iPhone14 /14 mini /14 Pro /14 ProMAX アイフォーン14 予想 進化 スペック 価格 予約 ドコモ au ソフトバンク

iPhone14の情報をお伝えしたいと思います。iPhone14というのは、2022年に発売される予定となっています。2020年の時点でiPhone12の発売が行われており、その後2021年にはiPhone13の発売が行われるため、iPhone14の発売は順当にいけば、2022年の発売となります。
iPhoneは2年で新規のモデルチェンジを行うため、iPhone14ではiPhone12やiPhone13とモデルが変更になる可能性が非常に高いモデルとなっています。


※写真はiPhone12

 

iPhone14の予約と購入

日本ではドコモ、au、ソフトバンクの3社から発売されており、iPhone14も例外なく各社から発売されると思われます。

こちらiPhone14が発売されるとかなりの人が予約購入すると思われます。

ドコモオンラインショップ及びソフトバンクオンラインショップでは事務手数料無料で購入できるのです。

ソフトバンクでもそこそこの事務手数料が発生するため、普通に契約しようと思うのであれば、そこそこ価格が高くなってしまいます。
事務手数料というのは、本来店舗で購入すれば、発生しないのですが、オンラインショップを利用すれば、事務手数料の発生は防げます。
そのため、オンラインショップを利用する人は年々増えています。

ワイモバイルからもiPhoneが販売開始

ワイモバイルからiPhone12とiPhone12miniの販売が開始されます。

iPhone12を購入しようと思っている人ならいいと思いませんか?
今のタイミングで、ワイモバイルからiPhone12の購入を行い、2年後にiPhone14の購入を行うのです。
iPhoneというのは、基本的には2年後であれば、まだ売却価格が付きます。

中古として販売することが可能なのです。iPhone14を買う頃にまだiPhone12が売れるのであれば、いいと思いませんか?

それならワイモバイルから購入しておこうと思いませんかね?

ワイモバイルは維持費もかなり安価なので、個人的にはかなりメリットがあると思っています。

iPhone14はどんなスペックになるの?

iPhone14はどんなスペックになるのでしょうか?まずはiPhone12が発売されたのが2020年ということになりますので、iPhone13が2021年で2022年にiPhone14の発売が行われると思われます。
iPhone14は2022年に発売されるということで、iPhone12から比較するとかなりのスペックアップになることが予想されます。

まずはCPUからです。

CPUはどうなるの?

CPUはA16と呼ばれるCPUとなります。

すでにA16と呼ばれるCPUの製造をTSMCが行っているとも報じられており、このCPUを採用するのではないかと思っています。
A16というのは、3nmという非常に細かいプロセスルールとなっており、現状のA14いわゆるiPhone12に搭載されているCPUよりもさらに細かいプロセスルールとなります。
A14のプロセスルールというのは、5nmということで、すでに細かいプロセスルールを採用しておりますが、さらに細かくなります。
プロセスルールが細かくなるとメリットとしては、バッテリーの消費が少なくなるということでしょう。バッテリーの消費が少なくなることで、iPhone14はさらに省エネのモデルになると思います。

先程TSMCがリスク生産を行っていると報じられている記事ですが、この記事を執筆している時点ではiPhone14のCPUの供給がTSMCに決まったというわけではありませんが、最近のCPUの製造はTSMCが1社独占で行っております。
またリスク生産などを行っているということを考えると、TSMCに内定する可能性は非常に高いと思われます。
Snapdragon系いわゆるAndroidに関しては、Samsungも製造をしたりしていますが、ここ最近はTSMCの製造になっていくものと思われます。

先程3nmというプロセスルールに関しての情報をお伝えしましたが、実際には4nmという情報も出ており、今のところどちらのプロセスルールなのかはまだわかりません。
とにかく目には見えないレベルで製造しているということは、間違いないかと思います。

✔プロセスルールは3nmもしくは4nm
✔TSMCがすでにリスク生産中
✔受注はTSMCが獲得する可能性が非常に高い

本体の形状は間違いなく変る

本体の形状ですが、間違いなく変るでしょう。iPhoneのモデルチェンジの動向を考えた時に、本体は2年に1度形状が変更されていきます。
2年に1度本体の形状が変更されるのであれば、iPhone11からiPhone12で本体形状が変更になったことと同じように形状の変更は十分に考えられるのではないかと思っています。

本体の形状に関する情報というのは、現時点ではまだ出ておりませんが、基本的に最近のiPhoneは丸みを帯びた形状とiPhone12のように角が角張った形状の2種類を出しています。そのため次は角が丸い形状に戻るのではないかと思っています。
いわゆるiPhone11と同じような形状になるのではないかということです。

角張った形状であれば、持った時の感触が角が丸いものと比較してやはり異なります。手にフィットするという点では、角が丸いほうが手にはフィットするのではないかと思っています。

本体の形状変更が行われると、確実に販売台数を伸ばしてきます。それはiPhone12の時もそうです。iPhone12も初めての5Gということで、かなり販売台数を伸ばしているのと、形状が変更になったということの2点で相当売れているようですからね。

iPhone14で本体形状は丸みを帯びた形状になると私は予想します。

折りたたみのiPhoneも発売される可能性

折りたたみのiPhoneがiPhone14と発売と同時に発売される可能性があります。

折りたたみのiPhoneが発売されると、フラッグシップモデルになるのか何になるのかまだよくわかりません。

基本的にはフラッグシップモデルというのは、iPhone14として発売されると思われますが、それ以外のモデルとして発売されるのか・・・日本でもどこのキャリアから発売されるのかまだわかりませんが、かなり面白いモデルになると思われます。

au Galaxy Z Fold3 /ULTRA ギャラクシーZフォルド3 SCG11 スペック 予約 価格 見た目 カメラ 画面サイズなどはどうなる?
Galaxy Z Fold3が2021年に販売されると思われますので、紹介したいと思います。 ※写真はGalaxy Z Fold2 日本ではauのみが販売しているモデルとなっているので、日本で買うならauと契約する必要があり...

こちらが折りたたみスマホの元祖といえると思います。このように折り畳めるスマホが販売されると、話題はそちらにいくことは間違いありません。
正直なところ話題性だけで、使い勝手に関してはどうなの?と思いますね。

✔折りたたみのiPhoneが発売される可能性が高い

RAMの容量はどうなる?

RAMの容量はすべてで6GB以上になると予想されます。
iPhone12の時点でProシリーズはすdふぇに6GBを搭載しております。
Proシリーズに関しては8GBのRAMを搭載する可能性も十分にありえます。
Androidはすでに8GBのRAMを搭載しているモデルが非常に多くなっており、部材コストとしても8GBあったとしてもそこまで高額ではないかと予想されます。

✔RAM容量は飛躍的にアップすると予想
✔Proモデルでは8GB以上のRAMが搭載されると予想

正直なところiPhoneも性能からするともう限界まで来ているのでは?と思うレベルです。限界というのは、今のままでいいんじゃないの?と思うレベルです。それでも年々進化していっています。
正直なところハードがそこまで進化してもソフトがついていかないんじゃないの?と思うレベルなのかも知れません。
結構すごいレベルのところまでやってきているような気もしますが・・・

カメラ性能

カメラはLiDARが搭載されることは間違いありませんが、4つのカメラになるのではないかと思います。
正確にいうと4つ以上のカメラを持つのではないかということです。

カメラ性能はiPhoneは非常に高いカメラ性能を誇っていますが、iPhone12ではちょっとカメラ性能に関しては落胆した部分があります。

iPhone12ProMAX アイフォン12 カメラのフレア ゴースト 不具合で故障なのか?

こちらの動画を見てもらいたいのですが、iPhone12ProMAXで撮影した動画となります。
フレアと呼ばれるものが、かなり中に入り込んでいるのです。これはちょっと個人的には残念でしたね。
フレアが入り込むということは、それだけ明るく撮影出来ているということになるのかも知れませんが、やはりフレアが入っているとどうも写りは悪くなります。
写りが悪くなったとしてもiPhoneのカメラはF値が1.6となっているので、相当暗い場所でもかなり明るく撮影することが可能となっているのです。

そこに関しては魅力を感じますが、このあたりの軽減は行ってもらいたいですね。

F値に関しては年々小さくなってきていますので、iPhone14でも十分小さくなることが予想されます。
年々小さくなっているiPhone14では本当にフレアはなくしてもらいたいと思っています。それがなくなれば、確実にメリットがあるというものです。

✔年々カメラ性能が上がっているものの、ゴーストが発生
✔F値が低くなり、暗い場所での撮影時にゴーストにより、台無し

年々カメラ性能が上がっていることは非常にいいことだと思いますが、このような基本的な性能の部分でイマイチになるということは、本当に残念です。
とはいうものの通常の撮影時は全く問題ありません。夜景などを撮影した時にだけゴーストが発生するのです。そのためそこまでナーバスになる必要はないかも知れませんね。

LiDARの搭載はすべてのモデルで実施

LiDARの搭載はすべてのモデルで実施される予定となっています。

こちらの記事を見てもらいたいのですが、iPhone13の時点ですでにLiDARが搭載される予定となっているのです。
iPhone13の時点ですべてのモデルにLiDARが搭載されるということであれば、iPhone14でも確実にLiDARが搭載されると思われます。
それならかなり期待が持てるのではないかと思っています。

LiDARが搭載されることによりポートレートモードなどでの撮影もかなりきれいになります。
ポートレートモードで撮影されると、背景のボケが本当にきれいにボケますからね。被写体がくっきり表現されるのです。

✔Proシリーズ以外でも採用されるので、メリットは大きい
✔通常モデルでもポートレートモードがよりきれいに

かなりオススメできるのではないかと思っています。

パンチディスプレイの可能性が高い

iPhone 2022年のデザインが判明 パンチホールディスプレイ採用になる可能性が高い
iPhoneの2022年モデルでiPhoneはパンチディスプレイになる可能性を示唆する画像が公開されております。 iPhoneは現在ノッチがあり、どうしてもそれが邪魔であると思っている人も多いはずです。 iPhoneを買うならオ...

こちらの情報を見てもらいたいのですが、パンチディスプレイになる可能性が非常に高いと思います。

✔Androidではすでに一部の機種で採用
✔ノッチがなくなり結構便利になると予想

ノッチがなくなるので、結構便利になると思います。

ノッチがあるとどうしても動画の端っこ部分などが切れてしまうことがあります。
それがありませんので、かなりのメリットになるかと思いますね。

これは個人的に見ても相当オススメできると思います。

ペリスコープカメラの搭載

ペリスコープカメラと呼ばれるカメラが搭載される可能性が非常に高いです。これにより、20倍以上のズームにも対応することが可能となっています。

すでにAndroidのスマホではペリスコープカメラが搭載されているモデルというものが多数販売されております。価格はかなり高額な機種が多いですが、ペリスコープカメラが搭載されると、望遠時の倍率をかなり上げることが可能となっています。
iPhoneの望遠性能というのは、正直なところそこまで高いとは思いません。それがペリスコープカメラを搭載するとかなり望遠性能が上がります。

iPhone12の時点でProMAXで写真撮影時12倍でビデオ撮影時は7倍のズーム性能です。
その性能が、さらに上がればかなり期待できると思いませんか?

✔ペリスコープカメラの登場で望遠性能がかなりアップ
✔20倍以上の倍率を持ったカメラに

本当にペリスコープカメラは期待できるカメラとなっていますので、個人的に見てもかなり期待できるのではないかと思っています。

この噂は本当にそうなると予想されております。ペリスコープカメラが搭載されているスマホはかなり多くありますので、iPhoneでも本当にこれは搭載されることはほぼ間違いないかと思います。
ペリスコープといってもまだ知らない人も多いと思いますが、ペリスコープはいわゆる潜望鏡となります。潜望鏡カメラということで、望遠に優れているということがそれから読み取れるわけです。

ペリスコープカメラの搭載は、以前から言われているものです。これさえあれば、望遠撮影が可能となりますので、相当メリットが出てくると予想されます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました