当ブログを運営している携帯情報.コムです。 ケータイチャンネルというユーチューブチャンネルを運営し、動画配信にもチャレンジ中です。ぜひチャンネル登録してください。自己紹介はこちらをご確認してみてください。 twitterの運営もしています。

Galaxy Z Fold3 ギャラクシーZフォルド3 スペック 予約 価格 見た目 カメラ 画面サイズなどはどうなる?

楽天ハンド新規一括0円4999円ポイント還元 1年間維持費無料はこちら

Galaxy Z Fold3が2021年に販売されると思われますので、紹介したいと思います。


※写真はGalaxy Z Fold2

日本ではauのみが販売しているモデルとなっているので、日本で買うならauと契約する必要があります。

Galaxy Z Fold3は2021年にも発売される予定のスマートフォンとなっています。今までのGalaxy Z Fold2を見てきた人ならどのようなスマホであるかということは、知っている人も多いのではないかと思います。

Galaxy Z Fold3はau Online Shopから購入することができますので、au Online Shopを紹介しておきたいと思います。

 
【ドコモとソフトバンクは事務手数料が無料】
オンラインショップは24時間営業で2750円以上なら送料無料です。ネットからスマホを購入する人がかなり増えています。
ドコモオンラインショップで購入する
au Online Shopで購入する
ソフトバンクオンラインショップで購入する

AQUOSシリーズの購入はau online shopがお得で便利

au Online Shopを利用する人が年々増えています。
au Online Shopは店舗に行く必要がなく、ネット上で購入することが可能となっており、相当利用者数を増やしております。

・待ち時間なし
・送料無料(2750円以上)
・来店不要

これらがau Online Shopのメリットとなります。

au オンラインショップ メリット 機種変更 MNP 新規 お得に契約 予約 購入が出来る
au Online Shopのメリットに関してお伝えしてみたいと思います。 まずはau Online Shopというショップを知っていますか? auが直営で実施しているオンラインショップです。このau Online Shopを利...

こちらにau Online Shopのメリットが詳しく掲載されていますので、こちらも合わせてご確認ください。

最近はコロナの影響もあり、店舗で購入する人の割合がかなり減ってきています。
au Online Shopなら誰とも触れ合うことなく購入することができますので、それだけでもメリットはあるのではないかと思っています。

まずはGalaxy Z Fold2のスペックを紹介しますが、基本的な部分というのは、Galaxy Z Fold2がベースになっています。

Galaxy Z Fold2のスペックを紹介

メーカーサムスン
大きさ(開いた状態)159.2×128.2×6.9mm
大きさ(閉じた状態)159.2×68.0×13.8-16.8mm
重さ282g
OSAndroid10.0
CPUSnapDragon 865
RAM12GB
ROM256GB
画面サイズ7.6インチ 6.2インチ
解像度メイン:2,208×1,768
カバー:2,260×816
メインカメラ1,200万画素/1,200万画素/1,200万画素
インカメラ約1,000万画素
Wi-FiWi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac/ax
カラーミスティック ブロンズ
その他4,500mAhバッテリー

こちらがGalaxy Z Fold2のスペックですが、基本的にはこのスペックから新しくなっていくわけです。

付属品

保護フィルム(試供品)貼付済み
AKGチューニングマイク付きイヤホン(USB Type-C)(試供品)
SIM取り出し用ピン(試供品)
USBケーブル(CtoC)(試供品)

こちらの付属品は、Galaxy Z Fold2の時のものですが、おそらく同じようなものは付属品として入ってくるでしょう。

Snapdragon888を搭載

SnapDragon888が採用されることは間違いないと思います。SnapDragon888というのは、2020年12月にクアルコムが発表したCPUとなっており、2021年に発売されるハイスペックモデルでは間違いないといっていいほど、このSnapDragon888が採用される見込みになっています。
Galaxy Z Fold3もハイスペックモデルという位置づけになるので、間違いなく採用される見込みです。

今回のSnapDragon888は基本性能は25%アップしていると言われております。
25%のスペックアップということは、2年で1.6倍程度のペースです。
それくらいスペックが上がれば、十分ではないかと思っています。3年ほどでスペックがざっくり2倍程度になりますので、Galaxy S9あたりから比較すると2倍のスペックアップということになります。
初代のGalaxy Z Foldからすると1.6倍程度のスペックアップが見込めるのではないかと思います。
SnapDragon888は、他にはGalaxy S21やXperia 1 Ⅲなどにも搭載される予定となっているので、かなり期待できると思います。

Galaxy Z Fold3は4つのカメラに期待

Galaxy Z Fold2は3つのカメラとなっていますが、今後ハイスペックモデルでは、4つのカメラにする可能性もあり、期待が持てるのではないかと思います。
またGalaxy Z Fold2の時は広角カメラのF値が1.8となっていましたが、このあたりが1.7とか1.6へ改善される可能性も十分にありえるかと思います。
基本的に絞り値が小さいほうが、明るい写真を撮影することが可能となっています。

もともとGalaxyシリーズというのは、カメラにはかなり定評があるモデルとなっていますので、Galaxy Z Fold3に関してもかなり期待していいのではないかと思っています。

こちらはGalaxyで撮影した動画となっていますが、前のモデルであったとしても結構きれいに撮影出来ていると思っています。ここまできれいに撮影できれば私はそれだけでもメリットがあるのでは?とも思いますね。

GalaxyS20+ GalaxyNOTE10+ 動画比較 カメラ きれいに撮影できるのは?

正直なところ十分ではないでしょうか。2021年に発売されるモデルなので、当然ですがかなりきれいに撮影できると思います。

3つ折りになる可能性も

Galaxy Z Fold3は今までの2つ折りから3つ折りになる可能性があるようですね。3つ折りになれば、通常スタイルの時にかなり折り畳めるということになりますので、相当メリットがあるのではないかと思っています。スマホが3つ折りになるなんてあまり想像もしませんでしたが、そうなれば、かなり面白いスマホになることは間違いないかと思います。
2つ折りでもかなりすごいと思いますが、それ以上になるということで、かなり期待できるのではないかと思っています。
スマホは今後2つ折りから3つ折りスタイルに・・・という非常に素晴らしいコンセプトです。

キーボードが付くのは本当にすごい

Androidスマホにキーボードが付いた 2021年モデルのGalaxy Z Fold3はすごい進化
Androidスマホにキーボードが付いている機種というのは、昔は結構発売されていたイメージです。 ただ最近ではAndroidスマホにキーボードが付いている機種というのは、非常に少なくなってきたのではないかと思っています。 キーボードがな...

Galaxy Z Fold3にキーボードが付くことは本当にすごくないですか?
スマホにキーボードです。昔はそのような機種も色々ありましたが、最近そのようなモデルというのは本当に発売されておりません。
キーボードが付くということで、まさにパソコンいらずになるのではないかと思います。
キーボード付きのAndroidは、私は本当に好きですね。ガジェットとして非常に好きなのと、パソコンを持っていない人もパソコンのように利用することができるという点において非常に好感が持てると思います。

キーボードが付くことで、文字入力がやはり高速になるのです。
文字入力はTwitterなどをする時やフェイスブックなどへアップするというときにもあれば便利なものとなります。
普段はフリック入力を利用すればいいと思いますが、フリック入力などでは入力しにくい文字の多さなどを表現したい人やブログなどを書く人にとっては、間違いなくメリットがあるのではないかと思っています。
今後キーボードが付くようなスマホというのは、年々少なくなってきていると思いますが、私はまたこのようなキーボードスタイルのスマホがたくさん出てきたらいいのにと思いますね。

バッテリー容量は?

バッテリー容量は4500mAhのままになると言われております。
4500mAhのままであったとしても、Snapdragon888と呼ばれる最新のCPUが5nmという非常に細かいプロセスルールで製造されていることから、そのままのバッテリー容量だったとしても、かなり消費電力は改善されるということのようです。
消費電力が改善されるということで、今よりも動作時間が長くなるのであれば、問題ないかと思います。

✔バッテリー容量はFold2と同じ

バッテリーは年々増えていっていますが、4500というのは、かなりの大容量の部類です。もともと画面も大画面なので、大画面の容量だったとしても、当然といえば当然なのかも知れませんが、本来なら5000くらいはほしいところではないかと思います。
最近各社バッテリーの容量に関しては、かなり力を入れているため、どうしてもそれくらいはほしいと思ってしまいますよね。

価格は?

Galaxy Z Fold2のau Online Shopの価格設定で、259,980円(税込)となっています。

もともと相当高額なスマホとなっていますが、2021年は価格が下落するとも言われており、1万円〜2万円ほどは価格が下がる可能性は十分にあるかと思っています。
正直なところ価格の下落はみんな望んでいることであり、正直なところいえば、20万を超えるスマホって誰が買うの?というレベルです。
ただGalaxy Z Foldシリーズというのは、技術が詰まったスマホとなっていますので、それだけでも価値があるのではないかと思っています。

✔1999ドルになると言われております。
✔日本円の税込み価格であれば、230000円ほどに

現行の約26万円と比較すると若干安価にはなっているかと思いますが、それでも価格はかなり高めといったところではないかと思います。
それでも価格が若干下がれば、購入したいと思う人も増えてくるのではないかと思っています。

Galaxy Z Fold3の発売日は?

発売は2021年6月に発売される見込みです。
とはいってもこれはグローバルで発売される見込みとなっており、日本市場での販売はもっと後になると思われます。
日本市場で販売される場合は、auからの発売のみとなるでしょう。
Galaxyシリーズの中でNoteシリーズの代わりにGalaxy Z Fold3にプロダクトの変更が行われています。
GalaxyシリーズはこのFold及びSシリーズがハイスペックモデルになると思われ、1年のうちの前半はSシリーズで後半がFoldシリーズになるのではないかと思っています。
この状況が続くのであれば、ドコモからもGalaxy Z Fold3の発売があるかもしれません。そうなれば本当に面白いですね。

最新の情報が出てきました。2020年12月末の情報では8月上旬に発表で8月下旬にリリースされるという情報です。

✔8月上旬の発表で8月下旬リリース

これはグローバルでの発売となりますが、日本モデルとしては10月になるのではないかと思います。10月の販売となるかと思います。
例年通りであれば、auからの販売となりますが、Noteシリーズがなくなるかもしれないということもあり、ドコモの販売も可能性としては十分あるかと思います。

Galaxy Z Fold Liteの登場も

インド向けのようですが、Galaxy Z Fold Liteと呼ばれるモデルの販売も行われるようですね。
このGalaxy Z Fold LiteはGalaxy S21と同じタイミングでの販売になるとも報じられております。
Galaxy S21は1月の上旬にも発表会が行われると報じられており、そのタイミングでの発表となれば、かなり早い発表となるでしょう。

また折りたたみ式ですが、折りたたみの素材はGalaxy Z Fold3とは異なり、透明ポリイミドフィルムになると言われております。
この素材はGalaxy Z Fold3とは異なる素材で、Fold3は超薄型強化ガラスになると言われております。

Liteモデルが出てくるということになれば、日本でも販売してほしいところですが、日本での販売はなさそうですね。

Sペンが搭載される可能性も高い

Sペンが搭載される可能性も非常に高いと思います。Sペンというのは、もともとNoteシリーズのみに導入されておりましたが、FoldシリーズでもSペンが搭載されます。
Sペンが搭載されるとどういうことになるのか?ということは、Noteシリーズがなくなる可能性があるということでしたが、Noteシリーズがなくなるということが本格的に現実味を帯びてきました。
SペンはGalaxyシリーズのスタンダードになってくるのかも知れません。Sペンがあれば、本当になんでも出来ますからね。
Sペンでできることといえば、字を書くだけではありません。
カメラのシャッターになったりとそれ以外の利用方法もあるのです。
SペンがGalaxy Z Fold3に搭載されるとなると、使い勝手はかなりよくなるのではないかと思います。
本当にオススメできるモデルになることは間違いないかと思いますので、かなり期待できるでしょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました