iPhone14MAX 大画面モデルが今後登場の予定 Proモデルではなく 通常モデルで6.7インチになると予想

ソフトバンクのiPhoneを使う】
ソフトバンクオンラインショップなら事務手数料無料

iPhone14の時点でiPhone14MAXと呼ばれるモデルの販売がある可能性が高いことがわかりました。

iPhone14というのは、今のところ2022年に発売されるiPhoneとなっています。

 

iPhoneの購入ならオンラインショップがオススメ



iPhoneを購入するならオンラインショップがオススメです。

オンラインショップで購入するだけでも相当なメリットがあります。

ドコモ オンライン ショップ メリット デメリット 機種変更 新規 MNPで利用可能
ドコモオンラインショップを利用してスマホの機種変更や新規契約を行う人が非常に増えています。 ドコモオンラインショップで契約するメリットやデメリットはどのようなものがあるのでしょうか? 公式のオンラインショップはこちらです...
2021 au オンラインショップ メリット 機種変更 MNP 新規 お得に契約 予約 購入が出来る
au Online Shopのメリットに関してお伝えしてみたいと思います。 まずはau Online Shopというショップを知っていますか? auが直営で実施しているオンラインショップです。このau Online Shopを利...
ソフトバンクオンラインショップ メリット デメリット 機種変更 新規 MNP 予約 お得に契約する方法
ソフトバンクオンラインショップを使ってお得に契約したいと考えている人も結構多いと思います。 ソフトバンクオンラインショップのメリットをお伝えしたいと思います。 ソフトバンクの携帯を購入するならソフトバンクオンラインショッ...

こちらがオンラインショップを紹介しているページとなっています。オンラインショップというのは、ドコモ及びソフトバンクは事務手数料が無料になるなど特典も盛りだくさんとなっていますので、相当なメリットがあります。

✔ドコモとソフトバンクは事務手数料が無料
✔オンラインショップの利用で時間短縮

オンラインショップは時間短縮なので、そういう点においてもいつでもスマホを購入することが出来ます。

iPhone14MAXが発売される予定

ミンチークオ氏によるレポートとなりますが、2022年後半にiPhoneが新しいラインナップになると言われております。

その中でiPhone14MAXに触れておりますが、iPhone14MAXというのは、大画面でありながら900ドルを下回る価格で発表されると報じられております。

昨今iPhone12miniの販売が停止されたと報じられておりましたが、iPhone14では4つのモデルが販売されることは間違いなさそうです。

✔iPhone14 6.1インチ
✔iPhone14MAX 6.7インチ
✔iPhone14Pro 6.1インチ
✔iPhone14ProMAX 6.7インチ

同じ画面サイズのモデルがハイスペックモデルとローモデルの2つで販売される見込みになっています。

そしてiPhone14MAXの価格は900ドルを下回る価格ということになりますので、かなり安価な価格設定になるということが、わかるのではないかと思います。

miniがなくなることは確定

iPhone13が発売された時点で、iPhone13miniの発売はありましたが、iPhone14に関してはminiの販売はなくなります。

✔iPhone14miniの発売はなし
✔通常モデルとProモデルの2つのモデルで画面サイズは同じ

基本的には画面サイズが同じモデルとなりますので、確実に売れるモデルになることは間違いないかと思います。

iPhone14MAXという名称になるかどうかわかりませんが、6.7インチのモデルが欲しい人は、今までProMAXしか選択肢がありませんでした。

その選択肢がiPhone14で実現するのです。

これはかなり大きいことになるのではないかと思います。

やはり大画面でみたいという人もかなり多いはずです。

問題はリフレッシュレートですね。リフレッシュレートが120Hzになれば、かなりきれいな画面になるのではないかと思います。

実際にリフレッシュレート比較をするとわかるのですが、60Hzとはやはり異なります。

それくらい120Hzのリフレッシュレートになると、なめらかに動作させることが可能となるわけです。

4800万画素カメラ

iPhone14のProシリーズでは4800万画素のカメラが搭載される可能性が高いと言われております。

ハイエンドモデル用のカメラのみがレベルアップする可能性も十分にありえるようですね。

✔カメラの画素数アップ
✔iPhoneのカメラは1200万画素を継続して採用
✔ついにレベルアップするのか

カメラの画素数に関しては、過去から他社比較され、もっと画素数をアップしてもらいたいという声もかなり多かったのではないかと思います。

それが、4800万画素ということになれば、相当な画素数になることは間違いありません。

ざっくり4倍の画素数アップになりますからね。そこまで画素数が上がれば、当然ながらかなりきれいな写真を撮影できるのでは?という期待もかなり多いのではないかと思います。

miniモデルの発売はなし

2022年モデルのiPhoneではminiモデルのiPhoneはなくなるとも報じられております。

miniモデルは5.4インチというコンパクトなボディなので、女性中心に人気がでると言われておりましたが、iPhone12miniの販売停止に関しても、全体の5%しか売れていないということもあるようです。

そのためiPhone12miniも製造を停止しているのです。

そういうことをトータル的に考えるとiPhone14miniではなくiPhone14MAXに移行するというのは当然のことなのかもしれません。

✔miniシリーズの廃止
✔MAXシリーズになる

今までにない試みですが、iPhone14MAXが販売されるとかなりいいのではないかと思っています。

引用元:9to5mac

コメント

タイトルとURLをコピーしました