【TikTokインストール(無料)】
インストール&5日間連続10分動画視聴で
4000円プレゼントキャンペーン中

1.インストール後初期登録
2.ライブ動画の垂れ流し
PayPayやdポイントプレゼント
招待コード:AB338619061

以下リンク先より、インストールください。
4,000円分!お友達と一緒にギフトをもらえるチャンス♪

4000円の受け取りにはPayPayがおすすめ!

iPhone12mini アイフォン12ミニ 売れる スマホ 5.4インチながら 機能は他のiPhoneと同等

 

iPhone12miniの発売が開始されますが、このiPhone12miniは確実に売れる機種になることは間違いないと思います。
iPhone12miniは、5.4インチという小柄なボディですが、その機能は他のiPhone12シリーズとほぼ変わりません。

 
事務手数料が無料のオンラインショップドコモ公式オンラインショップ上記クリックで、ドコモオンラインショップ公式サイトに遷移します。ソフトバンク公式オンラインショップ上記クリックで、ソフトバンクオンラインショップ公式サイトに遷移します。楽天モバイル公式オンラインショップ上記クリックで、楽天モバイルオンラインショップ公式サイトに遷移します。ワイモバイル公式オンラインショップ上記クリックで、ワイモバイルオンラインショップ公式サイトに遷移します。

iPhone12miniはオンラインショップ予約がおすすめ

iPhone12miniの購入はオンラインショップがおすすめです。
2020年11月6日午後10時から予約が開始されます。



こちらが日本での各社の予約サイトとなっています。こちらのサイトから購入することが可能となっています。

ドコモオンラインショップソフトバンクオンラインショップでは、事務手数料が無料となっており、非常に購入しやすいです。
それだけで税抜2000円お得に購入することができるのです。
買おうと思っている人ならこのタイミングでの購入がメリットがあるのではないかと思っています。

iPhone12miniは安い

iPhone12miniは他の機種と比較しても比較的安価に購入することができます。

iPhone12mini64GB128GB256GB
価格(税抜)74,80079,80090,800

こちらはApple Storeでの価格となっています。

一番安価な64GBであれば、74,800円となっているので、かなり購入しやすい価格帯ではないかと思っています。

ただこれに税金が入るので、結局は8万円を超える価格設定となります。それでもiPhone12miniであればかなり安価な価格設定となっていますので、非常に購入しやすいのではないかと思います。

ただApple Storeも分割購入することができますが、分割を選ぶ人よりも一括で購入する人の方が多いと思います。ショッピングローンであれば、24回払いまでであれば、年利0%となっていますので、基本的にキャリアモデルで購入するのとさほど変わりません。

5.4インチというコンパクトサイズ

5.4インチというコンパクトサイズがオススメです。

コンパクトサイズのスマホというのは、最近本当に姿を消しました。スマホの本体サイズというのは、基本的に大きいものが多いです。

スマホの本体サイズが小さいということは、ポケットにも普通に入る大きさとなっていますので、かなり便利です。

5.4インチというと、一昔前であれば、実は大画面でした。それが最近のスマホはベゼル部分がなくなり、画面だけで5.4インチというものとなり、かなりメリットがあるのではないかと思っています。

5.4インチという画面サイズでありながら、iPhoneSE2とはほとんど変わらない画面サイズとなっています。

iPhoneSE2 中古 学割 学生が持つには最適 安く維持も可能 楽天モバイルがオススメ
iPhoneSE2の発売が開始されております。iPhoneSE2というのは低価格ですが、スペックはiPhone11相当ということもあり、購入したいと考えている人も多いはずです。 iPhoneSE2の購入は日本では、ドコモ、auなどの大手キ...

こちらにiPhoneSE2に関して触れておきたいと思います。iPhoneSE2であったとしてもスペック的にはiPhone11とほぼ同じスペックとなっており、十分かと思います。

画面サイズは4.7インチとなっており、5.4インチよりは小さいですが、iPhoneSE2とは比較されるモデルとなるかと思います。

他のiPhoneは6.1インチ以上

他に発売されているiPhoneというのは、6.1インチ以上となっています。

iPhone12:6.1インチ
iPhone12Pro:6.1インチ
iPhone12ProMAX:6.7インチ

これが画面サイズとなっています。6.1インチまで行くとやはり大画面ですよね。
大画面のほうが普段は見やすいのですが、持ち運びはやはり5.4インチのほうがメリットがあります。

コンパクトサイズだからこそポケットに入れて持ち運ぶという点においては本当に便利だと思います。

年々画面サイズは大きくなる

iPhoneもそうですが、スマホ全体にいえることは、年々画面サイズが大きくなるということです。
年々画面サイズが大きくなるということは、小さい画面でスマホを見ることが辛くなった人もいるかも知れませんが、大画面のニーズがあるということです。
各社ニーズ分析というものは行っていると思いますので、そのニーズは年々大きな画面のスマホを販売してほしいという消費者のニーズを汲み取ったものになっていると予想されます。
ただそれを相反して少数ですが、コンパクトサイズでも問題ないという人も結構いるのです。
コンパクトサイズのメリットは先程からもお伝えしている通り持ち運びが便利ということです。

それでも大画面のスマホがもてはやされるということは、Apple Watchなどのガジェットの要因もあるかもしれません。
Apple Watchからメッセージの返信ができるようになったり、基本的にはiPhoneと連動して動くものとなります。
iPhoneとApple Watchが連動することで、ポケットにiPhoneを入れて持ち運ぶという人は少なくなったのかもしれませんね。
Apple Watchがあれば、ポケットにiPhoneを入れておかなくても、かばんの中でも十分なのです。かばんにiPhoneを入れておけば、それだけでApple Watchがある程度のことをしてくれますからね。

カメラはデュアルカメラ

iPhone12miniのカメラはデュアルカメラとなっています。Proシリーズではカメラは3つありますが、デュアルカメラだったとしても十分です。
iPhoneのカメラというのは、かなりきれいに撮影することができるのです。
元々iPhoneのカメラというのは定評のあるカメラとなっています。
それがiPhone12miniのカメラは、広角と標準の2つのカメラを搭載しています。今までのiPhoneは1つのカメラしか持っていなかったことを考えると、2つあるだけでも十分だと思いませんか?
2つのカメラがあるということだけで、今までよりもよりきれいに撮影することができるのではないかと思います。

今までのカメラというのは、1つのカメラで複数のシーンの撮影を行う必要がありました。
デュアルカメラになり、2つあるカメラにそれぞれ役割があり、その役割の通りに利用することができるようになります。
役割というのは、広角と標準という役割です。
広角に撮影したいときというのは、広角カメラを利用し、普通に撮影するときは標準カメラを利用することになります。

基本的に普通にiPhoneで写真撮影をするときであれば、デュアルカメラでも全く問題ないと思います。;

CPUがiPhone12シリーズ共通

CPUにはA14と呼ばれるCPUを採用しております。このA14ですが、A13を搭載している、iPhone11の1.2倍動作速度が向上すると言われています。
動作速度の向上というのは、このCPUの能力のおかげであるということになります。
CPUがよくなると動作速度全体が向上します。iPhone12ではProシリーズでもminiでも同じCPUを搭載しているということが、かなりメリットのあることなのです。

iPhone12Proシリーズと同じCPUを搭載

CPUというのは、コンピュータの頭脳ということになり、その頭脳がいいと当然ですが、動きに関してはiPhone11よりも当然ながら良くなると思います。
動きがよくなるということは、それだけアイドルタイムや無駄な時間が減るということにも繋がりますので、私はメリットがあると思っています。

毎年1.2〜1.3倍程度の能力アップをしているiPhoneですが、たった1.2倍程度と思うかもしれませんが、それは本当にありがたいことなのです。
年々の能力向上というのは、かなりオススメできる内容だと思いますね。

iPhone12 /mini /Pro /ProMAX 違い 比較 オススメは 買うならどれを選ぶのがいいのか?


こちらそれぞれのiPhone比較のページとなっています。こちらも合わせてご確認してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
ワイモバイルストア公式UQモバイル公式キャッシュバック