iPhone11 アイフォン11 新色 デュアルカメラ 詳細をチェック 仕様 スペックはどんな感じに?

 

新型のiPhone11の発表が行われました。iPhone11とiPhone11Pro、iPhone11ProMAXの3機種の同時発売となります。

iPhone11というのは、期待していた人もかなり多いのではないかと思います。基本的にiPhoneXRの後継モデルとなり、通常モデルのiPhoneとなります。

 

iPhone11の予約開始日は2019年9月13日午後9時〜

[colwrap]
[col3][/col3]
[col3][/col3]
[col3][/col3]
[/colwrap]

各社から予約を行うことが可能となっています。

今まで予約は16時1分でしたが、2019年から午後9時に変更となりました。

日中の時間帯だと社会人などは、なかなか予約を行うことができません。

そういう意味では午後9時なら予約のために帰宅するなどということが可能です。

また外出先からでも9時なら予約を行うことも可能です。スマホからでも予約が可能となっているので、簡単に予約を行うことができると思います。

こちらドコモの最速購入方法です。

こちらはソフトバンクです。

こちらはauとなります。

こちら昨年の画面遷移などになりますが、予約は各社ホームページから行うことができます。

ドコモ オンラインショップ 機種変更 メリット デメリット オススメ 得か損か
2020年1月31日まで送料無料キャンペーンを実施しています。2750円以上で送料無料となっていましたが、今は何を購入しても送料無料のキャンペーンです。ぜひこの機会にドコモオンラインショップにて購入してみてください。  ...
au オンラインショップ メリット 機種変更 MNP 新規 お得に契約 予約 購入が出来る
au Online Shopのメリットに関してお伝えしてみたいと思います。 まずはau Online Shopというショップを知っていますか? auが直営で実施しているオンラインショップです。このau Online Shopを利...
ソフトバンクオンラインショップ メリット 機種変更 新規 MNP 予約 お得に契約する方法
ソフトバンクオンラインショップを使ってお得に契約したいと考えている人も結構多いと思います。 ソフトバンクオンラインショップのメリットをお伝えしたいと思います。 ソフトバンクの携帯を購入するならソフトバンクオンラインショップの存在...

各社オンラインショップから予約するメリットに関して掲載しておりますので、こちらも合わせてご確認ください。

すでに予約をせずに購入できる配色もあります。今回は色々な色のモデルが登場し、期待している人も多いのではないでしょうか。

iPhone11 /11 Pro/ 11 Pro MAX アイフォーン11 在庫 発売日 予約 ドコモ au ソフトバンク
最新のiPhoneの名称がiPhone11とiPhone11Proとなりました。 2019年モデルとして3つのiPhoneが発売されました。 3つのiPhoneの販売が行われるわけですが、それぞれのモデルはどのようなモデルと...

こちら在庫に関しての情報を触れておりますので、こちらも合わせてご確認いただければと思います。

それではどのような機種になるのか紹介したいと思います。

iPhone11のスペック

iPhone11というのはProモデルとは別プロダクト扱いとなっており、Appleのホームページでも個別に仕様が紹介されています。

モデルiPhone11
大きさ150.9×75.7×8.3mm
重さ194g
OSiOS13
画面サイズ6.1インチ
解像度1,792 x 828
CPUA13
RAM4GB(予想)
内蔵ストレージ64GB、128GB、256GB
前面カメラ12MPカメラ
ƒ/2.2絞り値
背面カメラデュアル12MPカメラ(超広角と広角)
超広角:ƒ/2.4絞り値と120°視野角
広角:ƒ/1.8絞り値
Wi-FiWi-Fi6
Bluetooth5.0
LTEFDD‑LTE(バンド1、2、3、4、5、7、8、11、12、13、17、18、19、20、21、25、26、28、29、30、32、66)
TD-LTE(バンド34、38、39、40、41、42、46、48)
CDMA EV-DO Rev. A(800、1,900MHz)
UMTS/HSPA+/DC-HSDPA(850、900、1,700/2,100、1,900、2,100MHz)
GSM/EDGE(850、900、1,800、1,900MHz)

2×2 MIMOとLAA対応ギガビット級LTE
2×2 MIMO対応802.11ax Wi‑Fi 6
Bluetooth 5.0ワイヤレステクノロジー
空間認識に対応した超広帯域チップ
リーダーモード対応NFC
予備電力機能付きエクスプレスカード
FeliCa

認証FaceID
防水IP68

iPhone11に搭載されるデュアルカメラは?

超広角と広角の2つのカメラが搭載されます。iPhone11Proでは望遠も搭載されましたが、今回のデュアルカメラでは望遠は排除されています。

ただし超広角が増えているので、そのあたりはヨシとしましょう。デュアルカメラの特徴をお伝えしたいと思います。

[box class=”pink_box” title=”デュアルカメラの特徴
デュアル12MPカメラ(超広角と広角)
超広角:ƒ/2.4絞り値と120°視野角
広角:ƒ/1.8絞り値
2倍の光学ズームアウト、最大5倍のデジタルズーム
進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード
6つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、
ステージ照明(モノ)、ハイキー照明(モノ))
光学式手ぶれ補正(広角)
5枚構成のレンズ(超広角)、6枚構成のレンズ(広角)
より明るいTrue Toneフラッシュとスローシンクロ
パノラマ(最大63MP)
100% Focus Pixels(広角)
ナイトモード
自動調整
次世代のスマートHDR(写真)
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
高度な赤目修正
自動手ぶれ補正
バーストモード
写真へのジオタグ添付
画像撮影フォーマット:HEIF、JPEG
[/box]

こちらがデュアルカメラの特徴となっています。デュアルカメラの特徴としては、超広角と広角となりますが、超広角は広角の4倍の広さで捉えることができるということなので、かなりいいと思います。

[box class=”pink_box” title=”ビデオ撮影
4Kビデオ撮影(24fps、30fpsまたは60fps)
1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)
720p HDビデオ撮影(30fps)
ビデオの拡張ダイナミックレンジ(最大60fps)
ビデオの光学式手ぶれ補正(広角)
2倍の光学ズームアウト、最大3倍のデジタルズーム
オーディオズーム
より明るいTrue Toneフラッシュ
被写体追跡ができるQuickTakeビデオ
1080p(120fpsまたは240fps)スローモーションビデオに対応
手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(4K、1080p、720p)
連続オートフォーカスビデオ
4Kビデオの撮影中に8MPの静止画を撮影
再生ズーム
ビデオ撮影フォーマット:HEVC、H.264
ステレオ録音[/box]

ビデオ撮影時は3倍のズームにとどまります。

iPhone11 Pro アイフォン11プロ MAX トリプルカメラ 仕様 概要 詳細をチェック
iPhone11及びiPhone11Pro、iPhone11ProMAXが発表されました。 新型のiPhoneはどのような機種なのでしょうか。やはりトリプルカメラが売りなのでしょうか。 それではどのような機種なにか紹介し...

iPhone11Proなら6倍のズームまで撮ることができるというところで、望遠がついているカメラとついていないカメラの差はこのあたりかと思います。

[box class=”pink_box” title=”前面カメラ
12MPカメラ
ƒ/2.2絞り値
進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード
6つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、
ステージ照明(モノ)、ハイキー照明(モノ))
アニ文字とミー文字
4Kビデオ撮影(24fps、30fpsまたは60fps)
1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)
1080p(120fps)スローモーションビデオに対応
次世代のスマートHDR(写真)
ビデオの拡張ダイナミックレンジ(30fps)
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(4K、1080p、720p)
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
Retina Flash
自動手ぶれ補正
バーストモード[/box]

こちら前面カメラですが、iPhone11Proと同様に4Kまで撮影することが可能です。

Face ID

TrueDepthカメラによる顔認識の有効化

この機能は今まで通りです。顔認証は賛否があるものの、個人的には別にこれでいいのかなという感じです。

Apple Pay

Face IDを使った、店頭、アプリ内、ウェブ上でのiPhoneによる支払い
Mac上でのApple Payによる購入の完了
iPhoneに入れたSuicaによる電車などの交通機関の利用、店頭での購入

位置情報

内蔵GPS/GNSS
デジタルコンパス
Wi-Fi
携帯電話通信
iBeaconマイクロロケーション

ビデオ通話、オーディオ通話

Wi‑Fiまたは携帯電話ネットワーク経由でのFaceTimeビデオ通話

FaceTimeオーディオ
Voice over LTE(VoLTE)

このあたりもFaceTimeを利用しての通話を行うことができます。

このあたりの機能も一般的かと思います。

オーディオ再生

対応するオーディオフォーマット:AAC‑LC、HE‑AAC、HE‑AAC v2、保護されたAAC、MP3、Linear PCM、Apple Lossless、FLAC、Dolby Digital(AC‑3)、Dolby Digital Plus(E‑AC‑3)、Dolby Atmos、Audible(フォーマット2、3、4、Audible Enhanced Audio、AAX、AAX+)
空間オーディオ再生
ユーザーによる設定が可能な最大音量制限

オーディオ再生機能はiPhone11Proと同じ性能です。ただしスピーカーに関しては触れられていませんので、スピーカーはiPhone11Proのほうがいいのかもしれません。

ビデオ再生

対応するビデオフォーマット:HEVC、H.264、MPEG-4 Part 2、Motion JPEG
Dolby VisionとHDR10コンテンツに対応
Apple TV(第2世代以降)へのAirPlayミラーリング、写真、ビデオ出力
対応するビデオミラーリングとビデオ出力:Lightning – Digital AVアダプタおよびLightning – VGAアダプタ経由で最大1080p(アダプタは別売り)

Siri

メッセージの送信やリマインダーの設定などをあなたの声で実行
ロック画面上、メッセージ、メールなどでの賢い提案
「Hey Siri」を使ってあなたの声だけでハンズフリーで起動
よく使うアプリのショートカットをあなたの声で実行

Siriの機能に関してはどちらかというとOS側の機能であるため、iPhone11Proとは遜色がありません。

本体ボタンとコネクタ

iPhone11Proと同様にLightningコネクタです。

電源とバッテリー

iPhone XRより最大1時間長いバッテリー駆動時間

ビデオ再生:
最大17時間
ビデオ再生(ストリーミング):
最大10時間

オーディオ再生:
最大65時間
高速充電に対応:
30分で最大50%充電9(別売りの18W以上のアダプタを使用)
リチャージャブルリチウムイオンバッテリー内蔵
ワイヤレス充電(Qi充電器に対応)
USB経由でコンピュータまたは電源アダプタを使って充電

センサー

Face ID
気圧計
3軸ジャイロ
加速度センサー
近接センサー
環境光センサー

ヘッドフォン

EarPods with Lightning Connector

このあたりは付属されますので、いいと思います。今までのiPhoneでもこのあたりのアクセサリーというのは付属されていたので、個人的にはオススメですね。利用している人もかなり多いのではないかと思います。

SIMカード

デュアルSIM(nano-SIMとeSIM)
iPhone 11は既存のmicro-SIMカードには対応していません。

補聴器両立性の格付け

M3、T4

対応するメール添付ファイル

表示可能なドキュメントの種類
.jpg、.tiff、.gif(画像) .doc、.docx(Microsoft Word) .htm、.html(ウェブページ) .key(Keynote) .numbers(Numbers) .pages(Pages) .pdf(プレビュー、Adobe Acrobat) .ppt、.pptx(Microsoft PowerPoint) .txt(テキスト) .rtf(リッチテキストフォーマット) .vcf(連絡先情報) .xls、.xlsx(Microsoft Excel) .zip、.ics、.usdz(USDZ Universal)

システム条件

Apple ID(一部の機能に必要)
インターネットアクセス
MacまたはWindowsパソコンとの同期には以下が必要:
macOS Catalina 10.15(Finderを使用)
macOS El Capitan 10.11.6からmacOS Mojave 10.14.6まで(iTunes 12.8以降を使用)
Windows 7以降(iTunes 12.10以降を使用、itunes.com/jp/downloadから無料でダウンロード可能)

動作環境

動作時環境温度: 0°〜35°C
保管時(非動作時)温度: -20°〜45°C
相対湿度: 5%〜95%(結露しないこと)
動作高度: 3,048mまでテスト済み

対応言語

メニュー言語
英語(オーストラリア、英国、米国)、中国語(簡体字、繁体字、繁体字香港)、フランス語(カナダ、フランス)、ドイツ語、イタリア語、日本語、韓国語、スペイン語(ラテンアメリカ、メキシコ、スペイン)、アラビア語、カタロニア語、クロアチア語、チェコ語、デンマーク語、オランダ語、フィンランド語、ギリシャ語、ヘブライ語、ヒンディー語、ハンガリー語、インドネシア語、マレー語、ノルウェー語、ポーランド語、ポルトガル語(ブラジル、ポルトガル)、ルーマニア語、ロシア語、スロバキア語、スウェーデン語、タイ語、トルコ語、ウクライナ語、ベトナム語

QuickTypeキーボードのサポート
英語(オーストラリア、カナダ、インド、シンガポール、英国、米国)、簡体字中国語(手書き、拼音 – QWERTY、拼音 – 10キー、双拼、筆画)、繁体字中国語(倉頡、手書き、拼音 – QWERTY、拼音 – 10キー、双拼、筆画、速成、注音)、フランス語(ベルギー、カナダ、フランス、スイス)、ドイツ語(オーストリア、ドイツ、スイス)、イタリア語、日本語(かな、ローマ字)、韓国語(2ボル式、10キー)、スペイン語(ラテンアメリカ、メキシコ、スペイン)、アルバニア語、アラビア語(現代標準、ナジュド地方)、アルメニア語、アッサム語、アゼルバイジャン語、ベンガル語、ベラルーシ語、ボド語、ブルガリア語、ビルマ語、繁体字広東語(倉頡、手書き、筆画、速成)、カタロニア語、チェロキー語、クロアチア語、チェコ語、デンマーク語、ディベヒ語、ドーグリー語、オランダ語、絵文字、エストニア語、フェロー語、フィリピノ語、フィンランド語、フラマン語、ジョージア語、ギリシャ語、グジャラート語、ハワイ語、ヘブライ語、ヒンディー語(デーバナーガリー文字、ラテン文字、表記変換)、ハンガリー語、アイスランド語、インドネシア語、アイルランド語、カンナダ語、カシミール語(アラビア文字、デーバナーガリー文字)、カザフ語、クメール語、コンカニ語(デーバナーガリー文字)、クルド語(アラビア文字、ラテン文字)、キルギス語、ラオ語、ラトビア語、リトアニア語、マケドニア語、マイティリー語(ベンガル文字)、マレー語(アラビア文字、ラテン文字)、マラヤーラム語、マルタ語、マニプル語(ベンガル文字、メイテイ文字)、マオリ語、マラーティー語、モンゴル語、ネパール語、ノルウェー語、オディア語、パシュト語、ペルシャ語、ポーランド語、ポルトガル語(ブラジル、ポルトガル)、パンジャブ語、ルーマニア語、ロシア語、サンスクリット語、サンタル語(デーバナーガリー文字、オルチキ文字)、セルビア語(キリル文字、ラテン文字)、シンド語(アラビア文字、デーバナーガリー文字)、シンハラ語、スロバキア語、スロベニア語、スワヒリ語、スウェーデン語、タジク語、タミール語(Anjal、タミール99)、テルグ語、タイ語、チベット語、トンガ語、トルコ語、トルクメン語、ウクライナ語、ウルドゥー語、ウイグル語、ウズベク語(アラビア文字、キリル文字、ラテン文字)、ベトナム語、ウェールズ語

QuickTypeキーボードの予測入力サポート
英語(オーストラリア、カナダ、インド、シンガポール、英国、米国)、中国語(簡体字、繁体字)、フランス語(ベルギー、カナダ、フランス、スイス)、ドイツ語(オーストリア、ドイツ、スイス)、イタリア語、日本語、韓国語、スペイン語(ラテンアメリカ、メキシコ、スペイン)、アラビア語(ナジュド地方)、広東語(繁体字)、オランダ語、ヒンディー語(デーバナーガリー文字、ラテン文字)、ポルトガル語(ブラジル、ポルトガル)、ロシア語、スウェーデン語、タイ語、トルコ語、ベトナム語

Siriが対応する言語
英語(オーストラリア、カナダ、インド、アイルランド、ニュージーランド、シンガポール、南アフリカ、英国、米国)、スペイン語(チリ、メキシコ、スペイン、米国)、フランス語(ベルギー、カナダ、フランス、スイス)、ドイツ語(オーストリア、ドイツ、スイス)、イタリア語(イタリア、スイス)、日本語、韓国語、北京語(中国本土、台湾)、広東語(中国本土、香港)、アラビア語(サウジアラビア、アラブ首長国連邦)、デンマーク語(デンマーク)、オランダ語(ベルギー、オランダ)、フィンランド語(フィンランド)、ヘブライ語(イスラエル)、マレー語(マレーシア)、ノルウェー語(ノルウェー)、ポルトガル語(ブラジル)、ロシア語(ロシア)、スウェーデン語(スウェーデン)、タイ語(タイ)、トルコ語(トルコ)

音声入力に対応する言語
英語(オーストラリア、カナダ、インド、インドネシア、アイルランド、マレーシア、ニュージーランド、フィリピン、サウジアラビア、シンガポール、南アフリカ、アラブ首長国連邦、英国、米国)、スペイン語(アルゼンチン、チリ、コロンビア、コスタリカ、ドミニカ共和国、エクアドル、エルサルバドル、グアテマラ、ホンジュラス、メキシコ、パナマ、パラグアイ、ペルー、スペイン、ウルグアイ、米国)、フランス語(ベルギー、カナダ、フランス、ルクセンブルク、スイス)、ドイツ語(オーストリア、ドイツ、ルクセンブルク、スイス)、イタリア語(イタリア、スイス)、日本語、韓国語、北京語(中国本土、台湾)、広東語(中国本土、香港、マカオ)、アラビア語(クウェート、カタール、サウジアラビア、アラブ首長国連邦)、カタロニア語、クロアチア語、チェコ語、デンマーク語、オランダ語(ベルギー、オランダ)、フィンランド語、ギリシャ語、ヘブライ語、ヒンディー語(インド)、ハンガリー語、インドネシア語、マレーシア語、ノルウェー語、ポーランド語、ポルトガル語(ブラジル、ポルトガル)、ルーマニア語、ロシア語、上海語(中国本土)、スロバキア語、スウェーデン語、タイ語、トルコ語、ウクライナ語、ベトナム語

辞書のサポート
英語、中国語(簡体字、繁体字)、フランス語、ドイツ語、イタリア語、日本語、韓国語、スペイン語、デンマーク語、オランダ語、ヘブライ語、ヒンディー語、ノルウェー語、ポルトガル語、ロシア語、スウェーデン語、タイ語、トルコ語

類義語辞書
英語(英国、米国)

二言語辞書のサポート(対英語)
アラビア語、中国語(簡体字、繁体字)、フランス語、ドイツ語、イタリア語、日本語、スペイン語、韓国語、オランダ語、ヒンディー語、ポルトガル語、ロシア語、タイ語、ベトナム語

スペルチェック
英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、デンマーク語、オランダ語、フィンランド語、韓国語、ノルウェー語、ポーランド語、ポルトガル語、ロシア語、スウェーデン語、トルコ語

iPhone11の同梱品

iOS 13を搭載したiPhone
EarPods with Lightning Connector
Lightning – USBケーブル
USB電源アダプタ
マニュアル

iPhone11の価格

64GB128GB256GB
iPhone1174,800 (税別)79,800 (税別)90,800 (税別)

こちらが価格表となっています。一番安価なモデルという位置づけとなっており、64GBモデルであれば、74,800 (税別)となっており、税込みでも8万円台となっているので、かなり購入しやすいモデルとなっています。

この価格設定なら購入できるのではないかと思います。

[colwrap]
[col3][/col3]
[col3][/col3]
[col3][/col3]
[/colwrap]

カメラはデュアルカメラで十分

カメラはデュアルカメラで十分という人も結構多いと思います。デュアルカメラであったとしても、iPhone11Proと比較した場合、望遠レンズがないだけです。望遠レンズがないだけで、後のカメラは同じなのです。

それなら望遠にこだわりがないのであれば、iPhone11でも十分では?と思ってしまいます。

また今回のiPhone11は価格が非常に安価なモデルとなっているものの、ベースのCPUなどはiPhone11Proと変わらないのです。iPhone11Proとさほどカメラも変わらないということであれば、iPhone11Proにこだわる必要はないかと思います。価格差も数万円ほど異なるため、相当高く感じてしまうと思います。

また今のタイミングでiPhoneを購入すると5年程度はOSのアップデートを行うため、十分長期間利用することができるのです。そういうことをトータル的に考えると今のiPhone11でも十分ではないかと思います。

今回iPhone11とiPhone11Proの大きな違いはカメラとOLEDです。

そこの数万円の価値がないと思う人なら間違いなくiPhone11をオススメします。

iPhoneXRと比較してもデュアルカメラがあるという見た目の変化がわかりやすいです。iPhoneXRというのは、シングルカメラしかありません。シングルカメラといってもカメラの性能は高いので、そこそこきれいな動画を撮影することはできますが、それでもやはりスタンダードモデルでデュアルカメラであるiPhone11がいいと思う人のほうが圧倒的に多いのでしょうね。

さらに安価なモデルのほうがいいというならiPhoneXRでも十分ではないでしょうか。

iPhone11は売上でも上位に

iPhone11の売上はかなり上位になっています。iPhone8が今までずっと上位にいましたが、ようやく最新のiPhoneが上位にやってきたという感じですね。

通常であれば、1つ前モデルのiPhoneも上位に残るわけですが、iPhoneXRは上位にいるというわけではありません。

iPhoneXRは残念ながらランク外となっており、iPhone11の人気が上回っている状況となっています。iPhoneXRを買うくらいならiPhone11を買おうと思う人が増えているのではないかと予想できるわけです。

iPhone11の人気がここまで出るとは正直なところ思いませんでした。

実は日本だけではなく、中国でもiPhone11はかなり売れているようです。

iPhone11の価格がそこまで高くなかったことと、中国での所得が上がったということが、売れる要因になっているかと思います。海外でもiPhoneの人気というのは、かなり高いと思いますね。iPhone人気というのは、日本だけではなく海外でもあるということは、当然のことですがやはり中国での人気というのは、本当にすごいと思います。

2020年モデルのiPhone12は4つのモデルを発表 5G対応とモーションコントロール
2020年に発売されるiPhoneは4つのモデルになるようです。 アップル関連の情報をリークすることが得意な9to5macからの情報となっています。 4つのモデルの5Gモデル Dan Ivesと呼ばるアップルのアナリス...

こちらにその記事が触れられているので、またご確認いただければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました