iPhone12に搭載されるA14 Bionic CPU 3.00GHzで初の周波数3GHz超え かなり高速

友だち追加
格安SIMを紹介しています。 初月から120GBのSIMが110円で3ヶ月利用可能!4ヶ月目以降1000円台のプラン変更可能です こちら登録頂ければ幸いです。
友だち追加
こちら友達登録頂くことで、割引情報などを配信いたします。
 

iPhone12に搭載されているA14というCPUですが、かなりいいCPUとなっています。

118億個のトランジスタを集積しており、A13と比較しても40%程度処理能力が上がっていると報告されております。

実際にiPhone12が販売されて、誰しもが速さに関しては実感しているのではないかと思います。

実際に発売されたiPhone12ですが、3.00GHzとなっており、超高速に動作させることが可能となっています。

 


iPhone12は高速処理が可能

iPhone12は当然ながら高速に処理を行うことが可能となっており、かなりの人が満足しているCPUになっているのではないかと思います。

iPhone11のクロック数が2.66GHzとなっていますので、3GHzになったCPUはかなり高速になっているということがわかるわけです。

また5nmという非常に細かいプロセスルールになっているということもあり、かなり高速です。

製造はTSMCが請け負っており、TSMCの評価もかなり高いと予想されます。

Appleシリコン CPU M2 M2Pro M2MAX チップ iPad 2021 2022年 MacBook Macmini などへの搭載
Appleは現在M1というCPUを搭載しているMacBookやiPadなどの販売を行っておりますが、次のモデルにあたるM2やM1X、M2Xなどの情報も出てきているようですね。 まだ具体的に何時頃になるのかわかりませんが、かなり興味を持...

こちらが最新のCPU情報となります。iPhone含めたApple製品は処理速度も非常に高速で、期待を裏切るということはありません。本当にいいものを製造していると思います。

発売前の情報

iPhone12が発売される前の情報となります。

ARMプロセッサーでは初めてのこと

iPhone12が搭載する予定のA14というCPUですが、かなりスペックがよくなる見込みです。

iPhone12は2020年9月にも発売される予定となっています。
iPhone12で搭載されるA14というものがかなり驚異のCPUとなっているようです。

ARMプロセッサーではCPUが3GHzを超えるというのは初めてのことです。
基本的にこのクロック数が上がるということは、それだけ処理速度が早いということです。
自動車でいうと回転数が高回転まで回るということになりますので、エンジンのスペックにもなりますが、排気量が多く高回転のほうが早いですよね。
結果的にそういうことです。
CPUに関しても同様に回転数が早いいわゆるクロック数が高いということが、メリットがあるのです。
クロック数が高いということが、非常にメリットのあることであるということは理解できたかと思います。
それがARMで初めてということになれば非常にメリットがあることだと思います。

AシリーズはTSMCが製造

AシリーズはTSMCが製造しております。前はサムスンも製造しておりましたが、今はTSMCでの製造となっています。
Androidに搭載されているSnapdragonとAシリーズは比較されますが、OSが異なるためなかなか比較対象することは難しいです。
それでもベンチマークアプリなどで、それなりに比較することができるので、なんとなくAシリーズはSnapdragonCPUのこれにあたるということはそれなりにわかるわけですが、Snapdragonというのは、Android系、Aシリーズはアップルにと棲み分けはきっちりできているのではないかと思っています。
基本的にTSMCのCPUはかなりいいCPUとなっていますので、安心して利用することができますね。

researchsnipers

コメント

タイトルとURLをコピーしました
ワイモバイルストア公式UQモバイル公式キャッシュバック