アップル 折りたたみのiPhoneをテスト中 Galaxy Foldなどと同じような機種が生まれるのか

アップルは折りたたみのiPhoneが現在テスト中のようですね。
折りたたみというとGalaxy Foldなどの機種でも採用されているので、比較的馴染みもあるのではないかと思います。

 

折りたたみのiPhoneの動画

こちらが折りたたみのiPhoneの動画です。
ここまで折りたたみがきれいにできるのであれば、相当面白いことになるのではないかと思います。
ポケットにも入るサイズのiPhoneとなりますが、実質はiPadということになるのではないかと思います。

文字入力もかなり簡単に行えるようになるかもしれません。
キーボードとして機能するようになるかもしれないのです。これなら卓上でも仕事ができそうですよね。
わざわざハードキーボードを準備する必要はないかもしれません。
昔はiPhoneから赤外線のようなものが表示され、机の上にキーボードが出てくるようなコンセプト動画がありましたが、そんなことをしなくても、折りたたみがあれば、十分ですよね。

こんな感じのものです。結局このようなものは使いづらくて世の中では浸透していないと思いますが、やはりこのようなものはかなり画期的な商品となっていることは間違いありません。
iPhoneならフリック入力などでも十分高速に動かすことができると考えてる人も多いのではないかと思います。

価格は20万円を超えるのでは?

このような折りたたみのスマホというのは、価格は20万円を超えるくらいになると思います。
折り畳めるという技術だけでもある意味すごいわけですが、折りたたみ部分の機構などを考えたり、または強度のテストを行ったりすることがかなり難しいと思います。
今までのスマホにはなかったテストを行う必要があります。

折りたたみ回数も数十万回から数百万回のテストを繰り返すいわゆる耐久試験なんかも行われるわけです。
今までなかったことがテスト項目として増えるのです。
それだけハードを製造するためのテスト項目が増えるということを考えると価格は現行よりも高くなります。
部材調達コストというより、テスト工数が価格に反映されるということになるのではないかと思います。

そもそもiPhoneが1年に1度のレベルで世の中に出てくることもすごいことですが、かなりの人がそれに携わっていることは間違いありません。
基本的にものづくりにおいて、人が携われば携わるほど価格に反映されるのです。そのため20万円を超えるということは、普通に考えられることではないかと思っています。
それでも折りたたみのiPhoneがあれば買いますか?20万円は確実に超えるのではないかと思っています。

購入に値すると思っている人ならすぐにでも購入するでしょうね。ただ新しいもの好きだけど新しすぎて故障の原因になりそうだと考えている人なら躊躇するでしょうね。
あとはいかにこのような新製品に対してお金を払うことができるのか?ということも購入するかどうかのポイントとなるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました