最低維持費はauがお得 povo 寝かし 寝かせに最適 適用がなくなってどう?

携帯情報からの最新情報を欲しい方は友達登録お願いします。
友だち追加
ソフトバンクのiPhoneを使う】
ソフトバンクオンラインショップなら事務手数料無料

auはスマホを非常に安価に寝かせることが可能です。

寝かせるということは契約はするが、使わない状態のことを指します。

寝かせるという言葉自体はここ最近はかなり定着しているようです。寝かせることでもスマホの販売代理店は十分利益があがるわけです。

寝かせることにおいては全く問題ありません。

 


スマホを事務手数料無料で買う方法
ソフトバンクのiPhoneを使う】
ソフトバンクオンラインショップなら事務手数料無料

auスマホを買うならオンラインショップ

auのスマホを買うのであれば、間違いなくau Online Shopがオススメです。au Online Shopを利用することで、安くスマホを買うことができるからです。

最近はau Online Shop含めたウェブを利用してスマホを購入する人がかなり増えております。

店舗のように余計な契約に入れさせられることもありません。
基本的には、au Online Shopというのは、自分で好きな契約にだけ入ることが可能なのです。

オプションの有無に関しても自分で決めることができるのです。そういうことであれば、au Online Shopがメリットがあると思っています。

かえトクプログラムを利用する

au かえトクプログラム メリット ほぼ半額 残価設定で 買いやすく スマホ代金が高額になったことを受けての対応
auが「かえトクプログラム」というものを出してきました。このかえトクプログラムというものは、どのようなものなのでしょうか。 今までの購入方法と何が違うのでしょうか? これで安く購入出来るようになったのでしょうか? auはこ...

こちらの情報を見てもらいたいのですが、かえトクプログラムというものを利用することで、少しでも安くauのスマホの購入が可能となります。

スマホ自体の価格は昨今高止まりしており、なかなか購入しづらいなんて人も多いのではないかと思います。

auはこのかえトクプログラムというものを準備しており、これを利用すれば、少しでも安価な価格設定で、iPhone含めたスマホを購入することが可能となります。

✔かえトクプログラムを利用してほぼ半額でスマホをGET
✔かえトクプログラムを利用することで、ほぼ半額で買える
auのスマホはこのプログラムを利用しないともったいない

結局のところスマホを少しでも安く購入するためには、このような施策を利用しないと本当にもったいないのです。

そのため昨今このような施策はauだけではなく、各社から出ております。

それでもauユーザーであれば、確実にこの施策を利用して新型のiPhoneなどの購入を検討いただければと思います。

auのスマホを寝かせるということはどういうこと?

auのスマホを寝かせるということは、どういうことでしょうか。まずは寝かせるということは、契約だけして利用しない状態のことを寝かせるといいます。

それなら毎月の料金が発生するのでは?と思う人も多いと思います。

確かに毎月の利用料金というものは発生します。しかしながら寝かせるだけで、お得なケースも存在するのです。

実はそのようなケースを知らない人というのは、結構多いのです。寝かせて毎月の料金を払ってお得に契約することが可能になるわけです。

ただし2019年10月1日以降はこのような契約をすることが非常に難しくなりました。むしろ使わないともったいないという残念な施策が出てきたのです。それは本当に注意する必要があります。

スマホの割引の上限は2万円 MNP時の違約金は1000円に 乗り換えしやすく
総務省が新しい指針を出してきたようです。 総務省はスマホの販売方法やキャリアの施策に対していろいろ口出ししていることを知っている人は多いかと思います。 キャリアにとっての管轄は総務省であるため、総務省の指針にある程度従う必要があ...

こちら総務省の施策が出てきており、MNP時に回線とセットで販売する場合の端末の割引の上限が2万円となってしまったことにより、実はお得に契約することが難しくなりました。

そもそも寝かせるということは、契約時に高額キャッシュバックをもらい、そのお金を毎月の維持費として差し引くというものです。これに伴い、お得に契約を行うということでしたが、今はキャッシュバックの上限が2万円となったことから、正直なところ寝かせて儲けるということは、非常に難しくなりました。

それでも過去はどうお得だったのかお伝えしたいと思います。またこの2万円割引がなし崩しになった場合、またお得に購入することができるようになると思いますので、ぜひ検討してもらいたいと思います。

購入はauオンラインショップがオススメ

【ドコモとソフトバンクは事務手数料が無料】
オンラインショップは24時間営業で2750円以上なら送料無料です。ネットからスマホを購入する人がかなり増えています。
ドコモオンラインショップで購入する
au Online Shopで購入する
ソフトバンクオンラインショップで購入する

スマホの購入はau Online Shopで購入することをオススメします。
現状では店舗に行くメリットというのは、ほぼありません。店舗は混雑していることもあるかも知れませんので、それなりに待たされるのです。待たされるのであれば、やはり店舗に行くよりネットからスマホを購入するほうが楽で便利です。最短で翌営業日には自宅まで届けてくれますので、それに関しても全く問題ないと思いませんか?

24時間営業となっていますので、メリットは相当なものです。

povoへのMNP移行は非常にお得

povoへのMNPは非常に簡単です。

上記がpovoのホームページとなっています。

こちらからpovoを確認いただければ問題ありません。

最近はauからpovoへ移行する人も非常に多いです。

また他社からpovoへ乗り換えるという人もかなり多くいます。

povoは業界最安値ですから、それだけでもメリットがあるということでしょう。

✔キャリアの中では業界最安値
✔povoはauのエリアなので、安心した品質
povo 2.0 0円 運用 利用時の通信速度はどうなる? トッピングの購入は必須なのか?
povo2.0と呼ばれるプランを聞いたことありませんか? povoというのは、auが出しているオンライン専用の料金プランとなっています。 povo2.0はトッピングシステムを採用 画像引用元:povo povo2.0...

これだけ注意が必要となります。auからpovo2.0へ移行する時は本当に注意が必要となりますので、一度検討してもらいたいですね。

使わないともったいない

ここ最近思うのですが、使い倒せとまではいいませんが、せっかく購入したスマホを寝かせて置いておくということは、本当にもったいないと思います。

それなら普通に利用して普通に使うことをオススメしたいと思います。

寝かせるという考え方は本当に今はなくなってきております。

✔基本的に使うことが前提
✔スマホを使わないで寝かせておくことは本当にもったいない

正直なところ使わないという人は本当にもったいないと思います。寝かせるという人は2021年ではかなり少ないのではないかと思いますね。

2020年12月時点での最安値は以下の通り

スマホを持つことが前提ですが、2020年12月時点では以下の2つのプランではないかと思います。

ピタットプラン 4G LTE 3278円(税込み)
ピタットプラン 5G 3278円(税込み)

これが最安値です。ここに家族割やスマートバリューなどを入れることで更に安くなりますが、単体で契約すると、この価格が最安値となります。
昔に比べると高くなったという印象ではないかと思います。
これらのそれぞれのプランというのは1GB未満の通信しか出来ません。

✔2,980円(税抜)が最安値
✔1GB未満の通信
✔家族割をつければさらに安価になる
✔2年縛りを外すと170円これよりも高くなる

最低維持費というのは、正直なところかなり高く感じる人も多いと思います。

今はこれが最安値ですが、2021年には新料金プランを出してくると思われますので、さらに安価に維持をすることができるようになるかと思います。

こちらauから新しい料金プランのpovoというものが出てきました。
これはかなりメリットのあるプランです。ここまで利用できると寝かしということはもうありません。
普通に利用できるプランとなっています。

2480円という寝かしていても、全く問題ないレベルの価格となっていますので、相当数の人が契約することは間違いないかと思います。

auのスマホを寝かせるだけでどうお得になったのか?

どういう風にお得かといえば、電話基本料金で寝かせることでお得な場合が多いのです。

ということは、ソフトバンクも維持するだけで結構の額を毎月支払うことになります。

逆にいえば、ソフトバンクは寝かしたい場合はデータプランの10で10契約をすれば、一台あたりの単価が一番安くなります。

そこは実は穴ですね。

ということで、他社はかなりの維持費が発生するのですが、auに関しては維持費が1000円ほどしかかからないのです。

それだけでもかなりお得なことが分かると思います。

その為MNPなどをした時にキャッシュバックの支払いをすることが各社非常に多いと思いますが、auはソフトバンクに比べると負けてしまいます。

その理由はソフトバンクは毎月の維持費から回収出来るので、キャッシュバック額を上げているのですね。

それでも使うことを前提に考えれば、各社それほど大差はありません。

auの場合は、スマートバリューに加入していれば毎月の維持費を下げることが出来るので、スマートバリューを使える人ならauが最も安価であることは間違いありません。

購入するならauが一番お得だと思いますが、どうでしょうか?

とはいうものの、携帯電話つかってなんぼです。

こういうところを使って維持費は抑えたいところです。

結構買うならau Online Shopでもいいような気もします。コンテンツ加入がないので、ある意味最低の維持費で契約出来ることも多いのです。一度こちらも確認いただけるほうがいいと思いますね。

寝かせがいいのかは微妙現在機種によってや契約によって寝かせる金額というものが変わってきております。
実際に契約事にどのプランで寝かせることが一番オトクなのかは販売店の人に聞いてみることが一番オトクです。
寝かせることを知っている人も店員の中にはたくさんいらっしゃいます。
寝かせることを前提に購入しているということもすぐにわかると思いますので、最低維持したい場合はどのプランを選択するのが一番いいのか店員の型も熟知しているのです。

ただpovoが登場することにより、条件はpovoに合わされるということになります。

✔povoは寝かせても2728円の支払いが発生
✔povoなら寝かせる意味はあまりない

毎月の価格はかなり抑えられるものの、povoを寝かせるというメリットはほぼありません。

povoというのは、基本的には使ってナンボの契約になっています。

ただ各社使われたナンボということもあるかと思いますので、povoを利用してトータル的に毎月の料金を抑えるということはできるかもしれません。

他社は寝かせないことが前提

ドコモとソフトバンクは寝かせないことが前提で契約する必要があります。

寝かせないということは使うことが前提です。

実はこれってかなり普通のことですよね・・・

しかしながら使わないことを前提に契約する人も非常に多いわけです。

私自身もそういう契約がいくつかあります。

使わないこと前提で契約することって非常に理不尽ですが、儲かるから仕方ないのです。

しかしながら今の状況では儲かるすべは本当にありません。

今はみんなauに流れると思います。やはり寝かせれるというメリットは素晴らしいですよね。

使うことを考えるほうがいいのか

使うことを前提に考えてみましょう。ここ最近電話はしないけどネットはするという人結構増えてきています。

というかそういう人のほうが多いのではないでしょうか。

そういう人はau Online Shopからの購入をオススメしたいと思います。普通に7GBの契約がこちらなら可能です。

店舗で契約した場合というのは2970円もしくは1870円のかけ放題のプランに加入させられることが多いのです。

いわゆるカケホというプランです。こちらに加入したくないのであれば、間違いなくau Online Shopのほうがオススメですね。

料金プランの選択は当然ながらどちらでも可能です。料金プランなどを考えるとこちらのほうが7GBの契約のほうがお得なのかもしれません。

かけ放題まで入れると結構維持費は高額になります。

寝かせて携帯を所持する人は減った

寝かせて携帯を所持する人は非常に少なくなりました。

携帯電話を寝かせて利用するという人はかなり昔の話になってきました。今は寝かせて使う人というよりも普通にがっつり使うという人のほうが増えてきたように思います。

ただしまだまだ携帯の維持費は高止まりしており、MVNOに流れていく人もかなり増えていることは間違いありません。

携帯電話を寝かすという意味を知らない人もかなり多いと思いますが、結局は安く維持するということは昔のように縛りが色々ありできません。

あえていうならドコモのガラケーやauのガラケーならそれなりに安価に維持をすることが可能ですが、結果的に使うことを目的にして通信費を払っているので、最低維持費に関しては結局キャッシュバックなどをもらっても儲けるということはかなり難しいのです。

今後はトータル的な維持費を下げてくるような施策を実施してくると思われますが、一気に下げるということはしないでしょうね。徐々に値下げを行うことは間違いないと思いますが、それにしても携帯の料金は高止まりしております。それが本当に気になりますね。

寝かせるという考え方は、複数の契約を取りたい代理店などが考えた契約手法です。

本来であれば、不要な契約は減らすべきなのです。それでも代理店は当時1台でも契約がほしかったのです。そういうことからこのような寝かせるという考え方ができてきたわけですね。

ピタットプランで寝かせることが容易に

auからピタットプランが出てきました。それに伴い寝かせることが容易になりました。

ざっくり2000円程度で寝かせることが可能となっております。2000円程度の価格で寝かせることが可能なので、2年間の維持費も5万円程度で寝かせることが可能となります。

かつ1GBの容量は利用することが可能ということで、かなりありがたいプランなのです。

auは最近このような非常に低価格のプランを出してきており、非常に安価に抑えることが可能になっています。

低価格なプランを出してくるということでのメリットは契約者数の確保でしょう。あまりauのスマホを利用しない人にとっては間違いなくお得なプランであることは間違いありません。

これからはピタットプランで寝かせることをオススメしたいですね。ピタットプランは学割にて契約することにより、非常に安価に寝かすことが可能となりました。

携帯情報.コム
ドコモ au ソフトバンク 最新スマホの情報を掲載 iPhone13 Galaxy S21 Xperia 1 Ⅲ

こちらがauの学割となっております。auの学割を利用することで、かなり安価に寝かせることが可能となっております。

ピタットプランというのは2017年から出てきたプランとなっておりますが、2018年以降も寝かせるという人はこのピタットプランに契約することが非常にお得です。

その中でもやはり一番お得なのは学割にて寝かすということです。

これくらいの価格で寝かせることが出来るということはかなりメリットがあるかと思いますね。

スマホを寝かせることはドコモ ソフトバンクでは困難に SIMも定期的に活性化

スマホを寝かせるということはいわゆる最低維持費で寝かすということですが、寝かすということは使わないということです。

使わないということは?

使わないということはどういうことかというと、携帯電話のSIMを抜いて放置しておくことです。

今後というかすでにそれが無意味なことになってきているのです。

ドコモ、ソフトバンク共にMNPしたある条件で契約するとデータ通信プランを外すことが出来ません。

高額な違約金を払えば問題ありませんが、そうでない場合は残念ながらデータ通信契約をする必要があるのです。

データ通信をする必要があるということは、使わないと勿体無いわけですね。

格安SIMよりもMNPで使いながら稼ぐ

格安SIM いわゆるMVNOというものが世の中には存在しますが、使わないと勿体無いSIMが存在する以上使うに越したことはありません。

ドコモ 端末購入サポート 解除料負担 実質14ヶ月契約必要 メリット 対象機種
ドコモから端末購入サポートという施策が出ています。 端末購入サポートというのはどのような施策なのでしょうか。 どのような施策なのか知りたい人も多いと思います。端末購入サポートに関しての情報をお伝えしたいと思います。 端末購...

こういう縛りが存在するわけです。よって使わないと勿体ないのです。

その為、MNPを繰り返す人は使えるSIMを大量に保有するわけですね。

使えるSIMを大量に保有するということは、当然ながら使わないと勿体無いです。

IIJmioも最低維持費は安い

IIJmioのiPhone12 /12mini MNP 一括で買える 新品未使用で安い かなりお得に購入できる
IIJmioという会社を知っていますでしょうか? 現在IIJmioではiPhone12及びiPhone12miniというものがかなり安価に販売されております。 MNP限定ですが、MNPで最新のiPhoneを購入しようと思っている...

IIJmioも最低維持費はかなり安いです。

1000円を切る価格で維持することが可能となっていますので、契約をする人が非常に増えているのです。

✔最低維持費が安価な会社は持ちやすい
✔最低維持費で決める人も多い

結局のところスマホを利用することもそうですが、維持費をベースに固定費を下げようとする人が非常に多いです。

昨今MVNOへMNPする人も非常に少なくなりました。

IIJmioはそんな中でももっともMNPの転入先として見られている会社となっています。

ぜひ検討してもらいと思いますね。

寝かせるという考え方がかなり減った

本当に数年前までは端末を寝かせるという言い方はかなり多かったと思いますが、ここ最近寝かせるという言い方をする人は非常に少なくなりました。

とはいうものの、最近では2000円程度でスマホを維持できるようなプランも出てきたことにより、寝かせてもメリットがあるケースというものも出てきました。

ざっくりですが、1年程度利用することができれば、それ以降は純解約をしても問題ないかと思いますので、仮に契約時に3000円払って毎月2000円の維持費ということを考えれば1年目の維持費は27000円ほどです。

そこで解約するとするなら1万円ほどが別途かかるようになるため、トータルで4万円までで解約することが可能です。

その時に端末をGETしていると思いますので、端末の売却益まで考えると儲けられるということも十分にありえるわけです。

最近はめっきりMNP乞食という単語を聞くこともなくなりましたが、少しでも儲かる案件には結果的に顧客がつくわけです。

そういう人はネットでの契約を見逃さずに見ていると思います。

寝かせるという言い方をすることは非常に少なくなりましたが、少なからずメリットはある場合もあるということです。

楽天なら寝かせることが可能

最低維持費 楽天モバイルがお得 寝かし 寝かせに最適 解約料 維持費0円でメリットしかない
楽天モバイルのスマホを契約しようと思っている人も多いと思いますが、楽天モバイルはかなり維持費が安くなるということを知っていますか? 楽天モバイルは今本当にかなりの勢いで契約者数を伸ばしています。 楽天モバイルとは? こちらが楽...

こちら楽天なら寝かせることも可能となります。

相当メリットがありますので、ぜひ楽天を検討いただきたく思います。

最近寝かせることを前提に、楽天モバイルに契約している人も多いと聞きます。

やはり寝かせるということは、昔から安く維持したいという人にとっては本当にありがたいことになっているのではないかと思いますね。

楽天モバイルを利用して寝かせるということをして他社へMNPするという人も非常に多いのです。

ただ6ヶ月間まったく利用していない回線というのは、寝かせていても契約を自動解約されてしまうので、そのあたりは注意が必要となります。

1GB近くまでは毎月きっちり使ったほうが良さそうですね。

電源を入れずに放置というのは、意味がないことなので、そこはやめておくことをオススメしたいと思います。

povoの維持費は0円〜

povo 2.0 0円 運用 利用時の通信速度はどうなる? トッピングの購入は必須なのか?
povo2.0と呼ばれるプランを聞いたことありませんか? povoというのは、auが出しているオンライン専用の料金プランとなっています。 povo2.0はトッピングシステムを採用 画像引用元:povo povo2.0...

povoは維持費が0円から可能となります。

ただこちら上記のURLにも記載しておりますが、基本的には0円といったところで、180日以内に通話の発信などをする必要があります。

トッピングシステムを180日以内に1度だけ購入するということでもいいのではないかと思います。

✔トッピングシステムを定期的に購入で問題なし
✔0円で利用するためには通信速度は128Kbpsに抑えられる

128Kbpsというのは、基本的に遅いという認識はあるものの、テキストメッセージのやり取りであれば、そこまで問題が発生することはないかと思います。

そのためテキストをメインにやり取りする場合は、そこまで問題になることはないかと思います。

タイトルとURLをコピーしました