ドコモ いつでもカエドキプログラム デメリット メリット 機種変更が安い 最新機種を安く買える

 
事務手数料が無料のオンラインショップドコモ公式オンラインショップ上記クリックで、ドコモオンラインショップ公式サイトに遷移します。ソフトバンク公式オンラインショップ上記クリックで、ソフトバンクオンラインショップ公式サイトに遷移します。楽天モバイル公式オンラインショップ上記クリックで、楽天モバイルオンラインショップ公式サイトに遷移します。ワイモバイル公式オンラインショップ上記クリックで、ワイモバイルオンラインショップ公式サイトに遷移します。

ドコモではいつでもカエドキプログラムというものがあり、機種変更などを非常に買いやすい方法で、販売しています。

毎年のようにiPhoneを購入したけど、価格がかなり高いという理由で毎年iPhoneの購入が出来ないことはナンセンスです。

それなら毎年最新機種を購入して古いiPhoneは回収してもらうほうがよくないですか?

au iPhone13 スマホトクするプログラム スマホトクするボーナス デメリット メリット
auから新しいプログラムが発表され、2022年4月以降もこのプログラムが最新のプログラムとなっています。 そのためiPhone13やiPhoneSE3を購入する時にこのプログラムを利用している人は結構多いと思います。 このスマホ...

こちらauが出しているプログラムとなりますが、スマホトクするプログラムと呼ばれるものです。

 

いつでもカエドキプログラムとは?

残価設定型の24回支払いで購入することが可能となります。

残価設定型というのは、自動車でよく見られる購入方法で、高額なものを購入する時にローンを組むわけですが、そのローンを組んだ時に2年後そのスマホの残価を指定するわけです。

残価が設定されるのは、機種ごとにより違います。

仮に10万円の機種で残価設定が4万円だった場合、単純に10万円の機種を購入したとしても6万円の支払い後スマホ本体を返却すれば、4万円の支払いが不要になるというものです。

✔残価設定があるほうが安く購入できる
✔6万円の支払いを24回分割で購入するイメージ

残価設定をすることで、安価な価格で購入することが可能となります。

このいつでもカエドキプログラムというのは、単純に安価に購入するプログラムとなっており、これを利用して購入する人もかなり多いのではないかと思います。

✔1ヶ月目から22ヶ月目は残価額の支払いが不要と早期利用特典を受けることができる
✔23ヶ月目にスマホを回収すると、残価額の支払いが不要
✔24ヶ月目以降は残価額で再度24回払いの設定となり、返却した場合は再分割金の支払いも不要

早くスマホを返却することにより、安価に利用することが可能となります。

先程の例で早期利用特典というものが500円ついているモデルだったとすると、12回払った後に新しい機種を購入し、ドコモにスマホを返却すると、早期割引額が毎月500円付くことにより、実質残り1年間の支払いと考えると、6000円(500円x12回)の割引の恩恵を受けることが可能なのです。

またドコモショップで機種の回収を行うと、一括払いを選択することが可能となります。

ドコモに送付して回収すると、残念ながら一括払いを選択することが出来ません。

対象要件

今回の利用要件に関してお伝えしたいと思います。

✔いつでもカエドキプログラムに加入し、対象機種を購入いただくこと(残価設定型24回払い)
✔いつでもカエドキプログラムで購入し、対象機種をドコモに返却すること
✔返却の対象機種がドコモの査定条件を満たしていること

査定条件に満たしているかどうかというところは、ドコモが決めた基準となります。

画面割れや本体の破損などがあれば、残念ながら追金の22,000円の支払いがあります。

ただケータイ保障サービスの加入をしていれば、2,200円の支払いで済みます。

保障のサービスというものは、加入しておくことをオススメします。

提供開始日は?

2021年9月24日から提供開始となります。

iPhone13の発売のタイミングからとなります。

Galaxy Z Fold3及びGalaxy Z Flip3も対象となっていますので、それらを購入する人も今回の対象となります。

2021年の冬モデルなどもおそらくこの対象になるのではないかと思います。

✔iPhone13を今回のプログラムで買う人が増えた
✔少しでもお得に購入できるのでメリットがある

iPhoneに合わせて出来た施策であることは間違いありません。

ただFold3も入っていたということを考えると、これから安価な価格で購入するためには、この施策を利用するということが必須になってくるでしょうね。

対象機種は?

対象機種に関して紹介したいと思います。

2021年9月24日の時点では、対象機種は全機種というわけではありません。

9月24日以降に販売される機種となります。

今後対象機種はどんどん増えていき、機種によって、早期利用特典なども変わってきますので、そのあたりは公式サイトで確認してもらいたいですね。

【iPhone13シリーズ】

機種名24回目の分割支払金/残価額早期利用特典/月
iPhone13ProMAX 128GB80,520円900円
iPhone13ProMAX 256GB89,760円1,100円
iPhone13ProMAX 512GB104,280円1,300円
iPhone13ProMAX 1TB118,800円1,500円
iPhone13Pro 128GB69,960円900円
iPhone13Pro 256GB80,520円900円
iPhone13Pro 512GB96,360円1,200円
iPhone13Pro 1TB110,880円1,400円
iPhone13 128GB55,440円600円
iPhone13 256GB62,040円700円
iPhone13 512GB80,520円900円
iPhone13mini 128GB48,840円500円
iPhone13mini 256GB59,400円500円
iPhone13mini 512GB73,920円700円

【ドコモスマートフォン】

機種名24回目の分割支払金/残価額早期利用特典/月
Galaxy Z Flip3 5G SC-54B60,720円800円
Galaxy Z Fold3 5G SC-55B95,040円1,200円

今後最新モデルが発表されるたびに新しいモデルとして追加されるでしょう。

メリットは?

今回この施策が出てきたことにより、かなりの人がこれを利用して購入すると思われます。

メリットに関してお伝えしたいと思います。

実質価格として考えるとかなり安く買える

実質価格として考えた時にかなり安く購入することが可能となります。

今まではドコモは36回払いのうち24回分の支払いで、最新の機種を購入することが可能でした。

それが今回のいつでもカエドキプログラムを利用することにより、1年くらいで最新機種に機種変更をしたい場合でも、利用しやすくなりました。

早期利用特典を利用することで、早い段階で機種を回収したとしても、その分の割引が付くことになります。

1年に1度機種を購入するという人も結構多いと思います。

特にiPhoneであれば、毎年販売されますので、iPhoneを毎年最新のものを利用したいという人も多いと思います。

そういう人にとっては、今回のこの施策はありではないかと思います。

✔最新のiPhoneを1年に1度のタイミングで購入したい人にはかなりのメリット
✔2年使ったとしても、残債を返す必要はない

最後に今使っている機種の回収は必須となりますが、機種が回収されるだけで、本体価格が安価になるのであれば、ありではないかと思います。

わざわざ中古ショップに売りに行く必要もあります。ドコモが回収してくれるのです。

メリットはかなりあるかと思います。

2年間レンタルという新しい考え方となっており、2年間レンタルというのは、2年で返すことを前提に契約するということです。

【MNP】 のりかえ レンタル 実質価格 一括価格 違い 比較 2年間借りるという選択肢
iPhoneなどが安売りされるタイミングでよく見ることが一括価格と実質価格ではないかと思います。 Twitterなどを検索するとレンタルという言葉も出てきますので、混乱する人も結構多いのではないかと思います。 結局これって何なん...

こちらはiPhoneに関しての掲載だけではなく、カエドキプログラムで購入することができるスマホに関しては、すべてに当てはまることです。

✔カエドキプログラムはレンタルという考え方
✔言い方は実質という言い方もある

これで購入するほうがメリットが大きいと感じます。なぜなら金利が0%だからです。金利がないため、レンタルで購入するほうが間違いなくオススメです。

ただ買い方としてはレンタルという買い方ではなく、カエドキプログラムでの購入という買い方になります。

残価設定型で契約するだけ

残価設定型で契約するだけとなっています。

24回払いの残価設定型で支払いを行うだけなのです。非常に簡単に契約を行うことが可能です。

とりあえずドコモで購入する人は、一旦この買い方を選択しておけば間違いないと思います。

最後まで支払おうと思っても、とりあえずこれを利用するわけです。

それは一括払いでも、後から支払っても結局支払いのトータル金額は変わりません。

それならこれを設定しておくことをおすすめしたいですね。

48回に支払いが分割される

48回に支払いが分割されます。

24回の支払いが完了したところで、継続してiPhoneを利用しようとするのであれば、25回目から再度分割が開始するような仕組みになります。

それ以降は毎月の維持費も下がりますので、トータルで48回の支払いをしても問題はありません。

それならかなりメリットがあるのではないかと思います。

✔48回に支払いが分割される
✔毎月の維持費を抑えることが可能

分割購入できるのであれば、相当メリットが高いと思います。

一括で10万円を超える金額を払うことは結構厳しいですが、分割なら結構支払うことも可能だと思います。

ahamoユーザーでも利用が可能

ahamoを利用しているユーザーでも利用することが可能となります。

ドコモ 2021年-2022年 冬春モデル スマホ 機種 発売日 値段 予想 噂 価格 5Gがメイン機種に
2021年から2022年にかけての冬モデルの登場を期待している人も多いのではないかと思います。 ドコモオンラインショップは事務手数料無料で購入しやすいので、ぜひ検討してください。 発売日に自宅に届くというメリットもあります。...

ahamoを利用しているユーザーというのは、毎月の維持費も安価なため、かなり購入しやすいと思います。

ahamoと毎月の料金の支払いを考えると、毎月6000円くらいになるのではないかと思います。

それくらいの価格であれば、最新のiPhoneを持っていても問題はないかと思います。

ahamoで通信費が安くなり、毎月の維持費を下げることができるという非常に魅力的なプランです。

ahamo アハモ テザリング メリットとデメリット 維持費 料金プラン 値段は?
ahamoは2021年3月26日からサービス開始になりました。 まだahamoのことをよく知らないという人もいるのではないかと思います。 ahamoは非常に安く20GBという容量を利用することが出来ますので、今かなりの人がaha...

ahamoを利用するメリットというのは、かなりあるかと思います。

最近はドコモの中でもahamoを利用しているユーザーは非常に多いのではないかと思います。

ドコモ回線がなくても大丈夫

ドコモの回線がなくても契約が可能となります。

ドコモの回線を持っていないとこのようなプランというのは、今まで利用することがなかなか難しかったのではないかと思います。

それがドコモの回線がなくても利用が可能ということになり、相当なメリットになるかと思います。

✔誰でもこの施策を利用することができる
✔先程もお伝えした通り、ahamoでも利用が可能

これは本当にメリットのある契約であることは間違いありません。

ドコモ回線がなくても利用することができるということで、本当にメリットがあると思いますね。

少しでもスマホを安く購入したいという他社のユーザーの取り込むことも可能となるかと思いますので、ドコモ以外のユーザーが利用できるということは、かなりありがたいことになります。

ドコモオンラインショップを利用しても、普通にSIMフリースマホとして購入を行うことが可能となります。

そのため最近は他社のユーザーがドコモのスマホを購入するということも可能になるということです。

デメリットはあるの?

それではカエドキプログラムに関してデメリットはあるのか?というところですが、実はデメリットはあまりありません。

というか今のところデメリットは思いつきません。

このプログラムを利用したとしても、一括払いで払ったとしてもトータルの支払いは同じなのです。

✔いつでもカエドキプログラムとトータルの支払いは同じ
✔トータルの支払いが同じなら利用しないともったいない

トータルの支払いが異なるのであれば、当然ながらこのプログラムを利用すべきではありませんが、トータルの支払いが同じとなるなら、23ヶ月後に選択できる権利を持てるのです。

それなら選択できる権利があるほうがよくないですか?

権利獲得のためいつでもカエドキプログラムを選択するほうが個人的にはいいと思います。

先程も記載しましたが、ahamoユーザーでも利用することが可能です。回線縛りがありませんので、どこの会社でも利用することが可能となります。

となれば、本当にデメリットを探すということは、普通に考えてないかと思います。

デメリットを探すほうが難しいです。

ドコモと契約をするのであれば、間違いなく今回は24回払いの残価設定型を選ぶほうがメリットがありますね。

ドコモは一括価格も他社比較で安い

ドコモは他社比較で一括価格が安く設定されているということを知っている人も多いのではないかと思います。

ドコモは他社よりもスマホの価格が安いことが多いんだって

iPhone13なんかも他社比較で安くなっているらしいね

今回残価設定型を採用しているため、さらに安く購入できるということで、ユーザーにとってのメリットはばっちりだと思うよ

そのためこの残価設定型プランを利用することで、実質価格もドコモが一番安価になるというところもあるのではないかと思います。

一括価格というのは、分割などをせずに支払う価格のことで、通常残価設定後も払い続けるなら、支払う必要のあるトータルの金額となります。

✔ドコモはスマホ単体の値段も安い
✔ドコモより安いのは楽天モバイルくらいであるが、ほぼ同じくらいの価格

楽天モバイルも安価なのですが、ドコモとの価格差というのは、実はそれほど変わらないのです。

それなら、ドコモのほうが安心できるということで、ドコモを選択する人が多いのです。

確かに私もドコモの価格であれば、安心して購入することが可能なので、ぜひ検討してもらいたいと思いますね。

一括価格が他社よりも安価であるということで、このプログラムを利用してスマホを購入しても、トータル的な維持費も含めて安価に利用できるということになりますからね。

これから先iPhone14の発売も含めて、このプランを利用することが可能になると思われますので、今後ドコモでスマホを購入するときは、このプランを是非活用してみることをおすすめします。

返したくないという人はデメリットかも

スマホを返したくないという人もいるかと思います。

そういう人にとっては、別にこの契約をする必要はありません。

また気分的に毎月分割で払っているというところも精神的にしんどい可能性もあるわけです。

✔スマホを返したくないという人はデメリットかも
✔ローンを組むことが嫌いな人はデメリットかもしれない

スマホくらいのローンなんて・・・と思っている人なら、デメリットかもしれませんね。

ただこのプログラムを利用しても、最後まで支払うことができれば、スマホを返却することはありません。

そういうことを考えると、あまり気にする必要はないのかもしれませんね。

スマホを返却したくない人なら別に必要はないかもしれませんね。

ただ結果的に分割契約なので、すべて支払うか返却するかは、その時に考えてもいいのかもしれません。

私は常に新しいスマホを購入したいので、古いスマホは使わなくなるので、別にこのプログラムに加入しても問題ないわ!

いつでもカエドキプログラムのネットでの反応は?

こちらApple Storeとの比較となりますが、Apple StoreでiPhoneを購入した時の比較ですが、いつでもカエドキプログラムのほうが安くなることを記載しています。

Apple Storeの安いということだけど、ドコモでこのプログラムを利用すれば、かなり安く買えることがわかるね。

これからはドコモで購入したほうが良さそうね。

こちらは若干否定的な意見となっていますが、結局のところ使わなくなったスマホってみんな保管しているの?というか、触ることあるんですか?ということです。

普通に考えると、新しいものしか購入していかないと思いますが・・・・

このあたりはどうなんでしょうか?

私のように仕事で利用している人であれば、過去比較なども含めてレビューしたいので、ある程度最新のモデルも継続して購入していますが、そうでない人からすると本当にこれは必要なのか?ということもわからなくはないですね。

こちらは現場サイドに関しての意見です。確かに新しいプログラムが発表されると現場サイドでは、結果的に説明もありますので、結構たいへんかと思います。

現場サイドとしては、もっとシンプルにしてほしいということが、単純な意見なのかもしれませんね。

iPhone13の販売から数ヶ月が経過し、ある程度どのような内容かは理解してくれたと思っています。

お客さんの反応に関してもどうなのか?と思いますね。

ただカエドキプログラムを利用して購入すると、安く購入することはできるものの、スマホを返却する必要があります。

スマホを返却するとなると、自分の手元にはスマホが残らないため、それが最大のデメリットになるということも考えられます。

基本的にはスマホを返却するということで、問題ない人は少しでも安い価格で購入するということはメリットですが、そうでない人にとっては、残念ながらデメリットなのかもしれませんね。

ドコモの正式な価格が登場

ドコモから正式な価格が登場しました。

ドコモ iPhone13 /13Pro /13Pro MAX /13mini 価格 値段 MNP 新規 機種変更でいくら払えばいい?
ドコモから発売されるiPhone13の価格を紹介したいと思います。 価格的には、例年通りといったところでしょうか。 ドコモのiPhoneを買うならオンラインショップがおすすめ ドコモでiPhoneを購入するのであれば、オンラインシ...

こちらドコモの正式な価格となっています。

今回のプランを利用することで、毎月の分割支払いの金額を相当抑えることが可能となっています。

iPhone13に関しても機種変更の場合で、2,146円という非常に低価格で持つことができるということがわかりました。

相当安い価格で維持できるということで、かなりの人がこのプランに納得するのではないかと思います。

iPhoneとの組み合わせでここまで安価になるということは、相当魅力的なプランで有ることは間違いありません。

今後iPhone14でも同様のプランになると予想されます。

✔残価設定型は継続的に残るプラン
✔残価設定プランがあれば、非常に便利

結果的に残価設定型のプランというのは、相当魅力的なプランとなっていますので、これであれば、今までiPhoneが高くて購入することを渋っていた人でも問題なく持てるのではないかと思います。

ただ48回支払うとなると、トータルでは結構な本体代金になってしまいます。

それはある意味仕方ないことですが、本体を下取りに出すというイメージで所持いただけるとかなりお得に持つことが可能となりますので、ぜひ検討してもらいたいですね。

iPhone13での利用で最大のメリット

ドコモ いつでもカエドキプログラム iPhone13 /13Pro /13ProMAX 残価設定型で安く買う方法
iPhone13を買いたいと考えている人にとっては、非常にメリットのあるプログラムを出してきました。 いつでもカエドキプログラムを利用することで、ドコモで購入するiPhoneをかなり安価に購入できるプログラムとなっています。 ...

iPhone13の利用で最大のメリットがあります。

iPhone13を利用することでのメリットというのは、毎月の維持費を5000円以下にすることも可能だからです。

✔毎月の維持費をかなり下げることが可能
✔最新のiPhoneでも毎月5000円以下に下げることができる

iPhone13との組み合わせを考えれば、これほどお得に利用できるプランというものはなかったのではないかと思います。

iPhone13は新しい機能も搭載されており、これを使わない手はありません。

このプランを利用することで、毎月の維持費が下がるのであれば、絶対に使ったほうがいいでしょうね。

いつでもカエドキプログラムなら白ロムの購入も可能

いつでもカエドキプログラムなら白ロムの購入も可能となっています。

白ロムを購入することができるので、ドコモと契約をしていない場合でも白ロムの購入をすることが可能となります。

✔いつでもカエドキプログラムなら白ロムが買える
✔白ロムの購入はメリット

このいつでもカエドキプログラムであれば、かなり安くスマホを利用することが可能です。

白ロムを購入したいというニーズというのは、結構あるのではないかと思います。

最近は白ロム+MVNOなどを利用したいという人も結構多くいるので、メリットがあります。

カエドキプログラムを利用して実質1円で販売というケースも

iPhone13mini iPhone12mini iPhoneSEが実質23円とか1円とかで購入できるこの仕組ってありなのか?
スマホの高止まりがかなり指摘されておりましたが、ここにきて実質価格でかなり安く購入できるような仕組みが出てきております。 iPhoneが実質23円とか実質1円とかで販売されておりますが、本当にこんな感じでいいのでしょうか? 実質...

このカエドキプログラムというものを利用して、実質1円で販売しているということもあります。

これは相当お得であることは間違いありません。

✔実質1円でも購入が可能
✔カエドキプログラムでかなり安く買える

ここまで安価に購入できるのであれば、カエドキプログラムはありではないかと思います。

しかもそれが最新のiPhone13miniで利用できるということは、かなり魅力的な施策であることは間違いありません。

引用元:nttdocomo

コメント

タイトルとURLをコピーしました
ドコモ公式