ドコモ arrows 5G F-51A スペック 予約 発売日 レビュー 評価 評判

ドコモは富士通の最新スマホarrows 5G F-51Aを発表しました。富士通がハイスペックモデルとして発表すること自体かなり久しぶりのことではないかと思っています。基本的に富士通のスマホというのは、強固なスマホを販売するイメージを持っている人も多いのではないかと思います。
割れないスマホというキャッチフレーズで販売していたりしているイメージもあるでしょう。
最近はミドルレンジモデルの発売をメインに行っていたので、ミドルレンジモデルをメインに販売していると思っている人も多いと思います。
それに反して今回は、ハイスペックモデルでの販売となります。ハイスペックモデルが富士通から販売されるのは、本当に久しぶりだと思います。

 

スマホを事務手数料無料で買う方法

購入はドコモオンラインショップ

ドコモオンラインショップから購入することができますが、予約開始のアナウンスはされておりません。

それでもドコモオンラインショップからの購入はメリットがありますので、検討する余地はありかと思います。

2021年 ドコモ オンライン ショップ メリット デメリット 機種変更 新規 MNPで利用可能
ドコモオンラインショップを利用してスマホの機種変更や新規契約を行う人が非常に増えています。 ドコモオンラインショップで契約するメリットやデメリットはどのようなものがあるのでしょうか? 公式のオンラインショップはこちらです...

こちらドコモオンラインショップのメリットを記載しているページとなっています。こちらからメリットを確認いただき、ドコモオンラインショップから購入いただくことをオススメしたいと思います。

F-51Aのスペック

モデル arrows 5G F-51A
大きさ 164 × 76 × 7.7mm
重さ 171g
OS Android10.0
CPU SnapDragon865
RAM 8GB
ROM 128GB
画面サイズ 6.7インチ 有機EL
解像度 Quad HD+
アウトカメラ 約4800万画素/約1630万画素/約800万画素
インカメラ 3200万画素
無線 IEEE802.11 a/b/g/n/ac/ax
カラー ネイビーブラック、チタニウムシルバー
バッテリー 4070mAh
その他 防水(IPX5/IPX8)、防塵(IP6X)、USB Type-C

発売日は2020年6月以降下旬

発売日は2020年6月下旬となっています。
発表から3ヶ月も先の話です。
現在まだ開発段階ということもあり、スペックも固まっていない部分も多くあると思います。
寸法がまだ確定しておりません。最近のコロナの影響からか部材供給も難しいのかもしれませんね。
富士通は昔からハイスペックスマホに対してかなり力を入れていたと思いますが、今回のこのモデルも期待していいのではないかと思っています。
SnapDragonを採用してから富士通のスマホというのは、それなりの安定感があります。
昔のように不具合が多いというイメージもあまりないでしょう。

✔2020年7月30日に正式に発売されました

5Gはミリ波対応

5GはSub6とミリ波の両方に対応しています。

これはかなりありがたいですね。

5Gのミリ波 Sub6 違い 比較 高速に通信ができるのはどっち?
ミリ波とSub6という通信規格が5Gにあることを知っている人は多いのではないかと思います。 ミリ波とSub6というのは、何が違うのでしょうか? 5Gの通信規格はSub6とミリ波の2つ 5Gの通信規格というのは、Sub6...

5Gでも複数の通信があり、その中でもミリ波に対応しているモデルというのは、そこまで多くはありません。

日本で販売されているスマホの中でもまだまだ非常に少ないです。そんな中でミリ波に対応しているのです。

✔ミリ波に対応しているスマホは非常に少ない
✔ミリ波に対応しているスマホは通信速度は爆速
✔問題はミリ波のエリアがまだ少ない

一番の問題というのは、ミリ波のエリアがまだまだ少ないということです。

今後エリアは拡充していくと思われますが、それでもエリアはまだまだです。

ドコモのエリアはどんな感じ?

やはり気になるのはドコモのエリアではないかと思います。

iPhone12 /Pro /mini /ProMAX 5G エリアどれくらい使えるのか? ドコモ au ソフトバンクのエリアマップを紹介
iPhone12は初めて5Gを採用しておりますが、5Gの通信が行えるエリアというのは、どれくらいあるのでしょうか? そのあたり非常に気になる部分かと思います。 5Gのエリアに関していえば、通常はそこまで広くはありませんが、今後どれくらい...

こちらドコモのエリアとなっていますが、エリア的にはそこまでまだ広くはありません。

通信・エリア | NTTドコモ
ドコモの5G、LTE、FOMA、国際ローミング、Wi-Fiが、ご利用になれる通信・エリアについてご案内します。

こちらダイレクトに確認いただくことも可能かと思います。

5Gのエリアはさほど広くはないのですが、今後拡充していくことは間違いありません。2023年には75%の人口カバー率を目指しているようですね。

それくらいになれば、かなりの場所で5G通信を利用することが可能となります。ARROWS 5Gはその中でもミリ波に対応していることから、かなり高速に利用することが可能となるでしょう。

ただミリ波の広がり方はSub6の広がり方に比較してまだそこまで広くはないかと思います。そういうことを考えると、やはりまだまだといったところですね。

ミリ波が狭いのはドコモに限った話ではなく、他社でも同様でミリ波のエリアはまだ非常に狭いです。そういうことを考えると、今後明らかにどうなるのか?気になるところですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました