A16 iPhone14に搭載されるCPUを リスク生産 3nmという驚異のプロセスルール

A16と呼ばれる次のCPUの開発をTSMCが行っているようです。
A16というCPUというのは、2022年にもiPhoneに搭載されるCPUになっています。

 

リスク生産というものは何か?

リスク生産というものはなんでしょうか?リスクプロダクションとも言われるものとなっています。
通常なにかを製造するときというのは、汎用品と特注品に分かれるかと思います。
汎用品というのは、誰もが目にするような一般品ですが、特注品というのは特化したものに対して製造するものです。

自動車部品などは、基本的には特注品の集まりです。ボディに関しても他に流用できません。
流用できる部分というのは、ネジとかそのあたりなら他の自動車でも流用できるかもしれませんが、基本的にはその車に特化したものを製造するのです。
このリスク生産というのは、AppleからCPUの受注を受けていないにも関わらず、受注を受けると想定してCPUの製造に入っている状況になっているということです。

3nmという驚異のプロセスルール

現状プロセスルールというものは、5nmです。それでも十分細かいのですが、それよりもさらに細かい3nmというプロセスルールで製造しているようですね。

プロセスルールが細かくなればどのような効果が生まれるんか?ということですが、動作速度の向上と、省エネ性能のアップが主な効果です。
プロセスルールが細かくなればなるほど、確実に処理速度が上がります。
iPhoneは十分今でも早いわけですが、さらに早くなるのです。
本当に嬉しいですよね。

TSMCというメーカーがiPhoneのCPUの製造を行っており、今回もこのTSMCがリスク生産を行っています。

リスク生産を行うだけの余裕資金があるということなので、かなり期待したいところですね。
それだけTSMCというのは信頼性の高いCPUを製造しているということになるのではないかと思います。

iPhoneのCPUはAndroidよりも高速?

iPhoneのCPUというのは、かなり高速に動作します。

Androidよりも高速に動作しますが、A16になれば、A14いわゆるiPhone12シリーズよりも1.6倍程度の動作速度が向上します。

それだけの動作速度が向上すればいいと思いませんか?

AndroidのCPUはオクタコアと呼ばれ、8つのコアを持つCPUとなっており、iPhoneに搭載されているAシリーズのCPUというのは、6つのコアを持つCPUとなっているため、コア数だけ見ると少なく見えますが、iPhoneのための専用設計がされているため、かなり高速に動作させることができるのです。

Androidは汎用的なOSとなっており、いろいろなメーカーに搭載されていますが、iPhoneのAシリーズと呼ばれるCPUはiPhoneのみに提供されていることで、専用チューニングされているため早くなるということもあるかと思います。

iPhoneに搭載されているCPUは本当に高速に動作するので、本当にメリットがあるかと思いますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました