iPhoneSE2 /Plus Apple アイフォーンSE2 スペック 発売日 予約 ソフトバンク ドコモ au 予想 価格 噂

iPhone SE2が2020年にも発売されると日経新聞が報じました。日経新聞が報じるというのは、よほどの裏付けがある報道ということになります。

それではどのような機種になるのでしょうか。

iPhoneSE2というのは、基本的にCompactボディかつ価格も低価格に抑えられており、今後日本では分離プランが導入されることにより確実に需要があるモデルになることは間違いないでしょう。

iPhoneSEというのは小型のiPhoneとなっており、かなり期待されているモデルかと思いますが、iPhoneSEの発売から一向に次のモデルとしての発売は行われておりませんでした。

2015年9月にiPhoneSEが登場してから約3年半経過しようやくiPhoneSE2が発表される可能性が高いということになります。

当時は4インチのコンパクトモデルでしたが、2019年モデルでも同様にそれを継承する可能性が非常に高いと思われます。

こちら2019年にはいってきたコンセプト動画です。非常に興味深いですね。

iPhone11 Pro MAX スペックが流出 A13 3DTouchはなし 廉価版モデルでもデュアルカメラに

2019年9月2日

最新のiPhone11の情報もこちらに掲載しておきます。こちらも合わせてご確認いただければと思います。

iPhone11 Pro アイフォン11プロ MAX 発表 トリプルカメラ 仕様 概要 詳細をチェック

2019年10月24日

iPhone11 アイフォン11 新色 デュアルカメラ 詳細をチェック 仕様 スペックはどんな感じに?

2019年10月22日

iPhone11のほうがイメージが強いのでしょうかね。とはいうものの、iPhone11はiPhoneXRの後継モデルという位置づけとなっていますので、画面サイズは6.1インチと結構な大画面モデルとなります。iPhoneSE2のようなコンパクトモデルを好む人からすると少し画面が大きいのではないかと思います。

iPhone11は6.1インチという大画面なのですが、iPhone11Proなら画面サイズが5.8インチとなっており、画面サイズが少し小さくなります。それでも5.8インチというとiPhoneSE2を所持しようとする人からするなら結構な大画面ですね。

iPhoneSE2の予約 ドコモ、au、ソフトバンク

ドコモ オンラインショップ 機種変更 メリット デメリット オススメ 得か損か

2019年12月4日

こちらにオンラインショップのおすすめ情報を掲載しておりますので、こちらも合わせてご確認ください。

<au>

こちらauですが、auは発売日に自宅まで送料無料でiPhoneSE2の送付を行ってくれます。

発売日にGET出来るという点では非常にメリットがあるかと思います。

auというのは、かなりオススメ出来るメーカーです。その理由というのは、楽天に回線を提供出来るほど、回線網は相当張り巡らされているかと思います。

ドコモとauというのは、この2社の回線網は本当にすごいですが、個人的に見てもauの回線は本当にいいかと思います。

各社のオンラインショップをこちらに紹介しておきます。オンラインショップでの購入なら発売日に自宅に届けてくれます。

発売日に発送されるわけではなく、発売日に自宅に届けてくれるわけです。かなりオトクなこと間違いありません。

またドコモオンラインショップではXiからXiへの機種変更時にかかる事務手数料が発生しません。

ドコモユーザーはドコモオンラインショップからの機種変更のほうがオトクなのです。

事務手数料だけで2160円発生しますからね。それがないというのはかなりオトクに契約が可能ということになります。

またこれはすべてのオンラインショップに言えることですが、頭金が不要です。オンラインショップはお得に購入することができますね。

最近ではドコモiPhoneを購入する人が非常に増えてきており、ドコモiPhone11の売れ行きは上々のようですね。

ドコモはiPhoneというイメージはありませんが、iPhoneの販売に積極的に力を入れている印象です。

価格情報も出てきた

iPhone SE2は399ドルから A13を搭載し スペックはかなり良くなる見込み

2019年11月7日

こちらは2019年10月の情報となっています。こちらの情報というのは、2019年10月に出てきている情報となっています。

最新のCPUを搭載し、iPhone11とさほどスペックが変わらないということです。ただしiPhone8の焼き直しレベルになる可能性が高いとも思われます。

iPhoneに関していえば、価格も気になる部分ではあるかと思いますが、399ドルと非常に安価な価格設定となっています。

399ドルというのは、かなり安価でしょう。日本円でも税込みで5万円を切る価格になることが予想されます。それくらいの価格なら購入してもいいのではないかと思います。日本円でもそこまで安価に購入することができれば、当然ながらかなりメリットがあるのではないかと思います。この価格帯なら購入する人もかなり増えるのではないかと思います。

iPhoneSE2Plusも販売開始?


iPhoneSE2Plusという名称の機種も販売される可能性もあるようですね。
iPhoneSE2という名称というのは、iPhoneSEの後継モデルだからという意味合いで、継続して言われていますが、iPhoneSE2Plusという名称のモデルの発売されるかもしれないのです。
それが発売される時期というのは、2021年になるかもしれないというものです。
iPhoneSE2Plusというのは、iPhoneSEの大画面モデルになる可能性があるということです。
大画面モデルになるのであれば、iPhoneのProシリーズでもいいのかな?とも思いますが・・・
そのモデルは完全ワイヤレスで登場するかもしれないというのです。Lightningケーブルなども廃止されるということになります。
完全ワイヤレスになれば、すべて無線での充電などになります。それはそれで使い勝手としてはどうなんでしょうね。

iPhoneなら音楽もしっかりきける

Apple Music

iPhoneならApple Musicと呼ばれるコンテンツを持っているということを知っていますか?

こちらのコンテンツなら音楽も聴き放題です。一度どのようなものなのか見てもらいたいと思います。

今なら3ヶ月無料で試すことができます。

iPhoneSE2も音楽に関してはかなりいい感じで聞けるのではないかと思っています。イヤフォンジャックに関してはどうなるのかわかりませんが、流れとしてはイヤフォンジャックはなくなりそうですよね。

iPhoneSE2は2020年登場 スペックはどんな感じ?

日経新聞からの情報となりますが、2020年に登場する予定となっています。

今まで色々なスペック情報が出ており、実際にどのようなスペックになるのかということは、不明確な部分が非常に多かったです。

それが今回ある程度明らかになったようです。

iPhoneSE2のスペック予想
・画面サイズ:4.7インチ
・CPU:A13
・RAM:3GB
・ROM:32GB/128GB
・カメラ:シングル1200万画素
・ホームボタン:あり

ベースはiPhone8で製造されると報じられています。ひょっとするとCPUなどはA12などが採用される可能性も十分に考えられるかと思います。

iPhone8ベースに製造されるということで、画面サイズが4インチから4.7インチまでアップすると言われております。

過去には4.2インチのiPhoneSE2の販売が行われる可能性もあったと報じられており、4.2インチもしくは4.7インチのどちらかの画面サイズで投入されることは間違いないと思います。

iPhoneSE2の別のスペック予想

上記では4.7インチベースで販売される可能性があるとも報じられていましたが、以前は4.2インチの画面サイズになる可能性があるとも報じられておりました。

iPhoneSE2のスペック
画面サイズ:4.2インチ
CPU:A10
RAM:2GB
ROM:32/128GB
カメラ:1200万画素(シングル)
ホームボタン:なし

大きくはこれくらいの情報が出ているようですね。

現行モデルで一番小さいモデルというのはiPhoneSEとなっております。売れ筋のモデルは現在iPhone8となっておりますが、それよりもCompactなモデルというものがないのです。

ドコモ 売れ筋 ランキング 4月商戦 学割でどのスマホを買う?

2019年4月1日

こちら直近のランキングとなっておりますが、こちらのランキングを見てもらえればわかると思いますが、やはりiPhone8の人気がすごいです。

iPhoneの売上げランキング
iPhone8の売上は常に上位となっており、上位になっていることからハイスペックモデルのモデルが売れるわけではなく、前のモデルのものでも比較的人気の高いモデルとなっています。
またiPhoneSEのようなモデルもランクインされているわけではありませんが、低価格ということで、人気が出そうですね。
日本人の大部分がハイエンドモデルに関して興味はあるものの、ハイエンドモデルが売れるというわけではありません。
低価格モデルも売れるモデルとなっています。
その証拠にiPhone8が販売後1年以上経過した2019年においてもランキング上位モデルとなっているのです。

発売されてから1年半経過してもiPhoneの人気は衰えていないということです。

iPhoneの中で一番安価ということがその原因なのかもしれませんが、それなりに安価なモデルが日本でも最近は売れるということがわかってきております。

そういうことを考えるとiPhoneSE2というのは間違いなく安価なモデルとして販売されると思われますので、それだけ購入しやすいモデルになっているのです。

昔はiPhoneも10万円以下で購入することもできましたが、発売当時は現行のiPhoneXRなどでも10万円を超えるキャリアも出てきたほど端末の価格が高額になってきているのです。

すべての人が高額なモデルを欲しいわけではなく、低価格なモデルも欲しい人が結構多いのです。

そういうことからiPhoneSE系の安価なモデルを待っている人も少なからずいるわけですね。

iPhoneSE2というのは、低価格モデルで発売される予定となっております。

iPhoneSE2の価格が判明?

iPhoneSE2の価格が判明したようです。価格が399ドルとなっており、43500円ほどになります。

価格も非常に安価な価格設定となっています。

おそらく日本円で販売されるのであれば、44800円程度と予想されると思われます。スペック的にiPhone11とあまり変わらないスペックのモデルとして販売されると噂されていることから、iPhone11との価格差は3万円ほどになると思われます。

iPhone11の価格は74800円となっていますが、それよりも3万円も安価な価格設定で販売されるということは、iPhone11の購入を検討している人にしたら待ったという感じですね。そこまで安価な価格設定で販売されるとは正直なところ思いませんでした。

最近スマホの価格は徐々に値上がりしており、10万円超えるような機種が販売される中での4万円台でのiPhoneです。

またiPhoneは、かなり長きにわたり最新のOSを利用することができるというメリットもあるのです。トータル的なコストを考えると、中長期に渡りスマホを利用することができるiPhoneというのは、非常に素晴らしいガジェットであるかと思います。

iPhoneSE2はiPhoneXEという名称でiPhone8の後継モデルに?

iPhoneXE アイフォーンXE テンイー スペック 発売日 ドコモ au ソフトバンク

2019年11月1日

こちらの記事を見てもらいたいのですが、iPhoneXEという名称になる可能性があります。

iPhone8の後継モデルという位置づけで発売される可能性があるとも報じられているのです。iPhone8というのは、2018年では一番売れたモデルのiPhoneです。

それの後継ということで、かなり期待できるのではないかと思います。

2019年の前半ですが、現在出ている情報というのは、iPhone8の後継モデルに近いかたちで発売されますが、スペック的には最新モデルになるということのようです。

それに伴い価格も下がる可能性があります。

iPhoneXEというのは名称だけで、実質的にはiPhoneSE2であることは間違いあいりません。

iPhone8の後継モデルくらいになるということであれば、2020年あたりには発売されないと、iPhoneSE3に関しても見えてこないということになります。

最近は小型画面のモデルが非常に少なくなってきているので、iPhoneSE2が販売されても購入するのは、価格に目がいっている人達が多いと思います。

https://twitter.com/ShaddyUchiha/status/1160234556886265862/

見た目はこんな感じになるかもしれませんね。

かなりかっこいい見た目になる可能性があります。ベゼルレスモデルとなっており、最近のiPhoneのように先進的なイメージはあるかと思います。

こちら名称だけのことで、実質的なiPhoneSE2になると予想されます。

2020年に発売される名称としてはiPhoneSE2ではなく、iPhoneXEとなる可能性も十分にありえるかと思います。

日本では大画面モデルよりもコンパクトモデルが売れている?

iPhoneSEを今まだ利用している人も含めて、日本では大画面モデルよりもコンパクトモデルが売れていると思われます。

全キャリアで一番売れている スマホ iPhoneは何か 人気機種はどれになるのか

2019年9月1日

こちらを確認いただきたいのですが、iPhone8の販売台数がかなり伸びています。発売から約2年経過したモデルでありながらかなりの人気だということは、正直なところ驚きです。

その理由は、間違いなくコンパクトモデルを欲しているということの現れでしょう。

またコンパクトモデルは総じて価格が安価であるということも、理由の一つかと思います。

iPhoneXSやiPhoneXSMAXなどのモデルは高額機種となっており、価格は非常に高額です。そのため売れるか売れないかといえば、やはり大画面モデルの価格差からするとiPhone8がかなり安価かと思います。

今後もコンパクトモデルが売れ続けるのではないかと思います。早くiPhoneSE2の発売を待つ声も多いのではないかと思います。

2018年にはいってコンセプト画像が出てきた

こちらコンセプト動画となっております。非常にシンプルでかなりかっこいい動画となっております。

まさにiPhoneXのような見た目です。ベゼルレスが特徴的でボタンがありません。

iPhoneは今後ボタンを排除していく動きになっているようなので、このコンセプトのような形で発売される可能性というのは非常に高いような気がします。

iPhoneXのような見た目を有機EL以外の液晶でできるということもかなりすごいですね。

LCDが採用される見込みとなっており、こちらはかなり期待できるのではないでしょうか。

こちら背面から見たところになっているのですが、背面から見ると非常にシンプルなことがわかるかと思います。

かなりシンプルになっており、カメラは1つにしか搭載されておりません。

iPhoneSE2なら1つのカメラでも仕方ないことかもしれませんね。

iPhoneSEというのは一応廉価版という位置づけとなっており、1つのカメラしか搭載されないモデルとして発売されても誰も文句は言わないでしょう。ただし1つのカメラしかなかったところで、Appleのカメラというのは非常に素晴らしいカメラとなっており、本当におすすめできるかと思います。

 

ドコモオンラインショップなら事務手数料が無料でお得
docomo ドコモ au SB ymobileL

iPhoneSE2のスペック予想

スペックの予想としてはiPhoneSE2はiPhone8の後継として製造されるということもあり、2019年時点で販売されていないということもあるため、スペック的にはかなりハイエンドモデルに近いかたちで登場するのではないかと言われております。

iPhone2019年モデルではA13と呼ばれるCPUが搭載される予定になっており、そのCPUをそのまま継承するのではないかとも言われております。

A13と呼ばれるCPUというのは7nmという非常に細かいプロセス・ルールで製造される見込みのCPUとなっており、動作速度はさることながら、かなりの省エネになることは期待したいです。

A12でもかなりの処理能力がありながら、バッテリーの消費もそこまで大きくはありません。

それ以上の能力になることは期待したいところです。

カメラに関してはiPhoneSEから引き続きシングルカメラとなっております。シングルカメラというのは、最近は非常に少なくなってきましたが、1つのカメラを持つ、Google Pixel3や2019年に入り発表されたGoogle Pixel3aなどもシングルカメラです。

シングルカメラでも十分綺麗な動画や静止画を撮影することが可能となっておりますので、安価なiPhoneといったところでカメラ性能はそれなりの性能になることは間違いないと思います。

 

ドコモオンラインショップなら事務手数料が無料でお得
docomo ドコモ au SB ymobileL

ワイヤレス給電搭載で発売?

Apple イベント ワイヤレス給電が採用? 3月に開催予定? iPhoneSE2 iPadPro2の発売?

ワイヤレス給電対応でひょっとすると発売してくるかもしれません。

Appleが次期モデルのイベント情報を流出させてしまった可能性があるのです。

そうなれば、かなり嬉しいことではないでしょうか。ただしあの小型のiPhoneにワイヤレス給電を搭載するだけの隙間があるのでしょうか・・・

そのあたりが非常に微妙なわけですが、Appleはとりあえず新製品をMacBook以来出しておりません。それでも十分なわけですが・・・

となるとこのあたりでタブレットの発売なども考えたいものです。

個人的にはiPhoneSE2の発売に期待したいところですが、どうなんでしょうね?

ワイヤレス給電にて発売される可能性というのは非常に高いでしょうね。ワイヤレス給電を利用することができるということは今後ワイヤレス給電が非常に流行っていくということです。

ワイヤレス給電というのは、今ではスマホに搭載されることは一般的なこととして扱われております。そのためワイヤレス給電を行うということは、普通のことかと思います。

iPhone8でもワイヤレス給電に対応しているということを考えるとiPhoneSE2で対応しているということは、可能性としては十分にありえると思います。

 

ドコモオンラインショップなら事務手数料が無料でお得
docomo ドコモ au SB ymobileL

iPhoneSE2では全面ディスプレイモデルになる可能性も

iPhone11含め最近のiPhoneというのは全面ディスプレイモデルがメインです。

そしてノッチを採用しており、全面ディスプレイにノッチという形で販売されているのです。

iPhoneSE2に関しても例外なくそれと同じような形状のモデルとして販売されると思われます。

今までのように小型化されるわけですが、見た目が全面ディスプレイになるということは、コンパクトサイズでありながら、大画面を利用することができるという非常にメリットがあるのです。

昨今スマホは大画面化する動きが非常に多く、6インチを超えるモデルも珍しくはなくなりました。

6インチというと昔ではファブレットといわれるジャンルのスマホとなっておりましたが、今では6インチというのは若干大きめという感じです。

6.5インチモデルも普通にスマホとして存在することから、4インチというのは、非常に小さいものとなっていました。

4インチのスマホはかなりコンパクトサイズということがわかるかと思います。

やはり2020年に発売され、全面ディスプレイが搭載されるのであれば、間違いなく画面サイズは今よりも大きくなることはまちがいないでしょう。

ホームボタンなども排除され、FaceIDで認証される様になると思われます。それら含めると5インチ近くまで画面サイズは大きくなるのではないでしょうか。

カメラはデュアルカメラにはならない

カメラは残念ながらデュアルカメラにはならないようです。

デュアルカメラになるのはやはり上位モデルからということなのでしょう。iPhone8でもデュアルカメラになっていないので当然といえば当然なのかもしれません。

本来ならインスタなどで撮る時にポートレートモードなどで撮れたら本当はキレイに撮れるので、どうせならデュアルカメラになってもらいたいものですが・・・やはり部材との関係でそうはならない可能性が高いということでしょうね。

4インチのiPhoneから画面サイズも若干大きくなることが予想され、4.5インチ程度になるのではないでしょうか。

デュアルカメラにならないのはある意味仕方ないことでしょうね。

iPhoneSE2のコンセプト画像が出回る

非常に面白いコンセプト画像です。

こちらiPhoneの2018年モデルになると予想されております。基本的なものはiPhoneSE2は現行モデルを引き継いでいるような形になっております。

iPhoneSE2というという名称には違いありませんが、基本的な形というのは、iPhoneXなどと変わりません。

こちら本当にかなりかっこよくなりますね。とはいうものの小型のiPhoneとして発売されるiPhoneSEですが、全画面を利用したアプリがまだ少ないということが本当にどうなのかなと思いますね。

写真引用:curved

前回のiPhoneSEから4年の歳月を経て登場

iPhoneSEの発売は2016年3月31日(木)となっており、それから比べると4年経過しての販売となるわけです。

iPhoneSEは木曜発売だということで、通常のiPhoneは金曜発売ということになりますので、発売日は異なります。

4年間バージョンアップしておりませんが、4年間でかなり進化すると思いますね。

進化の予想は上記で示した通りとなります。

iPhone11で画面サイズが、6.1インチと非常に大画面化しており、現在発売されているiPhoneというのは、大画面モデルが非常に多くなっています。そんな中でiPhone8の画面サイズというのは、ちょうどいいわけです。4.7インチでありながらそこまで大きな画面サイズではありません。4年間を経て発売される見込みとなっており、4年間でどれくらい進化したのか非常に楽しみですね。

ユーザーからは待ったかいがあったと言われるような機種にしてもらいたいと思います。4年という非常に長い歳月が本当に楽しみですね。

iPhoneSE2がベゼルレスにになるのは期待薄

iPhoneSE2が今後発売されますが、ベゼルレスになることはなさそうですね。ベゼルレスという言葉自体は最近非常に流行ってきており、Samsungなどのメーカーもベゼルレスモデルをかなり発売してきております。

ベゼルレスというとやはり気になるのは持ちやすさではないでしょうか。

ベゼルレスになるとどうしても持ちにくくなります。その持ちにくくなるというのは、ディスプレイ部分が端っこまでやってくるので、カメラなどの動画をした時に変なところを触ってしまったりする可能性があるのです。

iPhoneSE2に関しては小型モデルということもあり、ベゼルレスにするメリットというのはそこまでありません。

むしろはじめからかなり小さめの機種となっているため、ベゼルレスにしてそこまでの小型化にする必要がないのかもしれません。

そこまで小型化するメリットがないということはないのかもしれませんが、ある意味今の筐体でもそれなりに小さくなっているので、それ以上にCOMPACTにする必要がないと判断したのかもしれません。Appleならそれでも更に面白いものを考えてきそうですが、別途開発することを躊躇したようにも思えますね・・・

基本的にはiPhoneSE2というのは今まで利用していたiPhoneSEの後継という設計でいくのでしょうか。

個人的にはベゼルレスになってもらいたかったわけですが、本当に残念ですね。

出荷台数は2000万台以上?

iPhone SE2は2000万台出荷の予定 クオ氏の証言により 2020年に発売は間違いなし

2019年11月6日

最新の情報によるとiPhoneSE2が今後発売されるわけですが、出荷台数に関しての情報です。2000万台を超える出荷台数になる見込みです。

かなりの出荷台数となるかと思います。またこちらの記事には最新のスペック情報にも触れられており、スペックは非常に高くなると思われます。

iPhone11と同じCPUが搭載されるため、かなり期待してもいいのではないかと思います。カメラ性能はどの程度のカメラが付属されるのかは完全には明確になっていませんが、iPhoneXRくらいのカメラが搭載されると思われます。

iPhoneXRのカメラ性能もかなり高いと思われますので、個人的には全く問題ないかと思います。非常に期待してもいいと思いますね。


動画でスマホを解説

動画でスマホを解説しています。最新スマホの情報を掲載中 チャンネル登録お願いします。



スマホ・ガジェット専門サイト

スマホのガジェットを専門に紹介しているサイトです。海外スマホなどを紹介しているページです。日本ではあまり見ることのできないモデルを発見できるかもしれません。