ドコモオンラインショップは事務手数料無料で契約ができる

携帯電話会社 土管屋(電波供給)としての仕事のみが理想

携帯電話の利益がかなりここ最近目立っており本当に儲かる商売なのかなぁ?なんて思う今日このごろですが、携帯電話会社というのは主な仕事としては電波を安定的に供給することと携帯電話の販売などが主な仕事となっております。

その主な仕事ですが、ここ最近携帯電話の販売が本当に薄くなってきていると思いませんか?

キャッシュバックがなくなる

 

ドコモオンラインショップなら事務手数料が無料でお得
docomo ドコモ au SB ymobileL

キャッシュバックがなくなることにより、契約をしてくれる人が少なくなったというのは大間違いです。

契約してくれる人が少なくなったのではなく、キャッシュバック目当てに契約する人が減っただけなのです。

キャッシュバックの大盤振る舞いというのは基本的にMNPを行った時です。

MNPをしなくても毎月定期的に収入は発生するのです。

キャッシュバックがなくなるということ自体で業界は一極集中していくわけです。

まさに機種変更がメインの世の中になってきたような印象ですね。

 

ドコモオンラインショップなら事務手数料が無料でお得
docomo ドコモ au SB ymobileL

なぜ一極集中?

キャッシュバックがなくなるということは携帯電話の機種を購入するという購買行動を起こす人が少なくなるわけですね。

携帯電話の機種を購入するときにキャッシュバックというものはもらえます。

それがキャッシュバックをもらえないということは機種の変更は行わないのです。

まずここで携帯電話が売れないということが発生します。

しかしながら携帯電話会社には毎月の維持費として課金されているのです。

キャッシュバックがないということは、携帯電話が売れない、携帯電話売れないからメーカーはこまる、当然携帯電話をうる人が減る。携帯電話を売っているのは代理店なので、代理店の人の経営が困るという負のスパイラスになっていくのです。

しかしながら契約者が減るわけではないので、契約者は携帯電話会社に毎月維持費として固定額の支払いを行うのです。

 

ドコモオンラインショップなら事務手数料が無料でお得
docomo ドコモ au SB ymobileL

土管屋という商売

結局今はドコモ、au、ソフトバンクはキャッシュバックを減らした結果土管屋としての仕事に集中しているわけですね。

ショップ運営は基本的に代理店が行うので、直接経営には影響はありません。

それでも毎月土管を使っている利用者が料金を払っているのです。この土管屋という表現はイマイチかもしれませんが、土管を電波に置き換えればわかりやすいと思いますね。

電波さえ供給していたら問題ないわけですね。

そういう意味ではその仕事を専業にするだけで、全く問題ないということがわかります。

そういう目で見るといかにキャリアが儲かっていることがわかると思いませんか?

土管屋ではなく別のサービスも出てきた

現在土管屋という仕事だけではなく、別のサービスもいろいろ展開するようになりました。

やはり光回線による契約の抱え込みでしょう。光回線とのセット割引というのは回線の抱え込みです。これら2つをセットで契約することにより、他社への乗り換えを封じているという側面があります。

契約者としてはあまり美味しいことではありませんが、携帯会社としてはこの抱え込みのサービスというのは非常に有効なのです。

これに伴い機種変更を促して1つのキャリアを長年持たせようとする動きになってきているのです。

このようなサービスというのは、auのスマートバリューというものが出てきて、ソフトバンク光、ドコモ光などが代表的な例となっております。

今後もこのようなサービスは継続するものと思われます。少しでも安く提供しつつも結果的に長期間契約し続けられるということがいいと思います。

土管屋が別の土管屋とタッグを組むといったところでしょうか。

続いてはその土管に水がよく通るようなサービスというものも展開しているのです。

水をよく通すとは?

結局のところ大量のパケットを利用してもらいたいわけです。

そのため大量のパケットを契約できるような契約というものが大量に出てきているのです。

それは動画サービスです。動画サービスなどをユーザーが利用するようになれば、土管に水を通す量が増えるのです。

実際は水ではありませんが、そこを電波が通ることにより、どんどん課金がされていくわけです。

実際に2019年の時点では大容量プランが当たり前になってきたので、そこまで費用がかかるわけではありませんが、ミニマムの契約をすることはほぼなくなってきているのではないかと思います。

やはり映画やドラマなどをスマホで見ることができれば、それに越したことはありません。

そういう観点からも今後もこのような付属サービスというものをどんどん増やしていくことは間違いないでしょう。

ひょっとすると価格ももっと落としてくるかもしれません。

現状で500円以上ということもあり、価格としてはかなり高めです。その価格を安価にすることにより、家族全員が契約するなどということもできるようになるかもしれません。

たった500円ですが、されど500円です。契約する商材によっては1000円近くするものもあります。当然それだけの価値はあるわけですが、これらのサービスというのは今後も伸びていくものと思われます。


動画でスマホを解説

動画でスマホを解説しています。最新スマホの情報を掲載中 チャンネル登録お願いします。



スマホ・ガジェット専門サイト

スマホのガジェットを専門に紹介しているサイトです。海外スマホなどを紹介しているページです。日本ではあまり見ることのできないモデルを発見できるかもしれません。