【Pixel8 iPhone14 Xiaomi13T Pro 実質12円】
スマホ乗り換え.com|新規契約・MNPで特典&キャンペーンが目白押しのソフトバンク取扱店
スマホ乗り換え.com(ドットコム)ではソフトバンクへの新規契約・乗り換え(MNP)で最速のキャッシュバックキャンペーンを実施中!全国どこからでも最新の携帯・スマートフォンを簡単&お得に購入できます。累計販売台数50万台超!


【脱サラも可能毎月数十万稼げる商材】
アフィリエイト小遣いレベルから独立まで数十万から数百万まで稼げる
アフィリエイトという言葉を聞いたことある人も多いと思いますが、アフィリエイトをやることで小遣いレベルから起業するレベルまで人によって感じ方は違うと思います。 起業するレベルというのは、専業として仕事をするというレベルとなっています。 ...

スマホで収入を得る 小遣いが稼げる 脱サラも可能な案件を紹介
スマホがあれば小遣いを稼ぐことができるという案件があればかなりメリットがあると思いませんか? スマホ1つで小遣いが稼げるのであれば、相当魅力的だと思います。 しかも数ヶ月必死にやれば、毎月数十万も稼げちゃうという案件があれば興味...

【携帯情報コム公式Instagram】
Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.


IIJmio ブラックリスト 短期解約 次回契約出来なくなる判定期間は?




 

この記事にはPR文言を含んでおります。

IIJmioを利用したいけど、ブラックリストが気になって契約しづらいなんて人もいるのではないかと思います。

IIJmioを契約したいと思っている人も多いと思いますが、IIJmioのブラックリストに関する情報をお伝えしたいと思います。

IIJmioは毎月の料金も安価なので、利用したいという人も結構多いです。


こちら登録無料で友達登録頂くことで、割引情報などを配信いたします。
 

事務手数料が無料のオンラインショップドコモ公式オンラインショップ上記クリックで、ドコモオンラインショップ公式サイトに遷移します。ソフトバンク公式オンラインショップ上記クリックで、ソフトバンクオンラインショップ公式サイトに遷移します。楽天モバイル公式オンラインショップ上記クリックで、楽天モバイルオンラインショップ公式サイトに遷移します。

ブラックリスト判定はない?

ブラックリスト判定はないとIIJmioの公式サイトは実は述べているのです。

こちらIIJmioの公式Twitterとなっています。

そのためブラックリスト入がないのか?といわれると微妙な感じはします。

IIJmioは毎月の維持費は非常に安く、利用したいと思っている人もかなり多いでしょう。

またスマホ自体も非常に安価に購入することが出来ますので、かなりおすすめできる会社であることは間違いありません。

毎月の維持費も安価なので、相当おすすめできる会社であることは間違いありません。

ただ実際にブラックリスト入している人もいるのです。

このような掲載をしないと問題行為となりますので、おそらくこのようなことを掲載していると思いますが、実際に次回から契約できないということもあり、かなり問題になっているようですね。

現時点でのブラックリスト入の条件を出ている情報を元に掲載していきたいと思います。

どれくらいでブラックになるのか?

こちらの方は3ヶ月維持はしているものの、5回線解約したということで、短期解約扱いされたようです。

ただこの場合だと、3ヶ月しか維持していなかったからブラックになったのか5回線解約をしたからブラックになったのかイマイチわからないという人もいるのではないかと思います。

ただ3ヶ月以内の維持では厳しいということはなんとなくわかるかと思います。

3ヶ月以内の解約はブラック?
5回線同時はブラック?

一般的なブラックに関することをお伝えするとすれば、211日以上というものが今のブラックのルールになっているということが一般的です。

そのため半年以上は最低でもIIJmioは契約しておくほうがいいと思います。

はっきりとしたルールはなさそうですが、他社と同じとして考えるのであれば、211日以上の保持は行っておきたいところです。

それ以外のブラックリストの条件

それ以外にもブラックリスト入する条件というものはあります。

一番気になる部分は先程お伝えしている、短期解約部分となりますが、短期解約以外にはいくつかの条件でブラックリスト入することがあるのです。

通話料の支払いを過去に行っていない
過去に契約した時に通話や通信履歴がない
スマホの割賦料金の支払いが行えていない時
契約者が未成年の場合
本人確認書類が整っていない時
のりかえ時のMNP予約番号の有効期限が切れてのりかえを行った場合
他社で未納がある場合(CICに照会)
契約の上限を超えている場合
本人以外で契約をしようとしている場合

少なくともこれらがブラックリストに入る条件となっています。

ブラックリストに入ってもいいことは何一つありません。

今回上記に触れている複数のブラックリスト入の条件に関してですが、このあたりの条件というのは、他社で契約する時も同じ条件となっています。

そのためIIJmioにこれは限った話ではありません。

IIJmio以外の会社で契約した時にもある程度同じルールは適用されますので、注意が必要となります。

IIJmioは安売り購入が出来ないケースがある

IIJmioを少しでも安価に購入したいと思って、キャンペーンの時に安売りで購入しようと思う人も多いのではないかと思います。

ただしIIJmioでは安売り購入することが出来ないケースがあるのです。

それは過去1年にキャンペーンを利用して安売りをした人は残念ながら購入2回目の安売り購入が出来ません。

そのためIIJmioを利用してスマホを安く購入したいと思うのであれば、基本的に1人1回線を1年に1度だけ購入することができるということは覚えておきましょう。

それで安価にスマホを調達することができるのです。

IIJmioにラインナップされているスマホはOPPOやモトローラのAndroidスマホがメインとなっていますが、使うことに対しては全く問題なく利用することが出来ます。

そのため個人的に見てもかなりメリットがあると思います。

使うことに関しても海外製のAndroidスマホというのは、インストールされているものに余計なものがありません。

そのためIIJmioはそれだけでも相当メリットがあるのです。

ぜひIIJmioのスマホの購入を検討してもらいたいと思いますね。

回避されるケースがある

IIJmioでは実際には回避されるケースもあります。

回避されるケースというのは、5回線まるまる契約をして、その後2回線を残し解約するというケースです。

このようなケースであれば、ブラックにならないという噂もありますが、実際にそれを試したという人もまだ少ないと思われますので、実際にどうなるのか?というところは、それを実施したあとに契約をするしか方法がないでしょう。

それでもブラックを回避したいという人は非常に多いと思いますので、そもそも複数契約を行うということは、やめておくほうが無難かもですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
IIJmio公式