iPhone 2019 iPhone11 Ⅺ XI MAX アイフォン スペック 予想 噂 価格 発売日 ドコモ au ソフトバンク

iPhone 2019が発売される予定になっておりますので、紹介したいと思います。

iPhoneというのは、iPhone 2018から形状の変更があります。

基本的には画面の異なるサイズのモデルというものが3種類発売される予定になっております。

そのうちのiPhone 2018の後継モデルがiPhone 2019になると言われております。

iPhone 2019年モデルの予約及び購入は?

各社オンラインショップから購入する人が非常に多いです。iPhoneは発売日にGETしたいという人も非常に多いハズです。

各社オンラインショップから購入すると発売日に自宅に届きます。発売日に発送されるわけではないので、かなりのメリットがあるかと思います。

ソフトバンクオンラインショップ 頭金不要 自宅配送 割引クーポン キャンペーン 発売日にスマホが届く

2019年5月11日

ソフトバンクを所持している人はiPhoneの所持率も非常に高いです。そのためiPhoneを購入する人が非常に多いのです。

iPhoneの購入はソフトバンクオンラインショップをオススメしたいですね。

何よりも予約を行うのであれば、オンラインショップが一番はやいです。最近はオンラインショップを利用して、購入する人もかなり多くいます。

オンラインショップなら予約開始時間にきっちり予約を行うことも可能です。毎年のことながら例年16時1分が予約開始日となっています。

その時にオンラインショップはかなり集中すると思いますので、それより前にオンラインショップに訪問しておき、予約を行うとよいかと思います。

iPhone 2019はどんなiPhone? iPhoneⅪ

iPhone2019はどんな機種になるのでしょうか。まずはLCDモデルが2019年モデルとして残ると言われておりますので、こちらのiPhoneがLCDモデルになると予想されております。

LCDモデルだったとしても結果的には今までのiPhoneとさほど変わりません。

iPhone8やiPhone8PlusでもLCDを搭載しており見た目もさほどOLEDを搭載しているモデルと比べても変わりません。

OLEDだからきれいというわけではないかと思います。ある意味好みの部分が強いのではないでしょうか。

昨今世間的にはOLEDを採用しているモデルというものが非常に多いですが、実際にはOLEDを搭載しているモデルというのは、高額なケースが多いだけで使っている側からするとそこまで大きな違いを感じることができません。

OLEDを搭載しているモデルというのはOLED自体が非常に薄く製造できるため、薄型モデルになっていることが多いです。

今はまだそれなりに高額な部材ですが、そのうちLCDと逆転するのではないでしょうか。

やはりそれも需要と供給の関係によるものではないかと思います。

基本的に今は世間的にLCDモデルのほうが圧倒的に多いため、安価に製造することが可能ですが、今後はそのあたりの価格面での逆転現象が起きることは間違いないでしょう。

続いてCPUですが、A13というCPUを搭載する予定になっております。A12がiPhone2018で搭載されます。

A12の時点で7nmのプロセス・ルールが採用される予定になっており、2019年モデルでも同様のプロセス・ルールになる見込みです。

名称はiPhoneⅪになるのでしょうか。今のところ名称規則がまだ確定しておりませんので、実際にどのようになるのか不明です。

CPUはiPhoneの能力に直結する部品となっていますので、当然ながら毎年のレベルアップをかなり期待したいと思います。

名称が今までと異なる可能性が高い

iPhoneXIの名称はiPhone11 iPhone11 Pro /iPhone11 Pro MAXになる見込み

2019年8月15日

こちらの記事を見てもらいたいのですが、iPhone11及びiPhone11Pro、iPhone11ProMAXとなる可能性があります。

2019年モデルでは今までと同様に3つのモデルが発売されると思われます。

iPhone11がiPhoneXRの後継モデルになるでしょう。

iPhone11ProがiPhoneXSの後継モデルとなり、iPhone11ProMAXがiPhoneXSMAXになる予定です。

今後発売されるモデルはProモデルとなる可能性が高いということです。

Proモデルというのは、iPadですでにProという名称として発売しておりますが、iPhoneもついにProという名称になるようですね。

iPhone11ではTouch IDは削除される予定

2018年でTouchIDを搭載しているiPhoneというものはなくなりました。

2019年に発売されるiPhone11でもTouchIDは継続して削除される状態になります。

TouchIDのほうが日本人にとっては便利だと感じるケースの方が多いのではないでしょうか。

指紋認証機能ならマスクをしているときでも反応します。そのためTouchID含めてやはりあれば便利な機能なのです。

FaceIDがあるからいいんじゃないの?と思うかもしれませんが、たしかにマスクをしない時期ならFaceIDでも構いません。

しかしながらマスクをする時期ならFaceIDでは反応しません。

これは日本人にとってかなり辛いことかと思います。

Androidなら指紋認証機能を搭載しているスマホもかなり多くあり、認証機能という意味では非常に便利です。

認証機能を利用しないという人なら、別にどちらの機能もなくても構わないわけですが、昨今認証機能は当たり前になってきています。

認証機能が当たり前な時代だからこそ、いかに楽に認証を解除する仕組みというものが必要なのかもしれません。

その方法の中でFaceIDを選択したのは、アップルでした。今後もiPhoneはFaceIDでの認証解除方法を続けていくと思われます。

せめて背面にTouchIDがあれば・・・と思う人も多いと思います。Xperiaなどでは側面にTouchIDいわゆる指紋認証機能が搭載されているのです。

TouchIDというのは、非常にオススメ出来る機能なので、また復活してもらいたいですね。

TouchIDが削除されますが、あまり使われない機能なので、仕方ないでしょう。現行でもiPhoneXRではすでにTouchIDは削除されています。今後もこのような機能の見直しというものは行われること間違いないと思います。

ワイヤレスパワーシェアを搭載

ワイヤレスパワーシェアという機能を搭載するようです。

こちらSamsungのGALAXY S10のワイヤレスパワーシェアの様子ですが、iPhone自身が充電器の親機となるのです。

そして周辺機器への充電を行う機能となります。

これに伴い無接点充電に対応しているデバイスはQiなどのものを購入することなく、本体から充電を行うことが可能となります。

2018年ごろからこのワイヤレスパワーシェアと呼ばれる機能が搭載されるスマホが出始めて、2019年以降はハイスペックモデルと呼ばれる機種には搭載される可能性が非常に高いと思います。

ワイヤレスパワーシェア機能があれば非常に便利なことはいうまでもありません。

AirPodsも無接点充電に対応しており、それを利用することも可能となっております。

2019年に入りAirPodsも新しいバージョンのものが発表されました。無接点充電というものは今後も利用頻度が増すことは間違いないと思います。

最近のスマホは無接点充電を使えるものが増えており、緊急時に充電をさせてあげることもできる為、非常に便利な機能の一つですね。

今回このワイヤレスパワーシェアでもApplePencilの充電も出来るようになるでしょう。無接点充電が可能ということになりますので、無接点充電が出来るようになると様々なガジェットの充電が可能となります。

カメラはシングルカメラ

カメラに関してはシングルカメラの予想となっております。カメラの性能に関していえばiPhoneは非常に高いカメラ性能となっており、期待できますがiPhone2019はシングルカメラになると予想されます。

シングルカメラになるということは、デュアルカメラと比較した時にそこまできれいな写真は撮れないかもしれません。

望遠に関してもそこまでの望遠は撮れないかもしれません。

しかしながらシングルカメラを搭載するということは他のモデルとの差別化が主な理由であり、差別化されることにより他のモデルが引き立つというものです。

シングルカメラというのは1つのカメラですが、こちらはiPhoneXr2iPhoneXrs?名称はわかりませんが、一番安価なモデルになると思われます。

昨今シングルカメラを搭載しているモデルというのは、非常に少なくなりましたからね。iPhoneを含めてシングルカメラを搭載するモデルというのは一般的に廉価版というイメージです。

実際には高額機種であったとしてもシングルカメラを搭載するわけですが、シングルカメラを搭載するということは、非常にオススメできることかと思います。

iPhoneのカメラはシングルカメラであったとしても非常に性能が高いということで、非常に期待している人も多いと思います。

 

ドコモオンラインショップなら事務手数料が無料でお得
docomo ドコモ au SB ymobileL

シングルカメラになるということはちょっと残念ですが、仕方のないことなのかもしれません。

それでもiPhoneのカメラは高性能なことは知っている人も多いと思いますので、シングルカメラであったとしてもかなりきれいに撮ることはできるかと思いますね。

実際にシングルカメラになるのはiPhoneXRの後継モデル仮称iPhoneXR2のみとなるかと思います。

iPhone11のカメラの見た目がわかる写真が掲載 iPhoneⅪMAXという名称

2019年8月9日

こちらが最新のiPhoneのカメラの見た目となっています。

3つのカメラが搭載されていると思います。3つのカメラが搭載されるということで、そこに関してはかなりの人が期待しているでしょうね。

カメラは昨今複数搭載されるということが当たり前になりつつあります。

複数のカメラがあるほうが、様々なシーンの写真を撮ることが出来ますからね。

USB-Cが搭載

USB-Cが搭載される見込みとなっております。USBーCというのはAndroidスマホでは最近一般的になってきておりますが、iPhoneではLightningが継続的に使われております。

Lightningケーブルでもいいといえばいいのですが、USBーCが搭載されることにより、より高速に充電ができるとかより高速にデータのやり取りができるなどのメリットがあることは間違いありません。

またUSB-Cが搭載されることにより、USB-Cケーブル自体が汎用的なケーブルとなっており、汎用的なケーブルということは、それだけ価格の値下がりもされているということです。

USBーCになるということでのメリットというものはかなりあるかと思います。

ただしデメリットというものも少なからずあります。デメリットというのはやはり今までのLightningで使えていたガジェットが使えなくなる可能性があるということです。

これはかなり痛いのではないでしょうか。Lightningはかなりの数のiPhoneに搭載されており、現行iPhoneをもっている人は大半Lightningケーブルです。それがなくなるということになれば、周辺機器などは相当つらいでしょうね。

買い直しもしくは変換ケーブルなどを購入する必要がでてくるのです。それは本当に辛いと思います。

それでもメリットのほうが多そうなので、USB-Cには早くしてもらいたいですね。

iPadでもUSB-Cが採用されるようになりました。そのためiPhone2019年モデルでも同様にUSB-Cが採用されると思われます。

iPadで採用されるとなると本当にかなりの周辺機器が影響を受けるでしょうね。それこそLightningとUSBーCへの変換ケーブルなども売れるでしょうね。

楽天でも購入することが可能となっております。

このようになかなかおもしろい変換ジャックが売れるのではないでしょうか。

2019年モデルのiPhoneはこのあたりも含めてかなり期待できるかと思いますね。

ただし無印のiPadminiが発売されましたが、そちらはLightningを継続して採用しております。

iPadminiでLightningが採用されるということは、ひょっとするとまだLightningが残る可能性があるということです。

Lightningのほうがいいという人にとってはいいのですが、Lightningは今後どうなっていくのでしょうか。いつかLightningからUSB Type-Cに変更するのでしょうか。そのあたりは微妙なところですね。

2019年8月の最新の情報では、Lightningは引き継がれる可能性が高いという情報もあります。このあたりはLightningを利用する周辺機器がかなり多いこともあり、どうなのかな?と非常に気になる部分です。

Lightningというのは、便利ですが、iPhoneでしか利用することが出来ません。iPhoneでしか利用出来ないのであれば、早く汎用性の高いUSB-Cへの移行を行ってもらいたいのですが・・・

 

ドコモオンラインショップなら事務手数料が無料でお得
docomo ドコモ au SB ymobileL

<2>iPhone 2019ではトリプルカメラに期待

iPhone 2019ではトリプルカメラに関してはかなり期待したいと思います。最近トリプルカメラを搭載するスマホというのが非常に注目を浴びていることを知っていますか?

トリプルカメラで撮った動画を一度見てください。

こちらはP20 Proというドコモの最新の機種です。こちらはトリプルカメラを搭載しており、1つ1つのカメラの性能もかなり高いと思います。

カメラ性能が非常に高いということで、かなりドコモでは人気の機種になっているのです。

このP20ですが、iPhoneの2018年モデルではトリプルカメラを採用しなかったことに関してはちょっと安心しているでしょう。

ただし2019年にはiPhoneもトリプルカメラを搭載してくる可能性が非常に高いようですね。

トリプルカメラというのは、3つの異なる種類のカメラを搭載し、それらを合成して非常にキレイな動画や写真を撮ることが可能になると思われます。

基本的にはiPhoneというのはカメラ性能はもともと良くなっており、それに伴いiPhoneは売上を伸ばしていると思います。SNS映えするような写真も簡単に撮れたり、それに伴うアプリもかなり開発されているのです。

そういうことを考えるとやはりiPhoneに期待している人というのはかなり多いということが伺えると思います。

トリプルカメラを搭載するiPhoneを早く見たいという人も本当に多いと思いますので、期待はしたいところですね。

トリプルカメラの内訳

トリプルカメラの内訳は以下の通りになるかと思います。

超広角
広角
望遠

この3つのカメラが搭載されると思われます。

一般的に発売されているカメラの内訳はこの通りになります。iPhoneも例外なくそのようなカメラが3つ搭載されるものと思われます。

基本的にカメラが3つ搭載されることにより、今までと違った写真を撮ることが出来るようになるでしょう。

また光学ズームも搭載される予定となっています。光学ズームというのは、最近発売されているAndroidスマホでも搭載されるケースが非常に多くなっています。カメラ機能の強化というのは、各社かなり力を入れており、非常に期待出来るのではないかと思います。

iPhoneのカメラ性能というのは、かなりオススメ出来ると思います。iPhoneのカメラの綺麗さというのは本当に定評がありますので、ぜひ検討してもらいたいですね。

個人的にもこのカメラ性能というのは、非常にオススメ出来ると思います。

2019年モデルのiPhoneはノッチが小さくなる

2019年に発売されるiPhoneはノッチが小さくなるようです。ノッチというのは上部のでっぱり部分です。

この部分です。こちらのほうが小さくなると言われております。

正直なところこのノッチがあるために動画などを大画面で見るとどうしてもノッチ部分が邪魔だと感じる人は多いと思います。

たしかにノッチ部分というのは結構邪魔ですよね。

このノッチ部分が小さくなるということはまだノッチが上部に残ることは間違いないわけですが、本当ならディスプレイに埋め込んでもらいたいですよね・・・

他社では今後ディスプレイに埋め込みのカメラが搭載される可能性もあるなど、ある意味完全ベゼルレスを目指しております。

完全なベゼルレスにすることは難しいのかもしれませんが、少しでもノッチなどの不要な部分を削ってもらいたいですよね。

ここ2年あたりでノッチを搭載するスマホが非常に増えてきました。もともとはiPhoneXでノッチが採用されたことによるものです。ノッチが採用されると大画面になるので、いいのですが、ノッチがないスマホというのも一部搭載されています。

こちらXPERIA 1の動画となっておりますが、こちらでノッチに関することに触れておきますので、こちらの動画も一度見てもらえればと思います。

ノッチというのは気になる人はかなり気になると思います。ノッチがないようがいいという声は結構あるのです。ノッチがあるとどうしても動画などを見ているとノッチが邪魔という人もいるわけです。

そういうものがないほうが間違いなく見やすいということは間違いないと思います。

名称はiPhone11になるのか?

名称に関しては非常に気になっている人も多いと思います。

iPhone11という名称になるのかどうなのかというところも非常に気になる部分ではないでしょうか。

2018年モデルとして発売されたiPhoneはiPhoneXsという「S」シリーズになりました。

ということは次に発売されるモデルというのは型番が変更になる可能性があるということです。

型番が変更になるということは10の次ということで11になる可能性も十分ありえるということでしょう。

iPhoneXの次のモデルがiPhone11になるもしくはiPhoneⅪとなるということはほぼ間違いないかと思います。

iPhoneXrの後継は何になるのでしょうかね。それまた非常に気になるところではないかと思います。

名称に関しては様々な憶測があります。一般的には2世代目には「S」が付くわけですが、今回iPhoneXsと呼ばれるモデルとなっており、次のモデルではⅪになる可能性が非常に高いと思われます。

ついにUSB-Cの搭載か

2019年モデルではUSB-Cが搭載される可能性が非常に高いことがわかりました。

USB-Cというのは、Androidスマホでは当たり前のように搭載されております。

そのためそれを待つ声というのは非常に多かったと思います。

そのほうがいろいろなメリットがあるかと思います。

USBのほうが汎用性が非常に高くなります。またMacも含めてiPadもUSB-Cを搭載しており、今後Lightningであることのメリットというものも非常に少ないのです。

USB-Cが搭載されることにより、購入したいと考える人もかなり増えてくると思われます。

やはり世の中の流れにAppleも合わしてきたという感じかもしれませんね。

iPhone Ⅺではトリプルカメラ搭載は確実か

iPhone Ⅺに搭載されるカメラはトリプルカメラに リーク画像が流出

2019年1月9日

こちらの記事を見てもらいたいのですが、最新の記事ではトリプルカメラが搭載されているのです。

トリプルカメラというのは今日本ではP20 PROのみです。

iPhoneに搭載されるとなれば、かなり売れるのではないでしょうか。

GALAXYシリーズもトリプルカメラを搭載するかもしれないという情報もありますが、iPhoneでも搭載されるとなれば、2019年はトリプルカメラ合戦です。

XPERIA 1でもトリプルカメラを搭載するため、間違いなくトリプルカメラというのは、オススメしたいですね。

XPERIA 1(XZ4) エクスペリア1 XZ4 ケースがすでに販売開始

2019年4月7日

こちらの記事がその記事となります。

実際にこちらのような形で販売されるのであれば、iPhoneでもかなり期待できるのではないでしょうか。デュアルカメラよりもさらに専門に特化したモデルの販売に関して期待したいところですね。

その後XPERIA 1が発表されました。

XPERIA 1 ONE エクスペリア ワン スペック 価格 カラバリ ドコモ au ソフトバンク

2019年10月28日

こちらを見てもらいたいのですが、XPERIA 1というモデルが登場します。

XPERIA XZ3の後継モデルということで、XPERIA XZ4という名称になると予想されておりましたが、実際にはXPERIA 1という名称になります。

こちらではトリプルカメラを搭載し、かなり期待が持てるモデルになっております。

iPhoneでトリプルカメラを搭載するということはかなり先進的なことかもしれませんが、すでに日本のメーカーでも同様にトリプルカメラを搭載するモデルを搭載するのです。

トリプルカメラを搭載したiPhoneにはかなり期待できると思いますね。

最新の情報ではトリプルカメラが搭載される予定となっておりますが、実際にトリプルカメラを搭載されるのは、一番上位のモデルのみとなっております。

いわゆるMAXモデルのみでトリプルカメラが搭載される見込みです。MAXと呼ばれるモデルが一番画面の大きなモデルになることは間違いないと思います。

iOS13が正式発表

iOS13が正式発表されました。iOS13が正式発表されたことにより、次に発売されるiPhoneに搭載されるOSがどのようなOSになるのかわかります。

iPadOSというものが発表され、iPhoneはiPhone独自のOSとなることになり、よりiPhoneはiPhoneらしくなるかと思います。

iPad用の独自路線を進むことにより、iPhoneは非常によくなっていくのではないかと思います。

iPadが専用OSになるのは驚きですが、iPhoneはよりよくなるのではないかと思います。iOS13になるとiPadは分離されますので、OS自体は若干ながら軽くなると思われます。

iOS13からタブレット対応がなくなり、それだけも非常によくなることは間違いないと思います。

コードにiPadなら○○の処理を行うという記述なども削除されると思われます。そういう意味ではiOSがiPhone専用のOSになったということは、消費者としても喜ばしいことではないかと思います。

トリプルカメラに搭載されるズーム倍率は光学5倍?

iPhone 2019年モデル トリプルカメラ搭載はMAXモデルのみに 超広角カメラが増える

2019年7月29日

こちらの記事を見てもらいたいのですが、iPhone11に搭載されるカメラというのは、光学5倍ズームくらいがつくのではないかと予想されます。

2019年モデルとなり、望遠、広角にさらに超広角カメラが搭載される可能性が高いと報じられています。

iPhoneは2019年モデルになり、トリプルカメラを採用するようになります。トリプルカメラというのは、Xperia 1などもそうなのですが、3つのカメラにそれぞれ役割をもたせることが出来ます。

その役割というのは、基本的には5倍の光学ズームが望遠について、広角と今回新たに超広角カメラが搭載されるようになるかと思います。

超広角カメラは広角カメラよりさらに広角に撮ることが出来ますが、それよりも望遠が採用されるほうが、間違いなくインパクトが強いですね。

インパクトの大きさとしては、光学ズームが付くということではないかと思います。

基本的には望遠レンズというのは、デジタルズームなども駆使しているわけですが、最近のカメラというのは、光学ズームとデジタルを駆使しているケースが非常に多く、iPhone11でも例外なくデジタルと光学のあわせ技になるでしょうね。

iPhone11 2019年モデルにはApplePencilの利用が可能に

iPhone11の発売は9月20日に 金曜の発売日 ソフトバンクが会見で漏らす

2019年8月6日

こちらを見てもらいたいのですが、ApplePencilが利用可能になるようです。

これはかなりありがたい機能の一つではないかと思います。ApplePencilというのは、文字を書くためには非常に便利なツールの一つです。

それが搭載されるということで、iPhone11は非常に便利になるでしょう。

ただし気になるのはApplePencilの価格が1万円ほどするところですね。

それが問題なければ、いいと思いますね。文字をかけるというところが非常にオススメしたいですね。

文字は手で書くというところが、今まで不満だと思っていた人も多かったと思いますが、これによりペンで書くことが可能です。

これは本当に便利ですよね。


動画でスマホを解説

動画でスマホを解説しています。最新スマホの情報を掲載中 チャンネル登録お願いします。



スマホ・ガジェット専門サイト

スマホのガジェットを専門に紹介しているサイトです。海外スマホなどを紹介しているページです。日本ではあまり見ることのできないモデルを発見できるかもしれません。