携帯電話 スマホのカメラ性能は画素数だけではない F値 他にも重要なことが・・・


   ドコモ契約ならドコモ光がお得    

ドコモ光契約でキャッシュバック 通信費が下がる

スマホのカメラの画素数って気になりませんか?

現在日本で発売されている機種の中では最高クラスなのはXPERIAシリーズに搭載されている2070万画素カメラです。

他のモデルが1000万台の中でXPERIAシリーズが2000万という1桁目が違うということはかなりポテンシャルが高いと思う人も多いと思います。

しかしながらカメラは画素数だけでは計れません。

結局ファイルを圧縮する?

iPhoneXs iPhoneXsMAX iPhoneXRの購入



そもそも最高画素数で写真を撮るとファイルサイズがでかすぎませんか?

結局ファイルサイズを下げたカタチで写真を撮るという人が非常に多いと思います。その時点で2000万画素クラスのカメラは不要ということです。

それだけで画素数は落ちるので、せっかく2000万画素で記録出来るのに、それをそもそも放棄しているわけですね。本来ならここですでに2000万画素が不要ということがわかりますよね・・・

となれば記録画質を落としているということは、1000万画素クラスでも十分なので、単純にそれだけで容量は半分になるわけですよね。

実は半分でもまだ大きいくらいです。となれば記録画素数を最低なんかにすれば、当然ながらカメラ本来の画質にこだわることは出来ません。

しかしながら友人などにメールなどで写真を送る人からすれば、画質にこだわらないほうがある意味幸せなわけです。

そして最高画素数でとった写真でもパソコンなどの画面で見れば、当然劣化して見えるはずです。

結局画素数が高いほうがいいということは実はそうではなかったということがわかるわけです。

それならF値などに注意するほうがいいでしょう。

F値は低いほうが、小さいほうが暗室でもキレイに撮れる可能性が高いのです。

iPhone6に搭載されているF値は2.2です。

シャープなどは1.9です。となるとそこだけ見ればシャープの機種のほうがいいということになりますね。

しかしながらそれだけでもないのです。今のデジタル技術はソフト的な観点でカメラを撮る部分もあるので、ハードだけではダメですね。

ハード及びソフトが揃っているときれいな写真が撮れるのです。

それでもやはり画素数は気になるところです。ソニーのカメラはGレンズが使われており、サイバーショットで培った技術が生かされております。

そういう意味では画素数もいいというソニーのカメラはいいのかも知れません。

しかしながらそれだけではないということを覚えておきましょう。

iPhoneXs iPhoneXsMAX iPhoneXRの購入



auからHTV31が発表されました

2015年6月1日追記

画素数ではないといったところで、インカメラは画素数が基本的に200万画素前後です。

そんな中でインカメラの画素数が1000万画素を超える機種が発売されるのです。

au htc J Butterfly3 HTV31 スペックは? 発売日は?

1000万画素を超える機種はこの機種しか日本のキャリアモデルからは発売されません。

200万画素と1000万画素を比べるとさすがに1000万画素のほうが上ですね。

ただし500万画素クラスの機種もあるので、500万画素を超えるとさほど変わらないと思います。

昔はインカメラが30万画素などもありましたが、そこまで低いとかなり汚い画像になっていまいましたね。

基本的に200万画素クラスでそれなりに撮れて、500万画素以上なら普通のカメラと変わりません。

どうせ上を目指すならインカメラも背面カメラと同じくらいのカメラがあれば、非常にいいと思いますね。

特に女性の人はインカメラで楽しむ人も非常に多いと思います。

男性でインカメラにそこまでこだわる人はいないかもしれませんが、女性ならありでしょうね。

iPhoneXs iPhoneXsMAX iPhoneXRの購入



F値が非常に低いのはGALAXY S7

2016年3月31日追記

F値が非常に低いのはGALAXY S7シリーズが非常に低いことで有名です。

GALAXY S7 ギャラクシーS7 /EDGE スペックは? 仕様

こちらを見てもらいたいのですが、GALAXY S7では1.7のF値を採用しております。

そこまで低いF値なら相当綺麗にとれるでしょうね。暗室ではかなり綺麗と思います。

しかしながらGALAXY S6に比べて若干画素数を落としてきました。

このあたりのバランスがかなり難しいのだと思います。

iPhoneXs iPhoneXsMAX iPhoneXRの購入



シャープもF値は低い

実はシャープの機種もF値は低めに設定されているのです。

これからカメラの性能を見る上ではF値というものを参考にすることがいいと思います。

まだまだF値を知っている人は少ないので、F値に関して勉強することもありだと思います。

シャープのF値が低めに設定されていることにより、暗室でのカメラ性能というのは高いでしょう。

今後世の中に出てくるモデルというのは2.0を下回ったモデルがかなり多いと思いますが、2000万画素というのはかなりの排出量です。

これらを聖女していく必要があるでしょう。

iPhoneXs iPhoneXsMAX iPhoneXRの購入



キレイに見えるのは?

2017年2月24日追記

動画 写真 がきれいに撮れる スマホ 2017年 iPhone Android オススメ

こちらにいろいろな機種で撮った動画を入れております。

ここ最近で発売されたスマホなので、かなりキレイに撮れていることは間違いありません。

いわゆる各社のフラッグシップモデルと呼ばれるものから廉価版まで色々出ております。

個人的にはやはりiPhoneといったところではないでしょうか。

ただしiPhoneに関しては画素数が高いというわけではありません。iPhone7ですので実質画素数というのは1200万画素しかないのです。

それでもキレイに動画を撮ることが可能なのです。

個人的にもキレイに撮れているなぁ〜と思われます機種というのはV20です。

こちらはLGの機種ですが、こちらの機種は結構キレイに動画を撮ることが可能なのです。カメラの画素数は1620万画素です。となれば2000万画素クラスのXPERIAはどうでしょうか?

結局のところ画素数だけでないことがわかると思います。画素数もある程度高いとキレイにとることが可能なのですが、結果的にそれだけではないということがわかります。画素数が高い機種だからカメラの能力が高いということはないということは覚えておきたいところですね。

iPhoneXs iPhoneXsMAX iPhoneXRの購入



GALAXY S8のF値が非常に低くかなりすごい

GALAXY S8 /Plus 発表 デザイン 仕様 カメラ 縦長 Infinity Display採用 F値も1.7と非常に低い

GALAXY S8のF値はなんといっても1.7のF値です。かなり低い値になるのです。これくらい低い値ならかなりいいと思います。

相当良さげですね。とはいうものの、まだわたしもこの機種は手元にないので、どれくらいキレイに撮れるのかということはわかりません。

それでもおそらくカメラは画素数だけでは判断出来ないので、このF値ということも非常に重要になっています。

iPhone7のF値は1.8となっており、F値だけでいえば0.1しか変わりませんが、このF値の0.1だけでも結構異なると思います。

F値が2.0の機種とiPhone7の1.8と比較してみましょう。

こちら同じ風景を試しています。夜間の風景なので、なんとなくわかるのではないでしょうか。このように異なるのです。

画素数だけではないことがわかると思いますね。

F値が可変のスマホも登場

F値が可変になるスマホも登場しました。

F値が可変になるということは、明るい場所ではF値は2.xとなり、暗い場所では1.xとなるように自動的に変更するのです。

一眼レフのようなものでオートで撮影するとこのあたりのF値は自動で可変になるのですが、F値が可変になるスマホというのは非常に面白いですね。

それだけで明るい場所での撮影はより明るく、暗い場所での撮影はより暗くなるわけです。このような撮影というのは、本当に必要な撮影方法かと思いますね。

まだそういったカメラにチカラを入れているスマホというのはかなり少なく、今後どんどんチカラを入れてくるものと思われます。

直近ではGALAXY NOTE9などがF値可変のスマホになっております。これはかなりいいと思いますね。

GALAXYシリーズにおいて最高峰のスマホである、GALAXY NOTE9というのは大画面かつSペンを持っています。

Sペンでいろいろな文字を書いたりすることが可能ということもあり、スマホとしてもかなり面白いスマホです。このスマホのカメラ機能強化という点においては本当に素晴らしいものがあるかと思います。一度F値の変更を試してみたいですよね。

ソフトバンクへのMNPで高額キャッシュバックをもらいたい人

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。