当ブログを運営している携帯情報.コムです。 ケータイチャンネルというユーチューブチャンネルを運営し、動画配信にもチャレンジ中です。ぜひチャンネル登録してください。自己紹介はこちらをご確認してみてください。 twitterの運営もしています。

iPhoneXE アイフォーンXE テンイー スペック 発売日 ドコモ au ソフトバンク

楽天ハンド新規一括0円4999円ポイント還元 1年間維持費無料はこちら

iPhoneSEの後継モデルを待ち続けている人も多いと思います。iPhoneSE2の後継モデルはiPhoneXEとなる可能性が高いことがわかりました。

iPhoneSEの後継モデルというのは、発売されると以前から言われておりましたが、全く発売されておりません。

基本的にはiPhoneの小型モデルという位置づけとなっている機種です。

 

ドコモのスマホを買うならdカードがお得

dカードを発行することで、ポイントを受け取ることが可能
dカード GOLDなら10%ポイント還元
✔毎月のドコモの利用料金がポイント還元でdポイントは使えるお店が多い
できることならdカード GOLDをGETして高額ポイント還元で、スマホを安く買いましょう。
一括購入の場合ポイント還元が10%となるdカード GOLDを是非オススメします。
【ドコモとソフトバンク、楽天は事務手数料が無料】
オンラインショップは24時間営業で2750円以上なら送料無料です。ネットからスマホを購入する人がかなり増えています。
ドコモオンラインショップで購入する
au Online Shopで購入する
ソフトバンクオンラインショップで購入する
楽天モバイルで購入する
楽天モバイルは新規一括実質0円でスマホが販売されていたりとかなりメリットがあります。

新規MNPでソフトバンクはクーポンがもらえてお得

ソフトバンクはクーポンをもらうことが出来ます。
ソフトバンククーポンサイトを見ていただき、そちらから購入することで、お得に契約することが可能となっています。
ソフトバンクはiPhoneの人気がすごく、iPhoneを利用するのであれば、ソフトバンクがオススメです。
一度検討いただきたいと思います。
ソフトバンクはクーポンがもらえる
ソフトバンクでお得に購入できる
ソフトバンクオンラインショップは事務手数料が無料
ソフトバンクオンラインショップは、メリット尽くめなので、オンラインショップを利用して購入しましょう。
※クーポンが利用できる申し込みは新規契約、MNP、契約変更3G→4Gor5G

iPhoneXEを予約購入するなら?

iPhoneは現在ドコモ、au、ソフトバンクから発売されている機種となっています。そのため今後もiPhoneXEが発売されてもドコモ、au、ソフトバンクから発売される見込みです。

こちらドコモオンラインショップです。ドコモオンラインショップというのは、機種変更時の事務手数料が無料となっており、非常にメリットのあるオンラインショップです。

iPhone2019年モデルの発売も当然ながら行われるでしょう。

新型iPhoneの予約をするならドコモオンラインショップをオススメしたいですね。

こちらau Online Shopです。

au Online Shopもソフトバンクの次にiPhoneの発売を開始し、かなりのユーザーを確保しています。

ソフトバンクに関していえば、iPhoneを日本で一番始めに取り扱った会社ということで、知名度ともに抜群です。

iPhoneを所持しているソフトバンクの店員も非常に多いことからiPhoneのことにこまったらソフトバンクに行くことをオススメしたいですね。

それくらいiPhoneユーザーが多いためかなりオススメ出来ます。

iPhoneはオンラインショップからの購入をすることで、発売日に自宅まで送付してくれます。毎年のことですが、16時1分の予約開始です。16時1分に予約を開始するため、そのタイミングで、ネットの予約が一番のオススメです。

iPhoneSE 2020 新型 iPhone9 Apple アイフォーンSE2 人気スペック 発売日 価格 ソフトバンク ドコモ au
iPhoneSEはまだまだ人気があります。iPhoneSE2としてキャリアではかなり上位をとっているのです。 なぜiPhoneSE 2020年モデルが人気があるのでしょうか? 学生に非常に人気が高い とにかく安価なので、学生に...

iPhoneXEはどんな機種?

それではiPhoneXEがどんな機種なのかお伝えしましょう。

iPhoneXEというのは、iPhone8の後継モデルとして登場する可能性が高いということです。

iPhoneXEという機種はコンパクトでありながらもiPhone8の後継ということもあり、それなりの大画面モデルとして登場します。

iPhoneSEが4インチだったので、それよりは大きな画面になるでしょう。

さすがに2019年にはいって4インチのような画面を持っているスマホというのは、非常に少ないですからね。

今のところでは4.7インチもしくは4.8インチレベルの画面サイズになると思われます。

機種iPhone8
大きさ138.4×67.3×7.3mm
重さ148g
OSiOS11
CPUA11
RAM2GB
ROM64、256GB
画面サイズ4.7インチ
解像度1,334 x 750ドット 326ppi 1400:1コントラスト比(標準)
カメラ1200万画素/700万画素 F値1.8
カラーゴールド、シルバー、スペースグレー
対応バンドFDD-LTE(バンド1、2、3、4、5、7、8、12、13、17、18、19、20、25、26、28、29、30、66)
TD-LTE(バンド34、38、39、40、41、42)
TD-SCDMA 1,900(F)、2,000(A)
CDMA EV-DO Rev. A(800、1,900、2,100MHz)
UMTS/HSPA+/DC-HSDPA(850、900、1,700/2,100、1,900、2,100MHz)
GSM/EDGE(850、900、1,800、1,900MHz)
最大800Mbps
その他Touch ID、指紋認証センサー、気圧計、3軸ジャイロ、加速度センサー、近接センサー、環境光センサー

iPhone8のスペックをこちらに紹介しておきたいと思います。iPhone8のスペックはこんな感じですが、今後発売するiPhoneXEに関していえば、これよりもスペックがあがることが予想されております。

iPhoneSEの後継モデルという位置づけのようですが、画面サイズが大きくなり、非常に期待できるモデルとなります。

昨今5インチを下回る機種というのは、かなりコンパクトなイメージです。iPhoneSEを持っている人も周りにいますが、かなり小さくて画面が見づらいようですね。

大画面スマホと比較すると当然なのかもしれません。

基本的にはiPhoneSEというのは、廉価版という位置づけとなっており、価格も安価で日本ではキャリアモデルとして販売されるというよりも、サブブランドとして販売しているイメージとなっております。

サブブランドというのは、UQやワイモバイルのようなキャリアのサブブランドです。iPhoneXEに関しても同様にサブブランドでの販売がメインになるかと思います。

iPhone8ベースになるということは、今後iPhone8の販売は終息していくことが予想されます。iPhone8というのは、現状まだ生産している機種となっており、日本での人気のほうもかなりある機種となっています。基本的に日本で販売されているiPhoneというのは、現状まだ生産されているモデルです。2019年10月より、割引に関することも法律である程度規制されるようになり、iPhone8はまだ生産されているモデルということもあり、値引きの幅が減りました。値引きの幅が減ったということで、アップルはiPhone8を日本市場で販売しづらくなっています。そのため早い段階で実質iPhone8の後継モデルになるiPhoneXEひょっとするとiPhoneSE2の販売を先行して行いたいのではないかと思います。
それくらい日本市場では、現在アップルを含め端末の販売に関してはかなり苦戦しています。日本市場で苦戦している理由というのは、割引もそうですが、端末本体の定価もかなり高くなりました。これから先は本当にどうなるかわかりませんが、iPhoneXEは売れるモデルになる可能性が非常に高いと思われます。

CPUにA13を採用?

CPUにA13というものが採用されます。

A13 CPU Apple iPhone 2019年モデルに採用 7nmのプロセス・ルールのまま登場
Appleから発売されるiPhoneですが、継続してAシリーズというCPUが採用されております。 AシリーズというCPUはiPhone 2018年モデルiPhoneXsやiPhoneXsMAXなどではA12というCPUが採用さ...

A13と呼ばれるCPUというのは、2019年に発売されるiPhoneに搭載されるCPUだと言われております。

A12と呼ばれるCPUの後継モデルです。A12というCPUというのは2018年モデルのiPhoneに搭載されていたCPUです。7nmのプロセス・ルールにて製造されているCPUとなっており、A11と比較してもかなりレベルが上がっているCPUとなります。

A13というCPUは今のところA12の後継モデルになりますが、7nmのプロセス・ルールを引き継ぐ予定になっており、A12と比較してもそこまで上がるわけではないと予想されます。

それでもA12と比較すると20%程度は能力アップが図られると思われます。このA13というCPUを採用することになり、最新モデルの仲間入りとなるわけです。

A13というCPUは7nmというプロセス・ルールにて製造されるCPUと言われております。A12と比較しても30%ほど性能は向上しているということになりますので、かなり高速に動作するでしょう。

A13が採用されるということは、最新のスペックとして登場する見込みです。A13と呼ばれるCPUはiPhone2019年モデルに採用されるCPUとなっていますので、非常に期待出来るのではないかと思います。

A13のスペックは本当に期待出来るものになるでしょうね。A13というのは、非常に能力も高いCPUとなりますので、動作速度などはかなり期待出来るでしょう。

A13が搭載されるモデルは2019年に搭載されるモデルになりますので、非常にメリットがありますね。

A13は7nmプロセスルールで製造されているCPUとなりますが、スペック的には十分なスペックとなります。

iPhone8の後継モデル?

iPhone8の後継モデルになる可能性もあります。

iPhone8は2018年〜2019年にかけて日本国内ではかなり販売台数を伸ばしました。

iPhone8販売台数が伸びた要因の一つに価格というものがあげられます。

価格というのは、スマホを販売する上で重要な要素であるということが、認識されたのではないかと思います。

iPhoneXEと呼ばれる機種は、今出ている情報からするとスペック的には最新モデルであるものの、廉価版という位置づけとして販売される可能性が高いということです。

そのためiPhoneXEの価格はそこまで高額にはならない可能性が高いわけです。

日本で高額な機種というのは、本当に売れない時代に入ってきました。

日本で高額な機種が売れない理由はやはり給与でしょうね。給与が今の日本では上がらないということもあり、高額な機種の販売台数というのは売れないというのが本音ですね。

それなら価格を抑えた廉価版モデルなら継続して販売し続けることが可能なのでしょう。

またApple自身もハイエンドモデルばかり販売していては、売れないという思いもあるのかもしれません。

日本だけに限らず、分離プランのようなものを採用している国では、残念ながらiPhoneは高すぎて購入しづらくなっているのです。

そういうこともありiPhone8の後継モデルの発売というのは、期待してもいいのではないかと思います。

iPhone8 /Plus アイフォーン8 レビュー カメラ スペック 価格 ドコモ au ソフトバンク
iPhone8がランキングの上位に常におり、非常に人気が高いです。 iPhone8の人気は2019年にはいってもとどまるところを知りません。それくらい人気のモデルなのです。 iPhone8及びiPhone8Plusが発表されまし...

発売日は?

発売日は2020年3月ごろになると言われております。2019年の秋ごろに発売されるのは通常のiPhoneの発売が行われます。

いわゆるiPhone2019年モデルのみの発売となるのです。

iPhone2019年モデルの後継でもなく、通常のモデルとして発売されるようですね。

画面サイズが4.7インチもしくは4.8インチと抑えられていることもあり、iPhone2019年モデルはそれよりも大画面のモデルとして発売されることは明らかです。

iPhone2019年モデルはiPhoneXSなどと同じ画面サイズとして発売されるのでえあれば、5.8インチ程度の画面サイズになると思われます。

2020年3月になるということは、基本的にiPhone2019年モデルとはかぶらない時期の発売となります。

iPhone2019年モデルの発売は例年どおりであるなら、2019年9月ごろと予想されます。

それより半年後と考えるのが普通でしょう。ベース機種としてiPhone2019年モデルがあるので、スペック的にも最新になる可能性が非常に高いため楽しみですね。

各社通信費と本体代金の分離プランでは安価な機種が売れると予想

各社分離プランというものを採用していることは知っている人も多いと思います。2019年に入り、ドコモが新料金プランを発表しました。新料金プランの発表に伴い、ドコモも安価な機種の投入は行いたいと思います。

実質価格として今まで5万円前後の機種が間違いなく今後は実質価格という言い方ではなく、確実に本体代金そのままがリアルに乗ってくるのです。そういうことを考えると新料金プランになるとスマホが売れなくなるのです。

ドコモ 新料金プランになり スマホ iPhoneが売れない 高い 高騰 最新モデルは販売し辛い状況に
ドコモから新料金プランが出てきたことを知っている人も多いと思います。 新料金プランプランの説明に関しては以下のページからご確認ください。 こちらが新料金プランを説明している記事となっておりますが、新料金プランになるとなぜ...

こちらの情報も見てもらいたいのですが、それこそ安価なモデルしか売れなくなってくる可能性も非常に高いと思います。

安価なモデルは販売しやすいため、ある意味集客にも使われるのです。

スマホが売れないという時代はまだまだ続くのではないかと思います。

iPhone11 /11 Pro/ 11 Pro MAX アイフォーン11 在庫 発売日 予約 ドコモ au ソフトバンク
最新のiPhoneの名称がiPhone11とiPhone11Proとなりました。 2019年モデルとして3つのiPhoneが発売されました。 3つのiPhoneの販売が行われるわけですが、それぞれのモデルはどのようなモデルと...

期待したいレンダリング画像

iPhoneXEのレンダリング画像が出てきております。3つのカメラを持つモデルとなっており、2019年に発売iPhone11MAXに搭載されるものと同じようなカメラとなっています。

このようなカメラが本当に搭載されるのでしょうか。それでもこれはかなり期待したいですね。

廉価版モデルという位置づけになっている小型モデルのiPhoneですが、実際は能力としてはそんなことはないかと思います。

スマホの能力というのは、CPUなどもそうですが、カメラ性能に関しても力を入れてほしいというのが本音です。

カメラ性能は年々高くなっており、特にiPhoneでのカメラ性能というのは1つのカメラしかないにもかかわらず、かなりきれいな写真を撮ることが出来るということは知っている人も多いわけです。

このようなレンダリング画像が出てくるということは、それだけ期待している人が多いということです。

iPhoneXRの後継がiPhoneXEという説

iPhoneXRというのはアイフォーンテンアールです。そして今回のiPhoneXEというのはアイフォーンテンイーという名称になるかもしれないということです。

iPhoneXEという名称ということであれば、iPhoneXの後継モデルの可能性もあるわけです。

まさにiPhoneSEではなく、iPhoneXEということになる可能性があるということです。iPhoneXEというのは、そういう意味では少しだけでも大画面になるのでしょうかね。

iPhoneSEの後継ではなく、iPhoneXRの後継なのかもしれませんね。

iPhoneXEはiPhone11などのスペックがベースになるのか

iPhoneXEというのはiPhone11iPhone11Proのスペックがベースになるのでしょうか。

iPhone11 アイフォン11 新色 デュアルカメラ 詳細をチェック 仕様 スペックはどんな感じに?
新型のiPhone11の発表が行われました。iPhone11とiPhone11Pro、iPhone11ProMAXの3機種の同時発売となります。 iPhone11というのは、期待していた人もかなり多いのではないかと思います。基...
iPhone11 Pro アイフォン11プロ MAX トリプルカメラ 仕様 概要 詳細をチェック
iPhone11及びiPhone11Pro、iPhone11ProMAXが発表されました。 新型のiPhoneはどのような機種なのでしょうか。やはりトリプルカメラが売りなのでしょうか。 それではどのような機種なにか紹介し...

こちらが最新のiPhone11の情報を掲載しておきますが、iPhoneXEの基準がiPhone11であるのであれば、かなり使えるモデルになると思います。

iPhone11はA13と呼ばれるCPUを搭載しており、A13が搭載される可能性もあるわけです。

XEという名称で販売されることはあるのか?

iPhoneXEという名称で販売されることは今後あるのでしょうか?2020年に入り、iPhoneSE2の販売はありましたが、iPhoneXEという名称の販売はありません。
廉価版のイメージが強いiPhoneSEという名称がそのまま継続された形となります。iPhoneXEというのは、どこでこのような名称になったのかわかりませんが、今後もiPhoneXEという名称のモデルで発売はないかもしれません。

✔iPhoneXの流れを組む名称になる可能性は低い
✔X系の流れになるなら完全に別モデルになるはず

コメント

タイトルとURLをコピーしました