iPhone14Pro まとめ 噂 予想 最新の情報は? 見た目や形状 ディスプレイなどはどうなる?

MNP一括オススメ案件

MNPで安く買えるスマホを紹介



 
携帯情報コムをフォローする

iPhone14が2022年に発売される予定となっていますが、どのようなモデルになるのでしょうか?

iPhone14というのは、iPhone13の後継モデルとなりますが、iPhone14では形状変更になると言われております。

iPhone14というのは、どのようなモデルになるのでしょうか?今回は現時点でTwitterに出ている情報を中心に紹介していきたいと思います。

 


スマホを事務手数料無料で買う方法
ソフトバンクのiPhoneを使う】
ソフトバンクオンラインショップなら事務手数料無料

iPhoneの予約購入はオンラインショップがオススメ

こちらのドコモオンラインショップというのは、事務手数料が無料となっていますので、今かなり魅力的なオンラインショップです。

年々利用者も増えており、かなりの人が契約をしています。

✔ドコモオンラインショップを利用する人は年々増えている
✔iPhoneの購入もバッチリ

こちらが各社オンラインショップとなっています。

2021年〜2022年にかけては、iPhone13の販売をメインに行っていることから、今ならiPhone13を購入することが可能となります。

各社オンラインショップを利用する魅力というのは、なんといっても自宅にいながら購入できるということでしょう。

iPhone13Proシリーズというのは、今も各社まだ在庫不足に悩まされているようですね。在庫がないということは、どういうことか?ということですが、現在半導体不足のため特にProシリーズに在庫が確保されていないという状況になっているようです。

✔iPhone13Proシリーズの在庫は少ない
✔iPhone13は比較的在庫はある

iPhoneは人気のガジェットであるため、欲しい人も多いと思います。iPhone13Proシリーズに関しては、予約をしておくこともオススメしたいですね。

iPhone14はどうなる?

iPhone14はどうなるのでしょうか?

Twitterに出ている情報をメインに紹介していきたいと思います。

こちらの情報を見ると、画面サイズなども含めて色々記載されております。

✔iPhone14は6.1インチと6.7インチのモデルが登場
✔iPhone14Proも6.1インチと6.7インチのモデルが登場

iPhone14に6.7インチのモデルが登場するということで、iPhone14miniという存在が確実になくなりそうですね。

iPhone14MAX 大画面モデル スペック 価格 Proモデルではなく 通常モデルで6.7インチになると予想
iPhone14の時点でiPhone14MAXと呼ばれるモデルの販売がある可能性が高いことがわかりました。 iPhone14というのは、今のところ2022年に発売されるiPhoneとなっています。 iPhoneの購入ならオン...

iPhone14ではiPhone14MAXというモデルの販売の可能性も高いということを示唆されております。

Proまでは不要だという人も多いかと思いますが、Proではなく通常のiPhoneでも大画面で楽しみたいという人にとっては、ありではないかと思います。

最小容量が64GB〜に?

iPhone13では最小容量が128GB〜ということになりましたが、最小容量が64GB〜ということになるかもしれません。

64GBという容量というのは、128GBを利用している人からすると小さいかもしれませんが、それで価格が抑えられるのであれば、それはそれでありなのかもしれません。

iPhone14は64GBモデルが復活?128GB以上になることはないのか?
iPhone14に64GBが復活するということは、今までいくつかのレポートにも報告されているようですね。 iPhone14が64GBのスタートになれば、価格は今のiPhone13よりも安価になる可能性があり、それはそれで歓迎されること...

こちらの記事を見てもらいたいのですが、64GBになるかもしれないということは、複数のメディアで報じられております。

64GBとなると、動画などを保存する場合、確実に少なくなるのではないかと思います。

ただ最近は外部ストレージなどに保管しておくケースも非常に多いことから、内部ストレージはそこまで大きくなくてもいいのではないか?という人も多いと思います。

✔最小容量は64GBになる可能性も高い
✔最小容量が64GBになることで、価格を抑える効果がある
✔容量不足に困る人も出てくる

容量不足に困る人は、大容量モデルの発売も確実に行われると思われますので、問題ないかと思います。

USB-Cが搭載される可能性

こちらにUSB-Cが搭載される可能性に言及しているツイートです。

USB-Cが搭載されるとなると、端子がAndroidやMacBookなどで利用されている端子となりますので、汎用性が高まります。

汎用性が高まるとどのようなことが起きるのでしょうか?

✔部材コストの低下
✔Androidへの乗り換えがしやすくなる
✔USB-Cを利用した周辺機器が利用しやすくなる

USB-Cにするメリットというのは、本当に色々あるかと思います。

USB-Cが搭載されると、初めは不便に感じる人も多いと思いますが、数年経過すれば、メリットのほうが多いと思います。

カラバリに紫が登場?

紫というカラバリのモデルが発売される可能性もあるようですね。

紫というのは、個人的にはかっこいいと思いますが、どうでしょうか?

こちらの画像には、カメラが4つあることもわかります。

✔紫がProシリーズで出たらかっこいい
✔新色は年々販売台数を伸ばしている
✔新色を欲しがる人はかなり多い

iPhone13でもシエラブルーが結構販売台数を伸ばしております。iPhone14でも新色が登場します。

カメラは4800万画素に

こちらを見てもらいたいのですが、カメラは4800万画素になります。

画素数が4800万画素という画素のカメラになることで、相当メリットがあります。現状iPhoneのカメラは1200万が継続的に採用されておりましたが、4倍の画素数になります。

このカメラというのは、メインカメラのみということになります。

メインカメラだけが4800万画素になり、超広角及び望遠は1200万画素になるようです。

それでも画素数が上がることにより、かなりきれいなカメラを保存することが可能となります。

それはそれでかなりのメリットになると思われます。

8Kのビデオ撮影ができる

こちらの情報では8Kのビデオ撮影が可能になるという情報が掲載されております。

8Kのビデオ撮影ができるということは、8Kテレビでもかなりきれいに撮影ができるということになりますので、これまたメリットはかなりあるかと思います。

✔ビデオ撮影も8Kに
✔8Kテレビでもきれいに見ることが可能

まだ8Kテレビを持っている人はそこまで多くはないと思いますが、8Kの撮影ができるようになれば、これから8Kがスタンダードになってきたときに、きれいな状態で保存しておいておくことが可能となります。

8Kのビデオ撮影をするためには、設定などの変更をする必要があるかと思いますが、それでも8Kが撮影できれば、いいですね。

ただ問題は、8Kは保存容量が4Kの単純に4倍となり、フルHD撮影の16倍の容量となりますので、容量不足には気をつけなければなりません。

ただこれもProモデルのみの仕様となる可能性は非常に高いと思います。

CPUはA16に

CPUはA16になります。

A16というのは、基本的にA15の後継モデルのCPUとなり、当然ながらA15よりもかなり高速になります。

✔CPUの性能は年々向上している
✔A16はiPadAirなどにも搭載される見込み
iPad Air5 (5世代) アイパッドエアー5 2022年 スペック 予約 発売日 Wi-Fi Cellularモデル
iPadAir5が今後発売される予定となっています。 年々iPadAir5は進化していますが、iPadAirはiPhoneと同じCPUのAシリーズを採用しています。 今後どのような形でスペックアップしていくのでしょうか?楽しみに...
A16 CPU Apple iPhone 14に搭載されるCPUを リスク生産 3nmという驚異のプロセスルール
A16と呼ばれる次のCPUの開発をTSMCが行っているようです。 A16というCPUというのは、2022年にもiPhoneに搭載されるCPUになっています。 リスク生産というものは何か? リスク生産というものはなんでしょう...

こちらに情報を掲載しておきます。

プロセスルールは4nmになるとも言われており、4nmでもA15よりプロセスルールが改善されるので、かなり高速になると予想されます。

TouchIDが復活

TouchIDが復活する可能性があります。

TouchIDが復活すると、マスクをしている状態でも認証ができるためかなり便利になると予想されます。

✔TouchIDが復活することで、マスクなしでの認証が可能に
✔FaceIDとTouchID両方で認証解除できるとかなり便利

やはり望む声というのは、両方で認証ができるというところではないかと思います。

基本的にTouchIDというのは、iPhone8以降対応されておりませんが、あればかなり便利になることは間違いありません。

しかもそれがディスプレイ内蔵となれば、本当に便利なのです。

ディスプレイ内蔵のTouchIDは望む声もかなり多いのではないかと思います。それくらいTouchIDを利用したいという人は多いと思います。

Proシリーズは120Hzのディスプレイ継続

Proシリーズでは120Hzのディスプレイが継続します。

120Hz駆動ディスプレイを利用している人もいるかと思います。

iPhone13Proで初めて採用されました。

120Hzのディスプレイを体感すると、60Hzディスプレイに戻ることは結構厳しいと思います。

120Hzというのは、かなりなめらかディスプレイということになりますので、なめらかなディスプレイは今後他のモデルで大量に投入されてくると思います。

iPhone13は60Hzとなっていますが、Androidでは比較的安価なモデルであったとしても90Hzなどの60Hz以上の駆動のディスプレイを採用しているモデルが多数販売されております。

✔90Hzディスプレイを搭載しているモデルも多い
✔ディスプレイの駆動が高いほど、なめらかに動く

iPhone14ではまだ60Hzのままと言われており、120Hzになるのは、Proシリーズのみが継続的に採用される予定となっています。

正直なところ新しい技術というのは、Androidのほうが取り組まれていることのほうが多いのではないかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
ワイモバイルストア公式 UQモバイル公式 ソフトバンク公式