ドコモ SH-54B AQUOS Sense6 予約 発売日 価格 値段 安く買えるスマホでメリットはかなりある

ソフトバンクのiPhoneを使う】
ソフトバンクオンラインショップなら事務手数料無料

ドコモからSH-54B AQUOS Sense6の発表が行われました。

AQUOSシリーズの中でもミドルレンジモデルとなっており、一番の売れ筋モデルであることは間違いありません。

正式な価格情報はまだ出ておりませんが、おそらく3万円前後くらいの価格設定になると予想されております。

【公式サイト】

AQUOS sense6 SH-54B
NTTドコモのAQUOS sense6 SH-54Bをご紹介します。ご購入は、24時間いつでも簡単、安心、おトクなドコモオンラインショップで!

こちらがドコモの公式サイトとなっていますので、一度確認いただければと思います。

 

AQUOS Sense6の予約購入はオンラインショップがおすすめ

AQUOS Sense6の購入はオンラインショップがおすすめです。

ドコモもしくはahamoを利用している人

こちらはドコモオンラインショップとなります。

ドコモオンラインショップは事務手数料なので、非常に購入しやすいです。

またahamoを利用している人もドコモオンラインショップを利用することが可能となります。

ahamoを利用している人もドコモオンラインショップは事務手数料無料
ahamoを利用している人もドコモオンラインショップは自宅まで送料無料でiPhoneの送付
ahamoを利用している人もドコモオンラインショップは発売日に自宅まで届けてくれる

このようなメリットがあります。

ドコモ いつでもカエドキプログラム メリット 最新機種を安く買える 毎年iPhoneを買いたい人にはメリット
ドコモは新しいプログラムを出してきました。 このプログラムというのは、auのプログラムとほぼ同じプログラムとなります。このプログラムを利用して購入する人というのは、これからどんどん増えてくると予想されます。 毎年のようにiPho...

ドコモの新しいキャンペーンです。

ドコモ オンライン ショップ メリット デメリット 機種変更 新規 MNPで利用可能
ドコモオンラインショップを利用してスマホの機種変更や新規契約を行う人が非常に増えています。 ドコモオンラインショップで契約するメリットやデメリットはどのようなものがあるのでしょうか? 公式のオンラインショップはこちらです...

こちらにahamoを利用している人もドコモオンラインショップのメリットを掲載しておりますので、こちらも合わせてご確認いただければと思います。

メリットはかなりありますので、利用したほうが間違いなくお得です。

今はオンラインショップを利用する割合もかなり増えてきており、全体の3割り程度はオンラインショップを利用しているのではないかと思います。

AQUOS Sense6のスペック

AQUOS Sense6のスペックに関してお伝えしておきたいと思います。

ブランド名 AQUOS Sense6
本体サイズ 152 x 70 x 7.9 mm
重さ 156g
OS Android11
CPU Snapdragon690
RAM 4GB
ROM 64GB /128GB
ディスプレイサイズ 6.1インチ
解像度 2432 x 1080ドット IGZO OLED
標準カメラ 有効画素数 約4,800万画素 CMOS
F値1.8レンズ[広角79°焦点距離26mm*相当]
電子式手ブレ補正
アウトカメラ
広角カメラ 有効画素数 約800万画素 CMOS
F値2.4レンズ[超広角120°焦点距離15mm*相当]
電子式手ブレ補正
アウトカメラ
望遠カメラ 有効画素数 約800万画素 CMOS
F値2.4レンズ[望遠45°焦点距離53mm*相当]
電子式手ブレ補正
インカメラ 有効画素数 約800万画素 CMOS
F値2.0レンズ[広角78°焦点距離26mm*相当]
Wi-Fi IEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth Ver.5.1
バッテリー容量 4,570mAh
防水/防塵 IPX5・IPX8/IP6X
認証方式 顔認証、指紋認証
その他 おサイフケータイ/NFC

こちらがスペックとなっています。

CPUはSnapdragon690とミドルレンジ

CPUにはSnapdragon690 5Gが搭載されています。

この690というのは、Xperia 10 Ⅲと同じCPUとなります。

Xperiaシリーズの中でも10シリーズはかなり販売台数を伸ばすモデルであることは知っている人も多いのではないかと思います。

✔Xperia 10 Ⅲと同じCPU
✔Snapdragon690はミドルレンジクラス

ハイスペックというわけではありませんが、これくらいのCPUが搭載されていたら、数年利用することも全く問題ないでしょう。

Snapdragon690 スナドラ690 5G 2021年ミドルレンジモデルに搭載予定のCPUを紹介
Snapdragon690と呼ばれるCPUが2020年にも発表されております。 Snapdragonシリーズというのは、いくつかのシリーズになっているということは、こちらのブログでも掲載しておりますが、6番台というのは、ミドル...

こちらにCPUの情報を掲載しておきます。

動作速度もまずまずなので、価格的にも抑えられていると思います。

大容量バッテリーが魅力的

やはり大容量バッテリーがかなり魅力的です。

4,570mAhと非常に大容量のバッテリーとなっています。

✔バッテリーの容量はかなり大きめ
✔これだけあれば、かなりバッテリーは持つ

外出した時にバッテリーの容量が少ないと結構辛いです。

もともとAQUOS Senseシリーズというのは、バッテリー容量はかなりの容量がありましたが、それを真似して他社も大容量バッテリーモデルを色々と販売してきています。

巨大バッテリーであることがこの機種の最大の魅力であることは間違いありません。

最大1300nit

ディスプレイの明るさが最大1300nitということで、かなり明るいディスプレイとなります。

iPhone13Proシリーズで最大1200nitとなっているのです。

✔iPhone13Proシリーズよりも明るい輝度
✔Xperiaよりも明るい
Xperia 1 Ⅲで画面 ディスプレイが明るい 620nitにレベルアップ 明るい場所からかなり見やすくなる
Xperia 1 Ⅲの画面の明るさが今よりもかなり明るくなるようですね。 現行のXperia 1 Ⅱの明るさは540nitです。 その明るさが620nitにレベルアップするというのです。 Xperia 1 Ⅲの予約購入はオンライン...

こちらXperia 1 Ⅲですが、こちらも輝度としてはそこまで高くはないのです。

AQUOS Sense6のディスプレイがいかに明るいのか?ということがわかるのではないかと思います。

ディスプレイが明るいとどのようなメリットがあるのか?ということですが、やはり太陽の下での画面閲覧です。

その時に輝度が低いと、画面が非常に暗くて見にくいです。

その時に輝度がある程度あれば、太陽の下でも相当明るいので、画面が非常に見やすいわけです。

カメラは4800万画素のトリプルレンズ

カメラはトリプルレンズを採用しています。

昨今トリプルレンズというのは、当たり前ですが、4800万画素という非常に高い画素数のカメラが搭載されております。

前モデルは1200万画素でしたので、かなりの画素数アップであることは間違いありません。

✔カメラの画素数アップ
✔暗い場所での撮影がよりきれいに
✔標準カメラのF値は1.8

F値が1.8あれば、それなりに暗い場所での撮影もいいと思います。

✔広角:800万画素
✔望遠:800万画素
✔標準:4800万画素

前モデルよりも標準以外は若干画素数を落としてきたため、どうなるかわかりませんが、かなりセンスのある写真を撮影できることには代わりありません。

手ブレ補正は光学式ではなく、電子式の手ブレ補正機能となっています。電子式であったとしても、問題はありません。

また画素数はiPhoneでもまだ1200万画素ですが、それの4倍の画素数ということで、楽しみにしている人も多いのではないかと思います。

リフレッシュレートは120Hz

リフレッシュレートは120Hzになりました。

最近ではiPhone13Proシリーズでリフレッシュレートが120Hzになったと話題になりましたが、AQUOS Sense6はiPhone13Proほどの価格はしないはずです。

にも関わらずリフレッシュレートが120Hzという非常にいいディスプレイとなっています。

ゲーミングスマホ 素早い動きや通知もない ゲームをすることに特化したスマホ リフレッシュレートなどがポイント
ゲーミングスマホというジャンルを知っていますか?なかなかゲーミングスマホといってもピンとこない人もいるのではないかと思っています。 なぜゲーミングスマホというものは、ピンとこないのか?ということですが、やはりスマホゲームをするというこ...

リフレッシュレートに関する記事を掲載しておきますが、このリフレッシュレートが上がれば、かなりなめらかな動作になります。

使っている人ならわかるかと思いますが、iPhone12まではリフレッシュレートが60Hzでした。

iPhone13とiPhone13miniでもリフレッシュレートは60Hzです。

Proシリーズのみが120Hzのリフレッシュレートになるなど、実はディスプレイの性能という観点からすると、かなりおすすめできるディスプレイであることは間違いありません。

初めて利用する人にも安心

初めて利用する人にも安心のかんたんモードを備えています。

これから初めてスマートフォンを利用する人も、このAQUOS Senseなら購入価格がそこまで高くはないので、失敗することもありません。

かんたんモードを備えており、Androidですが、ガラケーのように利用することも可能となっています。

✔かんたんモードが使いやすい
✔かんたんモードの利用で初めての人でも安心
かんたんモードを利用する | はじめに設定してください |AQUOS:シャープ
docomoのスマートフォン「AQUOS sense5G SH-53A」のAQUOS sense5G 使いこなしガイドの応用編です。スマートフォンの画面やイラストを用いて操作方法を分かりやすく説明しています。

こちら前のモデルとなりますが、同じような形で利用することが可能となりますので、こちらも合わせてご確認いただければと思います。

買いであることは間違いなし

このモデルは買いであることは間違いないと思います。

シャープも最近はミドルレンジモデルにかなり力を入れいます。

それは価格が安価だからこそ売れるからです。

✔メーカーも売れ筋モデルにはかなり力を入れる
✔価格的にも安価になるので、コスパは非常にいい

コスパに優れたスマホというのは、最近は増えていますが、シャープという信頼性からも考えると、AQUOS Senseシリーズの信頼性というのは、かなり高いと思います。

個人的に見ても、このモデルは今まで外れということはありません。

むしろあたりのモデルとなっていますので、ぜひ購入は検討してもらいたいと思います。

ドコモの価格情報

ドコモの価格情報をお伝えしたいのですが、まだ残念ながら正式な価格は出ておりません。

正式な価格が出たら詳細をお伝えしたいと思います。

前モデルからすると、3万円前後になると予想されます。

3万円前後からこのモデルが購入できれば、非常に安くてメリットのあるモデルであると思われます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました