【Pixel8 iPhone14 Xiaomi13T Pro 実質12円】
スマホ乗り換え.com|新規契約・MNPで特典&キャンペーンが目白押しのソフトバンク取扱店
スマホ乗り換え.com(ドットコム)ではソフトバンクへの新規契約・乗り換え(MNP)で最速のキャッシュバックキャンペーンを実施中!全国どこからでも最新の携帯・スマートフォンを簡単&お得に購入できます。累計販売台数50万台超!


【脱サラも可能毎月数十万稼げる商材】
アフィリエイト小遣いレベルから独立まで数十万から数百万まで稼げる
アフィリエイトという言葉を聞いたことある人も多いと思いますが、アフィリエイトをやることで小遣いレベルから起業するレベルまで人によって感じ方は違うと思います。 起業するレベルというのは、専業として仕事をするというレベルとなっています。 ...

スマホで収入を得る 小遣いが稼げる 脱サラも可能な案件を紹介
スマホがあれば小遣いを稼ぐことができるという案件があればかなりメリットがあると思いませんか? スマホ1つで小遣いが稼げるのであれば、相当魅力的だと思います。 しかも数ヶ月必死にやれば、毎月数十万も稼げちゃうという案件があれば興味...

【携帯情報コム公式Instagram】
Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.


iPhone14MAX(iPhone14Plus) スペック 予約 価格 予想 Proモデルではなく 通常モデルで6.7インチになると予想




 

この記事にはPR文言を含んでおります。

iPhone14の時点でiPhone14MAXと呼ばれるモデルの販売がある可能性が高いことがわかりました。

iPhone14というのは、今のところ2022年に発売されるiPhoneとなっています。

 

事務手数料が無料のオンラインショップドコモ公式オンラインショップ上記クリックで、ドコモオンラインショップ公式サイトに遷移します。ソフトバンク公式オンラインショップ上記クリックで、ソフトバンクオンラインショップ公式サイトに遷移します。楽天モバイル公式オンラインショップ上記クリックで、楽天モバイルオンラインショップ公式サイトに遷移します。

iPhoneの購入ならオンラインショップがオススメ

ドコモオンラインショップを利用する人も年々増えています。

ドコモオンラインショップは事務手数料が無料
ドコモオンラインショップは2750円以上の買い物で送料無料
ドコモオンラインショップ待ち時間がゼロ分
ドコモオンラインショップで予約すると発売日に届く

これらがドコモオンラインショップで購入するメリットとなっていますので、今はかなりの人がドコモオンラインショップを利用して購入しています。

au Online Shopから予約を行うことが出来ます。

au Online Shopのメリットをお伝えしておきたいと思います。

au Online Shopは2750円以上の購入で送料無料
au Online Shopは頭金なし
○発売日に自宅まで届く
au Online Shopは24時間営業

基本的に24時間営業となっていますので、いつでも購入することが可能となります。

このようにソフトバンクオンラインショップでも購入するとメリットがありますので、ぜひ検討してもらいたいと思いますね。

日本では、各キャリアのオンラインショップから予約購入することが可能となりますので、かなり期待したいところですね。

楽天モバイル
楽天モバイル公式。料金プラン「Rakuten最強プラン」は、家族割引適用時データ3GB/無制限で全キャリア最安! 家族割引適用で880円/月(税込968円)~データ高速無制限で2,880円/月(税込3,168円)。最新のiPhoneや人気のAndroidスマートフォンも続々登場!※2024年2月時点 ※公平なサービスの...

最近は楽天モバイルも非常に人気が高いです。

機種変更でもキャッシュバックを貰える



スマホ乗り換え.comでは機種変更でもキャッシュバックをもらうことができます。

スマホ乗り換え.comを利用する人は、是非検討してもらいたいと思います。

キャッシュバック

こちらにスマホ乗り換え.comのキャッシュバック料金表を掲載しておきますので、こちらも合わせてご確認下さい。

iPhone14MAXが発売される予定

ミンチークオ氏によるレポートとなりますが、2022年後半にiPhoneが新しいラインナップになると言われております。

その中でiPhone14MAXに触れておりますが、iPhone14MAXというのは、大画面でありながら900ドルを下回る価格で発表されると報じられております。

昨今iPhone12miniの販売が停止されたと報じられておりましたが、iPhone14では4つのモデルが販売されることは間違いなさそうです。

✔iPhone14 6.1インチ
✔iPhone14MAX 6.7インチ
✔iPhone14Pro 6.1インチ
✔iPhone14ProMAX 6.7インチ

同じ画面サイズのモデルがハイスペックモデルとローモデルの2つで販売される見込みになっています。

そしてiPhone14MAXの価格は900ドルを下回る価格ということになりますので、かなり安価な価格設定になるということが、わかるのではないかと思います。

ミンチークオ氏をしらない人も多い

ミンチークオ氏 証券会社のアナリスト どんな人 情報はなぜ知っているのか? | iPhone予約
ミンチークオ氏という人を聞いたことある人も多いと思います。 ミンチークオ氏というのは、色々なサイトで、Apple関連の情報通として出てくる名前となっています。 このミンチークオとい...

こちらを見てもらいたいと思いますが、ミンチークオ氏を知らない人もいるのではないかと思います。

KGI証券のアナリストとして活躍されている方となっています。Appleのサプライアのことをよく知っており、相当な情報通の方です。

iPhoneの予想などをした時には欠かせない人であることは間違いありません。

CPUはA15を採用

iPhone14はA15のCPUを採用しiPhone14ProはA16のCPUを採用の予定
iPhone14が発売されると、新CPUが登場すると予想されておりますが、iPhone14はA15というiPhone13と同じCPUが採用されると言われております。 A15というCPUが搭載されるのであれば、iPhone13のままでも...

A15というCPUが採用される見込みとなっています。

A16というのは、iPhone14ProシリーズのみがA16の採用ということになります。

○A16はProシリーズのみに採用
○iPhone14シリーズはA15のまま

これに伴い、iPhone13でも十分では?と思っている人も多いのではないかと思います。

こちらの情報を確認頂きたいと思います。

miniがなくなることは確定

iPhone13が発売された時点で、iPhone13miniの発売はありましたが、iPhone14に関してはminiの販売はなくなります。

✔iPhone14miniの発売はなし
✔通常モデルとProモデルの2つのモデルで画面サイズは同じ

基本的には画面サイズが同じモデルとなりますので、確実に売れるモデルになることは間違いないかと思います。

iPhone14MAXという名称になるかどうかわかりませんが、6.7インチのモデルが欲しい人は、今までProMAXしか選択肢がありませんでした。

その選択肢がiPhone14で実現するのです。

これはかなり大きいことになるのではないかと思います。

やはり大画面でみたいという人もかなり多いはずです。

問題はリフレッシュレートですね。リフレッシュレートが120Hzになれば、かなりきれいな画面になるのではないかと思います。

実際にリフレッシュレート比較をするとわかるのですが、60Hzとはやはり異なります。

それくらい120Hzのリフレッシュレートになると、なめらかに動作させることが可能となるわけです。

miniモデルというのは、かなり販売ロスをしているようですね。iPhoneSEとかぶる部分があるのかもしれません。5.4インチという画面サイズは、結構いいと思いますが、世間的には受け入れられなかったということになるのではないかと思います。

単純に5.4インチというインチサイズが気に入らなかったのではないかと思います。それなら6.1インチのiPhone13やiPhone12を選択するという人も多かったのではないでしょうか。

iPhone14(Plus) /iPhone14Pro(MAX) 2022年モデル スペック価格 ドコモ au ソフトバンク
iPhone14が発売されましたが、みなさん購入されましたでしょうか? こちら登録無料で友達登録頂くことで、割引情報などを配信いたします。 iPhone14が発売され購入したいと感じている人も多いのではないかと思います。 やは...

4800万画素カメラ

iPhone14のProシリーズでは4800万画素のカメラが搭載される可能性が高いと言われております。

ハイエンドモデル用のカメラのみがレベルアップする可能性も十分にありえるようですね。

✔カメラの画素数アップ
✔iPhoneのカメラは1200万画素を継続して採用
✔ついにレベルアップするのか

カメラの画素数に関しては、過去から他社比較され、もっと画素数をアップしてもらいたいという声もかなり多かったのではないかと思います。

それが、4800万画素ということになれば、相当な画素数になることは間違いありません。

ざっくり4倍の画素数アップになりますからね。そこまで画素数が上がれば、当然ながらかなりきれいな写真を撮影できるのでは?という期待もかなり多いのではないかと思います。

miniモデルの発売はなし

2022年モデルのiPhoneではminiモデルのiPhoneはなくなるとも報じられております。

miniモデルは5.4インチというコンパクトなボディなので、女性中心に人気がでると言われておりましたが、iPhone12miniの販売停止に関しても、全体の5%しか売れていないということもあるようです。

そのためiPhone12miniも製造を停止しているのです。

そういうことをトータル的に考えるとiPhone14miniではなくiPhone14MAXに移行するというのは当然のことなのかもしれません。

✔miniシリーズの廃止
✔MAXシリーズになる

今までにない試みですが、iPhone14MAXが販売されるとかなりいいのではないかと思っています。

小さい画面のモデルは好まれない

小さい画面のモデルというのは、好まれないということが、Appleの売れ筋からわかったようですね。

世間は大画面のモデルを好んでいるということになります。

正直なところ、ゲームをやる時なども、ゲームの種類にもよりますが、字が小さくて見ることができないという人も結構多いと思います。

大画面でゲームをしたほうが、明らかによく見えるということになります。

大きな画面でゲームをしても目が疲れにくいということがあるのではないかと思いますね。

✔世間の波は大画面へシフト
✔小さい画面のモデルはiPhoneSEだけで十分
✔大きな画面のモデルがほしい人が増えた

本当に大きな画面のほうが間違いなくメリットがありますので、そちらを選択してもらいたいという思いもあるかと思います。

引用元:9to5mac

iPhone14MAXではリフレッシュレートが120Hzになる?

iPhone14MAXではリフレッシュレートが120Hzになると噂されております。

iPhone13PRO及びiPhone13PROMAXでは、リフレッシュレートが120Hzになりました。

そのため画面スクロールなども比較的ヌルヌル動くようになりました。

他社では120Hzのリフレッシュレートを持つディスプレイを搭載するモデルも増えてきており、通常のモデルでもリフレッシュレートを上げるということは、非常に期待したいところです。

✔通常モデルでリフレッシュレートを上げることにも期待
✔MAXモデルのみがリフレッシュレートを上げてくるのか?
✔iPhone14はリフレッシュレートはそのままなのか?

このあたりもどうなるのか気になる部分ではあるかと思います。

iPhone14MAXのみがリフレッシュレートが120になったら、売れ筋はこちらになるのではないかと思います。

A15のCPUが搭載の予定

iPhone14MaxではA15のCPUが搭載の予定となっています。

iPhone14はA15のCPUのまま iPhone14ProシリーズのみがA16になると予想
iPhone14が2022年に発売される予定となっていますが、iPhone14というのは、A15というCPUのままになる可能性が高いようですね。 A15というCPUというのは、iPhone13シリーズに搭載されているCPUとなっていま...

こちらに記事が掲載されておりますが、iPhone14Max含めたスタンダードiPhone14は、A15というCPUが搭載される予定となる見込みです。

iPhone14というのは、基本的にはA15が搭載され、iPhone14ProシリーズにはA16が搭載される見込みとなっています。

ここで確実に上位モデルと下位モデルと分けられるのです。

発売後在庫不足に悩まされる

iPhone14Plus は予約 販売開始後 納期遅延で発売直後手に入らない状況になると予想
iPhone14Plusが欲しいと思っている人も多いと思いますが、iPhone14Plusは、予約販売開始後に納期遅延で手に入らないという可能性もあるようですね。 iPhone14Plusというのは、初めて採用される通常モデルのiPh...

こちらの記事を見てもらいたいと思いますが、発売は予定どおり2022年9月に発売されると思われます。

しかしながら、在庫がすぐには揃わないということで、発売直後に手に入れることが非常に難しい可能性があることがわかりました。

○iPhone14MAXの在庫はあまりないと予想
○iPhone14MAXは発売後在庫安定までにかなりの時間がかかると予想

iPhone14もおそらくそこまで在庫はないと予想れますが、iPhone14MAXは発売後かなり人気が出ると予想されます。

大画面で安価なiPhoneを欲しいという人はかなり多いと思いますので、そういう意味でもiPhone14MAXの在庫確保がすぐにされないということは、非常に残念ですね。

しかしながらiPhone14MAXが欲しいという年齢層というのは、おそらくそれなりに高い人だと予想されます。

それこそ40代から50代以降くらいの人により好まれるモデルとなると予想されます。

そういうことを考えると、発売日が少々遅れたところで、別に構わないという年齢層であることは間違いないでしょう。

それでもせっかく買うなら少しでも早い段階で欲しいという人も多いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
ワイモバイルストア公式UQモバイル公式キャッシュバック