ソフトバンク ブラックリスト 【短期解約】 与信 信用 審査はかなり厳しく 契約出来ない人も多い

 
事務手数料が無料のオンラインショップドコモ公式オンラインショップ上記クリックで、ドコモオンラインショップ公式サイトに遷移します。ソフトバンク公式オンラインショップ上記クリックで、ソフトバンクオンラインショップ公式サイトに遷移します。楽天モバイル公式オンラインショップ上記クリックで、楽天モバイルオンラインショップ公式サイトに遷移します。ワイモバイル公式オンラインショップ上記クリックで、ワイモバイルオンラインショップ公式サイトに遷移します。

ソフトバンクの審査はかなり厳しい審査になってきていることは知っていますでしょうか?

ソフトバンクに契約したくても契約できないという人がかなり増えています。

友だち追加
こちら登録無料で友達登録頂くことで、割引情報などを配信いたします。

ソフトバンクは本当にいい会社です。契約できないということもあるかもしれませんが、基本的に契約できますので、一度契約してみるのはどうでしょうか?

 

ブラックリストに入る条件

ブラックリスト入する条件に関してお伝えしたいと思います。

ソフトバンクに契約したが、短期解約したことが過去にある場合
○スマホのローン(割賦)が払えていない場合
○契約者が未成年の場合
○本人確認書類が整っていない場合
○MNP時にMNP予約番号の期限切れがある場合
○ローンや借金の滞納や未納が他社でもある場合(携帯電話会社以外も含まれる)
○1人あたりでソフトバンクを契約できる上限を超えている場合
○本人名義以外で契約する場合

これらの条件の時にブラックリスト入します。普通の人であればブラックリスト入することはありません。



スマホ乗り換え.comという会社は機種変更でもキャッシュバックをもらうことが可能な会社となっています。

そのためスマホ乗り換え.comを利用する会社は結構最近増えているのです。

スマホ乗り換え.comを一度検討いただければと思います。

iPhone14/iPhone14Pro /14ProMAX のりかえ MNP 機種変更でも必ずキャッシュバック
iPhone14シリーズの購入で必ずキャッシュバックをもらえるキャンペーンを実施しています。こちら登録無料で友達登録頂くことで、割引情報などを配信いたします。通常機種変更ではキャッシュバックをもらうことは難しいと思いますが、キャッシュバック

こちら詳しく掲載されているページがありますので、こちらも合わせてご確認いただければと思います。

スマホ乗り換え.comは相談無料
スマホ乗り換え.comでの問い合わせで詳細を確認
○条件があえば購入で問題なし
○条件が合わないなら購入する必要なし

このようにスマホ乗り換え.comへの問い合わせは無料となっていますので、ぜひ検討してもらいたいと思います。

短期解約

短期解約というのは、ソフトバンクを以前に契約をしたことがあるが、すぐに解約した場合です。

現状では短期解約の条件も厳しくなっています。

○211日以上の契約
○211日未満の解約でブラックに

一応211日は契約しておきたいということになります。

昔はiPhoneの契約であれば、1年以上の契約が必須などと言われておりましたが、iPhoneの契約に関わらず、211日未満での解約は問題ありということです。

実はこの日数を知りたいという人が結構多いのではないかと思います。

なぜ短期解約は問題があるのか?ということですが、ソフトバンクは新規で契約をするタイミングで、結構な経費を使って契約をしているのです。

それこそキャッシュバックや端末の割引などを行っているケースも非常に多いです。

そういうこともあり、短期で解約されるとソフトバンクとしては、毎月の収入が減るわけです。

初めに払ったキャッシュバックなどを回収することなく、解約されてしまうと、ソフトバンクとしては結構辛いので、短期解約を1度でもした顧客というのは、2回目も同じようなことをしてしまうと判定されてしまうわけです。

ある意味やむなしのことかもしれませんが、このように一度短期解約をすると、2回目から購入することが難しくなる可能性があります。

一度ソフトバンクに契約をしたら、すぐの解約はやめておくほうがいいと思いますね。

ブラックリストにならないためのポイント

1.iPhoneを契約したら1年以上は維持
2.Androidを契約したら211日以上は維持
3.料金の支払いを行わない。
4.短期間での機種変更

これらがポイントになります。ソフトバンクに契約するということはそれなりに契約を長期に持っておく必要があるということです。

ただしあくまでこれは基準なので、この基準を満たしていなくても契約出来ることもあると思います。これも1回だけでは大丈夫かもしれません。

またソフトバンクはポイント制度というものを取っているようで、○○をすると何点、○○をすると何点というふうにポイントがついていくようです。

そして合計がある一定の基準を超えるとブラック判定ということになるようです。

ソフトバンクでブラックになった 総合的判断で契約出来ないと判定 何故?

これが総合的判断で契約が出来ないということです。

総合的な判断ということはどういうことでしょうか。基本的に初めて契約する場合はソフトバンクでも契約は可能です。

それが1度解約、2度解約するうちにソフトバンクが、この人はソフトバンクと契約する時にはある程度定期的に解約を繰り返す人いう風に判断するわけです。

通常解約するときというのは、電波に不満があったり対応に不満があったりでやめるわけですが、MNPで儲けることを繰り返すことにより、儲ける人もいるわけです。

そう考えるとまた戻ってくるけど携帯を使わないという人いわゆる寝かしの人も多くいるわけですね。

そういう人たちには契約させないという判断がソフトバンクにもあるわけです。

少し残念ですが、ソフトバンクの審査に落とされている人も結構いるようなので、気をつけておいたほうがいいでしょう。

一度審査に落ちると?

女の子

人によっては半年、長い人によっては1年間は契約が出来ません。

ソフトバンクの判定は日々厳しくなってきているということなので、本当に気をつけたほうがいいと思います。

いわゆる喪明けというものとなります。

今のところ楽天モバイルが一番審査が甘いといわれておりますが、以下の通りでしょう。

楽天モバイル<au<ドコモ<ソフトバンク、ワイモバイル

ソフトバンクとワイモバイルは現在同じ会社が運営しているので、審査機関もほぼ統一されていると思われます。

よってこのような図になるわけですが、ソフトバンクの審査に通れば、まず他社の審査は落ちないと思います。

それでもソフトバンクの場合1度でも短期解約があると、ブラックになる可能性が高いので、短期解約はやめておいたほうがいいと思いますね。

少なくとも半年以上は維持したいと思います。半年維持することで、ソフトバンクのブラックは消えるかと思います。

正直なところ、ブラックリストに入るという確率は今少ないのではないかと思います。その理由は、短期間で解約するほど美味しい案件がないということです。

✔ブラックリストの内容によっては契約できるようになる
✔ブラックリストに入っても、根気よく契約をしていたら問題なし

最近は機種変更を短期間でする人が減った

最近では短期間で機種変更を行う人というのは、非常に少なくなりました。そのためブラックリストに入る人というのは、非常に少なくなってきたイメージです。
それは端末代金自体が値上がりしたということも理由の一つかと思います。
スマホが値上がりしたことにより、MNPを行うメリットというものも非常に少なくなったのです。
MNPを行うことで今までは利益をあげていた人も、2019年あたりから非常に少なくなりました。
新しいiPhoneが発売され半年後にiPhoneが値下がりするタイミングで買う人も多かったわけですが、最近ではそのような人も非常に少なくなりました。
iPhoneのイメージが強いソフトバンクであったとしても、iPhoneは高くて売れないという状況が続いており、ブラックリスト入する人も非常に少なくなったという印象ですね。

✔分離プランが一般化し、短期間での解約などをする人も減ってきた
✔MNPをしてもさほどメリットがないという人は、かなりお得

ワイモバイルも同様の判定に

女の子

ワイモバイルも同様の判定が行われるようですね。

ワイモバイルでもソフトバンクと同様のブラック判定が行われるということになりますので、基本的に211日以上ワイモバイルと契約し続けないと駄目ということになります。

○ワイモバイルもソフトバンクと同様のブラック判定
○ワイモバイルも短期解約は問題

やはり契約をしてすぐに解約をしてしまうというところが最大の問題点となっており、短期解約は決して行ってはいけません。

またもし電波の入りが悪いという場合であれば、改善することもできますので、実際に利用してどうしても不具合などが起きたという場合は、店舗にも相談することをオススメしたいですね。

高額スマホの発売がブラック化を進ませる

高額スマホが最近非常に増えております。

10万円を超えることは当たり前になりつつあり、10万円を超えるとローンの審査も非常に厳しくなります。

10万円を超えるような機種は分割での契約は結構厳しくなる可能性が非常に高いです。

その場合は残念ながら分割での購入ではなく一括での購入となるかと思います。

最近はこのような機種が非常に増えてきており、iPhoneなどでは致し方なしで10万円を切る機種を選択するしか方法がないようですね。

ほしい機種があるけど10万円を超える機種の場合の分割には注意が必要です。

以前は割賦契約が当たり前になっておりましたが、10万円を超える機種で審査が厳しくなり、契約できない可能性がある人は注意が必要ですね。

✔10万円を超えるスマホなら高額スマホ扱いに
✔高額スマホの場合は、ローン審査も厳しくなる
✔10万円までの料金の支払いを行い、10万円未満だけローンを組めば問題なし

高額スマホはローン審査が結構厳しいというのは、簡易審査ではなく、通常審査となるからです。

審査落ちする人は基本的には与信

審査落ちする人というのは、基本的には与信でひっかかる人が非常に多いです。

✔10万円を超える機種の購入をしていないか
✔他社での未納
✔ローンの返済遅延

これらのことをやっている人が審査に落ちる可能性が非常に高いです。
審査に一度落ちてしまうと、先程半年から1年と記載しましたが、審査する種類によっては、さらに長期間契約出来ないなんてことも十分考えられます。

審査落ちするとなぜなんだろう?と思う人も多いと思いますが、審査落ちすることで、何がまずかったのか考える期間が与えられると思ってもいいのかも知れません。
基本的に審査落ちはないことなので、あまり気にしなくてもいいと思いますが、契約を断られるには何か原因があると思っておくことをオススメしたいですね。

審査に落ちてしまう人が陥りがちなのは、初めての場合でも審査に落ちてしまうことです。
初めて契約をする場合でも審査に落ちてしまうということは、今までの行いから審査に落ちていますので、そこを見直していく必要があります。

審査落ちするようなことがあれば、一度過去の自分の経歴などを見てもらえればと思います。

それでどのような契約をしてきたのか?というところがわかるのではないかと思います。

喪明けはどれくらいなの?

喪明けに関しては、人によってまちまちなので、正直なところ絶対これで大丈夫というところはいうことができません。

○最低でも半年以上
○1年経過で購入が可能という報告が多い

最低でも半年以上経過しないと喪が開けないと言われております。

喪が開けるということは、契約できるようになるということです。

このあたり人により報告がまちまちで、他社の未納がある場合は1年経過したとしても契約ができません。

基本的な条件をクリアした上での1年以上ということになりますので、いわゆる借金の踏み倒しがないことが条件となります。

ただ世の中には、踏み倒したままにする人もいるようなので、そういう人は永久に契約ができない可能性が高いです。

そういう人は人としてどうかと思いますね。

タイトルとURLをコピーしました
ワイモバイルストア公式UQモバイル公式キャッシュバック