日本で韓国という名前を出すと印象が悪いと思う人もいるからでしょうか・・・本来なら国とそのものの良さというのは変わらないんですけどね・・・とにかく日本ではGALAXYという言い方をしております。

それでは今回のポイントに関して触れておきましょう。

4つのモデルが登場予定
・GALAXY S10 LITE
・GALAXY S10
・GALAXY S10+
・GALAXY S10+ 5G

これら4つのモデルが発売される予定です。

この4つのモデルの中で日本で販売される可能性があるのが、GALAXY S10そしてGALAXY  S10+です。

GALAXY S10+ 5Gに関しては今のところ発売されるかどうかに関しては不明なところがあります。

その理由は2019年秋頃に日本では5Gが採用されると言われております。5Gが採用されるとどうなるのか?ということですがそのハードが必要となります。

2019年の春モデルでは残念ながらまだ5Gに対応したモデルというものは不要となるのです。そういうこともあり、5Gに対応したモデルの販売は行わないかもしれません。

しかしながら次のGALAXY S11の発売は2020年となっており、2020年となれば、2019年の秋にはサービスが開始されるというところに間に合いません。

そういうこともあり、ひょっとすると5G対応モデルが発売される可能性もゼロではありません。

CPUは2つのモデルを発表予定
・Exynos9820
・SnapDragon855

これら2つのCPUが搭載されるモデルが販売される見込みです。

実際は日本で発売されるモデルというのはこの中の1つのモデルの発売が予想されております。

毎年SnapDragon系のCPUを搭載したモデルの販売がありますので、2019年もSnapDragon855を搭載したモデルの販売になると思われます。

SnapDragon855 スナドラ855 最新のCPU Qualcomm 現行の2世代後モデル Hana v1.0

2019年3月5日

こちらにSnapDragon855の記事を掲載しておきます。こちらの記事も合わせてご確認いただければと思います。

CPUは2種類発売される予定になっておりますが、スペック的にはSnapDragon855のほうが上という情報もあり、かなり期待できますよね。

続いてRAMですが、4つそれぞれモデルにより、RAMの容量は異なります。

・GALAXY S10 LITE:4GB
・GALAXY S10:6GB
・GALAXY S10+:8GB
・GALAXY S10+ 5G:12GB

おそらくこうなるかと思います。

5Gに対応したモデルというのは、かなり大容量のRAMになると予想されます。

その理由は5Gという非常に高速な通信を行うためにバッファー領域として、RAMの容量を確保するのではないかと思われます。

そのため他社でも5Gに対応したモデルというのはRAMの容量というのは飛躍的に大容量となっているモデルが多いのです。

充電を他の機種に供給するできる機能

GALAXY S10では充電を他の機種に供給できる機能というものが搭載される見込みです。

どういう機能なのかということですが、無接点充電いわゆるQIをGALAXY S10自体に導入することにより、無接点充電が可能なガジェットに充電することが可能となる機能が搭載される見込みとなっております。

この機能はかなり期待できる機能の一つとなることは間違いないと思います。

基本的に充電を受けるだけということが一般的ですが、他のモデルに充電をするということがかなりインパクトがあります。

すぐに使い勝手がどうこうということはありませんが、例えば無接点充電に対応しているイヤフォンなどがあれば非常に便利ですよね。

そのようなガジェットの充電を行うことが可能ということで、かなりのメリットがあるかと思います。

このような新しい機能というものがGALAXY S10には搭載される見込みになっているのです。

セキュリティ

セキュリティ機能として今回搭載される予定なのが、ディスプレイ埋め込み型の指紋認証機能です。

ディスプレイに埋め込み型の指紋認証というのは、すでに日本ではR17というモデルで搭載しておりますが、それと同じようなものが搭載される見込みになっております。

ディスプレイに埋め込むということで、指紋認証がより簡素化されるわけです。

背面にあれば、どうしてもロック解除し辛いですからね。そういう意味ではかなりいいと思います。

カメラ

カメラは3つ背面に搭載される見込みになっております。

背面3つのカメラということで、カメラ性能に関してはかなり期待できるのではないでしょうか。

すでに世の中では3つのカメラも普通になりつつあり、カメラ性能に関しても限界に近づいているのではないでしょうか。

異なる性能のカメラを複数投入することにより、精度の高いカメラが搭載される予定になっております。

カメラに関しても今回のGALAXY S10では目玉の機能の一つになっております。XPERIA XZ4でも3つのカメラを搭載する予定になっているなど、かなり期待できるのではないでしょうか。

今後iPhone2019年モデルでも4つのカメラを搭載する予定になっており、カメラはある意味そのスマホの価値を表す指標にもなっていくのではないかと思いますね。


動画でスマホを解説

動画でスマホを解説しています。最新スマホの情報を掲載中 チャンネル登録お願いします。



スマホ・ガジェット専門サイト

スマホのガジェットを専門に紹介しているサイトです。海外スマホなどを紹介しているページです。日本ではあまり見ることのできないモデルを発見できるかもしれません。