携帯電話の最低維持費はauがお得 寝かし 寝かせに最適 適用がなくなってどう?

auはスマホを非常に安価に寝かせることが可能です。

寝かせるということは契約はするが、使わない状態のことを指します。

寝かせるという言葉自体はここ最近はかなり定着しているようです。寝かせることでもスマホの販売代理店は十分利益があがるわけです。

寝かせることにおいては全く問題ありません。

auのスマホを寝かせるということはどういうこと?

auのスマホを寝かせるということは、どういうことでしょうか。まずは寝かせるということは、契約だけして利用しない状態のことを寝かせるといいます。

それなら毎月の料金が発生するのでは?と思う人も多いと思います。

確かに毎月の利用料金というものは発生します。しかしながら寝かせるだけで、お得なケースも存在するのです。

実はそのようなケースを知らない人というのは、結構多いのです。寝かせて毎月の料金を払ってお得に契約することが可能になるわけです。

ただし2019年10月1日以降はこのような契約をすることが非常に難しくなりました。むしろ使わないともったいないという残念な施策が出てきたのです。それは本当に注意する必要があります。

スマホの割引の上限は2万円 MNP時の違約金は1000円に 乗り換えしやすく

2019年10月21日

こちら総務省の施策が出てきており、MNP時に回線とセットで販売する場合の端末の割引の上限が2万円となってしまったことにより、実はお得に契約することが難しくなりました。

そもそも寝かせるということは、契約時に高額キャッシュバックをもらい、そのお金を毎月の維持費として差し引くというものです。これに伴い、お得に契約を行うということでしたが、今はキャッシュバックの上限が2万円となったことから、正直なところ寝かせて儲けるということは、非常に難しくなりました。

それでも過去はどうお得だったのかお伝えしたいと思います。またこの2万円割引がなし崩しになった場合、またお得に購入することができるようになると思いますので、ぜひ検討してもらいたいと思います。

auのスマホを寝かせるだけでどうお得になったのか?

 

ドコモオンラインショップなら事務手数料が無料でお得
docomo ドコモ au SB ymobileL

どういう風にお得かといえば、電話基本料金で寝かせることでお得な場合が多いのです。

ということは、ソフトバンクも維持するだけで結構の額を毎月支払うことになります。

逆にいえば、ソフトバンクは寝かしたい場合はデータプランの10で10契約をすれば、一台あたりの単価が一番安くなります。

そこは実は穴ですね。

ということで、他社はかなりの維持費が発生するのですが、auに関しては維持費が1000円ほどしかかからないのです。

それだけでもかなりお得なことが分かると思います。

その為MNPなどをした時にキャッシュバックの支払いをすることが各社非常に多いと思いますが、auはソフトバンクに比べると負けてしまいます。

その理由はソフトバンクは毎月の維持費から回収出来るので、キャッシュバック額を上げているのですね。

それでも使うことを前提に考えれば、各社それほど大差はありません。

auの場合は、スマートバリューに加入していれば毎月の維持費を下げることが出来るので、スマートバリューを使える人ならauが最も安価であることは間違いありません。

購入するならauが一番お得だと思いますが、どうでしょうか?

とはいうものの、携帯電話つかってなんぼです。

こういうところを使って維持費は抑えたいところです。

結構買うならau Online Shopでもいいような気もします。コンテンツ加入がないので、ある意味最低の維持費で契約出来ることも多いのです。一度こちらも確認いただけるほうがいいと思いますね。

寝かせがいいのかは微妙
現在機種によってや契約によって寝かせる金額というものが変わってきております。
実際に契約事にどのプランで寝かせることが一番オトクなのかは販売店の人に聞いてみることが一番オトクです。
寝かせることを知っている人も店員の中にはたくさんいらっしゃいます。
寝かせることを前提に購入しているということもすぐにわかると思いますので、最低維持したい場合はどのプランを選択するのが一番いいのか店員の型も熟知しているのです。

 

ドコモオンラインショップなら事務手数料が無料でお得
docomo ドコモ au SB ymobileL

分離プランが出てきて寝かしやすくなった

分離プランというものが出てきたため、最低維持費は1980円でOKとなりました。

分離プランと呼ばれるプランというのは、現在各社が推進しています。auのピタットプランというプランは1980円で、維持できるプランとなっており、価格も安価に維持することが出来るのです。

そのため、毎月の維持費に関してもそこまで気にすることはないでしょう。

ただし毎月割と呼ばれる割引は付きませんので、そこは注意が必要となります。

このように分離プランと呼ばれるプランは、ドコモ、au、ソフトバンク各社出揃ったため、最低維持費はざっくり各社2000円程度となります。

いわゆる寝かせる価格も2000円前後になり、1年で24000円程度の寝かせ費用となります。それがトクか損かは契約時に確認してみる必要がありますね。

それでも実際のところ、MNP時のキャッシュバックなどが出ないので、たいていの場合はお得には寝かすことができなくなってきています。

[adsense1]

他社は寝かせないことが前提

ドコモとソフトバンクは寝かせないことが前提で契約する必要があります。

寝かせないということは使うことが前提です。

実はこれってかなり普通のことですよね・・・

しかしながら使わないことを前提に契約する人も非常に多いわけです。

私自身もそういう契約がいくつかあります。

使わないこと前提で契約することって非常に理不尽ですが、儲かるから仕方ないのです。

しかしながら今の状況では儲かるすべは本当にありません。

今はみんなauに流れると思います。やはり寝かせれるというメリットは素晴らしいですよね。

 

ドコモオンラインショップなら事務手数料が無料でお得
docomo ドコモ au SB ymobileL

使うことを考えるほうがいいのか

使うことを前提に考えてみましょう。ここ最近電話はしないけどネットはするという人結構増えてきています。

というかそういう人のほうが多いのではないでしょうか。

そういう人はau Online Shopからの購入をオススメしたいと思います。普通に7GBの契約がこちらなら可能です。

店舗で契約した場合というのは2700円もしくは1700円のかけ放題のプランに加入させられることが多いのです。

いわゆるカケホというプランです。こちらに加入したくないのであれば、間違いなくau Online Shopのほうがオススメですね。

料金プランの選択は当然ながらどちらでも可能です。料金プランなどを考えるとこちらのほうが7GBの契約のほうがお得なのかもしれません。

 

ドコモオンラインショップなら事務手数料が無料でお得
docomo ドコモ au SB ymobileL

寝かせて携帯を所持する人は減った

寝かせて携帯を所持する人は非常に少なくなりました。

携帯電話を寝かせて利用するという人はかなり昔の話になってきました。今は寝かせて使う人というよりも普通にがっつり使うという人のほうが増えてきたように思います。

ただしまだまだ携帯の維持費は高止まりしており、MVNOに流れていく人もかなり増えていることは間違いありません。

携帯電話を寝かすという意味を知らない人もかなり多いと思いますが、結局は安く維持するということは昔のように縛りが色々ありできません。

あえていうならドコモのガラケーやauのガラケーならそれなりに安価に維持をすることが可能ですが、結果的に使うことを目的にして通信費を払っているので、最低維持費に関しては結局キャッシュバックなどをもらっても儲けるということはかなり難しいのです。

今後はトータル的な維持費を下げてくるような施策を実施してくると思われますが、一気に下げるということはしないでしょうね。徐々に値下げを行うことは間違いないと思いますが、それにしても携帯の料金は高止まりしております。それが本当に気になりますね。

寝かせるという考え方は、複数の契約を取りたい代理店などが考えた契約手法です。

本来であれば、不要な契約は減らすべきなのです。それでも代理店は当時1台でも契約がほしかったのです。そういうことからこのような寝かせるという考え方ができてきたわけですね。

 

ドコモオンラインショップなら事務手数料が無料でお得
docomo ドコモ au SB ymobileL

ピタットプランで寝かせることが容易に

auからピタットプランが出てきました。それに伴い寝かせることが容易になりました。

ざっくり2000円程度で寝かせることが可能となっております。2000円程度の価格で寝かせることが可能なので、2年間の維持費も5万円程度で寝かせることが可能となります。

かつ1GBの容量は利用することが可能ということで、かなりありがたいプランなのです。

auは最近このような非常に低価格のプランを出してきており、非常に安価に抑えることが可能になっています。

低価格なプランを出してくるということでのメリットは契約者数の確保でしょう。あまりauのスマホを利用しない人にとっては間違いなくお得なプランであることは間違いありません。

これからはピタットプランで寝かせることをオススメしたいですね。ピタットプランは学割にて契約することにより、非常に安価に寝かすことが可能となりました。

au 学割発表 学割は0円〜 ピタット学割 フラット学割 で非常にお得に契約可能

2018年12月4日

こちらがauの学割となっております。auの学割を利用することで、かなり安価に寝かせることが可能となっております。

ピタットプランというのは2017年から出てきたプランとなっておりますが、2018年以降も寝かせるという人はこのピタットプランに契約することが非常にお得です。

その中でもやはり一番お得なのは学割にて寝かすということです。

これくらいの価格で寝かせることが出来るということはかなりメリットがあるかと思いますね。

スマホを寝かせることはドコモ ソフトバンクでは困難に SIMも定期的に活性化

スマホを寝かせるということはいわゆる最低維持費で寝かすということですが、寝かすということは使わないということです。

使わないということは?

使わないということはどういうことかというと、携帯電話のSIMを抜いて放置しておくことです。

今後というかすでにそれが無意味なことになってきているのです。

ドコモ、ソフトバンク共にMNPしたある条件で契約するとデータ通信プランを外すことが出来ません。

高額な違約金を払えば問題ありませんが、そうでない場合は残念ながらデータ通信契約をする必要があるのです。

データ通信をする必要があるということは、使わないと勿体無いわけですね。

格安SIMよりもMNPで使いながら稼ぐ

格安SIM いわゆるMVNOというものが世の中には存在しますが、使わないと勿体無いSIMが存在する以上使うに越したことはありません。

ドコモ 端末購入サポート 解除料負担 実質14ヶ月契約必要 メリット 対象機種

2019年5月16日

こういう縛りが存在するわけです。よって使わないと勿体ないのです。

その為、MNPを繰り返す人は使えるSIMを大量に保有するわけですね。

使えるSIMを大量に保有するということは、当然ながら使わないと勿体無いです。

格安SIMはピンポイントに

そういうことで格安SIMの利用はピンポイントになるはずです。むしろ使わない人もいるかも知れません。

わかっていながら使えないという非常に悲しい状況になるのです。

端末を売却するならSIM抜きも

端末の売却を考えるならSIM抜きも検討する人も多いでしょう。

確かにそれはそれで構いません。ただしSIMを抜いて放置しているくらいなら過去に使っていたものに挿して使うことも念頭に入れたほうがいいと思います。

それか安価な白ロムを購入してそれに挿して使うかを検討してもいいでしょう。

モバイルルータ代わりにも

当然ながら大量のSIMがあるならモバイルルータ代わりにも十分なります。

ドコモならモバイルルータ契約なら結構安価に維持することも可能なので、それはそれでいいと思います。

1200円+500円+2円の合計1702円で維持することも可能なのです。

モバイルルータもありでしょうね。ただしmoperaを付ける必要がありますので、本来はもう少し価格がしますが・・・

それでも安価なので、余ったSIMを使うことも考えましょう。

寝かせるという考え方がかなり減った

本当に数年前までは端末を寝かせるという言い方はかなり多かったと思いますが、ここ最近寝かせるという言い方をする人は非常に少なくなりました。

とはいうものの、最近では2000円程度でスマホを維持できるようなプランも出てきたことにより、寝かせてもメリットがあるケースというものも出てきました。

ざっくりですが、1年程度利用することができれば、それ以降は純解約をしても問題ないかと思いますので、仮に契約時に3000円払って毎月2000円の維持費ということを考えれば1年目の維持費は27000円ほどです。

そこで解約するとするなら1万円ほどが別途かかるようになるため、トータルで4万円までで解約することが可能です。

その時に端末をGETしていると思いますので、端末の売却益まで考えると儲けられるということも十分にありえるわけです。

最近はめっきりMNP乞食という単語を聞くこともなくなりましたが、少しでも儲かる案件には結果的に顧客がつくわけです。

そういう人はネットでの契約を見逃さずに見ていると思います。

寝かせるという言い方をすることは非常に少なくなりましたが、少なからずメリットはある場合もあるということです。


動画でスマホを解説

動画でスマホを解説しています。最新スマホの情報を掲載中 チャンネル登録お願いします。



スマホ・ガジェット専門サイト

スマホのガジェットを専門に紹介しているサイトです。海外スマホなどを紹介しているページです。日本ではあまり見ることのできないモデルを発見できるかもしれません。