当ブログを運営している携帯情報.コムです。 ケータイチャンネルというユーチューブチャンネルを運営し、動画配信にもチャレンジ中です。ぜひチャンネル登録してください。自己紹介はこちらをご確認してみてください。 twitterの運営もしています。

iPadAir5 (5世代) アイパッドエアー5 スペック 予約 発売日 Wi-Fi Cellularモデル

楽天ハンド新規一括0円4999円ポイント還元 1年間維持費無料はこちら

iPadAir5世代に関する情報をお伝えしたいと思います。Airというだけあり、薄型がメインのモデルとなっています。

iPadAirは薄型モデルのiPadということで、結構販売されているガジェットとなります。

iPadAirも2020年の時点で4世代まで販売されており、非常に人気の高いモデルとなっています。iPadAirははiPadPROシリーズまでは不要であるが、iPadが必要という人にはもってこいのガジェットとなります。

 
【ドコモとソフトバンクは事務手数料が無料】
オンラインショップは24時間営業で2750円以上なら送料無料です。ネットからスマホを購入する人がかなり増えています。
ドコモオンラインショップで購入する
au Online Shopで購入する
ソフトバンクオンラインショップで購入する

iPadAir5が発売されるとオンラインストアで購入できる

iPadAir5は各社オンラインショップで購入することができるでしょう。

【ドコモとソフトバンクは事務手数料が無料】
ドコモオンラインショップで購入する
au Online Shopで購入する
ソフトバンクオンラインショップで購入する

オンラインショップは予約購入が可能となっているため、最近はオンラインショップを利用する人がかなり増えてきております。

iPadAirもオンラインショップから購入が可能となっています。Cellularモデルがメインですが、Cellularモデルは単体での通信も可能になるということで、かなりの人が利用しているのではないかと思っています。

過去のiPadAirの発売日

iPadAirの種類発売日
iPadAir22014年10月24日
iPadAir32019年3月18日
iPadAir42020年10月28日
iPadAir52022年3月頃?

iPadAir2からiPadAir3までの発売日はかなり間が空いておりますが、その後1年半でiPadAir4の発売が行われております。
1年半後のブランクが空いているのであれば、iPadAir5の発売は2022年頃になるのではないかと予想されます。
2021年にはiPhone13の発売も行われると思います。
その半年後の販売となると思われます。

✔iPadAir2世代目と3世代目の発売日時期はかなり空いています。

iPadAir4からiPadAir5のスペックを予想

上記に発売時期に関して記載がありますが、仮に2022年3月だったと過程するならスペックがある程度予想できるのではないかと思っています。

モデルiPadAir4Wi-FiiPadAir4Cellular
カラーバリエーションシルバー、スペースグレイ、ローズゴールド、グリーン、スカイブルー
大きさ247.6×178.5×6.1mm
重さ458g460g
OSiOS14iOS14
ディスプレイLiquid Retinaディスプレイ
IPSテクノロジー搭載10.9インチ(対角)LEDバックライトMulti-Touchディスプレイ
2,360 x 1,640ピクセル解像度、264ppi
広色域ディスプレイ(P3)
True Toneディスプレイ
耐指紋性撥油コーティング
フルラミネーションディスプレイ
反射防止コーティング
1.8%の反射率
500ニトの輝度
Apple Pencil(第2世代)に対応
CPUA14
RAM4GB
内蔵ストレージ64GB、256GB
前面カメラ7MPの写真
ƒ/2.2絞り値
背面カメラ12MP広角カメラ
ƒ/1.8絞り値
5枚構成のレンズ
Wi-FiWi-Fi6Wi-Fi6
Bluetooth5.05.0
CellularモデルUMTS/HSPA/HSPA+/DC-HSDPA(850、900、1,700/2,100、1,900、2,100MHz)、GSM/EDGE(850、900、1,800、1,900MHz)
ギガビット級LTE(バンド1、2、3、4、5、7、8、11、12、13、14、17、18、19、20、21、25、26、28、29、30、32、34、38、39、40、41、42、46、66)
位置情報デジタルコンパス
Wi-Fi
iBeaconマイクロロケーション
デジタルコンパス
Wi-Fi
iBeaconマイクロロケーション
内蔵GPS/GNSS
携帯電話通信
認証機能Touch ID
3軸ジャイロ
加速度センサー
気圧計
環境光センサー

こちらが現行のiPadAir4のスペックとなっています。この中で特筆すべき点というのは、A14というCPUを搭載していることなのです。
A14というのは、iPhone12に搭載されているCPUと同じCPUとなっています。

iPadAir5のCPUはA15であるという仮設

CPUにはA15と呼ばれるCPUが搭載されると思われます。このCPUというのは、iPhone13と同じCPUとなっているので、かなり高速になることが予想されます。A14と比較すると1.3倍程度能力アップになっていると思われます。

✔iPadAir4から1.3倍のスペックアップと予想

それだけでも十分だと思いませんか?
相当スペックが上がると思います。iPhoneの1世代分違うということになり、1年以上長く利用することが可能となるので、iPadAir5のCPUに関しては、今後の作業性に関して左右するものとなっていますので、期待したいと思います。

RAMの容量は6GBに期待

RAMの容量は6GBに期待したいと思います。基本的に容量というのは、大きいほうがいいと思いますが、容量を大きくすると部材コストなどが結構上がります。
部材調達コストをアップさせないように、現行の4GBから6GBへのアップを行ってもらいたいですね。

RAMの容量が上がれば、当然ですが作業効率もアップします。

現状でいえばiPhone12Pro、iPhone12ProMAXが6GBのRAMを搭載しています。2020年モデルで6GBであれば、iPadAir5の発売が2022年になるということであれば、十分期待できる容量ではないかと思っています。6GBの価格帯もその頃になれば、現状よりも下がっていることはほぼ間違いないかと思います。

価格が下がっているのであれば、十分期待できる容量になるでしょうね。

✔年々RAMの容量はアップしている
✔大容量のメモリを利用するアプリもサクッと開く

ApplePencilは2世代目に対応

Apple Pencil2 ApplePencil1 比較 違い 書きやすいのは? 何が違う iPad対応は? miniへの対応は?
Apple Pencil2と呼ばれるものが販売されていることは知っている人も多いと思います。 現在AppleからPencilと呼ばれるものが、ApplePencilとApplePencil2の2つのPencilが発売があります。 ...

ApplePencilは2世代目に対応してくることは間違いありません。現行モデルのiPadAir4でもApplePencil2には対応していますので、そのあたりは問題ないと思います。

iPadを利用する上でApple Pencilは必須だと思います。これがないと本当に不便ですからね。私もこれを普段は利用しています。
とにかくプレゼンなどを行う時には、ペンがあれば、普通に文字を書き込むことも出来ます。
オンライン会議などでちょっとだけ文字を書いてみたいという時にも画面共有機能を利用すれば問題なく使うことが可能となっているのです。
そういう点でもApple Pencilがあれば、かなり便利です。

✔Apple Pencil2世代目の利用は継続的に可能

iPadにそこまで高性能なカメラは不要

iPadにそこまで高度なカメラは不要だと思います。カメラはiPhoneのほうが得意です。
ただしiPadを利用する人の中で、ゴルフのレッスンや打撃レッスンなどにタブレットを利用する人というのは、かなり多くいます。

iPadAir4の時点ですでに1200万画素のカメラを搭載しています。さらにF値は1.8となっています。F値1.8というのは比較的暗い場所でも結構きれいに撮影できるレベルです。
おそらくカメラの性能的には、iPhone11に搭載されているカメラとほぼ同じレベルのカメラではないかと思います。
iPhone11に搭載されているカメラはF値1.8の広角レンズが付いていますからね。

✔iPadのカメラは普通に撮影するだけなら十分

おそらくiPhone12の広角レンズくらいが搭載される可能性も十分にありえます。それならF値は1.6となり、さらにくらい場所でもきれいに撮影することが可能となるでしょう。

Cellularモデルでは5G対応かも?

5Gにも対応してくる可能性は十分にありえるかと思います。
5Gに対応するiPadならかなり高速にデータダウンロードが可能となります。
2020年の時点では日本国内でもそこまでエリアが広いわけではありませんが、今後確実にエリアは広がっていきます。

iPhone12の5Gのエリアはどの程度なのか ドコモ au ソフトバンクのエリアマップを紹介
iPhone12は初めて5Gを採用しておりますが、5Gの通信が行えるエリアというのは、どれくらいあるのでしょうか? そのあたり非常に気になる部分かと思います。 5Gのエリアに関していえば、通常はそこまで広くはありませんが、今後どれくらい...

こちらの情報も確認いただければと思います。Cellularモデルでは5Gにはかなり期待できるのではないかと思っています。5Gでもかなり低価格のSIMなどの販売も行われると思われます。iPadの可能性としては、かなり期待できるのではないかと思っています。

基本的にこれから販売されるモデルというのは、5Gへの対応は必須になっているのではないかと思います。
世界でも5Gのエリアはどんどん広がっています。
Cellularモデルの購入は各社のオンラインショップなどで購入するといいかと思いますが、5Gは日本でも2021年の年度末の時点では90%くらいの人口カバー率を目標にしているようです。
山間部などでは5Gはまだまだ難しいと思いますが、普通の住宅地などでは5Gに対応するエリアというものが、かなり出てくることは間違いないでしょうね。

MicroLED搭載?

今後世の中の主流として有機ELからMicroLEDというものにおい変わっていく可能性があります。
MicroLEDというのは、ピクセルあたりにLEDが埋め込まれたものを言います。
そのためかなり細かいピクセルで表現される可能性が高いということになります。

有機ELが悪いわけではありませんが、MicroLEDはさらに省エネになるということになりますので、かなり期待が持てるのではないかと思っています。

iPadAir5で十分かも?

iPadはプロモデルの発売も継続的に行われておりますが、iPadAirでも十分かと最近は思うようになりました。
その理由ですが、何度も私のブログではお伝えしていますが、iPadというのは、そこまで高速に処理する必要がないからです。
プロモデルでは、LiDARなどが搭載されておりますが、LiDARが搭載されていても、そこまで写真撮影を重要視している人はいないと思います。

カメラなどの性能はiPhoneにまかせておいてもいいのでは?と思います。
カメラ性能がそこまで必要ないのであれば、iPadAirでも十分なのです。
基本的にタブレットを利用する用途って何か考えてみたいと思いますが、どのようなものがあるでしょう?

✔プレゼン用途
✔ZOOMなどのオンライン会議
✔ウェブ閲覧
✔動画閲覧
✔子供の教育
✔ゴルフレッスンなど
✔絵を書く
✔写真などを共有する

私が思いつくタブレットの用途としては、正直なところこれくらいです。実はそこまでたくさんの用途があるというわけではないように感じます。
たくさんの用途がないのであれば、タブレットに対してはスペックが不要なのでは?と思います。
タブレットに対してスペックが不要であれば、iPadProシリーズまでは不要なのでは?と思います。

とはいうものの、タブレットもバージョンアップされていきますので、バージョンアップされると確実に、今よりいいものが登場するわけです。
iPhoneのように毎年購入することもないかと思います。毎年購入せずに数年に1度の購入で十分なのでは?と思いますね。
iPadAir5に関しては、そこまでのスペックは必要ないと思いますので、あまり気にすることはないかと思います。

iPadAir4でも十分な人はすでに買える

iPadAir4でも十分だという人は、現時点でも購入可能です。
新しいモデルまで待つことで、より良いものになることは、間違いないかと思いますが、iPadはすぐに利用を開始して数年きっちり利用するほうがいいと私は思っています。
Apple Pencilに関しても2世代目のものを利用することができますので、現時点でのモデルを購入しておいても、損はないかと思いますね。
基本的にAppleは年々いいものを出しますが、5年くらい利用できるように設計されていますので、ぜひ検討してもらいたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました