ソフトバンク ショップ 量販店 新規契約 MNP 機種変更 事務手数料 どれくらいの費用がかかるの?

ソフトバンクで新規、MNP、機種変更を行う場合の事務手数料を紹介したいと思います。
基本的にスマホなどを契約する時というのは、事務手数料が発生します。それは当たり前のこととなりますが、昔は事務手数料も無料でした・・・そんな頃が本当に懐かしいですね。
そんなソフトバンクの事務手数料に関してお伝えしたいと思います。

 
スマホを事務手数料無料で買う方法

各種手続きに伴う事務手数料

2020年12月時点での事務手数料となります。予告なく事務手数料は変更になる可能性もあります。

契約形態 費用(税抜)
新規・MNP(乗り換え) 3,000円
3Gと4G/4G LTEとの変更 3,000円
同世代での機種変更 3,000円

MNPを行う時に他社からソフトバンクに乗り換える場合は3,000円が新規事務手数料として必要になります。

基本的に事務手数料は一律3,000円とおぼえておくといいと思います。

ただしこれは店舗で契約した場合です。店舗というのは量販店、ショップなどを含んだ人を介在して購入した場合の事務手数料が発生します。

費用の請求タイミング

費用の請求タイミングは、初回ご利用料金の請求時に合算されて請求されます。
よって契約月の初回の請求は事務手数料分だけ高く請求されますので、注意が必要となります。

携帯電話を分割で購入していた場合に、機種変更を行った場合は、前の機種の分割の支払いの残金は継続しての支払いとなります。
月月割を組んで契約していた場合は、機種変更を行った前の機種で発生していた月月割は適用されなくなりますので、注意が必要となります。

月月割がまだ残っている人は、最後まで利用した状態で、機種変更を行うほうが間違いなくメリットがありますので、月月割がある場合は、終わった後に機種変更を行うようにしましょう。

✔請求のタイミングは初回請求時となり、高額事務手数料となります。

USIMカードの再発行手数料

USIMカードというのは、いわゆるSIMカードだけを再発行した場合にかかる手数料です。それは3,000円発生し、こちらも初回の利用料金と同じタイミングで合算され請求されます。
USIMカードだけを再発行する時というのは、SIMカードの形状を変更した場合や、なくしてしまった場合に必要となりますが、普通は本体に挿して利用するものとなっていますので、なくすことはないかと思います。
ただSIMカードを外してWi-Fiだけで利用している場合にSIMカードだけなくしてしまったという場合は必要になります。
普通に利用していてUSIMカードが何らかの原因で通信できない状態になってしまった場合は無償交換してくれますので、それは問題ありません。

✔普通の人はUSIM再発行の手数料など発生することはないでしょう。
✔機種変更時なら再発行という位置づけにはなりませんので、不要となります。

3,000円と事務手数料は意外と高額

基本的に人を介在して購入した場合の事務手数料というのは、結構かかります。
意外と高額だと思いませんか?3万円くらいの機種を購入した場合だと10%程度がその事務手数料となるのです。
10%も事務手数料を取られると、やはりなんで?となりますよね。

実はこの事務手数料を無料とする方法があるのです。

ソフトバンクオンラインショップを利用することで、事務手数料が無料となる施策を行っているのです。

これはコロナの影響もあり、店舗に行くことを控えたい人向けの施策となっていますので、限定的な施策かもしれませんし、今後も継続して事務手数料が無料になるのかはまだ今のところ未定ですが、事務手数料が無料になれば、相当なメリットになることは間違いないかと思います。

こちらが、ソフトバンクオンラインショップです。
こちらを介して、購入すると事務手数料がすべての契約でゼロ円となるのです。

ゼロ円に事務手数料がなると、それだけでも相当なメリットになることは間違いないかと思います。
また24時間利用可能となっており、スマホからの購入も可能となります。
そのためソフトバンクオンラインショップを利用する人は年々増えているのです。
今ソフトバンクで販売されている機種であれば、ソフトバンクオンラインショップを利用して購入することも可能となっています。

そういうこともあり、ソフトバンクオンラインショップはかなりメリットのある、オンラインショップとなっており、かなりの人が利用しています。

事務手数料を払うことは結構馬鹿らしい

事務手数料の支払いが発生するとわかっていても、事務手数料の支払いを行うということは、ちょっと馬鹿らしいと感じている人もいるのではないかと思います。
事務手数料の支払いはいわゆる人件費です。ショップ運営を行うための人件費として割り切れば仕方ないかと思います。
当然ですが、店舗では人件費が発生しています。
機種変更などを行えば、当然ながらそれに手を取られますよね。すでに機種変更する時点でスマホに利益を乗せているんじゃないの?と思うかも知れませんが、確かに昔はそういう考え方でスマホに利益を乗せていました。ただし現状ではスマホ1台販売してもその利益というのは、非常に薄いものになっています。
そういうことを考えるとどうしても仕方ないことなのかも知れませんね。

オンラインショップなら最新スマホの予約も可能

ソフトバンクオンラインショップを利用すれば、最新スマホの予約も可能となっています。
iPhoneの予約もソフトバンクオンラインショップを利用して行うことができるので、かなりメリットがあることは間違いありません。
スマホが欲しくても予約するために店舗に行くのは面倒ですからね。そういう時は、ソフトバンクオンラインショップを利用して予約まで行うことをオススメしたいと思います。

ソフトバンクオンラインショップなら予約した機種を発売日に届けてくれるサービスも行っています。発売日に発送されるわけではなく、発売日に自宅まで届けてくれるのです。
それもメリットだと思いませんか?発売日にわざわざ店舗に行くことはないのです。
店舗に行く必要がないため、いつでも予約などを行うことができるのです。

店舗での割引もなくなる

今は店舗で割引購入できることも非常に少なくなりました。その理由は総務省が安売りをしないようにと指導しているからです。
そのため、店舗でわざわざ購入する必要もないのです。機種変更であれば、基本的に定価販売となっています。そのため定価で購入となれば、ソフトバンクオンラインショップでも同じ価格での販売となるのです。
事務手数料がゼロ円になっている分ソフトバンクオンラインショップのほうが安価に購入できる可能性もあるということです。
ソフトバンクオンラインショップではスマホの割引購入などを行う施策を実施していることもあり、メリットがあるケースも結構あるわけです。
そういうこともあり、ソフトバンクオンラインショップを利用する人はどんどん増えています。
最新のiPhoneなどは店舗で購入するメリットもあまりないため、ソフトバンクオンラインショップを利用してどんどんネットを活用してみましょう。
機種変更の場合だと基本的にログインするだけで利用することが可能となっていますので、相当安価に利用することが可能となっています。
それを利用してソフトバンクオンラインショップを活用してみましょう。
少しでも安く買えるほうがお得ですからね。

ワイモバイルへの移行は事務手数料が無料

ソフトバンク ワイモバイル間のMNP 番号そのまま乗り換えの事務手数料がウェブ経由で無料に
ソフトバンクはワイモバイルとのMNPを行った時の事務手数料を無料にすると発表しました。 事務手数料というのは、以前からかかっていましたが、転出手数料までもかかるという、結果的にサブブランドのほうが安価な価格設定をして乗り換えようと思っ...

ワイモバイルへの移行は事務手数料が無料となります。ただしオンラインショップ限定となります。

ワイモバイルストアから契約する人がかなり増えることは間違いないかと思います。
ワイモバイルストアでの契約の事務手数料無料は、2020年の時点でも実施しており、普通に契約するのであれば、ワイモバイルはオンラインストアから契約することがかなりのメリットとなります。
ワイモバイルを利用する人は年々かなり増えてきており、オンラインショップを利用する人もかなり多くいます。
オンラインショップでのメリットというのは、店舗に行く必要がないということも最大のメリットになることは間違いないでしょうね。

量販店の購入は待った

量販店で購入する人は一度立ち止まったほうがいいです。
ソフトバンクオンラインショップの利用を一度検討してみてください。
ソフトバンクオンラインショップは事務手数料がないのです。その分を差し引いて考えた時にどちらがオトクですか?
それを踏まえて検討いただければと思います。

それはMNPだったとしても同じです。MNPで購入しようとしても新規事務手数料は量販店でかかってしまいます。
そのコストがゼロ円になるのです。

どうしても今日中にスマホの購入を検討する人なら大丈夫だと思いますが、別に今日じゃなくても大丈夫という人なら、ソフトバンクオンラインショップを一度検討するということは考えてもいいのかも知れません。
逆に量販店の人にソフトバンクオンラインショップなら事務手数料が無料ですけど、その分安くしてもらえますか?など聞いてもいいのかも知れませんね。
そうしないと結局ソフトバンクオンラインショップのほうがオトクに購入出来てしまう可能性が高いわけです。

意外と高いことがわかった

事務手数料というものが意外と高いということはわかりました。これを削減するためにソフトバンクオンラインショップを利用するわけですが、ソフトバンクオンラインショップのメリットもある程度伝わったかと思います。

スマホを購入するためだけに結構な経費が発生することは抑えたいですよね。
通常ものを購入する時に事務手数料を取られることはありません。事務手数料は通常本体代金に含まれているからです。
それが一般的な売買契約になると思いますが・・・・
ただしこれはソフトバンクに限った話ではなく、どこの会社も同じように事務手数料というものが発生するのです。

それらの削減の取り組みを行うためにオンラインショップというものが存在するわけです。

ソフトバンクオンラインショップを利用して事前にスマホを購入し、今後はSoftbankonLINEへ乗り換える人も結構多いと思います。

LINEMO ラインモ テザリング メリット デメリット 低価格の料金プラン ahamo対抗の施策となるのか
新しいSoftbank on LINEの名称がLINEMOというサービスになりました。 こちら新サービスに関する情報です。こちらを合わせてご確認いただければと思います。 基本的には、ahamoと同じ料金体系になってい...

こちらがSoftbankonLINEとなります。こちらに乗り換えるということをすることで、結構なメリットがあることは知っている人も多いと思います。
事務手数料が発生したとしても毎月の維持費を抑えることができるのであれば、それはそれでメリットですからね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました