iPhone12の5Gのエリアはどの程度なのか ドコモ au ソフトバンクのエリアマップを紹介

iPhone12は初めて5Gを採用しておりますが、5Gの通信が行えるエリアというのは、どれくらいあるのでしょうか?
そのあたり非常に気になる部分かと思います。
5Gのエリアに関していえば、通常はそこまで広くはありませんが、今後どれくらい伸びていくのでしょう?

 
スマホを事務手数料無料で買う方法

5Gを購入するなら各社オンラインショップ



5Gを購入するのであれば、確実に各社オンラインショップがオススメです。
iPhone12も日本のキャリアから購入することが可能となります。

5Gのスマホを購入するならぜひ検討してもらいたいですね。

ソフトバンクのエリアマップ

サービスエリアマップ | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク
SoftBank 5G、SoftBank 4G LTE、SoftBank 4G、SoftBank 3Gの対応エリアをご確認いただけます。

こちらがソフトバンクのエリアマップとなっています。
東京都内でもまだ非常に少ないエリアとなっています。
秋以降には順次エリアも広がっていくものと思われますが、2021年の計画まで見たいですよね。

ソフトバンクは都心部エリアが非常に強いキャリアです。

もともとドコモ、au、ソフトバンクの中でソフトバンクは後発キャリアということもあり、はじめは電波がさほど強くありませんでした。

今となっては、後発というのは、楽天モバイルという印象のほうが強いかもしれませんが、ソフトバンクもドコモとauからすると後発なのです。

そのためソフトバンクは都心部を中心に速度をかなり改善してきています。

そういうこともあり、5Gに関してもかなり力を入れて積極的に設備投資しているのです。ソフトバンクは都心部においていえばかなり高速インターネットができるのではないかと思いますね。

auのエリア

エリア | スマートフォン・携帯電話 | au
auのスマートフォン・携帯電話の通信エリア、電波状況の情報をご紹介します。

こちらがエリアマップとなっています。
ミリ波とSub6を表すことが可能となっています。
エリアとしては、まだ限定的なエリアとなっているので、4Gのようにすべて利用できるわけではありません。
ピンポイントでアンテナが立っているイメージなのではないかと思います。

ドコモのエリア

5G | 通信・エリア | NTTドコモ
第5世代移動通信システム「5G」についてご案内します。

ドコモのエリアはエリアマップという形ではなく、このようにピンポイントで表示されているにしか過ぎません。
まだエリアは非常に狭いといえるかと思います。
他社はエリアマップを表示してくれていますが、ドコモの場合エリアマップではないということもあり、まだ敷設されている場所というのは、非常に少ないのではないかと思います。

ドコモは2023年までに人口カバー率70%を目指している

ドコモは2023年に4Gの転用を含まない5Gのアンテナだけで人口カバー率を70%にする計画があるようですね。
5Gのアンテナだけでそれだけいくというのは、本当にすごいと思います。
2021年の時点ではそこまで広くはありませんが、今後のドコモの伸び率にはかなり期待してもいいのではないかと思います。

✔2022年3月で55%の人口カバー率
✔2023年3月で70%の人口カバー率

相当広くなるということになりますので、ドコモのこれからには本当に期待したいと思います。

ただアンテナの敷設には莫大な費用が発生しますので、資金力も問われると思います。
ahamoなどの安価なプランが出てきたことにより、正直なところ今後資金が増えていくかどうかに関しては微妙な部分はあるかと思います。

それでもある程度の計画を発表しているということは、世間に対してコミットしているわけです。コミットしていることに対して遂行していくのが企業の役目なのです。
そのため今後は人口カバー率はどんどん増えていくと予想します。

5Gはそこまで飛ばない

5G通信というのは、正直なところそこまで飛ぶことはありません。
電波がそこまで飛ばないので、エリアを急激に広げていくということは難しいのです。
正直なところ人があまり集まらない田舎などはずっと5Gがこないということもありえるのではないかと思っています。

せいぜい役場までくらいしか来ないのではないかと思います。地域によっては役場までもこない可能性も十分に考えられます。
それくらい5Gというのは、電波が飛びません。

都会ではない地域に住んでいる人は5Gの恩恵を一生受けることがない可能性もあるのです。
それこそ5G対応のスマホが発売されてもいつも通信をしているのは4Gだけという状態が生まれてくるのです。

5Gの地域差はやめてほしい

5Gのスマホは4Gのスマホと比較してもまだ高額です。
今後値下がりしていくとはいえ、若干4Gよりは高めになるはずです。
それは新しい技術が入っているので、それの部材調達価格が高くなり、最終末端価格に落とし込まれた時にその部材の価格が反映されるからです。
それは仕方ないことかもしれませんが、住んでいる地域によって電波の入りが違うにも関わらず、一律5Gのスマホになったところで、消費者はありがたいとは思わないと思います。
地域差があったとしても、なるべくそれを埋めてもらいたいと思いますね。

通信会社もボランティアではないので、ある程度仕方ない部分はあるかもしれませんが、やはりそのあたりの地域差に関しては、少し考えてもらいたいと思いますね。

また地方都市に関しても、大都市と比較すると5Gはどうしても遅れてしまいます。
地方都市といったところで、県庁所在地付近はすぐにでも敷設してもらいたいですよね。

会社としては人の集まるところから5Gの敷設を行うということは、当然のことなのかもしれませんが、せめて最寄り駅では利用したいものです。
2021年の段階でも最寄りのコンビニで5G通信が利用できるようになるのは難しいかも知れませんね。

ソフトバンクは都市部に強い

ソフトバンクは都市部に非常に強いです。都市部ではソフトバンクのエリアの通信速度は抜群です。

✔都市部の通信速度は抜群
✔ソフトバンクは都市部にかなり力を入れている

ソフトバンクは都市部にかなり力を入れています。そのため5Gの通信速度はソフトバンクであれば、かなり高速に動作すると思っておけばいいと思います。

都市部を中心に行動を起こす人にとっては、ソフトバンク回線は魅力的であると思いますね。
ソフトバンクを利用することで、ストレスフリーで利用が可能です。

2021年にかけて販売されるスマホは5Gがメインに

今後2021年にかけて販売されるスマホというのは、5Gがメインになっています。
低価格の5Gスマホの販売も行うと言われているので、それを待つ人も多いのではないかと思います。

通信速度が向上するので、メインメモリなどが増えることが予想されます。
iPhone12だけではなく、他のAndroidスマホでも5Gになるため、どんどん便利になっていくことは間違いないかと思います。
それこそ5Gが大都市で利用できるようになれば、Wi-Fiよりも速度が向上すると思われますので、Wi-Fiの必要性は本当になくなるのではないかと思っています。
Wi-FiはフリーWi-Fiがかなり出てきており、便利に利用している人も多いと思いますが、5Gのほうが通信速度が早いのであれば、そちらを利用するでしょうね。
ただ問題は価格です。価格の問題がありますので、それももう少し安くしてもらいたいですね。

5Gスマホを紹介

ドコモ 5G対応機種 メリット おすすめは 1番いい機種 買うならどれがいい?
ドコモから5Gのスマホが発表されました。5G対応のスマホを購入するならどの機種がおすすめなのでしょうか? 個人的な意見を元にどの機種が最もおすすめなのか紹介したいと思います。 5Gスマホの予約及び購入ならオンラインショップがおすすめ...

こちらに5Gスマホを紹介しておきます。

ドコモから発売されているスマホとなっていますが、ドコモのスマホが5Gに関してはかなり長けているかと思います。

さすがドコモのスマホといった感じです。ドコモは5Gのエリアはまだ限定的であるものの、最近は新しい技術にかなり力を入れています。そのためドコモを利用する人もかなり増えているのです。

エリアは徐々に増えていく

エリアは徐々に増えていきます。
2021年に入りさらにエリアが増えていくと予想されます。
5Gのエリアが増えるとそれだけ高速通信することができるのです。

✔5Gのエリアはかなり増えている

今後ますます5Gのエリアの広さには期待したいところです。エリアは日々変化していますので、チェックしてもらうことをオススメします。

各社2021年末くらいには、かなりのエリアで利用することができるようになると思います。

ざっくりですが、2021年末までに人口カバー率は90%程度まで上がると予想されております。都心部に関してはほとんど問題がありません。
都心部で利用したい人にとっては、早い段階で最新の5G対応のスマホの購入をオススメします。

5Gでもミリ波とSub6の違い

ミリ波 Sub6 違いは? 5Gでも高速に通信ができるのはどっち?
ミリ波とSub6という通信規格が5Gにあることを知っている人は多いのではないかと思います。 ミリ波とSub6というのは、何が違うのでしょうか? 5Gの通信規格はSub6とミリ波の2つ 5Gの通信規格というのは、Sub6...

同じ5Gでもミリ波とSub6に違いがあることは知っていますでしょうか?

こちらにその違いに関して記載しているページがあります。こちらを一度確認いただきたく思います。

✔Sub6は遅い
✔ミリ波は早い

同じ5Gで比較するのであれば、5Gは総じて高速通信を行うことが可能なわけですが、その中でもSub6は遅く、ミリ波は早いのです。

4G通信と比較するなら当然どちらも早いわけですが、同じ5Gという括りで見るのであれば、早いと遅いがあるわけです。

結果的にどちらも高速に通信できるのですが、ミリ波に対応しているほうが確実に高速通信が可能ということになります。

✔ミリ波に対応するには端末側の対応も必要

ただミリ波に対応するなら端末側の対応も必要となりますので、そのあたり注意が必要となります。

2022年あたりからミリ波に対応しているスマホも続々と登場すると思われます。

その理由というのは、確実にミリ波に対応しているモデルのほうが高速通信が可能となるからです。今後ミリ波に対応しているスマホの販売には本当に期待したいところです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました