iPhoneSE3 アイフォンSE3 噂 スペック 予約 価格 発売日 予想 ドコモ au ソフトバンク

携帯情報からの最新情報を欲しい方は友達登録お願いします。
友だち追加
ソフトバンクのiPhoneを使う】
ソフトバンクオンラインショップなら事務手数料無料

iPhoneSE3の発売日は2022年3月か4月になるといわれております。

iPhoneSE2の発売から数年が経過し、iPhoneSE3がほしいという人も結構多いのではないかと思います。

iPhoneSE3は確実に売れるモデルとなるかと思います。価格も安価な価格設定になると予想されますし、画面サイズも今までの4.7インチより大きくなるでしょう。

今までのiPhoneSE2と比較しても確実にいいと思います。

iPad mini5からiPad mini6へのアップデートくらい変化するのではないかと思います。

iPhone13miniも安く販売していますが、iPhoneSE3への買い替えのほうが確実にいいという人もいるほどです。iPhone13miniの購入を検討している人は、iPhoneSE3の購入を待ったほうがいいのかもしれません。

iPhoneといえば、ソフトバンクではないかと思います。

iPhoneSEというのはもともと廉価版としてAppleから発売されております。iPhoneSEも4インチクラスのスマホとして発売されており、小型モデルを望む人にとっては間違いなくオススメできるモデルになるかと思います。

 


スマホを事務手数料無料で買う方法
ソフトバンクのiPhoneを使う】
ソフトバンクオンラインショップなら事務手数料無料

iPhoneSE3の予約購入がおすすめ

iPhoneは人気ガジェットとなりますので、予約して購入することがいいと思います。

最近はオンラインショップでも予約をする人が増えております。


iPhoneの予約購入を行うのであれば、こちらをご確認ください。
せっかく買うのであれば、予約購入がメリットがあります。発売日に自宅まで届けてくれますからね。

予約購入しておくことを本当におすすめしたいと思います。

✔オンラインで購入するのは楽で便利
✔ドコモとソフトバンクなら事務手数料が無料

とにかくオンライン購入であれば、間違いなくメリットがあると思います。

iPhoneSE3はすでに準備されている

Apple Siap Meluncurkan iPhone SE3 5G, Ini Bocoran Spesifikasinya | Page 2
Apple dikabarkan tengah mempersiapkan iPhone SE3 yang bisa memanfaatkan jaringan 5G.

iPhoneSE3は現在すでに準備されているようですね。

iPhoneSE3の販売予想を3000万台引き上げたとも言われております。

✔2022年の販売予想にiPhoneSE系を3000万台形状
✔2022年3月の発売はほぼ間違いなし?

iPhoneSEを待っている人はかなり多いと思います。

iPhoneSEが日本でも発売されるとかなり販売台数を伸ばすと予想されます。

とにかく人気モデルということになりますので、期待したいですね。

iPhoneSEの3世代目は大画面にならず、このままの大きさを保つのか非常に楽しみです。

iPhoneSE3が準備されているということは、もう大量生産に向けて動いているということになります。

iPhoneSE3のスペックを予想

それではiPhoneSE3はどのようなスペックになるのでしょうか?やはり気になる人も多いのではないかと思います。

iPhone13の販売が2021年に販売開始され、一番画面の小さいモデルというのは、iPhone13miniとなっています。iPhone13miniの画面サイズから考えると、どの程度の画面サイズになるのか?というところが非常に気になる部分かと思います。

iPhone13 iPhone13mini スペック 比較 違い どっちが買い? おすすめは?
iPhone13及びiPhone13miniが発売されていますが、iPhone13及びiPhone13miniはどのような違いがあるのでしょうか? iPhone13シリーズは2つのモデルとなりますが、どこが異なるのでしょうか? ...

こちらにiPhone13のスペック比較を記載しておりますが、iPhone13miniは5.4インチの画面サイズです。

5.4インチという画面サイズというのは、すでにコンパクトな画面サイズです。ただ5.4インチとかぶるようなことはありません。

それよりも人気がiPhoneSE2のほうが高いということで、iPhoneSE3を待つのか今のタイミングでiPhoneSE2を買うのか・・・と悩ましい部分もあろうかと思います。
私はiPhoneSE2であれば、購入してもいいと思っています。これから色々紹介していきますが、最悪中古で売却すれば問題ありません。

✔iPhoneSE2を買うかiPhoneSE3を買うか悩ましい
✔iPhoneがほしいならほしいタイミングで買って、中古で売れば問題なし

同時にiPhoneSEPlusというモデルの販売もあるかもしれません。

✔4.7インチのiPhoneSE3
✔6.1インチのiPhoneSEPlus

おそらくどちらのモデルにしても、TouchIDは搭載されるものと思われます。マスクでFaceIDが困難な人にとっては本当に救世主と呼べるのではないかと思います。

iPhoneSE Plus MAX アイフォンSEプラス スペック 発売日 価格 ドコモ ソフトバンク au
iPhoneSEシリーズがiPhoneSEPlusになるかもしれないという情報は色々なところに掲載されております。 iPhoneSEシリーズというのは、基本的には画面が小さなiPhoneというイメージが強いですが、そこにiPh...

iPhone12miniやiPhone13miniが現状販売されておりますが、iPhone12miniが全体の販売台数の5%程度しか販売されておりませんでした。そのためiPhoneシリーズの中でもminiシリーズというのは、今後なくなるといわれております。

ちなみにminiシリーズでは5.4インチの画面サイズのモデルです。

5.4インチからさらに大きくなるのか?完全に4.7インチのまま販売されるのか、そのあたりもどうなるのか非常に期待したいところです。

iPhone13miniの購入のほうがおすすめ

iPhone13 /13mini /13Pro /13ProMAX 予約 在庫 2021年 スペック 発売日などはどうなるの?
iPhone13の発表が行われました。 iPhone13は買いなのでしょうか? iPhoneの購入はオンラインショップで行う iPhoneの予約はオンラインショップで行うことが可能です。 ✔予約購入は必須 ...

iPhoneSE3で悩んでいるなら、iPhone13miniの購入をしておくほうが個人的にはメリットがあると思います。

今は各社から安価に購入できる施策が色々出てきています。

その施策を利用することで、少しでも安価に利用することが可能となっています。

✔ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルの施策を利用して安く買う
✔発売日付近での購入のほうがメリットが大きい

発売日付近で購入するほうがメリットが大きいのではないかと思います。

12月頃購入しても構いませんが、せっかく買うなら、少しでも早いほうがメリットがあると思います。

iPhoneSE3を待つよりも、今のiPhone13miniの購入のほうがメリットがあると思います。

iPhoneSE3がどうなるかは最新のiPhoneにヒントあり

iPhone12miniというモデルが2020年モデルとして登場しました。

✔5.4インチのiPhoneが登場
✔5.4インチのiPhoneはグローバルではあまり売れていない

2020年のiPhone12miniというのは、日本ではそれなりに売れているようですが、グローバルでは正直なところさほど売上は伸ばせておりません。

そういうことから、iPhoneSEシリーズの販売を行うということは、ほぼ確定しているようですね。

ただしiPhoneSE3の発売は、2022年にずれ込むのでは?とも思います。2021年モデルではiPhone13名称はiPhone12sになるのかもしれませんが、その名称になるということはほぼ間違いありません。

そういった観点からしても、iPhoneSE3はその後になるということになるでしょうね。

CPUに関して


iPhoneSE3の発売時期によって、搭載されるCPUが異なっています。iPhoneSE3の発売時期というのは、2021年になるとも言われており、2021年になるとA14と呼ばれるiPhone12シリーズに搭載されるCPUが搭載されるのではないかと思います。

A14CPUはiPhone11より1.2倍から1.3倍能力が高いということになりますので、iPhoneSE2がA13と呼ばれるiPhone11と同じCPUを搭載しています。
となるとそれよりも上位のCPUが搭載されるということで処理速度はかなり改善されるのではないかと思っています。
CPUはそのスマホの処理能力を決めるものとなっているので、新しいものを搭載するとそれだけ処理能力が高くなります。
よってCPUはどんなCPUが搭載されるのかということで、かなり変わってくるのではないかと思います。
A14が仮に搭載されるのであれば、相当なメリットがあることは間違いないかと思います。

ただし2022年の発売になるのであれば、A15のCPUが採用される可能性も十分にありえます。

2021年の7月の時点では2022年の春に発売される可能性があるということなので、A15と呼ばれるCPUが搭載される可能性が非常に高いです。

A16 CPU Apple iPhone 14に搭載されるCPUを リスク生産 3nmという驚異のプロセスルール
A16と呼ばれる次のCPUの開発をTSMCが行っているようです。 A16というCPUというのは、2022年にもiPhoneに搭載されるCPUになっています。 リスク生産というものは何か? リスク生産というものはなんでしょう...

今後A15、A16という名称になっていきます。

またMシリーズというCPUが今後採用される可能性があるかもしれないということですが、Mシリーズというのは、iPhone系では採用されることはありません。

✔A15が採用される可能性が非常に高い
✔Mシリーズは採用されない

iPhone13の後に発売される予定となっていますので、A15が採用されると思います。

A15であれば、処理速度は申し分ありません。

かなり高速になると予想されております。

Mシリーズというのは、今後iPhoneには搭載されることはないと思います。

搭載されるのはAシリーズのCPUのみです。

画面サイズ

画面サイズは4.7インチの画面サイズをそのまま継承するのではないかと思います。
iPhoneSE2も4.7インチです。4.7インチサイズのディスプレイを搭載するモデルが今後なくなることは非常に惜しいことです。

ただ気になることがあるならiPhone12miniが発売されたことです。iPhone12miniが発売されたことにより、Appleは指紋認証機能を排除する動きに出ているのかもしれません。ただコロナの影響により、FaceIDで認証することが難しい昨今は指紋認証を復活してほしいという声もかなり多いことは事実です。
FaceIDはマスクの上からでは、残念ながら認証できませんからね。
他の機種では虹彩認証などもありますが、iPhoneは顔面認証にこだわっているのか、他の認証方式を採用しようとはしません。
指紋認証機能はかなり便利で、今後も指紋認証機能が出てくるのか来ないのか本当に気になるところではあるかと思います。

ホームボタンに指紋認証機能があるとその分本体サイズが大きくなってしまいます。約1cmは本体サイズが大きくなるので、そのあたりをどう考えるかではないかと思います。
背面に指紋認証をつけても使い勝手が悪くなり、サイドにつけるという手もありますが、実はそれも操作性が非常に悪いのです。
操作性をそれなりに担保しながら指紋認証を搭載するということは、やはり前面にあることが一番望ましいと思います。

4.7インチの画面サイズを維持しつつ、本体サイズをさらにコンパクトにしてくるということも考えられますが、そうするとバッテリー容量が減ったりと他の問題も出てきそうですからね。
5.4インチのiPhoneがある中での4.7インチというのは、本当に微妙なところです。
しかしながらトータル的な価格を落として、画面サイズもコンパクトにするモデルを発売したいという思いはAppleにもあるかと思います。

カメラ性能は?

カメラ性能というのは飛躍的に向上しているでしょう。デュアルカメラにはならないかと思いますが、iPhone8と同等もしくはその次に発売されるiPhoneと同じくらいのカメラ性能になっていることは間違いないかと思います。

カメラというのは日々利用するため、どうしても気になる人は多いでしょう。

コンパクトモデルながらiPhoneはカメラ性能に関してはかなり力を入れていると思います。

特に暗室などで写真を撮るという機会もかなり増えるかと思います。暗室でのカメラというのは非常に気になるところではないでしょうか。

カメラ性能には期待したいですね。

✔カメラはiPhone8からのものを継承の可能性が高い

いわゆるシングルカメラとなります。シングルカメラといっても、細かい部分の修正は入っていると思います。
iPhone8から継続的に同じカメラを搭載しているということで、部材の価格もかなり安価になっていると予想されます。

トータル的なコストはかなり落とすことができるのではないかと予想します。

カメラは継続して、シングルカメラとなっています。

発売日は?

発売日というのは先程もお伝えした通り2022年ごろになるのではないでしょうか。

iPhoneシリーズは1年に1度のペースで販売されておりますが、iPhoneSEはざっくり1年半おきの販売になっているケースが非常に多いです。

そういうことを考えるとやはり発売日というのは、2018年に発売される予定になっており、それの1年半から2年後ということになれば、やはり2020年ごろになると予想できるわけです。

iPhoneSEはコンパクトモデルとなっており、価格も非常に抑えられております。

おそらく6万円程度での販売になるかと思いますので、非常にお買い求めし易い価格帯となっていることは間違いありません。

2021年8月に情報からすると2022年の春頃になると予想されております。

例年3月頃には発表があるので、2022年3月頃の発表ということかと思います。

iPhoneSE3の発売日情報

iPhoneSE3の発売日の情報が出てきました。

iPhone SE3の発売は2024年? iPhone SE Plusが先に登場の予定か?
iPhoneSEシリーズを待っている人も多いのではないかと思います。 iPhoneSE2が発売されてから、iPhoneSE3の発売を待つ人もかなり多いはずです。 こちらにiPhoneSEシリーズ含めた過去のi...

こちらにiPhoneSE3の情報を掲載しておきたいと思います。

発売はなんと2024年になると報じられております。

✔iPhoneSE3の発売は2024年に
✔2022年にiPhoneSEPlusの発表がある

それよりも早くにiPhoneSEPlusと呼ばれるモデルの発表があるとも報じられています。

iPhoneSEシリーズというのは、低価格で人気の高いモデルなだけに、ここまで引っ張られるとちょっと残念な感じですね。

iPhoneSE3が発売される頃には無接点充電が当たり前か

今後iPhoneは有線での充電をなくしていきたいと考えているようです。

2021年のiPhoneでのLightningケーブルの廃止などは日本で受け入れられるのか
2021年にはiPhoneはついにLightningケーブルさえなくしてしまおうという動きがあることを知っていますか? 2021年というのは、iPhone12が販売された翌年です。 現在出ている情報としては、2021年にはLight...

こちらを見てもらいたいのですが、今後有線での充電の方式がどんどんなくなっていく可能性が高いと思います。そのため無接点充電器を利用しての充電がメインとなっていくのです。そのような状態になりますので、無接点充電器というのは必須アイテムとなっていきます。
無接点充電を行えるような機器をたくさん持っている人ならいいと思いますが、充電は基本的に有線で行っているという人のほうが圧倒的に多いでしょう。無接点充電にするとメリットもありますが、デメリットもあります。
メリットは有線で接続する部分がないので、コネクタなどの傷みがなくなるというところです。コネクタなどはやはり傷みますので、長期間利用するとどうしてもその部分が劣化してきます。
そういう意味では有線がなくなるというところのメリットではないかと思っています。
続いてはデメリットですが、充電しながら何かをするということができなくなります。基本的には有線接続なら充電がなくなった後でもゲームなどをすることができますが、そういうことができなくなります。それが最大のデメリットでしょう。どちらがいいのかと言われると難しいところではありますが、無線で充電するという癖がついてしまうまでは不便に感じることのほうが大きいと思いますね。

iPhoneSE3?デザインはこんな感じに

こちらコンセプト画像が上がっていました。

iPhoneSE3のデザインはこんな感じになるのかもしれません。

こちらのデザインから推測すると、パンチディスプレイの採用とカメラはシングルカメラとなっています。

ホームボタンも排除されており、このようなiPhoneであれば、比較的想像しやすいのではないかと思います。

実際にこのような見た目になる可能性も十分にありえるのでは?と思いますね。

✔ホームボタンの排除
✔パンチディスプレイの排除
✔カメラはシングル

見た目としては、非常にシンプルな見た目となっています。

iPhoneSE3のコンセプト画像

iPhoneSEのコンセプト画像を紹介したいと思います。

iPhoneES3のコンセプト画像 ホームボタンがないほうが絶対にいい
iPhoneSE3を待っている人はかなり多いと思います。 iPhoneSE3はホームボタンがあるモデルになるのか、もしくはホームボタンがないモデルになるのか? そのあたり気になる人も多いのではないかと思います。 iPhon...

こちらを見てもらいたいのですが、ホームボタンが排除されています。

ホームボタンに関しては、色々思うこともあるかと思いますが、基本的にはホームボタンが排除されているほうが、画面サイズも大きくなることから好まれる傾向にあるかと思います。

✔ホームボタンがなくても問題なし
✔ホームボタンがないほうが画面が大きくなる

iPhone13miniなどが売れないという理由というのは、画面サイズ的にも若干中途半端だと感じる人が多いからではないかと思います。

iPhoneSE3はiPhone13miniよりもおすすめモデルに

iPhoneSE3というのは、iPhone13miniと比較してもおすすめモデルになると言われております。

その理由としてはコスパです。

iPhone13miniは5.4インチとなっており、iPhoneSE3は4.7インチのままのディスプレイになると言われております。

それでも価格は5万円を切る価格帯になると言われており、コスパが非常に高いモデルになると言われています。

✔iPhoneSE3はコスパがかなり高いと予想
✔A15というハイスペックCPUを搭載してこの価格はない

Androidスマホでいえば、A15というのは、Snapdragon888クラスのCPUを搭載しているということになります。そこまでのCPUを搭載して5万円を切る価格での販売というのは、ありえないと思いませんか?

Galaxy S21やXperia 1 Ⅲが5万円以下で販売されているレベルに近いのです。

実際にはカメラなどの部材があるため、他で部材コストを抑えているといえばそれまでですが、実際のところiPhoneSE3というのは、それくらいコスパが高いモデルになっているということなのです。

そこまでコスパが高いモデルであれば、確実にメリットがあると思いませんか?

今回のiPhoneSE3というのは、そういうこともあり買いのモデルで有ることは間違いないかと思います。

タイトルとURLをコピーしました