新型 iPad Pro 5 /miniPro 2021年モデル アイパッドプロ3 11インチ スペック 予想 価格 発売日は?

iPad Proの3世代モデルが2021年にも発売される予定になっていますので、紹介したいと思います。
iPad Proの11インチモデルはまだ2世代しか販売されていないのです。

11インチモデルは正直なところ手軽で非常に使い勝手がいいと思います。

 

iPadPro3世代目はオンラインショップで購入可能

【ドコモとソフトバンク、ワイモバイル、楽天は事務手数料が無料】
オンラインショップは24時間営業で2750円以上なら送料無料です。ネットからスマホを購入する人がかなり増えています。
ドコモオンラインショップで購入する
au Online Shopで購入する
ソフトバンクオンラインショップで購入する
楽天モバイルで購入する
ワイモバイルで購入する

iPadは各社オンラインショップで購入することが可能となっています。

iPad Proはセルラーモデルであれば、オンラインショップから購入することも可能となります。
そのためiPadProのセルラーモデルを購入する人なら、一度はこちらを確認してもいいかと思いますね。

iPad Pro 2021年モデルはどうなる?

iPad Pro 2021年モデルはどのようなモデルになるのでしょうか?

2種類の画面のモデルが販売される

まずは2種類の画面のモデルが販売される予定となっています。

✔12.9インチモデル
✔11インチモデル

この2つのモデルの販売は間違いないでしょう。

それではどのようなモデルになっていくのか見ていきましょう。気になるのはスペックや5Gへの対応などが気になるところではないかと思っています。

CPUはA14Xに

CPUはA14Xになると予想されています。ベースはiPhone12のCPUをベースに製造されているCPUとなりますが、Xが付いていることにより、確実にCPUのスペックは上がるでしょう。

前回のA12とA12Xの能力の差というのは約1.5倍ほどあったことを考えると、A14とA14Xの能力の差も同様に1.5倍程度の能力の差が生まれることになります。

✔iPhone12と比較して、1.5倍の能力の差と予想

能力はかなり高くなると思います。
もともとProシリーズはiPadの中でも能力の高いものという認識ですが、iPadのProシリーズというのは、今回相当能力としては高そうですね。

A14XはM1にも匹敵する能力とも言われており、非常に期待ができるものとなっています。

M1というと、MacBookなどで採用されている最新のCPUとなっていますが、相当高速に動作させることが可能になるということで、市場の期待もかなり大きいです。

✔A14XはM1にも匹敵する能力
✔かなり能力が高く、iPadは超高速動作が可能

iPadを利用してゲームをする人も多くいることや、iPadを仕事に利用する人も多いはずです。プライベートからビジネス用途に至るまで、利用することが可能となっており、遊びやビジネスの幅がかなり広がると予想されます。

RAMの8GBには期待したい

RAMの容量は8GBが予想されております。2020年モデルのiPadProには6GBのRAMが搭載されておりました。

RAMの容量に関してはAppleは正式には公表していませんが、基本的にRAMの容量というのは、年々増えていっています。

iPhone12でもProシリーズは6GBのRAMが搭載されております。

そういうことから考えると、それらよりも大容量のRAMが搭載されると思われます。

✔大容量RAMが搭載の予定
✔8GBあれば数年は十分持つと予想

iPadシリーズというのは、すでに完成形のモデルとなっていると思いますが、容量は大きいほうが間違いなくいいですよね。

5Gへの対応

5Gへの対応は間違いなく行われます。5Gへ対応することにより、かなりの高速インターネットが可能となります。

✔iPhone12で初めて5Gへの対応

ただミリ波への対応が気になるところです。アメリカから販売されているiPhone12はミリ波への対応が行われておりますが、日本モデルのiPhone12はミリ波への対応は行われておりません。
そういうことからミリ波への対応は行われないような気もします。

iPhone12の5Gのエリアはどの程度なのか ドコモ au ソフトバンクのエリアマップを紹介
iPhone12は初めて5Gを採用しておりますが、5Gの通信が行えるエリアというのは、どれくらいあるのでしょうか? そのあたり非常に気になる部分かと思います。 5Gのエリアに関していえば、通常はそこまで広くはありませんが、今後どれくらい...

こちらにiPhone12のエリア情報を掲載しておきます。今後5Gのエリアはどんどん広がっていくと思いますので、かなり期待してもいいと思いますね。

5Gはタブレットでも対応するということであれば、色々な分野への挑戦をすることもできるかと思います。
5Gの通信速度というのは、LANよりも高速通信になることもありますので、今までLANの敷設をする必要があった場所でも5G通信で対応することも可能です。

ただ5Gのエリアに関しては、まだそこまで広くはありませんので、今後どれだけ広がっていくのか?というところが非常に気になる部分ではあるかと思います。

カメラはトリプルカメラか?

カメラはトリプルカメラになる可能性があります。
LiDARの搭載は間違いないかと思います。

iPadを利用して、カメラの撮影などを行う人というのは、かなり多いです。
カメラの撮影を行う人というのは、インストラクターなどの人だと思いますが、そういう分野のiPad利用というのは、かなり広がっています。

きれいな撮影をするというより、スローモーション動画の撮影など、用途は様々です。
生徒さんと画面を共有して見ることができるというiPadは、本当に便利でなくてはならないものとなっています。

トリプルカメラになるならiPhone12と同じような形になるのではないかと予想されます。

✔超広角
✔広角
✔望遠

この3つのカメラを搭載しますが、望遠にはペリスコープなどの採用はないと思います。
ペリスコープはiPhone12s?という次のモデルで採用されるのではないかと思います。

基本的にペリスコープカメラというのは、他社ではすでに採用済ですが、タブレットなどでは採用されている実績というのは、ほとんどないかと思います。

ポートレートモードも非常にきれいに

ポートレートモードというものは、LiDARの搭載により、かなりきれいに撮影することが可能となります。

ポートレートモードもiPadで撮影できるということは、かなりのメリットがあると思います。

✔ポートレートモードで背景をぼかすことが可能
✔被写体をかなりきれいに撮影することができる

せっかく写真撮影をするのであれば、被写体をきれいに撮影したいですからね。そういう意味でもLiDARがついているということは、かなりのメリットであることは間違いありません。

iPadで写真撮影をするということは、大きな画面で写真を見ることができるということで、メリットもかなりあります。

レッスンなどでiPadを利用している人もポートレートモードで撮影すると被写体が浮かび上がるので、かなりきれいに撮影できるのではないかと思います。

ミニLEDが採用

ミニLEDが採用される予定です。これはかなり多くのリーク情報があり、ほぼ間違いないと思います。

似ている言葉にマイクロLEDとありますが、マイクロLEDとは異なります。ミニLEDというのは、バックライトのLEDが小型化されるということです。

✔ミリLEDの搭載によりバックライトが小型化
✔省エネ、画面の薄型に寄与

ミニLEDと通常のLEDのバックライト比較ですが、LEDのほうがかなり大きくなっていると思います。LEDに関していえば相当大きくなっているということなので、どれだけ薄型になるのか?ということがわかるのではないかと思います。

ミニLEDはあくまでバックライト技術であり、まったく新しいディスプレイではない。ディスプレイの後ろに発光体を置いて使う「直下型バックライト」技術の一つだ。

現在の直下型バックライト技術ではLEDを多数並べ、それぞれを制御することで映像の暗いところを明るいところでバックライトの輝度を変える「エリア分割制御」が行なわれている。

ミニLEDは直下型バックライトで使われているLEDをより小型のものにして、数を増やそうというアプローチである。小型になればテレビが薄型になり、光の制御も精密になる。

小型のLEDになるということは、テレビよりも小型の機器、すなわちPCやタブレットにも搭載が可能になる。そうすれば、PC/タブレットでのディスプレイのダイナミックレンジ改善が進み、HDR表現がしやすくなる。MacなどのPCへの採用が……という話はここからくるのだろう。

一方で、搭載しているバックライトの数だけ光るエリアをコントロールしている、というわけではない。現状のミニLEDでは、いくつかのLEDを組み合わせて「エリア」を作る。画像はLGのテレビでの例だが、3万のLEDを搭載しているにもかかわらず、エリアの分割は2,500前後とされている。

引用元:impress

ミニLEDという言葉自体もまだよくわからない人も多いと思います。簡単にいうと画面が薄型コンパクトになる技術であるということくらいを知っておけばいいと思います。

これは有機ELを採用しないスマホにおいて、採用される可能性が非常に高いということなので、今後他社製のスマホも含めて見ておく必要があるのではないかと思います。

Thunderbolt/USB4コネクターが採用

これはかなりありがたいと思う人が多いのではないかと思います。

USB4仕様では2レーンオペレーションにより、既存の40Gbps認証USB Type-Cケーブルにて、転送速度を40Gbpsにまで引き上げられる。また、複数のデータやディスプレイプロトコルを1つのバスで共有し、USB 3.2やUSB 2.0、Thunderbolt 3との互換性を維持するとしている。

引用元:impress

ここまで行くとiPadで何をするの?と思うかもしれませんが、iPadは本当にパソコン代わりのことをしようとしています。それくらいすごい性能になっているのです。

高速データ通信ができるコネクタを採用することで、データのやり取りも容易になると思います。

指紋認証は電源ボタンと共有

指紋認証が採用されることは間違いないでしょう。これはiPadAirでも採用されていたものとなります。

指紋認証は電源ボタンと共有のボタンとなります。電源ボタンと共有の指紋認証ということであれば、他社ではXperiaなどと同じです。

指紋認証機能というのは、コロナの影響もありFaceIDでは困るという人はかなり多くいるのではないかと思います。iPhoneはすべてFaceIDに統一しましたが、今後iPhone13でFaceIDとTouchIDが復活するという動きもあるようです。

iPhone13 /アイフォーン13 /mini Pro MAX 2021年 スペック 予約 比較 違い 発売日などはどうなるの?
iPhone13に関する情報をお伝えしたいと思います。iPhone13が発売される年というのは、2021年となります。 iPhone12の後継モデルになります。iPhone12の後継モデルとして、iPhone12sという名称の機種は恐らく...

こちらにiPhone13のスペックなどを掲載しているページを紹介しておきます。iPhone13で搭載される技術がiPad Proにも搭載されると思われますので、iPadProで搭載されたものは、iPhone13にも採用される可能性が高いということは覚えておくほうがいいと思いますね。

✔指紋認証いわゆるTouchIDは採用
✔マスクをする人が増えたためTouchIDがないと不便

iPad Proは3世代と5世代目

iPadProシリーズというのは11インチの3世代目と、iPadProシリーズの12.9インチの5代目ということになります。

最近の情報ではiPadPro5世代のみしか販売されない可能性があると思います。

iPadPro5世代は12.9インチと大画面モデルとなっています。

✔iPadPro5世代は12.9インチ
✔12.9インチモデルは高額なモデルとなる

価格的にも若干高くなるということは、覚えておいたほうがいいと思います。価格が高くなる理由としては大画面だからということと、最新の技術を詰め込んでいるということです。
最新の技術を詰め込んでいる分どうしても高くなってしまいます。

そのあたりは注意しておく必要があります。

12.9インチのiPadを利用する人というのは、正直なところあまりいません。私はまだ12.9インチのiPadを普段使いしている人は1人しか見たことがありません。
それ以外の人というのは、基本的に11インチのiPadを利用しています。やはり大画面モデルは持ち運びが不便ということなのでしょうか?

iPad Pro 2021年モデルは量産開始

iPad Pro 2021年モデルはすでに量産開始しているようですね。量産開始しており、2021年4月に発売されると見込まれております。

すでに量産が開始されていますので、購入できる時期は近いということになります。
近々販売されるということで、4月には販売店にも並ぶ時は近いのではないかと思っています。

iPadOS15への対応

iOS15 iPadOS15 新機能 発表日 予想 使えなくなる iPhoneやiPadはどんなモデルになるの?
iOS15の情報に関してお伝えしたいと思います。 iPhoneやiPadに搭載されるiOSですが、どんな機能になるのか?非常に楽しみですよね。 iOS15を利用するならiPhone12でも問題なし ...

iPadOS15への採用は間違いないでしょう。iPadOS15では色々なカスタマイズなどを行うことも可能となっており、iPadOS15は基本的には、iOSから派生したOSとなっていますが、iPad用にきっちりとカスタマイズされたOSとなっています。

iPadOSで採用されるのは、ウィジットの拡張機能などが入ると思います。

新機能が採用されることは、かなりありがたいですね。とはいうものの、個人的にはすでにiPadOSというのは、出来上がったOSと思っています。
そういうことを考えると、すでに出来上がったOSに対して、どこをどうカスタマイズできるようなものが増えるのだろう?とも思ってしまいますね。

それでもウィジットの大きさを変更できたりする機能があれば、ウィジットを使い倒したい人にとっては、かなりありがたいのではないかと思います。

発表は2021年4月に行われる予定

新型iPad Proの発表は4月に行われる予定となっています。
例年であれば、3月に行われるということが一般的ですが、4月にずれ込んでいると思われます。

3月23日に発表を行うなんてことも言われておりましたが、4月にiPadの発表が行われる予定となっているようですね。

iPadを利用する人が非常に増えており、タブレットといえば、AndroidタブレットよりもiPadが完全な売れ筋です。
その理由は、やはり使い勝手がいいということと、専用OSを持っているからではないと思います。

iPadOSと呼ばれる独自のOSを持っているということから、利用者にかなりいいOSとなっています。もともとはiOSと同じでしたが、iPadでないとできないことやiPadだからもっとこうしたいというニーズに沿った形で新しいOSが採用されたのではないかと思っています。

基本的にはiPad Proというのはこれから先も販売台数を増やしていくと思われます。年々スペック含めて色々進化しているからだと思いますが、4月に向けて発売を調整していることは間違いありませんので、本当に楽しみですね。

販売のメインはWi-Fiモデルになると予想

各社からiPad Proの販売が開始されると思われますが、売れ筋はWi-Fiモデルになると予想されます。

Wi-Fiモデルであれば、iPhoneのインターネット共有などを利用すればいつでも利用することが可能です。そのためWi-Fiモデルのほうが売れ筋モデルになることは間違いないかと思います。

Wi-Fiモデルのほうが価格が安価であるということもその理由の一つです。

Wi-Fiモデルであったとしても、各社から販売されるので、ドコモ、au、ソフトバンクからの購入もありかと思います。Wi-Fiモデルはネット通販でもかなり販売されますので、そちらから購入する人もかなり多いでしょう。

iPad mini Proも登場?

iPad mini Proと呼ばれるモデルの登場もあるようですね。Proシリーズに仲間が増えるという感じです。

iPad mini Proというのは、8.7インチの画面サイズとなっており、縦長になると言われております。
初期のテスト段階はすでに完了しており、発売は2021年の後半になると予想されております。

✔Proシリーズに新しく仲間入り
✔Proモデルはかなり充実
iPadmini6 アイパッドミニ6 mini 6 スペック 2021年 発売日 価格 デザイン サイズ
iPadmini6に関しての情報を紹介していきたいと思います。iPadminiというのは2019年の前半ではiPadmini5までが販売されております。 iPad mini5は7.9インチというとなっており、iPadminiは人気の高...

こちらにiPadmini6に関して紹介しているページがありますが、ひょっとするとiPadmini6世代目でProシリーズになる可能性は十分にありえるのではないかと思います。

iPadProの投げ売り開始?

iPadProの投げ売りが開始されたようですね。これに伴い2021年4月にも登場する可能性が非常に高いことがわかりました。

iPadProというのは、非常に期待できるモデルとなっていますので、かなりオススメしたいです。

そもそもiPadの利用用途というのは、ここ最近はかなり多岐に渡ります。

1つ前のモデルでも十分だという人もいますが、常に最新モデルを購入する人もいます。

投げ売りが開始されるということで、1つ前のモデルでも十分という人はそちらのモデルを購入するでしょうし、最新のモデルがほしい人は最新のモデルを購入するでしょうね。
私なら最新のモデルの購入をします。

新製品発表会開催 2021年4月20日

Apple Event
Watch the latest Apple keynote stream, and check out the archive of special event announcements for our products and services.

ついにiPadなどの新製品発表会が開催されます。

2021年4月20日ということで、どんな製品が出てくるのか非常に楽しみですね。

今のところこちらで紹介しているiPadProが発表されると言われておりますが、M1が搭載されたMACなどの発表もあると見られております。

他にもAir Tagsも紹介される可能性があるようですね。

AirTags エアータグ Appleが販売予定 紛失防止 どんなものになるの?
Appleは紛失防止に一役を買うAirTagsの販売を2021年3月に行う予定にしているようです。 Jon Prosser氏が2月13日のツイッターでこの件をリークしています。 AirTagsのリーク内容 こちらにリーク記...

こちらがその情報となりますが、新製品発表会では本当に楽しみなものがたくさん発表されることを期待したいところです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました