iPhone12のRAMの容量は 6GBに思ったより小さい? 5G対応なのに?

2020年にiPhone12が発売されると予想されておりますが、RAMの容量は6GBになると報じられています。
こちらの元の情報というのは、MacRumorsからの情報となっており、アナリストTimothy Arcuri氏とMunjal Shah氏の研究ノートを入手したということです。
そのノートの内容によると、iPhone12は4つのモデルとなる予定となっております。
またその4つのモデルすべてに有機ELが採用されており、カメラやRAMの容量などが、すべてのモデルで異なるとも報じられております。

 

アナリストの予想

6.7インチ、トリプルカメラ、6GBのRAM
6.1インチ、トリプルカメラ、6GBのRAM
6.1インチ、デュアルカメラ、4GBのRAM
5.4インチ、デュアルカメラ、4GBのRAM

iPhone12をアナリストが予想するとこんな感じに 4Gモデルと5Gの混在の可能性も
iPhone12に関して有名アナリストがどんなiPhoneになるのか予想しております。 この予想に関しては個人的にはあながちどれも間違っていないのではないかと思っています。 世界的には5Gモデルの発売ということで、かなり期待して...

こちら過去に紹介した情報となりますが、アナリストの予想が出ております。

アナリスト予想
ミンチークオ(TF証券)4つの新しいiPhone
5.4インチOLEDディスプレイ デュアルカメラ搭載
6.1インチOLEDディスプレイ デュアルカメラ搭載
6.1インチOLEDディスプレイ トリプルカメラ搭載
6.7インチOLEDディスプレイ トリプルカメラ搭載
JPモルガン4つの新しいiPhone
5.4インチOLEDディスプレイ デュアルカメラ搭載
6.1インチOLEDディスプレイ デュアルカメラ搭載
6.1インチOLEDディスプレイ トリプルカメラ搭載 ToFセンサー搭載
6.7インチOLEDディスプレイ トリプルカメラ搭載 ToFセンサー搭載
ローゼンブラッド証券6つの新しいiPhone
6.1インチLCDディスプレイ
5.4インチOLEDディスプレイ 4G/5G
6.1インチOLEDディスプレイ 4G/5G
6.7インチOLEDディスプレイ 5G

こちらアナリストの情報を掲載しておきます。

上位モデルはProモデルとなることは間違いありません。そして上位モデルはToFが搭載される可能性もあります。このToFというのは、Galaxy Note10+で採用されており、動画撮影時などでもボカシを撮影することが出来るようです。かなりきれいに撮影するボカシ機能になるのではないかと予想されております。


こちらToFに関する情報をお伝えしておきたいと思います。今までの写真撮影とは異なる写真撮影が可能となりますので、期待出来るのではないかと思っています。

5Gの対応に遅れ?

5Gの対応にも遅れが生じている可能性もあります。


こちらの記事を見てもらいたいのですが、5Gに関しては、2020年のiPhoneには搭載されるという情報は以前から出ておりますが、この5Gの開発が遅れているというのです。そして発売は2021年にずれ込む可能性もありえます。
2021年までずれ込むというのは、早く5Gを利用したい人にとってはかなり辛いことになるのではないかと思っています。
日本では2020年の春には5Gが世の中に出てきます。インバウンドで5Gのスマホを持っている人はいち早く恩恵を受けることができますが、今のところ日本のキャリアから5Gが発売されるというアナウンスはありません。
2020年の夏モデルで5Gモデルのスマホが登場する可能性が高いというだけです。
どれだけの機種が5Gに対応してくるのかということも今のところわかりません。恐らく各社3機種程度しか5Gに対応した機種というのは、発売されないのではないかと思っています。
Galaxy S11なども5Gに対応してくると思いますし、Xperiaも最新モデルでは5Gに対応してくるでしょう。
そういうこともあり、5Gに対して期待している人も多いと思いますが、iPhoneの5Gに一番の期待を寄せている人も多いのではないかと思っています。

引用元:engadget

コメント

タイトルとURLをコピーしました