Apple Watch6 2020モデル スペック 進化 新機能はどうなる?

Apple Watchという時計を知らない人も少なくなってきました。AppleWatchも現在バージョン5まで発売されており、バージョン6がどのようなものになるのか非常に期待している人も多いのではないかと思います。
AppleWatch6はどのように進化するのでしょうか?

 

AppleWatch6の進化を予想

まずはAppleWatch5の特徴を見ていきましょう。

現在AppleWatch5に搭載されている機能というのは、以下の通りとなります。

GPS/GNSS
コンパス
気圧高度計
耐水性能
50メートル
電気心拍センサー
第2世代の光学式心拍センサー
海外における緊急通報2
緊急SOS
加速度センサー
最大32G(転倒検出対応)
ジャイロスコープ
環境光センサー
スピーカー
マイクロフォン
Apple Pay
GymKit
容量32GB
セラミックとサファイアクリスタルの裏蓋
ディスプレイ44mm368 x 448ピクセル
977平方ミリメートルの表示領域
ディスプレイ40mm324 x 394ピクセル
759平方ミリメートルの表示領域
チップS5(64ビットデュアルコアプロセッサ搭載)
ワイヤレスチップW3
輝度1,000ニト
ディスプレイ感圧タッチ対応LTPO OLED常時表示Retinaディスプレイ

これがAppleWatch5のスペックとなります。

AppleWatchという非常に小さいものの中にこれよりも新しい機能が搭載される可能性があるわけです。

チップのバージョンアップの可能性

S6と呼ばれる最新のチップに変更される可能性が非常に高いと思われます。AppleWatchというのはこのSシリーズというチップとともに成長してきました。AppleWatch5に搭載されているチップはS5と呼ばれるチップとなります。今回はAppleWatch6なので、S6と呼ばれるチップが搭載される可能性が非常に高いわけです。

S5とS4というチップは性能にほとんどの差がないとも言われておりますが、S4からすると2年経過したモデルとなりますので、ほぼ間違いなくバージョンアップされると思われます。

チップ性能が向上すると、バッテリーの消費や新しい機能が搭載される可能性があります。

MicroLEDの搭載

MicroLEDが搭載されると言われております。このMicroLEDというのは、Pixelあたりに微細なLEDを埋め込む技術です。
有機ELとも異なり、PixelあたりにLEDを埋め込むことにより、かなりキレイに表示させることが可能なディスプレイとなっています。
1つ1つが非常に小さいLEDとなっており、有機ELとならぶ非常に素晴らしい技術とも言われております。
有機ELもかなり省エネ性能に優れておりますが、このMicroLEDも省エネ性能はかなりのものがあるとも言われており、一節には有機ELよりも省エネ性能が優れていると言われております。
このMicroLEDをAppleWatchに搭載する可能性があるというのです。

ただ実利用においては、その違いを認識できることは非常に少ないのではないか?とも思います。
基本的に人間の目で見えるPixelというものは限界があり、すでに目では確認できないレベルとなります。
体感できることといえば、省エネ性能が向上したのかな?くらいしかないかと思います。
AppleWatchもスマホもそうですが、ディスプレイを光らせておくことに対して、バッテリーは消費します。
なにかのアプリを動かすときにも必ずディスプレイは点灯しますからね。そういうことを考えるとMicroLEDの省エネが本物であれば体感できるレベルになる可能性はゼロではありません。

新しい新技術と少し前からの有機ELのどちらがいいのか?も含めて悩ましい部分ではあるかと思います。
新しい技術はおそらくいいですが、新しい=良いものとは限りません。新しいものには不具合などもつきものなのです。
古いものはそのような不具合なども払拭され、基本的にはいいものとして世の中に認知されるようになっているのです。
今回MicroLEDが搭載されることにより、価格の上昇もひょっとするとあるかもしれません。新しいものを搭載するときには、コストがかかるということも考えておかないとだめなのです。

新機能搭載の可能性

上記Twitterにも情報があるようにいくつかの機能が強化される予定となっています。

Sleep Tracking
Pulse Oximeter
Longer Battery Life
Mental Health Abnormalities Detection

睡眠追跡
パルス酸素濃度計
より長いバッテリー寿命
メンタルヘルス異常検知

こちら日本語に直訳してみました。直訳したところ今まで以上に機能が追加されるようですね。
これはかなり楽しみです。この機能の中でも面白いものがメンタルヘルス異常を検知するというものです。
どのような仕組みを利用してこのメンタルヘルスの異常を察知するのかわかりませんが、いつもと違う動きをするなどという学習なども必要になってくるのではないかと思います。
新機能が搭載されることになると、ますます販売台数を伸ばしていくことになるでしょう。
すでにAppleWatchは欲しい人なら手にしているガジェットではないかと思います。
高級な時計よりは安価な時計ということで、一般庶民でも購入しやすい価格帯となっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました