iPhone 2019 アイフォン スペック 予想 噂 価格 発売日 ドコモ au ソフトバンク

iPhone 2019が発売される予定になっておりますので、紹介したいと思います。

iPhoneというのは、iPhone 2018から形状の変更があります。

基本的には画面の異なるサイズのモデルというものが3種類発売される予定になっております。

そのうちのiPhone 2018の後継モデルがiPhone 2019になると言われております。

iPhone 2019はどんなiPhone?

iPhone2019はどんな機種になるのでしょうか。まずはLCDモデルが2019年モデルとして残ると言われておりますので、こちらのiPhoneがLCDモデルになると予想されております。

LCDモデルだったとしても結果的には今までのiPhoneとさほど変わりません。

iPhone8やiPhone8PlusでもLCDを搭載しており見た目もさほどOLEDを搭載しているモデルと比べても変わりません。

OLEDだからきれいというわけではないかと思います。ある意味好みの部分が強いのではないでしょうか。

昨今世間的にはOLEDを採用しているモデルというものが非常に多いですが、実際にはOLEDを搭載しているモデルというのは、高額なケースが多いだけで使っている側からするとそこまで大きな違いを感じることができません。

OLEDを搭載しているモデルというのはOLED自体が非常に薄く製造できるため、薄型モデルになっていることが多いです。

今はまだそれなりに高額な部材ですが、そのうちLCDと逆転するのではないでしょうか。

やはりそれも需要と供給の関係によるものではないかと思います。

基本的に今は世間的にLCDモデルのほうが圧倒的に多いため、安価に製造することが可能ですが、今後はそのあたりの価格面での逆転現象が起きることは間違いないでしょう。

続いてCPUですが、A13というCPUを搭載する予定になっております。A12がiPhone2018で搭載されます。

A12の時点で7nmのプロセス・ルールが採用される予定になっており、2019年モデルでも同様のプロセス・ルールになる見込みです。

カメラはシングルカメラ

カメラに関してはシングルカメラの予想となっております。カメラの性能に関していえばiPhoneは非常に高いカメラ性能となっており、期待できますがiPhone2019はシングルカメラになると予想されます。

シングルカメラになるということは、デュアルカメラと比較した時にそこまできれいな写真は撮れないかもしれません。

望遠に関してもそこまでの望遠は撮れないかもしれません。

しかしながらシングルカメラを搭載するということは他のモデルとの差別化が主な理由であり、差別化されることにより他のモデルが引き立つというものです。

シングルカメラになるということはちょっと残念ですが、仕方のないことなのかもしれません。

それでもiPhoneのカメラは高性能なことは知っている人も多いと思いますので、シングルカメラであったとしてもかなりきれいに撮ることはできるかと思いますね。

USB-Cが搭載

USB-Cが搭載される見込みとなっております。USBーCというのはAndroidスマホでは最近一般的になってきておりますが、iPhoneではLightningが継続的に使われております。

Lightningケーブルでもいいといえばいいのですが、USBーCが搭載されることにより、より高速に充電ができるとかより高速にデータのやり取りができるなどのメリットがあることは間違いありません。

またUSB-Cが搭載されることにより、USB-Cケーブル自体が汎用的なケーブルとなっており、汎用的なケーブルということは、それだけ価格の値下がりもされているということです。

USBーCになるということでのメリットというものはかなりあるかと思います。

ただしデメリットというものも少なからずあります。デメリットというのはやはり今までのLightningで使えていたガジェットが使えなくなる可能性があるということです。

これはかなり痛いのではないでしょうか。Lightningはかなりの数のiPhoneに搭載されており、現行iPhoneをもっている人は大半Lightningケーブルです。それがなくなるということになれば、周辺機器などは相当つらいでしょうね。

買い直しもしくは変換ケーブルなどを購入する必要がでてくるのです。それは本当に辛いと思います。

それでもメリットのほうが多そうなので、USB-Cには早くしてもらいたいですね。

ソフトバンクへのMNPで高額キャッシュバックをもらいたい人
  1. この記事へのコメントはありません。