Google Tensor2 テンソル2 CPUが今後 Pixel7シリーズに搭載されると予想

友だち追加
格安SIMを紹介しています。 初月から120GBのSIMが110円で3ヶ月利用可能!4ヶ月目以降1000円台のプラン変更可能です こちら登録頂ければ幸いです。
友だち追加
こちら友達登録頂くことで、割引情報などを配信いたします。
 

GoogleはTensorと呼ばれるCPUを搭載したPixel6を発表したことは知っている人も多いのではないかと思います。

Tensorと呼ばれるCPUというのは、Googleが独自に開発したCPUとなっており、独自CPUということで、メリットはかなりあるかと思います。

 


Tensorという独自CPU

このTensorという独自CPUは今後Pixelシリーズに搭載されていくものと思われます。

Pixelシリーズというのは、初回販売からすでに数年が経過し、日本での知名度も結構上がってきているのではないかと思います。

そのPixelシリーズで独自のTensorというCPUを搭載しているということから、Android業界に風穴を開けるCPUとなっていることは間違いありません。

Tensor搭載のPixel6が発表されましたが、当然ながらその次に搭載されるのはPixel7になる可能性は非常に高いです。

✔Tensor2はPixel7に搭載される予定
✔TensorはAI性能に優れている
✔Tensorはサムスンが製造
✔TensorにはTitan M2が搭載

GS201という記載がTensor2になるのか

GS201という記載がAndroidにも記述されているようですね。

TensorがGS101という記述となっているようなので、その次のバージョンというのは、Tensor2になるのではないかと言われております。

まさにPixel7が登場し、そこに搭載されるCPUになる可能性が非常に高いと思われます。

Tensorの能力というのは、Snapdragon778Gとほぼ変わらないレベルとも報じられており、Tensor2は当然ながらそれよりも上位の位置づけになると予想されます。

Snapdragon778G ミドルレンジの最新CPUがクアルコムより登場 5G対応も 今後のスマホに期待
Snapdragon778Gと呼ばれるミドルレンジのCPUが発表されております。 Snapdragonというのは、日本で最もメジャーなCPUとなっています。 今回それの最新にあたるSnapdragon778Gと呼ばれるものが発表...

こちらがSnapdragon778Gのスペックに関して記載のあるページとなっています。

今よりも当然ながら高速CPUになるということで、かなり楽しみですね。

引用元:9to5google

Tensorはサムスンが製造?

Tensorはサムスンが製造しているようですね。

そして5nmというプロセスルールで製造されていると言われており、5nmというと現行ではSnapDragon888などが5nmというプロセスルールで製造されていることから、ほぼそれらのCPUと同じくらいの性能ではないかと思われます。

✔5nmという非常に細かいプロセスルール

となれば、Tensor2に関してもサムスンが製造を担う可能性は十分にありえるのではないかと思います。

1年後に最新のCPUとして発表されるのであれば、Tensor2に関しても5nmというプロセスルールになる可能性は非常に高いと思います。

2023年あたりに4nmもしくは、3nmという更に細かいプロセスルールに移行する可能性が高いと思います。

Tensor2は4nm

Tensorは4nmになると最新の情報では伝えられております。

4nmというプロセスルールとなれば、プロセスルールは細かくなりますので、省エネ仕様且つ高速処理が可能となります。

また独自CPUとなりますので、Androidの処理速度はかなり高速になるでしょう。

○プロセスルールは4nmになる
○独自CPUなので、かなり高速処理に

独自CPUというのは、Pixelに向けて製造されていますので、かなり高速処理されるわけです。

セキュリティチップもバージョンアップか

TensorにはTitan M2と呼ばれるセキュリティチップが搭載されています。

このあたりのセキュリティチップのバージョンアップも行うのでしょうか。

セキュリティチップというのは、ハードウェア上でセキュリティに関する情報を担うため、処理も高速になるといわれております。

ソフトウェアで処理するよりも、ハードで処理するほうが通常処理速度が高速になります。

Tensor2でも同様にハードで処理をすると思いますので、処理速度はそれなりに高速になると予想されます。

AMDの技術が搭載

RDNA 2と呼ばれるAMDのアーキテクチャーが搭載される可能性があります。

AMD RDNA™ 2アーキテクチャーは、PlayStation 5やXboxシリーズSとXコンソールなど、次世代PCゲーム・グラフィックスの基盤です。 画期的なRDNAアーキテクチャーが初めて紹介されたのはE3 2019(2019年エレクトロニック・エンターテイメント・エキスポ)で、以来、継続的に進化して次世代ハイパフォーマンス・ゲーミングを先導してきました。 このDNAより、ゲームが駆動され、ゲームが生き生きと蘇ります。これは進化を続けるDNAです。

新しいグラフィック系のアーキテクチャーが搭載されると、ゲームなどはかなり快適に利用することができると予想されます。

ゲームを快適に利用するためには、GPU性能のアップデートは欠かせません。

PixelシリーズはこのTensorを搭載したことで、自社独自のCPUということになりますので、これらの性能に関してもかなりレベルが上がるということになると予想されます。

Pixel7はどんなスマホに?

Google Pixel7 /Pixel7Pro グーグルピクセル7 予約 スペック 発売日はいつになりそう? 5G対応は間違いなく ハイスペックモデルに
Google Pixel7が今後発売されると思われますので、スペックなどを予想しておきたいと思います。 Pixelシリーズというのは、Googleのフラッグシップモデルとなっており、日本での人気もかなり高いモデルとなっています...

Pixel7は2022年に登場するモデルになると予想されております。

✔2022年に登場するモデル
✔Pixel7もさらに革新的な機能を搭載と期待

Pixelシリーズというのは、正直なところ一般大衆化はまだされていないと思います。

しかしながら、その機能などを知った時には普通の人も欲しくなるような機能が盛りだくさんあることはみなさん承知の通りです。

Androidの代名詞といえば、日本ではXperiaではないかと思います。

そのXperiaに搭載されているAndroidという大本を作っているのが、このGoogleなのです。そこがハードもソフトも設計して作っているのであれば、やはりそちらのほうが気になりませんか?

Pixel6もそうですが、これから日本でもPixelシリーズがかなり売れてくるのではないかと思っています。

GooglePixel 7 Pro Android 13が搭載 レンダリング画像が流出
Google Pixel7Proのレンダリング画像が流出しています。 Googleのフラッグシップモデルとなっており、非常に人気の高いモデルの一つとなっています。 日本でも各キャリアから販売される予定となっていますので、相当人気...

こちらにPixel7のレンダリング画像を掲載しておきます。

Pixel7もかなり期待出来るモデルとなっていますので、買う人のかなり多いのではないかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
ワイモバイルストア公式UQモバイル公式キャッシュバック