コスパが高いスマホは何を基準に選んでる? 買っても損をしないスマホとは?

携帯情報からの最新情報を欲しい方は友達登録お願いします。
友だち追加
ソフトバンクのiPhoneを使う】
ソフトバンクオンラインショップなら事務手数料無料

コスパが高いスマホというのは、みんなほしいものです。

しかしながらコスパが高いと言われたところで、何を根拠にコスパが高いと言っているのでしょうか?

それがわからないとコスパが高いかどうか判断することができません。

スマホを買うにあたり、どのようなモデルがコスパが高いのでしょうか?

 


スマホを事務手数料無料で買う方法
ソフトバンクのiPhoneを使う】
ソフトバンクオンラインショップなら事務手数料無料

コスパが高いモデルの定義

コスパが高いモデルとしては以下のことが言えると思います。

✔性能の割に安い
✔カメラがきれいに撮影できる

一番は性能の割に安いということが言えるかと思います。

この性能というのは、どういうことなのでしょうか?

性能がいいか悪いか?ということはわからない人も多いと思います。

例えば、同じテレビでも50インチで10万円のテレビと5万円のテレビがあったとします。

5万円のほうがコスパに優れているのか?と言われると、実はそれだけではわからないことが多いのです。

性能がいいということは、非常に難しいククリとなります。ただ確実にコスパのいいモデルというのは、存在するのです。

スマホの場合、注目していただきたい項目というものがいくつかあるのです。

CPUに注目する

スマホにはCPUというものが存在します。

そのスマホの処理能力が高いか低いかということが、ある程度判断できるのです。

基本的に同じCPUが搭載されているモデルであれば、処理速度としては、ほぼ同じといえるかと思います。

CPUの速度に関しては、ベンチマークという測定アプリがあります。

ベンチマークで能力が同じくらいであれば、そのスマホというのは、基本的に処理する能力が同じということになります。

処理する能力が同じということは、動きなどがほぼ同じということになります。

簡単にいえば体感速度もさほど変わらないということになるわけです。

✔ベンチマークアプリの結果がほぼ同じなら体感速度もほぼ同じ
✔ベンチマークアプリは、他の機種との動作速度比較に非常に有効的

そしてこのベンチマークアプリというものが、非常に便利なのです。

日本ではSnapdragonと呼ばれるCPUを搭載しているスマートフォンが非常に多いわけですが、海外から入ってくるスマートフォンにはSnapdragonを搭載していないモデルというものも多数存在するのです。

そのためSnapdragon以外のCPUを搭載しているモデルというのは、比較的安価な価格設定となっています。

そういうことを考えると、Snapdragon以外のCPUを搭載して、Snapdragonと同じくらいの処理能力のものを探せば比較的高速に処理ができるスマホをGETすることが可能となるわけです。

キャリアモデルはSnapdragonを搭載している場合が多い

キャリアモデルのスマホというのは、Snapdragonを搭載しているモデルが非常に多いです。

そのため正直なところキャリアモデルというのは、本体代金も若干高めになっているのではないかと思います。

キャリアモデルのスペック表を確認してください。

スペック表を確認するとCPUという項目があるかと思いますので、そちらにSnapdragonという記載があるモデルが大半かと思います。

✔Snapdragon8シリーズ:ハイスペック
✔Snapdragon7シリーズ:ミドルハイ
✔Snapdragon6シリーズ:ミドル
✔Snapdragon4シリーズ:ロー

こちらが参考になるかと思います。

これがスペック表に記載されているモデルの大まかなスペックとなります。

実は他社のCPUを搭載しているモデルで、これと同じようなものを探すわけです。

実は安価なモデルを販売している会社などでは、これらのCPU以外を採用しているスマートフォンを販売しているメーカーもあるのです。

本当にハイスペックモデルのスマホが必要なのか問題

これはかなり悩ましいところではあるかと思いますが、本当にハイスペックモデルのスマホが必要なのか?という問題があるかと思います。

これはどういうことか?というところですが、ハイスペックスマホというのは、10万円を超えるようなモデルが非常に多いです。

本当に10万円を超えるようなモデルというのは、必要なのでしょうか?

✔10万円分のスマホを使っても価値がない人も多い
✔10万円以上のスマホは使い勝手によっては、コスパは最悪

コスパが最悪ということは、どういうことか?ということですが、それはスマホの使い方です。

✔ウェブ閲覧や動画しか見ない
✔ニュースサイトの閲覧がメイン
✔動画での撮影も滅多にしない
✔写真をたまに撮影する程度
✔夜間撮影などほぼしない
✔ゲームもやったとしてもドラクエレベル

実はこれくらいの使い方しかしない人であれば、10万円以上のスマホにする意味はありません。

基本的に5万円以内のスマホでも十分対応できる使い方なのです。

ただしこのような使い方をしている人がほとんどではないかと思います。

それでも10万円以上のスマホを購入したいということは、ミエというものもあるのかもしれません。

しかしながら最近は、コスパのいいモデルも多数販売されていますので、そちらを選択する人もかなり多くいるわけです。

中国製のスマホが安い

やはり安価なモデルというのは、中国製ということになります。

ただ中国製であったとしても、品質はここ最近かなり上がってきていると思います。

品質の高い中国製を日本製が抜くことは今後かなり厳しくなってくるのではないかと思います。

日本製のモデルを買うのは、日本人だけでグローバルでは、中国製のモデルがかなり販売台数を伸ばしているのです。

その理由として、やはり中国製のコスパの良さというものが際立っているのではないかと思います。

✔中国製のモデルはCPUの性能を抑えたモデルが多い
✔カメラも抜群にきれいわけではなく、普通に撮影できるレベル

結局のところ普通に撮影することができるレベルであれば、ほぼ問題はありません。

中国製のスマホが安価であるということは、基本的に性能を抑えているからということはあるかと思います。

OPPOが日本ではコスパがいいモデルとして有名

OPPOは日本ではコスパが非常にいいモデルとして有名です。

OPPO Reno7 /7Pro リーノ7 スペック 予想 噂 価格 発売日 楽天モバイル
OPPO Reno7 のスペックが出てきているようです。 OPPO Reno7も今後発売される予定となっています。 OPPOは非常に人気の高いメーカーの一つです。最近は知っている人も多いのではないでしょうか。 OPPOのR...

こちらOPPO Renoシリーズとなります。

まだ販売予想のみとなっていますので、このモデルが登場するかどうかはわかりませんが、これもコスパの高いモデルとして登場することは間違いありません。

✔コスパの高いモデルになることは間違いなし
✔OPPOはこれ以外にもハイスペックモデルも登場

当然ながらコスパがいいといっても、ハイスペックモデルの販売も今後あります。

コスパのいいモデルを多数販売しているOPPOというのは、今日本でも非常に人気が高いです。

ソフトバンクからもOPPO A55sというモデルの販売が行われます。

これも非常にコスパが高くオススメできるモデルの一つではないかと思います。

Realmeというメーカーもかなりコスパがいい

Realme GT Master Edition スペック レビュー 評価 評判 カメラはきれい?真我GT 大师版 深澤直人 デザイン
realme GT Master Editionと呼ばれるスマホのレビューやスペックなどを紹介したいと思います。 今回紹介したいモデルというのは、深澤直人さんがデザインしたというところが非常にいいと思います。 深澤直人というと、...

このモデルも日本ではまだあまり知られていません。

それでもコスパは非常にいいと思っています。

スペックもかなり高く、日本で販売されるのであれば、7万円程度はするモデルになると思われます。

中国ではほぼ半額で購入することができますので、相当メリットがあると思っています。

✔日本では知られていないメーカーが多数ある
✔知られていないメーカーでもいいモデルは本当に色々ある

結局のところ日本では知られていないメーカーであったとしても、世界を見渡せばいいモデルのメーカーというのは、多数存在するのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました