iPhoneSE3 アイフォーンSE3 スペック 価格 発売日 予想 ドコモ au ソフトバンク

iPhoneSE3に関してのスペックなどを予想してみたいと思います。

iPhoneSEというのはもともと廉価版としてAppleから発売されております。iPhoneSEも4インチクラスのスマホとして発売されており、小型モデルを望む人にとっては間違いなくオススメできるモデルになるかと思います。

それではiPhoneSE3はどのようなスペックになるのか予想してみたいと思います。

 

iPhoneの予約



iPhoneの予約購入を行うのであれば、こちらをご確認ください。
せっかく買うのであれば、予約購入がメリットがあります。発売日に自宅まで届けてくれますからね。
発売日に自宅まで届けてくれるわけではありません。

iPhoneSE3のスペックを予想

CPUに関して

iPhoneSE3に搭載されるCPUはA13あたりで、発売は2022年あたりになるのではないかと思います。

2019年の時点でiPhoneSE2の販売が行われておりません。

iPhoneSEは2019年時点でまだ各社からも継続販売されており、iPhoneSEからiPhoneSE2までの販売はかなりの期間が経過しているのです。

正直なところ驚きです。もう少し早い段階で、iPhoneSE2の販売が行われると思いましたが、残念ながらiPhoneSE2というのは、なかなか販売されないことを考えると、iPhoneSE2も息の長い製品になるのではないかと予想されます。

最近の流れとして5インチ以上のスマホが定番となっている現状を考えると、iPhoneSE2含めた4インチ程度のスマホというのは、売れ筋から外れているのでしょうか。

iPhoneSEに関しても爆発的に販売されている機種ではありません。それなりには販売されておりますが、売れ筋という機種ではないのです。

画面サイズ

画面サイズはiPhoneSE2では4.2インチ程度になると言われており、4.2インチを当分継続するものと思われます。

4.2インチでもiPhoneSEと比較すると0.2インチの画面サイズアップとなります。

画面サイズがアップするということは、ホームボタンが排除される可能性も十分にありえます。

ホームボタンというのはiPhoneXでなくなりました。実際にiPhoneXを利用している人に聞いてもあまり違和感がないということなので、画面サイズアップ後にホームボタンを排除したところで、特に大きな問題は出ないと思います。

むしろホームボタンは排除してもいいのではないでしょうか。ある意味新しいインターフェイスとしてすぐに慣れてしまいます。

4.2インチというのは、最近のスマホからするとかなり小さい画面です。画面サイズが大きくなっているということが、トレンドなので小さい画面サイズのモデルがそこまで販売台数を伸ばせるのかと言われると微妙な感じもしますね。

カメラ性能は?

カメラ性能というのは飛躍的に向上しているでしょう。デュアルカメラにはならないかと思いますが、iPhone8と同等もしくはその次に発売されるiPhoneと同じくらいのカメラ性能になっていることは間違いないかと思います。

カメラというのは日々利用するため、どうしても気になる人は多いでしょう。

コンパクトモデルながらiPhoneはカメラ性能に関してはかなり力を入れていると思います。

特に暗室などで写真を撮るという機会もかなり増えるかと思います。暗室でのカメラというのは非常に気になるところではないでしょうか。

カメラ性能には期待したいですね。

発売日は?

発売日というのは先程もお伝えした通り2022年ごろになるのではないでしょうか。

iPhoneシリーズは1年に1度のペースで販売されておりますが、iPhoneSEはざっくり1年半おきの販売になっているケースが非常に多いです。

そういうことを考えるとやはり発売日というのは、2018年に発売される予定になっており、それの1年半から2年後ということになれば、やはり2020年ごろになると予想できるわけです。

iPhoneSEはコンパクトモデルとなっており、価格も非常に抑えられております。

おそらく6万円程度での販売になるかと思いますので、非常にお買い求めし易い価格帯となっていることは間違いありません。

iPhoneSE3は本当に発売される?

2018年にはiPhoneSE2の発売がないと言われております。そういう観点からするとiPhoneSE3というのはかなり先の発売になるのではないでしょうか。仮に2019年にiPhoneSE2が発売されるとするならおそらくそれの2年後もしくは3年後ということになりますので、かなり先になりますよね。

iPhoneSEというのはCompactモデルとなっており、今でも非常に人気があります。

iPhoneSEを今のタイミングでも購入する人がいるほどなのです。iPhoneSEというのはそれだけ安価であるがゆえにかなりの人に愛されているスマホとなっているのです。

iPhoneというのは、個人的に見てもかなり使えるスマホとなっておりiOS12が今後出てくる予定になっておりますが、新型のOSはかなり高速に動作させることが可能ということで、今からかなり期待が持てるかと思います。

そういう観点からしてもiPhoneSEというのはまだ十分現役で利用することが可能なスマホとなっているわけですね。

iPhoneSE3の発売は2022年ごろに?

iPhoneSE2が2020年3月にも発表されると言われております。

それから逆算するとiPhoneSE3の発売は2022年ごろになると思われます。

iPhoneSEの発売は2016年となっており、3年間発売されませんでした。

それから考えるとiPhoneSE3の発売は2022年ごろになる可能性があります。しかしながら最近のiPhoneはブランド化が進み、高額機種という扱いになっており、販売台数はかなり少なくなってきているようです。

1台あたりの利益はかなりあるものの、販売台数を稼ぐことができないということはAppleとしてもかなりの痛手であることは間違いありません。

そういうこともあり、iPhoneSEという若干廉価版の機種の位置づけを変えてくるかもしれません。

iPhoneSEというのは、どちらかというと廉価版というイメージが強いモデルとなっており、このiPhoneSE3の販売も販売間隔を狭めてくる可能性もあります。

iPhoneSE3が発売される頃には無接点充電が当たり前か

今後iPhoneは有線での充電をなくしていきたいと考えているようです。
https://keitaijoho.com/archives/38955

こちらを見てもらいたいのですが、今後有線での充電の方式がどんどんなくなっていく可能性が高いと思います。そのため無接点充電器を利用しての充電がメインとなっていくのです。そのような状態になりますので、無接点充電器というのは必須アイテムとなっていきます。
無接点充電を行えるような機器をたくさん持っている人ならいいと思いますが、充電は基本的に有線で行っているという人のほうが圧倒的に多いでしょう。無接点充電にするとメリットもありますが、デメリットもあります。
メリットは有線で接続する部分がないので、コネクタなどの傷みがなくなるというところです。コネクタなどはやはり傷みますので、長期間利用するとどうしてもその部分が劣化してきます。
そういう意味では有線がなくなるというところのメリットではないかと思っています。
続いてはデメリットですが、充電しながら何かをするということができなくなります。基本的には有線接続なら充電がなくなった後でもゲームなどをすることができますが、そういうことができなくなります。それが最大のデメリットでしょう。どちらがいいのかと言われると難しいところではありますが、無線で充電するという癖がついてしまうまでは不便に感じることのほうが大きいと思いますね。

iPhoneSE3の情報

iPhone12は5Gのみ iPhoneSEの後継モデルが4G対応で2021年に発売の予定?
iPhone12というのは、2020年に発売される見込みとなっていますが、iPhone12はすべて5Gに対応しているモデルとなっています。 日本は2020年に5Gを正式発表し、今後通信のメインは5Gに移っていく予定となっています。 5G...

こちらに最新のiPhoneSE3の情報が出てきました。iPhoneSE3というのは、2021年に発売される可能性は十分にあるのではないかと思っています。
iPhoneSE3の販売にはかなり期待したいところではないかと思います。
4G対応版ということになりますので、3年以上持つ人にとっては、ちょっとつらいかもしれませんが、あと2年くらいなら4G通信しかしなくても特に大きな問題は出ないと思います。
さすがに5Gが市場のメインになったときにはちょっとつらいかもしれませんが、その頃にはまた買い替えたら問題ないでしょうね。
iPhoneSE3はコンパクトサイズになりますので、やはり人気は出るかと思います。
価格も抑えられており、やはり5万円ほどで発売されるのではないかと思います。
5万円くらいで購入できれば、ありではないかと思います。それくらい安価な価格設定になっています。

タイトルとURLをコピーしました