iPhoneSE2 Apple アイフォーンSE2 スペック 発売日 予約 ソフトバンク ドコモ au 予想 価格 噂

今後iPhoneSE2が発売される可能性が非常に高いことがわかりました。2018年3月頃に発売される予定です。

iPhoneSEというと4インチのiPhoneとなっており、基本的な見た目はiPhone5sと同じ見た目となっております。
→その後iPhoneXのような見た目にならない可能性が高いということがわかりました。

4インチのiPhoneというのは女性を中心に所持したいとおもっている人がかなり多いのです。またiPhoneに関していえばかなり人気の機種です。日本国内ではiPhoneの通常モデルと共にかなり売れている機種の一つなのです。iPhoneSE2というものを待っている人もかなり多いことは間違いありません。

今のところ2018年の3月頃発売されるというニュースが最も多く実際にその頃に発売されるとおもっている人もかなり多いと思います。

わたしもその頃に発売されるのでは?とおもっています。

iPhoneSE2はかなり期待できるスマホになることは間違いありません。2018年にLCDに対応したiPhoneが発売されると言われておりますが、それがこのiPhoneSEになるのではないかと言われております。

2018年3月27日に発表される可能性が高いということも報じられております。かなり期待出来ますね。

iPhoneSE2の予約は?

<ドコモ>


ドコモオンラインショップ 予約 メリット デメリット 機種変更 新規契約 MNP

こちらにオンラインショップのおすすめ情報を掲載しておりますので、こちらも合わせてご確認ください。

<au>


<ソフトバンク>

iPhoneSE2は各社から間違いなく発売されるでしょう。

各社のオンラインショップをこちらに紹介しておきます。オンラインショップでの購入なら発売日に自宅に届けてくれます。

発売日に発送されるわけではなく、発売日に自宅に届けてくれるわけです。かなりオトクなこと間違いありません。

またドコモオンラインショップではXiからXiへの機種変更時にかかる事務手数料が発生しません。

ドコモユーザーはドコモオンラインショップからの機種変更のほうがオトクなのです。

事務手数料だけで2160円発生しますからね。それがないというのはかなりオトクに契約が可能ということになります。

またこれはすべてのオンラインショップに言えることですが、頭金が不要です。ショップ購入の場合頭金を付けられることがあり、頭金だけで3000円〜8000円ほどの間で取られるケースが多いです。

その頭金がないということもオンラインショップならではのメリットですね。頭金を取られるということで、オンラインショップでの購入を検討している人は年々増えております。ぜひ検討してほしいですね。

2018年2月の情報では4.2インチになる可能性も?

最新の情報では4.2インチになる可能性もあるという情報が出てきました。

今までのiPhoneSE2というのは4.0インチだったわけですが、4.2インチになる可能性があるというのです。

この下にコンセプト画像があるわけですが、こちらは間違いなく4.2インチ以上あるので、4.2インチということであれば、このコンセプト画像が否定されるわけです・・・

4.2インチという若干微妙な大きさとなっており、コンパクトモデルという位置づけになるのでしょうか。

コンパクトモデルだったとしてもiPhoneとしての機能はきっちり入っているわけですので、基本的には現行のiPhoneと同様の使い勝手になることは間違いありません。

iPhoneを様々な年代で利用してもらうのであればそれなりのラインナップも必要になるわけです。

また価格的にもiPhoneSEというのは優れており、価格は非常に安価になっていることが多いです。価格を抑えるのであれば、iPhoneSE系の機種を購入することをおすすめしたいですね。

基本的には価格を抑えて、iPhoneSEを購入している人も多いわけです。現状でiPhone8の64GBが売れているということを考えるとiPhoneは使いたいけど、価格を抑えたいと思っている人が多いわけです。

iPhoneは格安スマホとしても登場しておらず、価格はそれなりに高いわけです。キャリアにとってもiPhoneは本当に外せないスマホという認識でしょう。

そのため今後iPhoneSEが発売されたとしても価格で飛びつく人が多いことは間違いありません。それはそれで致し方なしといったところでしょうか。

iPhoneの4インチモデル SE2が iOS11搭載で 11のモデルナンバーで発売の予定

こちらが今出ている最新情報となっているようです。

iPhoneSE2は11ものモデルナンバーで発売される可能性があります。世界的に発売されるだけで、日本ではドコモ、ソフトバンク系とau系のみの2モデルとなる可能性は非常に高いです。

2018年にはいってコンセプト画像が出てきた

こちらコンセプト動画となっております。非常にシンプルでかなりかっこいい動画となっております。

まさにiPhoneXのような見た目です。ベゼルレスが特徴的でボタンがありません。

iPhoneは今後ボタンを排除していく動きになっているようなので、このコンセプトのような形で発売される可能性というのは非常に高いような気がします。

iPhoneXのような見た目を有機EL以外の液晶でできるということもかなりすごいですね。

LCDが採用される見込みとなっており、こちらはかなり期待できるのではないでしょうか。

こちら背面から見たところになっているのですが、背面から見ると非常にシンプルなことがわかるかと思います。

かなりシンプルになっており、カメラは1つにしか搭載されておりません。

iPhoneSE2なら1つのカメラでも仕方ないことかもしれませんね。

iPhoneSEというのは一応廉価版という位置づけとなっており、1つのカメラしか搭載されないモデルとして発売されても誰も文句は言わないでしょう。ただし1つのカメラしかなかったところで、Appleのカメラというのは非常に素晴らしいカメラとなっており、本当におすすめできるかと思います。

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

スペック予想

スペックの予想としてはiPhoneSE2はiPhone7ベースで作られるのではないでしょうか。

iPhoneSEのスペックがiPhone6sベースで製造されていることをそのまま引き継ぐとするとそういうことになるとおもいます。

iPhone7のスペックに関しては色々今の時点で予想されている記事などがありますが、ほぼ以下のスペックで硬いとおもいます。

CPUにはA11を採用する。RAMは2GB、ROMは32GB〜、カメラの画素数は1200万画素、防水が付く、ホームボタンの排除。

これくらいでほぼ間違いないとおもいます。

今回はなんといっても防水及びホームボタンの排除が目玉です。

それでも恐らくiPhone7は物理ボタンが残りそうな感じもします。そしてiPhone7Plusのみが物理ボタンの排除となる可能性もあります。

iPhone7 /Plusの図面がリーク 本体サイズが明らかに 物理ボタンはある?

こちらの記事を見て欲しいのですが、iPhone7Plusのほうは物理ボタンがない可能性があるのです。

そういうことからひょっとすると物理ボタンがなくなるかもしれません。

この記事を執筆した時点では物理ボタンに関して触れておりますが、iPhone7では物理ボタンはありました。

今後発売される可能性のあるiPhoneXという機種では物理ボタンがなくなるかもしれません。そうなればかなり楽しみですよね。

最新の記事ではiPhoneXは物理ボタンがなくなりました。物理ボタンがなくなったことにより、操作性などはかなり気になるところではあります。

今のところA10というCPUが採用される見込みとなっております。A10というCPUというのは、誰もが知っているiPhone7に搭載されているCPUです。

2017年12月の状況では発売が2018年になることからiPhone7以上のCPUになることは間違いありません。

最近のニュースでiPhone7を追加注文しているという情報もありますので、iPhone7はまだ世間的に売れる機種であることは間違いありません。

そういったことからiPhone7のスペックでもまだまだ十分ということになります。iPhoneSE2という機種が発売されてもiPhone7ベースだったとするとおそらく4年ほどはOSのアップデートは続くものと思われます。そういう観点からもiPhoneは最新OSを確実に保持することが可能な機種となっております。

こちら動画を作成してみました。

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

発売日の予想

発売日は2018年3月頃になると思います。

正式は発売日はまだ出ていないので、なんともいえませんが、iPhoneXの発売が落ち着いてきた頃に発売開始されることは予想されております。

小型iPhoneを購入しようと思っている人はiPhoneXの購入はひかえてもいいのかもしれません。

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

販売される可能性大

2016年11月14日追記

次期 iPhone SE 4インチモデルが 廉価版として 2017年3月に iPhone7のテコ入れで発売される可能性あり

iPhone7の販売のテコ入れで販売される可能性がかなり高いことが判明しました。

これは嬉しい人にとってはかなり嬉しいことではないでしょうか。

そもそも4インチのiPhoneに興味のない人ならどってことない話ですが、興味のある人ならかなりいいと思います。

やはり予想どおり2017年3月ということになるでしょう。iPhone7ベースでの開発ということになると思いますので、スペックはかなり高い4インチということになると思います。

こちらの記事にも書きましたが選択肢としてデュアルカメラというものはどうでしょうか?

デュアルカメラを採用することで本当にほしいと思う人もかなり増えてくると思います。

デュアルカメラを搭載しているのはiPhone7Plusだけですが、4インチモデルにデュアルカメラ搭載ということになれば本当に楽しみも増えるでしょう。

そうなるとiPhone7だけ少し出遅れた感があるのですが・・・

それでもそこまでしないとテコ入れにはならないと思いますね。

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

ワイヤレス給電搭載で発売?

2017年2月7日追記

Apple イベント ワイヤレス給電が採用? 3月に開催予定? iPhoneSE2 iPadPro2の発売?

ワイヤレス給電対応でひょっとすると発売してくるかもしれません。

Appleが次期モデルのイベント情報を流出させてしまった可能性があるのです。

そうなれば、かなり嬉しいことではないでしょうか。ただしあの小型のiPhoneにワイヤレス給電を搭載するだけの隙間があるのでしょうか・・・

そのあたりが非常に微妙なわけですが、Appleはとりあえず新製品をMacBook以来出しておりません。それでも十分なわけですが・・・

となるとこのあたりでタブレットの発売なども考えたいものです。

個人的にはiPhoneSE2の発売に期待したいところですが、どうなんでしょうね?

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

iPhoneSE2の発売は2017年の3月には行われませんでした。 2018年3月の発売の可能性は?

2017年6月28日追記

iPhoneSE2の発売に関しては色々な憶測もありますが、今のタイミングいわゆる2018年9月頃のタイミングでは発売されないものと思われます。

今一番濃厚に感じるのは2018年3月ではないでしょうか。2018年3月頃の発売になる可能性が非常に高いと思いますね。

iPhoneSE2というのはiPhone7sのCPUと同じものを積んでいるのが一番理想ではないでしょうかね。

それはiPhoneSEがiPhone6sと同じCPUを搭載しているということもあります。

iPhoneSEがiPhone6sと同じCPUを採用しているということは、後3年ほどOSのアップデートは行われるということです。

そういうタイミングでいえば、やはりiPhoneSE2のタイミングは2018年3月頃と考えるのが妥当かと思いますが、どうでしょう?

このiPhoneSEというコンパクトモデルが欲しいというニーズはかなりあるでしょう。日本では特にMVNOなどでも利用したいというニーズはかなりのものがあると思われます。このまえiPhoneSEが容量追加などを行い、MVNO各社などでも取扱が開始されました。このようにMVNOはかなり狙っていることは間違いありません。

今のところこの2018年の3月頃の発売が濃厚となっております。

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

8月にiPhoneSE2が発売予定?

2017年7月20日追記

iPhoneSE2が8月にも発売される可能性があると報じられております。

iPhoneSEが発売されてからほぼ1年半が経過しておりますが、8月ということはiPhone8の発売日と被らないの?とおもっている人も多いと思いますが、8月にiPhoneSE2の発表を実施し、その後iPhone8の発売は9月ではなく10月にずれ込むとも言われているのです。

小型のiPhoneが欲しい人にとってはこれはかなりの朗報ですね。

iPhoneSE2ではiPhone7とスペック的にはほぼ同等となる可能性が非常に高いことはわかっております。

iPhoneSE2に期待している人はかなり多いと思いますね。

iPhoneは誰もが知っている非常に人気のあるガジェットです。ここ最近次期iPhoneSEの情報はあまり出ておりませんでしたが、今後徐々に情報も出てくる可能性が非常に高いですね。

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

最新の情報では2018年初頭にも発売

2017年8月6日追記

最新の情報では、2018年初頭にも発売される予定になっているようです。

次期iPhoneSE 2018年 に発売か 2GBのRAM A10のCPUが搭載予定

こちらの情報をみてもらいたいと思います。8月ではなく、2018年にも発売となる見込みです。

基本的なスペックとしてはiPhone7とほぼ同じといっても過言ではないでしょうか。

そのあたりは予想どおりかと思います。RAMの容量が2GBとなっており、ここはせめて3GBほしかったですね。ただし価格を下げて発売されるわけですから、ある意味仕方ないことなのかもしれませんね。

iPhoneSEの名称は今のところどのような名称になるのか不明瞭な部分もありますが、やはり順当に考えるとiPhoneSE2となるのではないでしょうか。

そのあたり含めて非常に気になるところではないでしょうか。

iPhoneSE2の発売日は2018年3月と予想

iPhoneSE2の発売日は2018年3月と予想されております。iPhone8の発売がそろそろ落ち着きを見せてきて半年経過した頃ということになります。

発売時期としてはちょうどといったところではないでしょうか。元々2017年8月に発売などというニュースもありましたが、iPhone8の発売もあるので、それはかなり厳しいということでしょう。

技術的にはiPhone7とほぼ同じの小型モデルを製造するということなので、おそらくそれほど難しくはないと思います。部材に関してもiPhoneSEの部材と共通な部材も多くあるはずです。

その為製造はなんなく問題なかったと思います。

iPhone7の部材に関してはかなりの流通も行っているので、それほど高いわけではないと思います。

むしろ安価に調達が可能かと思います。そういう意味では2017年度中に発売することも出来たはずです。それがiPhone8のスケジュールなどを考えるとどうしても・・・という感じになってしまったのでしょうね。

小型のiPhoneを検討しようとしている人にとっては少し残念な話かと思いますが、ある意味仕方ないことなのかもしれません。

2018年3月に小型のiPhoneが発売されるとまた再度iPhone熱が加熱します。そうなれば本当に楽しみではないでしょうか。

2018年モデルは全面ディスプレイモデルになる可能性がある

2018年モデルのiPhoneSE2が今後発売される予定になっておりますが、どうやら全面ディスプレイになる可能性があると報じられております。

現行のiPhone5sからほぼ形状変更が行われていないiPhoneSEですが、ついに次のモデルの発売に向けて動き始めているようです。

こちらは9to5Macという海外のサイトからの情報ということでそれなりに信憑性も高いものと思われます。

iPhoneSEは小型化された状態でずっと進むのかとおもっていましたが、これはかなりの急展開です。

Depthカメラの搭載の可能性

全面にはDepthカメラが搭載される見込みとなっており、非常に期待出来ると思います。

Depthカメラが搭載されるということは、指紋認証からFaceIDに変更されるということです。

FaceIDというのはいわゆるiPhoneXで搭載されている顔面認証ということになりますが、顔面認証が搭載されるということで、かなり期待も出来ると思います。

全面ディスプレイになることで、操作性がiPhoneXとほぼ同じになると思われます。

今後発売されるiPhoneシリーズはホームボタンというものはなくなっていく可能性が十分にありえますね。

カメラはデュアルカメラにはならない

カメラは残念ながらデュアルカメラにはならないようです。

デュアルカメラになるのはやはり上位モデルからということなのでしょう。iPhone8でもデュアルカメラになっていないので当然といえば当然なのかもしれません。

本来ならインスタなどで撮る時にポートレートモードなどで撮れたら本当はキレイに撮れるので、どうせならデュアルカメラになってもらいたいものですが・・・やはり部材との関係でそうはならない可能性が高いということでしょうね。

4インチのiPhoneから画面サイズも若干大きくなることが予想され、4.5インチ程度になるのではないでしょうか。

デュアルカメラにならないのはある意味仕方ないことでしょうね。

iPhoneSE2のコンセプト画像が出回る

非常に面白いコンセプト画像です。

こちらiPhoneの2018年モデルになると予想されております。基本的なものはiPhoneSE2は現行モデルを引き継いでいるような形になっております。

iPhoneSE2というという名称には違いありませんが、基本的な形というのは、iPhoneXなどと変わりません。

こちら本当にかなりかっこよくなりますね。とはいうものの小型のiPhoneとして発売されるiPhoneSEですが、全画面を利用したアプリがまだ少ないということが本当にどうなのかなと思いますね。

写真引用:curved

前回のiPhoneSE2の発売日から2年が経過

iPhoneSEの発売は2016年3月31日(木)となっており、すでに1年半以上が経過しているのです。

2018年の3月の発売ということであれば、おそらくその頃に発売されることはある意味予想出来るわけです。

2年経過した端末で次のモデルが出ないということはあまりないと思います。iPhone8をどんどん販売したい気持ちもわからなくはないですが、それでもiPhoneSE2という機種は女性を中心にかなりの人気があります。

iPhoneSE2という機種は、やはり小型であるからこそ魅力があるのです。

小型でありながらスペック的に最新のiPhoneと近づけることが出来るのであれば、非常にいいと思いませんか?

すでに前回の発売から2年近くが経過しているということで、本当に販売されることに関してはかなり期待大であることは間違いありません。

iPhoneSE2がベゼルレスにになるのは期待薄

iPhoneSE2が今後発売されますが、ベゼルレスになることはなさそうですね。ベゼルレスという言葉自体は最近非常に流行ってきており、Samsungなどのメーカーもベゼルレスモデルをかなり発売してきております。

ベゼルレスというとやはり気になるのは持ちやすさではないでしょうか。

ベゼルレスになるとどうしても持ちにくくなります。その持ちにくくなるというのは、ディスプレイ部分が端っこまでやってくるので、カメラなどの動画をした時に変なところを触ってしまったりする可能性があるのです。

iPhoneSE2に関しては小型モデルということもあり、ベゼルレスにするメリットというのはそこまでありません。

むしろはじめからかなり小さめの機種となっているため、ベゼルレスにしてそこまでの小型化にする必要がないのかもしれません。

そこまで小型化するメリットがないということはないのかもしれませんが、ある意味今の筐体でもそれなりに小さくなっているので、それ以上にCOMPACTにする必要がないと判断したのかもしれません。Appleならそれでも更に面白いものを考えてきそうですが、別途開発することを躊躇したようにも思えますね・・・

基本的にはiPhoneSE2というのは今まで利用していたiPhoneSEの後継という設計でいくのでしょうか。

個人的にはベゼルレスになってもらいたかったわけですが、本当に残念ですね。

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

ワイヤレス充電が採用される可能性もあり

2018年1月9日追記

iPhoneSE2がワイヤレス充電に対応するかもしれないようですね。 ワイヤレス充電というのは、iPhone8やiPhoneXに採用さ...

こちらの記事を見てもらいたいのですが、ワイヤレス充電には対応する可能性はあります。

最新の情報ではガラス筐体になる可能性が非常に高いと言われております。

昔のiPhoneはガラス筐体だったので、そのあたりに関しては違和感はないかと思います。

ワイヤレス充電に対応することで、Apple製品のAirPowerなどの売れ行きにも影響するものと思われます。

AirPowerというのは2018年に発売されるワイヤレス充電器です。

割りと大容量の充電器となっており、非常に注目を浴びているガジェットです。こちらにも対応することでしょうし、当然ですが、新しいガジェットが色々なものに対応することで、新しいニーズを生むということを考えるとワイヤレス充電に対応するということは当然のことかもしれませんね。

ワイヤレス充電に対応されるとかなり期待できそうですね。

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

2018年1月時点で最も有力な候補

2018年1月の時点でiPhoneSE2の立ち位置ですが、どうなるのでしょうか。

今後2018年に発売される機種というのはAppleからは3機種発売になると報じられているケースがほとんどです。

その3機種というのは、iPhoneXの後継モデルにあたるモデルそしてそれのPlusモデルです。

後は液晶を搭載した6.1インチのiPhoneが発売される見込みとなっております。

有機ELを搭載したモデル2機種及び液晶を搭載したモデルのトータル3機種が発売される見込みとなっております。

そして、iPhoneSE2の立ち位置としてはこれらの機種とは別の路線の機種となりそうです。

今説明した3機種というのは、フラッグシップモデルという位置付けの機種となっており、正直なところ人気が最も出るのはこの3機種です。

それとは別路線としてiPhoneSE2が発売される見込みになっております。

そのためホームボタンなども残ることが予想されております。逆にキャリアとしても廉価版の機種というのは継続販売をしたいのです。そうでないと今iPhone5sなどを持っているユーザーやiPhoneSEを持っているユーザーが最新機種への乗り換えを行う時に価格が高いということを理由に購入が出来ない可能性も非常に高いわけですね。

そのため低価格機種というのは定期的に望まれているわけです。そのためiPhoneSE系の機種というのは今後も継続販売されると思われます。

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

iPhoneSE2で大画面化になる予定

2018年1月29日追記

iPhoneSE2というのは大画面化される可能性が非常に高いことがわかりました。

iPhoneSEの後継モデルの発売が近くなってきているようです。 現段階では、iPhoneSE2の発売が2018年5月もしくは6月にも...

こちらの記事を見てもらいたいのですが、iPhoneSE2は大画面化になる可能性が非常に高いことがわかりました。

こちらが最新の記事となっておりますが、最新の記事では5.8インチのiPhoneが2018年に発売されるとも言われており、それがiPhoneSE2になるのではないかと言われております。

iPhoneSEというのは今まで4インチということでしたが、それが大画面になり5.8インチとかなりの大画面になることがわかりました。

5.8インチというのはかなりの大画面化ということなり、現行のiPhone8よりも大きな画面になる可能性が高いということです。

大画面化するメリットというのは、やはり見やすくなるということですが、持ちにくくなるということがあえていうならデメリットではないでしょうか。

それでも昨今は廉価版のスマホでさえかなりの大画面になっており、5インチ以上は当たり前になってきました。

小型モデルでも4.5インチより下回っている機種というのは非常に少ないのではないでしょうか。

そういうことを考えるとiPhoneの大画面化というのはわからなくはないです。また上記の記事に記載のあるようにA10のCPUを搭載するということで、iPhone7とスペック的にはあまり変わらないということです。iPhone7とスペック的にはあまり変わらないモデルということであれば、iPhone7の廉価版モデルを製造すれば・・・と思うのですがそういうわけにもいかずiPhoneSE2という名称になってしまったのでしょうね。

初回投稿日:2016年6月1日

iPhone8 /Plusの購入はこちら
ドコモは事務手数料無料
docomo ドコモ
au SB

フォローする