当ブログを運営している携帯情報.コムです。 ケータイチャンネルというユーチューブチャンネルを運営し、動画配信にもチャレンジ中です。ぜひチャンネル登録してください。自己紹介はこちらをご確認してみてください。 twitterの運営もしています。

AQUOS R6 アクオスR6 スペック 発売日 動作速度はどうなる? ドコモ au ソフトバンクから発売される?

楽天ハンド新規一括0円4999円ポイント還元 1年間維持費無料はこちら

AQUOSシリーズも色々発売されておりますが、AQUOS RシリーズというRの意味って知っていますか?

・リアリティ
・レスポンス
・リリアビリティ
・ロボティクス

この4つの意味がRシリーズの由来となっています。AQUOSシリーズではZeroシリーズとRシリーズの2つのモデルがフラッグシップモデルという位置づけとなっており、Zeroシリーズはゲームユース向けで、Rシリーズというのは、コミュニケーションユーザー向けとなっています。同じフラッグシップモデルでもコンセプトが違うということは知っていましたか?


※写真はAQUOS R5G

それではどのようなスペックになると予想されるのでしょうか?

 
【ドコモとソフトバンクは事務手数料が無料】
オンラインショップは24時間営業で2750円以上なら送料無料です。ネットからスマホを購入する人がかなり増えています。
ドコモオンラインショップで購入する
au Online Shopで購入する
ソフトバンクオンラインショップで購入する

AQUOS R6のスペックを予想

予想部分がかなり多くあります。またAQUOS R6は2021年に発売されると想定しているため、そのようなスペックとなります。

モデル名AQUOS R6
寸法未定
重さ未定
OSAndroid11
画面サイズ6.5インチ
解像度1440×3120
ディスプレイPro IGZO
プロセッサSnapdragon888
RAM16GB
内蔵ストレージ256GB
microSDあり
前面カメラ未定
背面カメラ未定
WiFi802.11 a, b, g, n, ac,ax
Bluetooth未定
Payment未定
カラーバリエーション未定
バッテリー容量未定
認証センサー指紋認証
LTE未定
センサー類未定
その他未定

現時点では未定部分が非常に多くなっていますが、徐々に明らかになっていくものと思われます。

CPUはSnapdragon888

こちらがSnapdragon888を紹介しているページとなっています。Snapdragon888というのは、2020年12月にも発表されたCPUとなっており、2021年に発売されるフラッグシップモデルを牽引するCPUです。

✔高性能
✔AI能力の向上
✔Snapdragon865より25%速度が向上

これらがSnapdragon888の性能となっています。すでに2020年モデルのSnapdragon865でも高速に動作しますが、当然ながらそれよりも高速に動作しますので、ゲームなどをする人にとっては、かなりオススメのCPUとなります。
基本的にCPUというのは、その機種の価値をほぼ決めるものとなります。

RAMの容量

AQUOS R5Gの時点で12GBのRAMを搭載しているということもあり、それと同等もしくはそれ以上のRAMを搭載することは間違いありません。

RAMも昨今は16GBというスマホに本当にそこまで必要なの?というレベルのモデルも結構販売されております。そういうことを考えると16GB程度までレベルアップするのではないかと思います。
今後OSなどがバージョンアップした時に、大容量のRAMを搭載していると、OSでの対応領域なども広がります。

シャープというのは、Android OneというGoogleが認定したOSのアップデート保証ができるスマホを製造している実績もあり、OSのバージョンアップにも寄与してくれることは間違いないかと思います。
2021年に発売されるモデルでは、Android11で出てくると思いますが、期待したいのはAndroid13くらいまでは期待したいところですね。
実際にそこまで行くかはわかりませんが、シャープならやってくれるのではないかと思っています。

カメラ性能

AQUOS R5Gの時点ですでに3つのカメラとToFカメラが内蔵されております。

まだToFというものを知らない人も結構多いのではないかと思います。奥行きを検知することができるカメラとなっているので、カメラ撮影時にぼかしなどを行うことができるのです。
ぼかしなどを行うことが出来れば相当メリットがあるきれいな写真撮影が可能となります。

AI性能も入っているカメラを搭載しているということになりますので、それぞれがすべて進化するでしょう。

標準カメラのF値はAQUOS R5Gで1.7となっているため、1.6くらいになると思われます。iPhone12Proシリーズでは1.6のF値を採用しており、暗い場所でもきれいに撮影をすることが可能です。ただあまりにもF値が低いとフレアが入ってしまう可能性も十分あるのではないかと思っています。

✔他社と比較してAQUOSシリーズのカメラ性能は遅れているという印象
✔AQUOS R6ではカメラ性能の挽回はきっちり行ってもらいたい
✔カメラが3つではなく、4つ搭載しペリスコープなども搭載してもらいたい

ペリスコープというのは、いわゆる潜望鏡カメラということになり、望遠がさらに望遠になるカメラで25倍とか50倍とかそれくらいの望遠の性能になるカメラです。それくらいのカメラが搭載されると、相当きれいに撮影できるのではないかと思っています。

AQUOS ZEROシリーズとの棲み分け

AQUOS ZEROシリーズと呼ばれるモデルもシャープからは販売されているのですが、完全に棲み分けができていると思います。
AQUOS ZEROシリーズではリフレッシュレートが240Hzという非常に細かいリフレッシュレートのモデルを販売しているのに対して、AQUOS Rシリーズではそこまでのモデルは販売しておりません。

カメラなどもRシリーズではToFを採用するなど、かなり力を入れている印象ですが、ZEROシリーズではまだ3つのカメラしか搭載されていません。
そういう意味でも差別化に関しては完全にできていると推測されます。
差別化されているということで、基本的にはメーカーとしてはメリットのほうが大きいと思います。
Rシリーズでは価格は10万円を超えてきますが、ZEROシリーズの価格はそこまで高くはありません。

別に安価というわけではありませんが、価格を結構落としているという部分では、きっちり差別化ができているのです。

✔AQUOS ZEROシリーズとRシリーズとの差別化は問題なし
✔Rシリーズがフラッグシップモデル
✔ZEROシリーズはゲーミングスマホ

コメント

タイトルとURLをコピーしました