当ブログを運営している携帯情報.コムです。 ケータイチャンネルというユーチューブチャンネルを運営し、動画配信にもチャレンジ中です。ぜひチャンネル登録してください。自己紹介はこちらをご確認してみてください。 twitterの運営もしています。

【SIMフリースマホの老舗】
ETORENでSIMフリースマホを買う
【中古でスマホを安く買う】
中古スマホ老舗で安く買う

Xperia 1 Ⅲでは8Kの画面解像度にそこまでの解像度が本当にいるの?

【楽天ハンド新規一括0円4999円ポイント還元 1年間維持費無料はこちら】

Xperia 1 Ⅲに8Kが搭載されるなんてことが報道されていることを知っていますか?

Xperia 1 Ⅱの後継モデルにあたり、発売されるのであれば、2021年の春モデルとして登場するものと思われます。

 

au ソフトバンクは割引上限の施策を実施

au 2021年3月 最大22,000円割引のキャンペーンを開催中 クリアランスセールでお得に買える
auは公式online shopの、au Online Shopでクリアランスセールを開催中です。 これは本当に購入しないと勿体ないです。 au Online Shopで本体の割引を行うキャンペーンとなっていますので、今購入...
こちらの記事を見てもらいたいのですが、auは割引上限の施策をすでに実施しています。 かなりお得なキャンペーンとなっています。
✔au契約の人は乗り換えるべき ✔新規もお得に買える
au Online Shopから購入することが可能となります。 昨今複数のスマホを持つという人も減ってきたと思いますが、複数のスマホを持って、電話番号も変更するという人もいます。 過去の友人との断捨離というやつです。 その場合は新規購入をおすすめしたいですね。
ソフトバンク オンライン限定 web割 機種代金がいきなり値引きで最大21600円もお得に買える
ソフトバンクはオンライン限定のweb割というものを実施しています。 こちらがソフトバンクオンラインショップのホームページとなっていますが、ソフトバンクオンラインショップ限定の施策となっています。 MNPでの最大の割引は2...
こちらはソフトバンクの施策です。こちらもかなりお得です。
ソフトバンクへのMNPがお得 ✔ソフトバンクは機種変更でも割引施策実施 ✔ソフトバンクはオンライン契約で事務手数料無料
このようにかなりのメリットがあります。
2021年 夏モデル 秋モデル 冬モデル ドコモ au ソフトバンク 楽天モバイル 5Gがメイン機種に
2021年夏モデルではどのような機種が販売されるのでしょうか? 2021年に入り5Gが更に盛り上がっているような気がします。基本的に2021年に発売されるモデルでは、おそらく5Gへの対応はたいていのモデルで行われると思われます。 ...
こちらは2021年 夏、秋モデルの予想記事です。今後どんな新しい機種が出てくるのでしょうか?楽しみですね。こちらも一度見てもらいたいと思います。
ソフトバンク MNP 一括1円 キャッシュバックはないが かなりお得なスマホを販売中
Redmi Note 9Tというスマホが、ソフトバンクオンラインショップでMNP一括1円で販売されていることを知っていますでしょうか? かなりお得に購入することができるのです。 こちらがソフトバンクオンラインショップとな...
こちら安価に購入できるチャンスです。

Xperia 1 Ⅱで8Kになると報道

Xperia 1 Ⅱは年々進化していますが、今後8Kのディスプレイになる可能性があるようですね。
現状で4K解像度となりますので、単純に解像度としては4倍に増えるということになります。かなり高解像度になるということです。
実際に4Kでも十分なわけですが、さらに解像度が上がるとなれば、正直なところ驚きですよね。
そこまでの解像度って本当に必要なの?と思うレベルです。
8Kというと技術的にもかなり難しくなるかと思います。自宅用のテレビなどでは8K対応のテレビなども出ておりますが、あれは50インチとか60インチという大画面の中での8Kです。
Xperiaなどのスマホは6インチ程度の中に8Kなのです。
同じ8Kでもレベルが異なるわけです。

本当に8Kにするだけのメリットというものはあるのでしょうか?

8Kになると価格も上昇?

やはり気になるのは8Kになると価格も上がるのではないかという不安があるかと思います。
今までない技術になるわけですから、8Kになると価格も上がるのではないかという不安がついてくるのです。
ただしそこに関してはあまり気にすることはないかと思います。
その理由ですが、部材コストが上がってもそれがそのまま価格には反映されないと思います。
なぜ反映されないのかということですが、他社とのライバル価格があるからです。ライバルの機種が10万円で販売している時に20万では販売できないですからね。ライバルの価格もこの時は十分価格を抑えるということに貢献するのです。
ただしライバルの価格が20万円になれば、20万円近くで販売してくるかもしれません。
他社の出している価格というのは、自社の価格を決める上でも非常に重要な要素になるので、あまり高額な価格設定にはしてこないもしくはすることができないということになります。
少しでも他社よりも優位性を出して、同じくらいの価格帯であったとしても売ることができるということが最も自社としてもメリットがあることなのです。
今後はこのように変化していくでしょうね。

Xperia 1 Ⅲのスペックは基本的に画面解像度に力を入れている

Xperiaの中でも今まではPremiumモデルというものを継続して販売していました。
このPremiumモデルというのは、画面解像度にかなり力を入れてきていたことを知っている人も多いと思います。
最高級のXperiaは画面解像度がかなり高かったのです。
Xperiaシリーズはそのことを継続して実施しているのです。
Xperia 1 Ⅲに期待している人はこの画面解像度にもかなり力を入れてほしいと思っているはずなのです。
Xperia 1 Ⅲでも同様にやはり8Kが不要だと思っていても、8Kのスマホの販売は行ってもらいたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました