iPhone14 2022年 アイフォン14 予想 スペック 進化 価格 予約 ドコモ au ソフトバンク

MNP一括オススメ案件

MNPで安く買えるスマホを紹介



 
携帯情報コムをフォローする

iPhone14が2022年に発売されます。

iPhone14が発売されるとどのような機種になるのでしょうか?今からかなり期待している人も多いのではないかと思います。

色々噂になる情報も結構出ていますので、紹介していきたいと思います。

 


スマホを事務手数料無料で買う方法
ソフトバンクのiPhoneを使う】
ソフトバンクオンラインショップなら事務手数料無料

iPhone14の予約と購入

※写真はiPhone13Pro

ドコモオンラインショップを利用する人も年々増えています。

ドコモオンラインショップは事務手数料が無料
ドコモオンラインショップは2750円以上の買い物で送料無料
ドコモオンラインショップ待ち時間がゼロ分
ドコモオンラインショップで予約すると発売日に届く

これらがドコモオンラインショップで購入するメリットとなっていますので、今はかなりの人がドコモオンラインショップを利用して購入しています。

au Online Shopから予約を行うことが出来ます。

au Online Shopのメリットをお伝えしておきたいと思います。

au Online Shopは2750円以上の購入で送料無料
au Online Shopは頭金なし
○発売日に自宅まで届く
au Online Shopは24時間営業

基本的に24時間営業となっていますので、いつでも購入することが可能となります。

このようにソフトバンクオンラインショップでも購入するとメリットがありますので、ぜひ検討してもらいたいと思いますね。

CPUはどうなるの?

CPUはA16と呼ばれるCPUとなります。

すでにA16と呼ばれるCPUの製造をTSMCが行っているとも報じられており、このCPUを採用するのではないかと思っています。
A16というのは、3nmという非常に細かいプロセスルールとなっており、現状のA14いわゆるiPhone12に搭載されているCPUよりもさらに細かいプロセスルールとなります。
A14のプロセスルールというのは、5nmということで、すでに細かいプロセスルールを採用しておりますが、さらに細かくなります。
プロセスルールが細かくなるとメリットとしては、バッテリーの消費が少なくなるということでしょう。バッテリーの消費が少なくなることで、iPhone14はさらに省エネのモデルになると思います。

先程TSMCがリスク生産を行っていると報じられている記事ですが、この記事を執筆している時点ではiPhone14のCPUの供給がTSMCに決まったというわけではありませんが、最近のCPUの製造はTSMCが1社独占で行っております。
またリスク生産などを行っているということを考えると、TSMCに内定する可能性は非常に高いと思われます。
Snapdragon系いわゆるAndroidに関しては、Samsungも製造をしたりしていますが、ここ最近はTSMCの製造になっていくものと思われます。

先程3nmというプロセスルールに関しての情報をお伝えしましたが、実際には4nmという情報も出ており、今のところどちらのプロセスルールなのかはまだわかりません。
とにかく目には見えないレベルで製造しているということは、間違いないかと思います。

✔プロセスルールは3nmもしくは4nm
✔TSMCがすでにリスク生産中
✔受注はTSMCが獲得する可能性が非常に高い
TSMCはApple用のCPU 3nmのプロセスルールをリスク生産中 iPhone15あたりでの採用に? A17あたりか
TSMCはApple用のCPUを製造しているメーカーであることは知っている人も多いと思います。 現在TSMCではリスク生産を行っていると報じられており、リスク生産というのは、受注がないのに受注があることを想定して、試作を作り始めるとい...

TSMCというのは、今後もAppleのCPUを製造していくものと予想されております。

現在4nmのリスク生産に向けて動き出していると言われており、A14で搭載されている5nmよりもさらに細かいプロセスルールとなります。

こちらに最新の情報が掲載されていますが、3nmという非常に細かいプロセスルールになるかもしれません。

✔3nmという細かいプロセスルールに
✔iPhone15ではなくiPhone14で実現か?

本当にこれは楽しみですね。とはいうものの、一般の消費者にとっては、そこまでプロセスルールというのは、気にしていないのかもしれませんね。

iPhone14の予想 14Maxなどの大画面が登場すると予想 リフレッシュレートなどはiPhone13と同じ
iPhone14の予想に関して、色々な記事がアップされておりますが、最新の情報をお伝えしたいと思います。iPhone14というのは、2022年にも発売される予定となっていますが、どのようなモデルになるのでしょうか?iPhone14は4つのモ

TSMCが4nmのCPUを開発?

TSMCが2022年に3nmのプロセスルールに A17 CPUで採用 サムスンは2022年6月から量産開始
TSMCが3nmのプロセスルールに移行していくと報じられております。 3nmというのは非常に細かいプロセスルールとなり、まさにCPUの動作速度に関しては、かなり高速になると思われます。 中国版Twitter Weiboの投稿 ...

TSMCが4nmと3nmを開発していますが、A16に搭載されるCPUというのは、4nmではないかと報じられております。

現在TSMCというのは、3nmという次世代のCPUの量産を2022年にしようとしているようですが、それより前に4nmという物を挟んでくる可能性があります。

4nmというだけでも、現行の5nmよりも細かいプロセスルールになりますが、3nmに移行する前段階のものということになるようです。

✔TSMCは4nmのCPUを一旦製造
✔iPhone15あたりで3nmへ移行するのでは?

ただA15というiPhone13に搭載されているCPUと比較して、A16が4nmになった場合、それほど能力は上がらないだろうと言われております。

3nmでもさほど能力が上がるということはなさそうなので、正直なところもうそろそろ限界に近づいているのではないかと予想されます。

ただ今後さらに細かいプロセスルールのモデルが数年後には出てくると思います。

900pmなどの更に細かいプロセスルールになる可能性は十分にありえるかと思います。

A15が継続採用される可能性

A15が継続採用される可能性が高いことがわかりました。

ただこれは機種によってということになります。

○iPhone14:A15
○iPhone14MAX:A15
○iPhone14PRO:A16
○iPhone14PROMAX:A16

PROシリーズはA16という最新のCPUを搭載する可能性が高いことがわかりました。

RAMの容量はどうなる?

RAMの容量はすべてで6GB以上になると予想されます。

iPhone13の時点でProシリーズはすでに6GBを搭載しております。

Proシリーズに関しては8GBのRAMを搭載する可能性も十分にありえます。

Androidはすでに8GBのRAMを搭載しているモデルが非常に多くなっており、部材コストとしても8GBあったとしてもそこまで高額ではないかと予想されます。

✔RAM容量は飛躍的にアップすると予想
✔Proモデルでは8GB以上のRAMが搭載されると予想

正直なところiPhoneも性能からするともう限界まで来ているのでは?と思うレベルです。限界というのは、今のままでいいんじゃないの?と思うレベルです。それでも年々進化していっています。
正直なところハードがそこまで進化してもソフトがついていかないんじゃないの?と思うレベルなのかも知れません。
結構すごいレベルのところまでやってきているような気もしますが・・・

前面画面はカプセル型のカメラが内蔵

iPhone14Proシリーズでは パンチディスプレイとカプセル型のカメラが配置予定?
iPhone14Proシリーズが、今後発売される予定となっていますが、前面ディスプレイはこのような形になると予想されております。 iPhone13まではノッチがあり、動画などを大画面で見ようとしても、ノッチが邪魔という人も結構いたので...

前面画面にはカプセル型のカメラが内蔵すると言われております。

見た目としては、正直なところイマイチではないかと思います。

✔カプセル型のカメラが搭載
✔パンチディスプレイも同時に搭載

正直なところこれはないという感じです。現在Androidでは色々な形状のスマホが販売されておりますが、パンチディスプレイやカメラをディスプレイに内蔵するものなど色々販売されております。

その中で、これは本当にないと思います。

ちょっと残念な限りですね。

iPhoneのカメラ性能

カメラの画素数は4800万画素のカメラがメインカメラとして搭載される予定となっています。

カメラ性能はiPhoneは非常に高いカメラ性能を誇っていますが、iPhone12ではちょっとカメラ性能に関しては落胆した部分があります。

こちらの動画を見てもらいたいのですが、iPhone12ProMAXで撮影した動画となります。
フレアと呼ばれるものが、かなり中に入り込んでいるのです。これはちょっと個人的には残念でしたね。
フレアが入り込むということは、それだけ明るく撮影出来ているということになるのかも知れませんが、やはりフレアが入っているとどうも写りは悪くなります。
写りが悪くなったとしてもiPhoneのカメラはF値が1.6となっているので、相当暗い場所でもかなり明るく撮影することが可能となっているのです。

そこに関しては魅力を感じますが、このあたりの軽減は行ってもらいたいですね。

F値に関しては年々小さくなってきていますので、iPhone14でも十分小さくなることが予想されます。
年々小さくなっているiPhone14では本当にフレアはなくしてもらいたいと思っています。それがなくなれば、確実にメリットがあるというものです。

✔年々カメラ性能が上がっているものの、ゴーストが発生
✔F値が低くなり、暗い場所での撮影時にゴーストにより、台無し

年々カメラ性能が上がっていることは非常にいいことだと思いますが、このような基本的な性能の部分でイマイチになるということは、本当に残念です。
とはいうものの通常の撮影時は全く問題ありません。夜景などを撮影した時にだけゴーストが発生するのです。そのためそこまでナーバスになる必要はないかも知れませんね。

iPhone14用のカメラセンサーは4800万画素に ソニーとTSMCが協業の予定 | iPhone予約
iPhone14に4800万画素のカメラセンサーが付与されることは知っていますでしょうか? iPhone14のカメラセンサーが1200万画素から4800万画素への大幅アップとなりま...

こちらの情報を見てもらいたいのですが、カメラモジュールはTSMCとソニーで製造するようです。

またiPhone14Proシリーズのみが4800万画素になると言われており、かなり高画質であることは間違いありません。

iPhone14の画素数は、1200万画素にとどまる可能性もあります。

2TBのROMの容量のモデルが登場

2TBのモデルが登場する可能性が高いことがわかりました。

iPhone14Proは2TBのROMの搭載の可能性 年々容量アップされる可能性が高い
iPhone13が発売され、次のモデルの噂も色々出てきております。 iPhone13の次に発売されるのはiPhone13s?それともiPhone14になるのか?ということを考えると、気になって寝られないという人もいるのではない...

こちらの情報を見てもらいたいのですが、2TBのモデルの可能性があります。

2TBというとかなりの大容量となりますが、1TBのモデルでもかなりの大容量となりますが、それを超える大容量ということになりますので、かなり期待が持てるでしょう。

ただ価格はどこまで値上がりするのかわかりません。

25万円を超えてくる可能性も十分にありえます。

毎日利用するものであったとしても、25万円を超えるようなガジェットっていりますかね?と思ってしまいます。

それくらい高額になると予想されます。

✔20万円を超えるのは必須
✔25万円を超えてくる可能性も

かなり高額な可能性が高くなりますので、購入するには勇気がいることではないかと思います。

パンチディスプレイの可能性が高い

iPhone 2022年のデザイン判明 パンチホールディスプレイ採用になる可能性が高い
iPhoneの2022年モデルでiPhoneはパンチディスプレイになる可能性を示唆する画像が公開されております。 iPhoneは現在ノッチがあり、どうしてもそれが邪魔であると思っている人も多いはずです。 iPhoneを買うならオ...

こちらの情報を見てもらいたいのですが、パンチディスプレイになる可能性が非常に高いと思います。

✔Androidではすでに一部の機種で採用
✔ノッチがなくなり結構便利になると予想

ノッチがなくなるので、結構便利になると思います。

ノッチがあるとどうしても動画の端っこ部分などが切れてしまうことがあります。
それがありませんので、かなりのメリットになるかと思いますね。

これは個人的に見ても相当オススメできると思います。

価格は?

こちらに価格の情報がTwitterに投稿されております。

iPhone14とiPhone14MAXの価格情報 799ドルからとiPhone13と同じ価格帯に
iPhone14とiPhone14MAXの価格情報が出てきております。 iPhone14とiPhone14MAXの価格はiPhone13と同じ価格帯になる可能性があります。 iPhone14の価格 こちらに価格情報...

こちらに詳しく情報を掲載しておきますので、こちらも合わせてご確認いただければと思います。

価格的には、iPhone13と同じくらいの価格設定であれば、ありかと思います。

✔価格設定としてはiPhone13と価格は同じレベル
✔価格はそこまで高額ではない

また最新の価格情報が出てきました。

6.1″ Apple iPhone 14: $799
6.7″ Apple iPhone 14 Max: $899
6.1″ Apple iPhone 14 Pro: $1099
6.7″ Apple iPhone 14 Pro Max: $1199

こちらが価格情報となりますが、基本的には、価格はiPhone13と比較してもそこまで変わらないレベルではないかと思います。

引用元:phonearena

こちらに価格情報が掲載されておりますが、グローバル価格となっており、日本で販売されるモデルの価格はまた異なります。

日本もiPhone13とほぼ同じ価格になると思われますが、2022年モデルはiPhone14MAXと呼ばれるモデルの販売があるのです。;

iPhone14MAX 大画面モデル スペック 価格 Proモデルではなく 通常モデルで6.7インチになると予想
iPhone14の時点でiPhone14MAXと呼ばれるモデルの販売がある可能性が高いことがわかりました。 iPhone14というのは、今のところ2022年に発売されるiPhoneとなっています。 iPhoneの購入ならオン...

こちらにiPhone14MAXに関する情報を掲載しておきますが、こちらの価格は899ドルからということになります。

ペリスコープカメラの搭載

ペリスコープカメラと呼ばれるカメラが搭載される可能性が非常に高いです。これにより、20倍以上のズームにも対応することが可能となっています。

すでにAndroidのスマホではペリスコープカメラが搭載されているモデルというものが多数販売されております。価格はかなり高額な機種が多いですが、ペリスコープカメラが搭載されると、望遠時の倍率をかなり上げることが可能となっています。
iPhoneの望遠性能というのは、正直なところそこまで高いとは思いません。それがペリスコープカメラを搭載するとかなり望遠性能が上がります。

iPhone12の時点でProMAXで写真撮影時12倍でビデオ撮影時は7倍のズーム性能です。
その性能が、さらに上がればかなり期待できると思いませんか?

✔ペリスコープカメラの登場で望遠性能がかなりアップ
✔20倍以上の倍率を持ったカメラに

本当にペリスコープカメラは期待できるカメラとなっていますので、個人的に見てもかなり期待できるのではないかと思っています。

この噂は本当にそうなると予想されております。ペリスコープカメラが搭載されているスマホはかなり多くありますので、iPhoneでも本当にこれは搭載されることはほぼ間違いないかと思います。
ペリスコープといってもまだ知らない人も多いと思いますが、ペリスコープはいわゆる潜望鏡となります。潜望鏡カメラということで、望遠に優れているということがそれから読み取れるわけです。

ペリスコープカメラの搭載は、以前から言われているものです。これさえあれば、望遠撮影が可能となりますので、相当メリットが出てくると予想されます。

リフレッシュレートは120Hzに

リフレッシュレートという言葉聞いたことありますか?

ゲーミング Android スマホ 素早い動きや通知もない ゲームをすることに特化したスマホ リフレッシュレートなどがポイント
ゲーミングスマホというジャンルを知っていますか?なかなかゲーミングスマホといってもピンとこない人もいるのではないかと思っています。 なぜゲーミングスマホというものは、ピンとこないのか?ということですが、やはりスマホゲームをするというこ...

リフレッシュレートというのは、画面が1秒間に何回画面変更ができるのか?ということになります。

要するにリフレッシュレートが120Hzの場合1分間に120回画面を変更することができるということになります。

✔高いほうが画面変更の速度が早い
✔高いほうがゲームなど高速移動するものには向いている

リフレッシュレートが高いほうがレースゲームやアクションゲームなどをする上で非常に向いているということで、相当なメリットがあるわけです。

iPhone13でもリフレッシュレートが120になるという情報は出ておりますが、iPhone14であれば、確実に120Hzになることは間違いないでしょうね。

リフレッシュレートとは? スマホで60Hz 90Hz 120Hz 240Hzとあるけど何か? 違い 比較
リフレッシュレートという言葉が結構最近増えていると思います。 リフレッシュレートというものは何でしょうか? インテルのホームページにわかりやすく説明 より高いリフレッシュ・レートでゲームをプレイすることは、ゲーム体験に大き...

こちらにリフレッシュレートに関して詳しく記載しておりますので、こちらも合わせてご確認ください。

iPhone14ではチタンフレームになると予想

iPhone14はチタンフレームになると予想されております。

iPhone14はチタンボディで強度がかなり強く 素材変更で本体もバージョンアップか
iPhone14というのは、チタンボディになる可能性があると報じられております。 チタンボディというのは、今までよりも強度がかなり高くなる金属となっています。 iPhone14で形状変更になる可能性が高い 今回報告...

iPhone14はチタンフレームになると予想されております。

✔iPhone14でボディはチタンフレームに
✔加工のしにくさから角張った形になると予想

iPhone14というのは、角張った形になると予想されております。チタンフレームというのは、加工はしにくく丸まったボディにすることは結構大変なことだと思います。

そういうこともあり、チタンフレームの採用に関しては結構思い切ったことではないかと思います。

ボディ素材に関しては結構気になる人も多くいると思います。一般の人はチタンフレームだからどうのこうのという話はないと思いますが、チタンフレームになれば、本体の強度が増すので、落とした時の故障リスクの低減を見込めると思われます。

iPhone14まで待ったほうがいい?

iPhone14 待つべき理由 iPhone13ではなく 2022モデルのほうがメリットがある?
iPhone14までiPhoneの購入を待つほうがいいのか?iPhone13が2021年に発売され、待ったほうがいいのか?非常に悩ましいところではないかと思います。 非常に悩ましいと考えている人も多いのではないかと思います。 i...

iPhone14まで待ったほうがいいのか?というとiPhone14まで待ったほうがいいのかもしれません。

iPhone13でも悪くはありませんが、iPhone14のほうが、より先進的になる可能性が非常に高いからです。

iPhone13というのは、iPhone12とさほど変わらないと思われます。

それがiPhone14では、色々変更点があると思います。それなら変更点が多いほうが魅力的だからです。

✔iPhone14のほうが魅力的
✔iPhone14のほうがメリットが大きい

指紋認証機能の搭載など、色々魅力的な機能が搭載されるのであれば、iPhone14のほうがメリットがあると思います。

とはいうもののiPhone13でも全く悪くはありません。iPhone7やiPhone8くらいを持っている人ならメリットはあるのではないかと思います。

マクロカメラの改善はしてもらいたい

マクロカメラへの切替時に不具合が発生することを知っていますか?

iPhone13ProMAXで撮影した時に、不具合が発生するのですが、仕様と言われると仕様なので、なんとも言えません。

iPhone13Pro /13ProMAX マクロ カメラ 撮影 不具合 きれいに撮影出来ない 切り替えがいまいち
iPhone13ProやiPhone13ProMAXにはマクロモードがついていることを知っている人も多いと思います。 正直なところiPhone13ProとiPhone13ProMAXのマクロモードって本当に必要あるの?と思うレベルだと...

こちらを見てもらいたいのですが、マクロカメラの切り替えに関しては、改善してもらいたいですね。

これが改善しないことには、マクロカメラのビデオなどを撮影することは難しいと思います。

✔カメラを手動で切り替えできるようにしてもらいたい
✔フォーカスが変わるので仕方ないが、あまりにもひどい

正直なところこれは不具合として認定してもいいのでは?というレベルです。

それくらいひどいと思います。

マクロカメラというのは、基本的には近くのものを撮影するわけですが、近くのものを撮影するといっても、寄っていくことは普通にあるかと思います。

異なるカメラとなるため、どうしてもこのような状況になるかと思いますが、この不具合は改善してもらいたいですね。

iPhone14ではUSB-Cが採用か

こちら色々な場所で、USB-Cが搭載されるのではないかと囁かれています。

USB-C採用の噂というのは、過去からずっと言われておりました。

USB-CがついにiPhone14で搭載するなら、汎用性も高くメリットはかなりあるかと思います。

✔USB-Cは汎用性が非常に高い
✔USB-Cがあれば、Androidと共通部材で可能
✔PCなどとの連携も可能となりますので、ケーブルが簡素化される

色々なメリットがありますので、待ち望んでいる人は多いことでしょうね。

USB-Cが搭載されるという記事は以前から継続して言われておりますが、なかなかUSB-Cが搭載されることはありませんね。

iPhone14ProMAXのイメージ

iPhone14ProMAXのイメージが出てきました。

パンチディスプレイではなく、若干横長のカメラ部分が空いていることがわかるかと思います。

それでもノッチと比較すると、かなりいい感じになっていますので、早くノッチ排除に向けてほしいですね。

ただ全体的な形状としては、iPhone13とさほど変わりません。

iPhone13シリーズから大幅バージョンアップを望む声も大きい中、そこまで大胆な形状変更にはなっていません。

✔iPhone14ProMAXの形状はそこまで変化なし
✔ノッチは予定通り排除される見込み

カメラに関しても、そこまで大きな変化は見た目上ないかと思います。

引用元:forbes

iPhone14ProMAX コンセプト 画像が登場 iPhone13ProMAXとさほど変わらない見た目に?
iPhone14ProMAXのコンセプト画像が登場しました。 iPhone14ProMAXというのは、2022年に発売されるモデルとなっていますが、今のところ最高のスペックになると言われております。 iPhone14ProMAXはど...

こちらiPhone14PROMAXのコンセプト画像も出てきております。

基本的にはiPhone14PROMAXというのは、見た目はiPhone13PROMAXとほぼ同じということになります。

eSIM専用モデルに

iPhone14ではeSIM専用モデルになると予想されております。

eSIM専用モデルになると、OTAいわゆるネットを経由して、契約する必要があります。

物理的なSIMよりも便利ですが、物理的なSIMを持っている人であれば、抜き差しできるほうが便利だと思う人も多いと思います。

契約自体がeSIMに対応している必要もあります。

私は色々なスマホを持っているので、物理SIMのほうが便利なことのほうが多いので、少し微妙かなぁ〜なんて思いますが・・・

世の中の流れとしてはeSIMということになるのでしょうね。

iPhone14では物理SIMが廃止でeSIMだけにiPhone15Proシリーズではすでに確定
iPhone14では物理SIMが廃止されるという報道があります。 物理SIMが廃止されると、今後契約はeSIMのみとなります。 iPhone15Proでは完全に廃止 iPhone15Proシリーズでは物理SIMが完...

こちらに詳しい情報が掲載されておりますので、こちらも合わせてご確認頂きたいと思います。

iPhone14のコンセプト画像が登場

iPhone14のコンセプト画像が登場しました。

iPhone14でパンチディスプレイになるのは PROモデルのみ? 通常モデルは今までと同じ?
iPhone14に対して期待している人も結構多いと思いますが、iPhone14の見た目がこんなんになってくるのかもしれません。 iPhone14はiPhone13の後継モデルという位置づけとなっており、2022年に発売される予定のモデ...

こちらにコンセプト画像を掲載しておきます。こちらのコンセプト画像からして、ノッチは残ると予想されます。

基本的にノッチが残るということは、ちょっと残念な感じもしますが、iPhone14PROシリーズでは、パンチディスプレイになると予想されておりますので、パンチディスプレイであれば、問題ないかと思います。

✔iPhone14ではノッチが残る可能性も
✔パンチディスプレイになるのはPROモデルのみに?

また形状の変更の可能性も十分に考えられますので、そのような見た目になるのか楽しみですね。

こちらにもコンセプト画像がアップされております。

こちら背面からのコンセプト画像となりますが、この見た目であれば、iPhone13Proとさほど変わらないのではないかと思います。

背面の見た目よりも前面の見た目のほうが変化がありそうですよね。

iPhone14Pro /14Pro MAX カラバリ 新色 グリーン ピンク ブルー ゴールドなどが出てくるのか?
iPhone14Proにひょっとすると新色が登場するかもしれません。 今回Twitterにアップされている内容として、コンセプト画像が出てきております。 iPhone14Proのカラバリはどうなる? こちらを見てもらいたい...

こちら新しくカラバリの情報も出てきました。iPhone14Proのカラバリですが、新色が登場すると、かなり楽しみですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
ワイモバイルストア公式 UQモバイル公式 キャッシュバック