iPhone12は4種類?画面サイズが異なり スペックも若干変わる?

次に販売されるiPhone12は4種類になると予想されています。
4種類のiPhoneが販売されることで、異なる画面サイズのモデルが色々と販売されることになります。
どれを購入するのがいいのか非常に悩ましいところですよね。

 

画面の異なる4種類のiPhone

画面サイズが異なる4種類のiPhoneが販売される予定となっています。

・5.4インチ
・6.1インチ(2台)
・6.7インチ

こちら4種類のiPhoneとなります。この中での画面違いというのは、5.4インチ、6.1インチ、6.7インチが画面違いということになります。
通常モデルとPROモデルの2つのモデルが発売される予定となっています。
今回通常モデルとPROモデルで同じ画面サイズのモデルが販売される可能性があるということです。
人気サイズは5.4インチになりそうな気もしますね。

価格はかなり安価に設定

・5.4インチ:649ドル
・6.1インチ:749ドル
・6.1インチPROモデル:999ドル
・6.7インチ:1099ドル

こちらが価格となりますが、価格設定としてはかなり安価な価格設定ではないかと思っています。
iPhoneは今まで非常に高額でしたが、低価格モデルも出してきているという印象です。iPhoneSE2などは価格も非常に安価に設定されていますので、相当安価です。
価格が安価に設定されているということで、購入しやすいというメリットがあるかと思います。

一番高額なモデルで12万円程度になると予想されます。

iPhone11PROMAXで、税別119800円です。税込み価格で131780円となり、ほぼ現行と同じ価格になることは間違いないかと思います。

高くても最新のスマホを利用したい

少しくらい高額だったとしても最新のスマホを利用したいというニーズはあろうかと思います。
高額スマホであったとしても、個人的にはオススメできるモデルであれば、いいのではないかと思います。
一番安価なモデルは日本円で8万円ほどになると予想されます。
5.4インチだったとしてもこれは結構オススメです。
おそらくすべてのモデルが5Gに対応すると思いますので、5Gに対応するモデルであれば、かなりメリットがあるのではないかと思います。
5Gは2020年モデルすべてに搭載されるといわれているので、5.4インチのiPhoneでも同様に5G対応になると思います。
5Gに今のタイミングでしておくことで、今後3年間iPhoneを利用しようと思った時にでも対応が可能かと思います。

引用元:twitter

コメント

タイトルとURLをコピーしました