ソフトバンク ワイモバイル LINEMO 帯域 バンド帯はどれに対応しているのか?

友だち追加
格安SIMを紹介しています。 初月から120GBのSIMが110円で3ヶ月利用可能!4ヶ月目以降1000円台のプラン変更可能です こちら登録頂ければ幸いです。
友だち追加
こちら友達登録頂くことで、割引情報などを配信いたします。
 

ソフトバンク、ワイモバイル、LINEMOで利用されている帯域に関してお伝えしたいと思います。

ここ最近SIMフリーのスマートフォンを購入しようと思う人も多いと思いますが、LINEMOが非常に安価なので、LINEMOと契約したいと思う人も結構多いかと思います。

そういう人にとっては、LINEMO含めて、ソフトバンク系の帯域がどのようになっているのか?というところを知りたいと思う人も多いと思います。

ネットには色々な情報が出ており、本当なの?と思うかもしれませんが、私も確信を得たほうが間違いないと思い、ソフトバンクに電話をかけて聞きました。

 


ソフトバンク系で利用している帯域

 

バンドLTE周波数帯説明
12.0GHz-2.1GHz主に全国で広く対応しています。
31.7GHz-1.8GHz主にワイモバイル
8900MHz郊外及び山間部で利用されるバンド帯でプラチナバンドと呼ばれる帯域
411.5GHz主にワイモバイル

ネットには色々記載されておりますが、2021年10月21日時点でソフトバンクに問い合わせました。

問い合わせたところ、使われているバンド帯というのは、4つしかないようです。

一応色々参考にしましたが、実際に問い合わせたところ、この4つしかないということなので、間違いないかと思います。

参考:impress

一応このようなサイトも参考として見てみましたが、問い合わせた内容と異なりますが、一応問い合わせた内容が答えだと信じて、こちらに掲載しておきます。

となれば、基本的にB1とB8に対応していれば、ソフトバンク回線は普通に利用できるということになります。

一番いいのは、B1、B3、B8の3つのバンドに対応しているモデルの購入であれば、日本全国で利用可能になるかと思います。

ただあくまでこれは4G回線の話です。5Gはまた別のバンド帯を利用することになりますので、5Gに関して見ていきたいと思います。

✔B1、B3、B8への対応は必須
✔5Gはまた別のバンド帯となる

ただ2021年の時点では4Gに対応していることのほうが重要となりますので、できることなら、このバンド帯を確認いただけるといいのではないでしょうか。

5Gは何が対応している?

5Gというのは、Sub6と呼ばれるものとミリ波と呼ばれる2つのものがあります。

それぞれ周波数が異なり、対応しているかどうかも確認しておく必要があります。

✔Sub6:n77
✔ミリ波:n257

5Gに対応しているかどうかというのは、これもスマホ側の対応によるものとなっていますので、購入時に確認いただく必要があります。

ただ最近はSIMフリースマホに関しても、5G対応をしているものが結構ありますので、あまり問題ないかと思います。

5Gへの対応はミドルレンジクラスでも行われており、2万円前後の機種であったとしても対応されているケースが非常に多いです。

そういうことを考えると、もうそろそろ5G端末の購入は検討してもいいのかもしれません。

SIMだけで契約が可能

SIMだけで契約が可能となります。

SIM単体で契約ができるようになれば、まさに自分の好きな会社を選択することができるようになります。

携帯電話会社 土管屋(電波供給)とは? ドコモ au ソフトバンク スマホ での意味は?
携帯電話の利益がかなりここ最近目立っており本当に儲かる商売なのかなぁ?なんて思う今日このごろですが、携帯電話会社というのは主な仕事としては電波を安定的に供給することと携帯電話の販売などが主な仕事となっております。 その主な仕事ですが、...

こちらを見てもらいたいのですが、本来通信会社というのは、通信だけを提供することが大きな目的です。

当然ながらサービスとして端末の提供も行っていますが、土管のようは役割だけをすることがキャリアの目的なのです。

✔キャリアの目的は通信を滞りなく行うこと
✔通信がしっかりしていれば、顧客はついてくる

基本的にはこのような考え方で、契約をしているわけです。

しかしながら、SIMだけで契約する人というのは、正直なところそこまで多くはありません。

スマホ本体も含めて購入いただくことで、キャリアは儲かるわけです。

SIMフリースマホを買うなら

SIMフリースマホ+ソフトバンク系のSIMを利用するならどうしたらいいのか?というところですが、SIMフリースマホ側の帯域を確認する必要があります。

Xiaomi Poco M3 Pro スペック 価格 日本での発売に期待 SIMフリーでの購入は可能か
Xiaomi Poco M3 ProというモデルがXiaomiから販売されています。 Xiaomiという会社を知っている人もまだ日本では非常に少ないと思いますが、Xiaomiというのは、中国のAppleと呼ばれている会社で、非常に人気...

4G: FDD-LTE Band 1,2,3,4,5,7,8,12,17,20,28,32,66 TDD-LTE Band 38,40,41

例えばこちらのスマホですが、バンドの記載は上記の通りとなっています。

このスマホであれば、ソフトバンクの帯域である、B1、B3、B8に対応しているため、ソフトバンクのエリアであったとしても問題なく使えるかと思います。

SIMフリーモデルを購入する時には、こちらを見ておく必要があります。

SIMフリーモデルのスマホというのは、ここ最近かなり安価なため、購入する人も結構多いです。

私もSIMフリースマホは多数持っていますが、最近のSIMフリースマホは作りがよく、本当にハイスペックモデルとあまり変わらないんじゃないの?と思うレベルのものが多数あります。

今後スマホを購入する時にはSIMフリースマホを購入してもいいのかもしれませんね。

SIMフリーを買うときには必ず確認

SIMフリーのスマホの購入を検討しているのであれば、必ず確認いただきたいと思います。

ここを確認しないと、購入しても利用できない可能性があります。

これは非常に重要なことになりますので、ここを確認せずに購入して利用できないといったところで、キャリア側は解約させてくれません。

✔通信できなかったとしても、解約させてくれない
✔問題なく通信ができることは、事前に確認の必要がある

このあたりも結局のところは自己責任ということになるかと思いますが、自己責任といったところで、そもそも知らないという人も結構多いのです。

そういうことがわからない人は、ショップに行っての契約がベストでしょう。

スマホの世界もそうですが、通信業界というのは、まだまだわからないという人も結構多いのです。

そういうこともあり、自分で確かめるより、店員の誘導で購入すれば、すべて店員の責任にできるのです。

ネットで調べて購入するということは、自己責任とも言われかねませんので、一度ショップに足を運ぶということも重要な要素かと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
LINEMO公式