高齢者 スマホ 購入トラブル 老人はスマホ購入時に騙されない 余計なコンテンツへの加入 知っている人や子供を連れて購入がベスト

最近は年配の人でもスマホを購入する人が非常に増えていることは知っている人も多いと思います。
特にそこで注意してもらいたいのは70歳以上の人です。
70歳以上の人がスマホを買いたいと思う場合は、本当に注意が必要となります。

 

スマホを事務手数料無料で買う方法

年配の人は店員に騙される

店員は当然騙していないと思っているわけですが、消費者側は騙されたと思っているので、そのギャップに注意が必要となります。

これはどういうことかというと、私の知人の話でもあったのですが、ご高齢の両親が今使っている簡単スマホを買い替えようと店舗に行った時の話です。
不必要に最新のスマホを勧められて購入したというものです。

毎月の利用料金などもその方は把握していなかったとのことです。
重要事項説明は行われるため、知らないということもどうかと思いますが、不必要に最新のスマホを売りつけるわけです。
店員は悪意があったわけではないかと思いますが、やはりその人にとって必要か不必要かを見極める必要があるのではないかと思っています。

年配の人というのは、店員が言うならという理由で最新のものを契約してしまう傾向も十分にあるわけです。

店員は騙していなくても、周囲の方々が騙されたと思えば、店員の負け

本人が必要だと思うものをきっちり提供しないとあまり意味がないと思います。

これも私の隣で契約していた年配夫婦がいました。その年配夫婦は当時ガラケーを持っていたのですが、WiMAXを勧めていたのです。
なぜその人にWiMAXを勧めていたのか理由はあまりわかりませんが、本当にその人にそのWiMAXいるの?と思いますよね。
正直なところ悪意しか感じませんでした。

必要か不要か判断が難しい

年配の人というのは、必要か不要かの判断が難しいのです。
基本的にスマホなどの知識に乏しい人が多いため、より多くの機能が利用できるもののほうがいいということを店員は言ってしますわけです。

売る側の立場からすると、その人に欲しいと思わせるかどうかです。
その新しいスマホが欲しいと思わせるかどうかに力を注いでいるのです。

必要か不要かではなく、欲しいと思わせる手法を利用しているわけですね。
結果的に不要なものだけど、欲しいものにすり替わっているのです。

結局のところ不要な機能がたくさん付いているスマホまで購入してしまうという結果になるわけです。

・年配の人には事前に欲しい機能は周囲の人がヒアリング
・買う機種を決めてから店舗に
・オンラインショップなどを利用して、無駄のない買い物も必要

周囲の人がそういうところに力を入れてもらいたいと思います。年配の人は基本的にそのあたりのことはわからないという人が多いわけです。

80歳を超えた人で最新のiPhoneが欲しいと思う人なんてほとんどいません。
基本的には、今ある機能と同じ機能で十分なのです。

年配の人が欲しいと思う機能はどんなものがあるのでしょうか。

LINEができる
写真が撮れる
写真が送れる
メールができる
万歩計が付いている

実はこれくらいの機能しか利用していないのです。ただし動画って見たいですか?とかニュースなどもこうやったら見れるんですよなどというと当然ながら興味を示すわけです。
ただその興味を示す中でも実際に自分ではできないという人が多いわけです。

店員もその人が欲しいといったと言う

店員の立場からすると、その人が欲しいといったというでしょう。
欲しいと言ったから売って何が悪いの?となるわけです。
確かにそれはあるかと思います。
欲しいと言ったわけだから、売りました。契約時に説明もきっちりしました。何が問題なの?と思うわけですが、そもそもそれが問題なのです。

欲しいのと必要なのは違うというところです。
必要な最低限の機能と欲しいものとはまた異なるということになります。

そのあたりは店員も見極めてもらいたいですね。若い人でも最新スマホのすべての機能を使えているわけではありません。
むしろ使っていないのではないかと思います。

家族はどう感じるのでしょうか。家族からすると高額な不必要なものを売られてしまったと思うわけですね。
バックに家族がいるということも店員の人は忘れてはいけません。
本当にその人に必要なのか、不要なのかということは見極める必要があるのです。

その見極めはかなり難しいのですけどね・・・それでも基本的には難しい言葉で相手をせめてたてるということはいけません。
厳しい言葉で相手を攻めることをすると、買ったほうがいいのかなぁ〜なんて思ってしまうわけです。

クーリングオフができる

スマホであったとしてもクーリングオフという制度があります。クーリングオフの制度を利用することで、解約することが可能となっています。
解約することができれば、当然ながらその契約はなかったことになります。

クーリングオフをすることで、実質的にその契約がなかったことになるということであれば、少しは安心できるのではないかと思っています。

クーリングオフ制度というのは、スマホにだけあるものではなく、契約できるものたいていに付いています。
消費者が損をしないような仕組みとなっているのです。

この制度を利用することで、簡単に解約もできるようになるわけですが、基本的にはすぐに解約に行くほうがいいのではないかと思います。

ハイスペックモデルのスマホであれば、電話をかけることも年配の人には難しいかもしれません。設定などを見るということもかなり難しいことになるでしょう。
基本的に使いこなすということは、難しいと思いますので、使いこなす間のクーリングオフをオススメしたいです。

ただし本人がそれを欲しくて購入したという場合は、家族も解約を促すことはやめておきたいですね。それはそれで当然ですが・・・

ガラホや簡単スマホがオススメ

年配の人はガラホや簡単スマホがオススメです。
年配の人でも使いやすいようにかなり工夫されています。そのため年配の人であったとしてもすぐに使いこなすことができます。
簡単スマホには、結構色々な機能が搭載されていますので、普通にLINEなどを行うことも可能です。

しかもそれが簡単に利用することができるので、本当にメリットがあるのではないかと思っています。

ドコモ F-01M らくらくホン ネットで買い替え機種変更 頭金 なし 事務手数料なし
ドコモはらくらくホンF-01Mを発売します。前モデルのF-01Jから変わらないというコンセプトで発売された機種となっています。 らくらくホンを利用する人というのは、高齢者を意識しています。そのため基本コンセプトというものは変わ...

こちらドコモのらくらくホンですが、このような機種であれば、全く問題なく使いこなすことができるのではないかと思っています。

せっかく買ったスマホが使いこなせないとかかなり悲しいことですからね。使いこなすためには、このようなスマホを利用することをオススメしたいですね。
簡単スマホは、お年寄りにとっては確実にオススメしたい機種の一つです。

✔簡単スマホなら比較的扱いやすい
✔iPhoneも簡単そうで、最近のiPhoneは設定など複雑なことが多い
✔iPhoneも簡単モードなどが本当は欲しい

本当ならiPhoneに簡単モードなどがあれば便利なのに・・・と思った人多いのではないかと思います。

昔のiPhoneなら設定項目も少なかったので、かなり使いやすかったと思いますが、今のiPhoneは残念ながら設定項目が多すぎます。
そのためお年寄りの人が初めて使うにはちょっとむずかしいかと思います。

ahamoなどの有償サポートも出てきた

ahamoというのは、テレビCMなどで見たことはあるけど、結局何をしていいのかわからないという人も結構多いと思います。

そういう人にとっては、ahamoって何?ということをドコモショップで聞いたりする人も多いわけです。

ahamo アハモ ドコモショップでの有償 有料 サポートを開始 WEBお申し込みサポート
2021年4月22日からオンライン専用プランであるahamoの有償サポート「ahamo WEBお申し込みサポート」を開始します。 これに伴い自分自身でahamoに契約できないという人を手助けするというサポートを行うことが可能となります...

こちらを見てもらいたいのですが、ahamoの有償サポートを受けることができるわけです。このようなサービスというのはありがたいサービスです。これなら年配の人でも問題なく契約をすることができるというものです。

✔年配の人でも契約が可能
✔騙されずに契約まで完了ができる

今後オンライン専用のサービスが増えていく中でこのようなサービスがあるということは、かなりメリットがあるのではないかと思っています。

子供同伴の元オンラインショップもあり

【ドコモとソフトバンク、楽天は事務手数料が無料】
オンラインショップは24時間営業で2750円以上なら送料無料です。ネットからスマホを購入する人がかなり増えています。
ドコモオンラインショップで購入する
au Online Shopで購入する
ソフトバンクオンラインショップで購入する
楽天モバイルで購入する

子供に操作をしてもらう前提で、オンラインショップで購入することはどうでしょうか?オンラインショップであれば、余計な契約になることもありません。

基本的には自分で操作して行いますので、全く問題ありません。たいていの会社がチャットサービスなどを併設していますので、サポートしながらオンラインショップで購入することが可能となっているのです。
70歳を超えてスマホの契約をするということは、本当に微妙です。
ある程度の年齢を超えると変化に弱くなります。そのため変化をしない今のままでいいと感じる人が非常に増えるのです。
70歳を超えるような人であれば、お子さんも30代から40代くらいでしょう。まだ現役バリバリなので、ネットを利用することも問題ありません。
ぜひこれらを使えるように検討してもらいたいと思いますね。

✔子供同伴の元でオンラインショップが間違いないかも

やはりオンラインショップを利用することで、余計なコンテンツ加入などは基本的にありません。
それだけでもかなりメリットがあることだと思っています。

基本的には、コンテンツへの加入を進められたとしても、それが必要かとうか判断して契約するということが非常に重要な要素となっています。

本当に必要なものかどうかは子供が判断してもいいと思います。この場合70代以上の年配の方の子供ということで、30歳以上くらいの人を想定しています。
やはりコンテンツなど毎月の支払いに関わるものというのは、お子さんがきっちり管理されたほうが間違いないかと思いますね。

日本ではスマホが売れない 買う人が少なくなる 年配の方々への施策だけが厚くなった?

今日は携帯情報でちょっと好きなことを話してみたいというふうに思います。最近非常にスマートフォンの価格が値上がりしているので非常に購入しづらいと言う風に感じている人もかなり多いのかなと言うふうに思います。過去にはドコモウィズと呼ばれる施策があって、かなり安価に購入することが、できました。

最近ドコモの機種は非常に高くなっており、購入することがかなり家計を逼迫している家もあるのではないかというふうに思います。

ドコモウィズと呼ばれる施策は、2019年5月31日までの施策となっていたのですが、それまではかなりのスマートフォンが売れていたというふうに思います。ただし残念ながら2019年6月1日以降に、ギガホとギガライトと呼ばれる新しい料金プランになりました。

この新しい料金プランになり、、本来であれば4割の通信費の削減が行われるはずでしたが、実際に端末代金を支払っているヒトは価格が安価になります。そうでない人に関しては、実はあまりおいしい施策と言えるわけではありません。

本来であればメーカー含めたキャリアは、端末の販売を行いたいはずです。それは代理店も販売台数を伸ばすことにより、販売奨励金がもらえるので、売り上げにもかなり寄与したというふうに思います。しかしながら新しいプランは、長く持つことで、スマートフォンの毎月の維持費を下げることが目的となっているため、残念ながら定期的に新しいスマートフォンを購入する人にとっては、残念ながらあまりおいしい施策とは言えません。

MNPのキャッシュバックもなくなる

MNPのキャッシュバックに関しても今後は、間違いなく減らされる傾向にあり、2019年10月1日より新しい法律が施行されたことによって、スマートフォンのキャッシュバックの上限が2万になってしまうという残念な状態になりました。

このような状態でスマートフォンが今後販売し続けることができるのでしょうか。確実に販売することが難しくなってきているのではないかというふうに思います。そのため1人あたりの機種変更にかかる期間と言うものがどんどん伸びている現状があります。昔は2年にいちどの機種変更が当たり前の時代がありましたが、2017年か2018年頃からスマートフォンの寿命も延びてきたこともあり、同じ機種を3年以上利用する人も増えてきました。同じ機種を3年も使うとどういうことになるのかということですが、先程のギガホもしくはギガライト、それらのプランを契約していない人は、通常であれば2年経過した後に毎月の通信費の値上げが行われます。それが今では、先程お伝えしたギガホ、ギガライトに契約しているひとは、2年以上を経過するに関わらず、毎月の維持費を下げることができるようになりました。しかしながら端末に対する値引きが一切無いため、端末代金は本来の通信費とプラスアルファで支払う必要が出てきました。そういうこともあり残念ながら端末代金が高額になってしまうという事態になってしまいました。これは端末の値引きがなくなったことにより、本来あるべき通信プランになったということにほかなりません。

ただし本来これでいいのかと言うふうに感じます。過去にはスマートフォンをナンバーポータビリティーで契約した場合に、高額のキャッシュバックをゲットしてるヒトガ人がかなり多くいました。そのおいしい思いをしてる人にとっては、いまの施策というのは残念しかないわけです。となればそれが本来であればメーカーからスマートフォンを購入していた人なんですが、そういう状況になりスマートフォンを購入しなくなります。単純にそういう方々というのは数百万人いると思われますのでむかは数百万人気者顧客が、奪われたということになります。

ある意味、ナンバーポータビリティーの施策が、継続的に行われているとメーカーの人達はその恩恵にあずかりスマートフォンの販売台数は過去と含めても今もまだまだ伸びていたものと思われます。しかしながら今は残念なくらい携帯電話は売れません。

総務省は本当に今の状態が正しいと思っているのか

このようなこともあり本来であればキャッシュバックがあったにもかかわらず、そのキャッシュバックを減らされたことで契約する人がかなり少なくなってしまいました。これは経済の循環という意味で本当にいいことなのでしょうか。総務省含めてこの安くするという施策は、国が発信しているということがしてるヒトも多いかと思います。当然ながらこれらの権限というのは総務省になるため、総務省の方々はこの案件が本来正しい方向に導かれているという風に感じている人はどれくらいいるのでしょうか。
エンドユーザーいわゆる日本国民は少しでもスマートフォンを安く購入したいと考えてる人のほうが多いのかというふうに思います。
しかしながらスマートフォンを安く購入したいと思っている人たちというのは、いわゆる消費者世代の人たちです。年配の方々というのは、スマートフォンでなくてもいいガラケーでもいい、ということで新しいものに対して購入しようとおもうひとが多いというわけではありません。
おそらく国は、そういう方々を敵に回してしまうのもよくないと考えたため、トータル的に年配の方々に有利なプランを出すように、キャリアに料理させたのではないかというふうに思います。実は、経済よりも選挙で勝つための施策いわゆるお年寄りの方々の施策を重要視したのではないかというふうに私は思っています。

それが悪いというわけではないのですが、メーカーとしてはたまったものではありません。資本主義に関していえば、国が経済の発展に寄与することがあったとしても、メーカーもしくは代理店が販売しづらい状況を作ってしまっているという現状があります。

正直なところこの施策が継続的に行われると、メーカーは日本での販売だけではなくやはり海外へ足を延ばす必要も出てくるわけです。もともと日本はガラパゴスと言われていたように、経済発展を求めるような施策を国が出してきた、そしてキャッシュバックを減らしてきた、実際には世界的な流れもこのような形のような流れになってきているようですが、販売奨励金を高額にしたり、キャッシュバックを高額にするのは、キャリア側の責任のもと実施しているわけです。そういうこともありキャリア負担で実施している施策を止めてしまっているという残念な状況が生まれているわけです。

もう少し国は、消費者世代へ寝よう向けてほしいものですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました