iPhone12 /12 Pro /12 Pro MAX 2021年 5G スペック 発売日 予約 ドコモ au ソフトバンク

iPhone12が2020年に発売される予定です。iPhone12及びiPhone12Pro、iPhone12ProMAXの3モデルが発売される予定になっています。

iPhone12というのはiPhone11の後継モデルになるのか、もしくはiPhone11sと呼ばれる機種の後継モデルになるのか、具体的にはまだ情報は出ていませんが、iPhone11sという名称になることはないと報じられております。

2019年モデルではiPhone11と呼ばれるスタンダードモデルとiPhone11Proという上位モデル、iPhone11ProMAXと呼ばれる大画面モデルの発売となります。

 

iPhone12 iPhone12Pro iPhone12ProMAXの予約

ドコモ、au、ソフトバンクからiPhone12シリーズの販売が行われる予定となっています。



オンラインショップを利用して購入する人が非常に増えています。

オンラインショップを利用するメリット
・予約手続きが可能
・時間短縮になる
・発売日に自宅まで届けてくれる
・送料無料(2500円以上の購入)
・ポイントの利用が可能
・ドコモの場合事務手数料無料
・オンラインショップ限定特典を受けることができる

これらのメリットがあり、かなりの人がオンラインショップを最近利用しています。

機種の予約は非常に便利ですね。また機種によっては予約特典も豪華な機種があります。そのような機種なら間違いなくメリットがあるかと思います。

ドコモ オンラインショップ 機種変更 メリット デメリット オススメ 得か損か
 ドコモオンラインショップで機種変更などの契約をする人がかなり増えてきました。 オンラインショップを利用する人が増えてきたということは、それだけリアルに行動を起こしてスマホなどを購入することが、面倒だと考える人が増えたこと...
au オンラインショップ メリット 機種変更 MNP 新規 お得に契約 予約 購入が出来る
au Online Shopのメリットに関してお伝えしてみたいと思います。 まずはau Online Shopというショップを知っていますか? auが直営で実施しているオンラインショップです。このau Online Shopを利...
ソフトバンクオンラインショップ メリット 機種変更 新規 MNP 予約 お得に契約する方法
ソフトバンクオンラインショップを使ってお得に契約したいと考えている人も結構多いと思います。 ソフトバンクオンラインショップのメリットをお伝えしたいと思います。 ソフトバンクの携帯を購入するならソフトバンクオンラインショップの存在...

オンラインショップのメリットに関してお伝えしておきます。

ドコモオンラインショップで購入を検討している人は、事務手数料が無料となります。上記で記載したメリットに加えてこちらもメリットになりますので、検討してみてください。

au Online Shopに関しても発売日に自宅まで送付してくれます。

ソフトバンクオンラインショップに関しても発売日に自宅まで送付してくれます。

オンラインショップで購入するメリットというのは、年々増えてきているように感じます。

逆に言えば店舗で購入するメリットがあまりにも少ないということです。その理由というのは端末の値引きなども基本的に店舗では行われません。

むしろ店舗で購入する場合は頭金が付いているケースもあります。

頭金というのは、本来なら払うことのないお金です。それが店舗では普通に頭金があるわけです。店舗でもあまり売れないため1台あたりの利益を増やしているわけです。それがオンラインショップではありません。

iPhone12の予約開始日 発売日

iPhone12の予約開始日と発売日ですが、仮に2020年に発売されるとして、予約開始日はいつになるのでしょうか。

2019年9月20日にiPhone11の発売が開始される予定です。

2020年にiPhone12が発売されるとなると、2020年9月18日(金)と予想されます。

毎年のことですが、iPhoneの発売日は金曜となっています。おそらく2020年も例外なく金曜の発売になると予想されます。

それから逆算すると発表は9月8日に行われ、予約開始日は2020年9月11日に開始される可能性が高いです。

予約開始日は2020年9月11日の21時(2019年の予約開始時刻と同じ)になるのではないかと思います。

予約をして購入すると発売日に自宅まで届けてくれる可能性も高いため、かなりメリットがあるかと思います。予約購入は相当メリットがあるので、本当にオススメしたいと思います。iPhone11の販売後1年で販売制度がまた変わるかもしれませんが、基本的にメリットのほうが大きいと思いますので、予約購入をすることがオススメです。

iPhone12 iPhone12Pro iPhone12ProMAXの予想スペックは?

それではiPhone12の予想スペックにいきたいと思います。

まずはCPUからですが、A14と呼ばれるCPUが採用されると思われます。A13の1.3倍の能力があり、A12の1.7倍程度の能力があります。

基本的に毎年1.3倍程度CPUの能力は上がってきます。おそらく2020年モデルもTSMCですべて製造するものと思われます。最近はTSMCでCPUの製造を行っているケースが非常に多く、昔はSamsungも製造していましたが、Samsungで製造したCPUは期待のスペックが発揮されず、TSMC製になったと言われております。

AppleはAシリーズというCPUを継続して利用しており、A14で今までの7nmというプロセスルールより、さらに細かいプロセスルールのものに変更される可能性もあります。

さらに細かいプロセスルールになることで、バッテリーの持ちなどもかなりよくなるでしょう。年々性能があがるiPhoneですが、まだまだ能力アップしそうですね。

A14 2020年に搭載されるAppleの新CPU プロセスルールが5nmに非常に細かくバッテリー持ち向上
A14と呼ばれる2020年に搭載されるCPUのプロセスルールが5nmになると報じられています。 5nmプロセスになるとどうなるのでしょうか?非常に細かいプロセスルールで製造されることにより、どのような影響があるのでしょうか。 iPh...

こちらがA14に関する記事となっています。なんと5nmという非常に細かいプロセスルールにて製造されると言われています。

5nmプロセスルールというのは、現行のiPhoneと比較しても2nm少ないプロセスルールとなっています。

プロセスルールが少なくなるということは、消費電力などもかなり少なくなると思われますので、かなり期待できるのではないかと思います。

iPhone12のRAMはどれくらい進化する?

iPhone11のRAMの容量
・iPhone11:4GB
・iPhone11Pro:4GB
・iPhone11ProMAX:4GB

2019年モデルのRAMの容量というのは、これくらいの容量でした。2020年モデルではどこまでスペックアップするのでしょうか。

iPhone11ではすべてのモデルで4GBとなっており、元々Proモデルのみ6GBとも予想されておりましたが、蓋を開けてみると4GBとなっており、そこまで大容量ではありませんでした。

Androidでは低価格モデルでこそ4GBモデルとなっておりますが、ハイスペックモデルでの4GBというのは非常に少ないですね。

ハイスペックモデルなら10GBを超えるようなRAMを搭載するモデルもあることを考えるとかなり原価が抑えられているという印象です。iPhoneXSなどでも4GBなので、1年経過されても変化がなかったということになります。RAMに関しては過去からiPhoneは少ないとも言われておりましたが、実際に利用すると少なさを感じない設計となっているので、そういう意味ではすごいですね。

https://keitaijoho.com/archives/39225
こちら2020年1月に出てきた情報となります。6GBのRAMの容量となる見込みです。実際にはそこまでRAMの容量というのは、高くない可能性があります。

iPhone12のRAMの容量
・iPhone12:4GB
・iPhone12Pro:6GB
・iPhone12ProMAX:6GB

こちらが2020年1月現在で搭載されるRAMの容量となる見込みとなっています。思ったよりも容量は多くありません。基本的に容量は小さい容量となります。iPhone12に関してはiPhone11とRAMの容量はさほど変化はありません。2020年2月の情報でもこれくらいのRAMの容量であるという情報となっています。

RAMの容量が大きいほうが個人的にありがたいので、やはりProモデルの購入をおすすめしたいです。

iPhone12のカメラ性能は?

iPhone12のカメラ性能はクアッドカメラになる可能性があります。下段でも記載がありますが、ToFに対応する可能性も十分にありえます。

カメラはiPhone11と同様にトリプルカメラ+1つのToFとなるようなイメージですね。

iPhoneのカメラ性能には期待している人もかなり多いと思いますので、カメラの情報には期待したいところです。ToFが搭載されるとクアッドカメラとなり、かなり進化した形となります。進化したカメラを使ってみたいですよね。このToFカメラはすでにGalaxy Note10+に採用されており、今後スマホでも実用化されていくものと思われます。

GALAXY Note10+ 5G ギャラクシーノート10+ スペック 発売日 価格 ドコモ au 日本発売は?
GalaxyNote10が2019年の冬モデルとして登場する予定です。GalaxyシリーズというのはSシリーズとNoteシリーズは日本で販売されるサムスンのフラッグシップモデルです。日本人というのはいわゆる新しいモノ好きのため、Ga...

MAXモデルというのは、Noteシリーズに匹敵する画面サイズそして、ハイエンドモデルという位置づけであることからAppleとしてはGalaxyシリーズをライバル視していないわけはありません。

カメラも複数のカメラを1つに見せるという機能もiPhone11から搭載されるようになりますが、それがさらに進化します。

ToFカメラはその他Xperia 1 Ⅱでも採用されました。2020年のスタンダードというのは、ToFカメラになるかもしれません。ToFカメラというのは、奥行きを計測することができるため、動画やカメラのボカシ性能はかなりよくなると思います。

フロントカメラにナイトモードが搭載

https://keitaijoho.com/archives/40041/
こちらの記事を見てもらいたいのですが、フロントカメラにもナイトモードと呼ばれるモードが搭載される予定となっています。
ナイトモードというモードは、背面カメラに付いている機能となっており、非常に暗い場所で撮影したとしても、かなり明るく撮影できるものとなっています。

https://ymobile.site/archives/890
こちらを見てもらいたいのですが、ナイトモードで撮影した時の様子がよくわかる写真となっています。
ナイトモードを利用することで、基本的には少しでもライトがあれば、かなり明るく撮影できるのです。
非常に素晴らしいモードとなっています。
このナイトモードが前面カメラにも搭載されるということで、自撮りなどをする人にとっては非常にメリットのあるカメラとなっています。
ナイトモードで撮影できるということは、夜間の外出先などでも自撮りをすることができるということになります。
特に若い人は自撮りをする人が多いと思いますので、かなりメリットがあるのではないかと思っています。
iPhoneは背面カメラだけではなく、前面カメラにも力を入れているということで、本当にメリットがあるかと思いますね。
前面カメラを多量に利用する人にとっては、本当にメリットがあるのではないかと思っています。

ToFは最上位モデルのみ

ToFセンサーの搭載は iPhone12 Proシリーズのみ 通常モデルでは搭載されない予定
ToFセンサーと呼ばれるものが最近色々な機種で搭載されていることは知っている人も多いと思います。 Xperia 1 Ⅱと呼ばれる最新のXperiaでもToFは搭載されているのです。 他にはGalaxy S20でも同様にToFは搭...

こちらの記事を見てもらいたいのですが、ToFはProモデルの最上位モデルのみに搭載されそうです。
最上位モデルは2機種発売される想定ですが、それがiOS14という最新のソースコードから発覚したようですね。
Proモデルというのは、これで2機種販売されるということもほぼ確定していると思います。
実際にiPhone11の時もiPhone11ProとiPhone11ProMAXの2つのモデルがProモデルとして発売されました。
それと同じようなモデルの形態となる見込みです。

最上位モデルといってもProシリーズの2機種の発売となる見込みです。
基本的に最上位モデルがiPhone11からProシリーズとなりました。Proシリーズというのは、iPhone12含め、今後同様の名称になる可能性も非常に高いと思います。
ToFカメラが採用されるということは、動画撮影時のボカシや、通常撮影時、広角撮影時、望遠撮影時などで背景のボカシを追加することが可能となるのではないかと思います。
OS側でも新しい撮影方法ができるように、モードが増えるでしょう。
おそらくポートレートモードがかなり強化されるのではないかと思っています。iPhoneはポートレートモード含め、かなりきれいに撮影をすることができます。
今後もカメラの進化に関してはかなり期待したいですね。

iPhone12の5G対応は日本国内ではミリ波に対応しない

iPhone12は5Gに対応すると言われておりますが、日本国内ではミリ波には対応しないと予想されています。

ドコモ au ソフトバンク 5G 次世代高速通信 通信速度はどの程度アップするのか
ドコモは次世代の高速通信いわゆる「5G」の実験をスタートします。 すでにドコモは5Gの通信は実験段階ではスタートしておりますが、他社も含めて共同で実験の開始を行います。 パナソニックやインテルという誰もが知っている企業との共同実...

こちらに5Gの説明を記載しているページがありますので、こちらも合わせてご確認いただければと思います。
ミリ波に対応しないということは、どういうことなのでしょうか?

iPhone12のミリ波対応モデルはアメリカのみ限定発売の可能性が高い
iPhone12が2020年にも発売されるということは知っている人も多いと思います。 その中で2020年に発売されるiPhone12は5Gに対応するモデルが発売されるということも知っている人も多いでしょう。 日本でも5G対応...

こちら最新の記事となっていますが、こちらの記事を見てみるとアメリカで発売されるiPhoneだけがミリ波に対応するようです。
ミリ波というのは、本来の5Gの性能を活かすことができる通信となっており、非常にメリットがあります。
5Gに対応する機種というのは、サブ6という通信とミリ波の2つに対応している必要があると思われます。
基本的には、ミリ波に対応している機種でないと、ミリ波通信ができません。
日本では2020年時点ではまだまだミリ波に対応しているエリアが狭いということなのでしょうか。

実際にまだ日本ではエリア化されている場所というのは、非常に狭く、正直なところミリ波にまで対応しなくても問題ないのかもしれません。
今後徐々に増えてくと思いますが、エリア化されるような場所が増えた頃にミリ波対応のモデルが日本でも発売されるのではないかと思います。

参考までにカメラの進化を確認

こちらiPhoneXSMAXとiPhone11ProMAXの動画比較となっています。1世代でどれだけカメラの性能があがるのかわかる動画となっています。

iPhone11ProシリーズとiPhone12Proシリーズでどれだけ、カメラが進化するのかというところは気になる部分ではないかと思います。

正直なところそこまで進化しませんでした。退化しているようには感じませんが、iPhone12でどこまで進化するのでしょうか。

進化する上で重要なところというのは、手ブレ、望遠このあたりかと思います。

このあたりが進化する上では非常に重要な要素かと思います。iPhone12での進化はそのあたりを中心に行ってもらいたいですね。

スマホが進化するということは、やはり売れることは間違いないと思います。

iPhone12で期待したいのは、手ブレ補正機能の強化とカメラの光学ズームのアップを中心に行ってもらいたいですね。光学ズームのズーム倍率が増えるとそれだけ倍率があがりますので、動画でも20倍程度まで撮影できるようになるかもしれません。そこまで撮影できるようになれば、かなり気持ちいい動画の撮影ができるようになると思われます。iPhone11からiPhone12へ進化する時もかなり進化するのではないかと思っています。
やはりカメラが進化できれば、相当売れるでしょうね。スマホを購入する人のうち、カメラ性能に期待している人というのは、実はかなり多いと思います。
先程ToFに関して触れましたが、ToFが搭載されるということなら、それだけボカシ撮影を行うことができるのです。

画面サイズ

2020年モデルも3つのモデルが発売されると言われております。そのためそれぞれ画面サイズが異なります。

iPhone12の画面サイズ
5.4インチ:iPhone12
6.1インチ:iPhone12Pro
6.7インチ:iPhone12ProMAX

こちらが画面サイズとなっているのですが、現行モデルと比較しても画面サイズは異なります。

iPhone11の画面サイズ
6.1インチ:iPhone11
5.8インチ:iPhone11Pro
6.5インチ:iPhone11ProMAX

これがiPhone11の画面サイズとなっています。画面サイズがここまで違うということは、設計からのやり直しが行われているということになります。

実際にはiPhoneは見た目の筐体の変化はなくても内部的な設計はやり直しており、前のモデルと内部構造が全く異なっているということもあります。そのため基本的には、毎回内部設計はやり直していると思いますが、ここまで画面が異なれば、設計のやり直しというのは難しいでしょうね。

画面サイズが、MAXモデルでは、さらにMAXモデルらしくさらに大画面となります。

画面サイズの変更ということは、iPhone12の時点で本体の形状が変更されるということになります。本体の形状が変更されるということで、今まで利用されていたガジェットなどが利用できなくなる可能性も十分にありえます。

iPhoneXSとiPhone11ではケースなども共有することもできましたが、それができなくなるということです。

MAXモデルで大画面化するということは、かなりメリットがあるかと思います。MAXモデルでの大画面化というのは、どれだけメリットがあるのかというと、今後ノッチもなくなると予想されているので、操作性の向上が挙げられます。やはり大画面のほうが文字入力とかしやすいですからね。片手で操作することは大変だったとしても、文字入力に関しては両手ならMAXモデルならかなりやりやすいでしょう。

ToFへの対応

ToFと呼ばれるものは聞いたことありますか?

ToFカメラとは スマホでも3次元情報を計測して 暗室 ボカシ 撮影がかなりきれいに
最近ToFカメラというものを耳にする機会ってありませんでしょうか? ToFカメラがスマホに搭載されるなんてニュースもかなり多くなってきたかと思います。ToFカメラと呼ばれるカメラは一体どのようなカメラなのでしょうか。普通のカメラと比較...

ここ最近ToFと呼ばれるカメラが出てきたのですが、まだ日本で販売しているスマホに搭載された事例はありません。おそらく日本でToFを初めて見ることができるのは、Galaxy Note10+を所持したときだけということになりそうです。それくらいToFと呼ばれるカメラというのは、まだメジャーではありません。

GalaxyシリーズでToFが搭載されたことにより、Appleにも採用されるかもしれません。

とはいうもののすべてのモデルではなく、一部のモデルにでもToFが採用されると面白そうですね。

ToFというのは、奥行きを検知するカメラです。奥行を検知できるようになれば、ぼかし性能がかなり向上します。

奥行きを検知することは、なかなか難しいですが、これがあれば簡単に検知できるようになるのです。

iPhone12のアンテナ設計はAppleが担当

iPhone12では5Gに対応するため、本体の厚みが増えると予想
iPhone12が5Gに対応するということは以前から言われておりうことですが、Appleはそのアンテナを自社で設計しているようですね。 Appleはクアルコムから提供されて、QTM 525ミリ波アンテナモジュールを拒否したと言われておりま...

iPhone12のアンテナ設計はAppleが担当するようですね。そのためアンテナ設計があまり得意でないAppleが担当するため、本体側の厚みに影響が出る見込みです。アンテナ設計を行うことで、本体の厚みが現状のiPhone11よりも増す可能性があるというのです。
本体の厚みが増すことになれば、iPhoneのいわゆるスタイリッシュさが欠ける可能性があります。
正直なところ厚みが薄いからiPhoneはかっこいいと思っていた人も厚みが分厚くなれば、そんなiPhoneいらないと思う人も出てくるかもしれません。
たかがアンテナだと思うかもしれませんが、アンテナというのは、電波を受け取る仕組みの中で非常に重要な役割です。
アンテナの設計というのは、非常に難しいわけです。昔のガラケーのようにアンテナが外にむき出しているというわけにはいかないのです。
今のスマホはすべて内蔵アンテナとなっており、アンテナは側面などに張り巡らされているのです。
かなり重要な部材の一つであることは間違いありません。

iPhone12のProシリーズの全容が徐々に出てきた


iPhone12Proシリーズの全容が徐々に出てきました。


こちらの記事を見てもらいたいのですが、iPhone12のProシリーズの画面サイズとToFへの対応が徐々に出てきました。
iPhone12Proシリーズというのは、2機種販売されると思われます。6.1インチと6.7インチの2つのモデルとなります。
これらのモデルというのは、6.7インチの場合MAXモデルで、通常のProモデルが6.1インチになる見込みです。当初の予定では5.4インチがProモデルになるといわれておりましたが、5.4インチは残念ながらProモデルにはならないかと思います。ProモデルではToFが搭載され、奥行きのある写真や動画の撮影が可能となるかと思います。特にその中でも動画でのボカシ撮影などが可能になると思われます。動画を撮影するときにボカシ機能を搭載したスマホというのは、ほぼありませんでした。それが動画撮影時に今後はボカシを撮影することができるようになります。ポートレートモードなどが動画にも対応されるのでしょうか。非常に期待したいところですね。
iPhoneはカメラアプリも非常にシンプルにできているため、正直なところある程度自動で写真撮影を行うことも可能です。それがカメラアプリがもっと進化するのかもしれませんね。ToFは単体では何も行うことはありませんが、他のカメラと組み合わせることにより、進化した形での撮影が可能となります。

iPhone12の5Gへの対応はどうなるのか?

2019年モデルでは5Gへの対応は行われませんでしたが、2020年発売のiPhoneでは5Gへの対応は行われます。

2020年の9月ごろに発売される予定となっているiPhoneですが、日本でもすでに5Gのサービスは開始されており、iPhone5Gが発売されるとかなり期待する人も多いのではないかと思います。

5Gサービスをいち早く利用したい人もかなり多いと思います。アメリカでは実測値で4Gの約10倍の実測値が出ているようです。すでに4G回線もある程度混雑しているため、最近は早いと思うことは少なくなりました。

そのため早く5Gの敷設が完了すると、かなり高速インターネットを行うことができるようになります。そうなるとかなりストレスフリーでネットを楽しむことが可能となっています。5Gに対応するとそれから3年以上は利用できるのではないかと思います。5Gのエリアはどんどん広がっていくものと思われます。5Gエリアというのは、ミニマムからスタートするものと思われますが、5Gエリアは2020年から徐々にエリア拡充を図っていくものと思われます。3年もすれば都市部に関してはかなり5Gのエリアが拡張されているでしょう。

5Gエリアの拡張が3年後くらいでは90%程度にまで上がってくると思われます。それくらいまでなれば、5Gで利用できる場所も相当増えますので、かなり気持ちよく利用することができるかと思います。


5G対応モデルというのは、発売日が遅くなる可能性が出てきました。2021年にずれ込む可能性も出てきました。通常なら9月にiPhoneは発売されるわけですが、5G対応モデルのみ2020年12月から2021年1月にかけてくらいの発売になる見込みです。
今のところアナリストの予想としては、5Gのみの発売しか行われないという人と4Gも同時に発売される可能性があるという人に分かれます。
アナリストの言うことがすべて正しいわけではありませんが、私も4Gモデルと5Gモデルの2種類のモデルが出ると予想されます。日本では5Gモデルのみの対応となりそうですが・・・その理由はやはり4Gしか対応していない国や地域というものが、世界中にはかなりあるということです。
日本では5Gモデルのみになると思われますが、全世界を見ると4Gのみの地域のほうが多いと思います。
現在もiPhoneというのは、地域によって、若干仕様を変えているようですが、全世界に向けて発信するモデルとその特定の地域に向けて発信するモデルでは異なるモデルになると思われます。
また5Gモデルの価格はかなり高額になるとも予想します。5Gモデルの価格というのは、確実に高額になるでしょう。そのため5G対応モデルだけしか全世界に向けて発売されなかった場合、本体代金はかなり高額になると思われます。それなら売れない地域も出てくるかもしれません。それではAppleも非常に困ると思われます。そういうこともあり、全世界に向けたモデルというのは、複数になるのではないかと予想します。

3DTouchへの対応は?復活は?

Apple Music

3DTouchは復活しないでしょう。個人的には3DTouchはかなり使い勝手もよく、いい機能の一つだと思っていましたが、2019年モデルで3DTouchは排除されています。

3DTouchというのは、Appleからするとあれば便利くらいの機能にしか捉えられていないのでしょう。iPhoneXRで3DTouchが排除されたように今後も継続的に排除される機能の一つになるのではないかと思います。

またAndroidを搭載するスマホにおいても、3DTouchを搭載している機種はなく、iPhoneの一部の機種に搭載されているのみとなっています。また今回ApplePencilに対応するために、3DTouchをなくすということもあるかと思いますね。

3DTouchというのは、人によっては非常に使い勝手もよく本当に使いやすいと思っていた人も多いと思いますが、なくなるとなればかなり寂しい感じですね。

iPhone12はミニApplePencilが付属される? ノッチが排除? カメラは縦長に?
iPhone12の情報はどんどん出てきています。 次に発売されるiPhone12ですが、ノッチが排除される可能性が高いということは、すでに知っている人も多いと思います。 今まではノッチの中にあらゆるセンサーが同梱されていたわけで...

iPhone12このようにApplePencilを付属するようなことがあれば、他の機種でもこぞって対応してくることは間違いないでしょう。

こちらApplePencilが付属されるかもしれないというコンセプト画像となっています。

ApplePencilが付属されるとかなり期待値も上がりますね。

日本ではGalaxy Noteシリーズしかこのようなペンが付きませんでしたが、今後iPhoneのようないわゆるスタンダードモデルでもペンが付属されるとなると間違いなく、他の機種でも真似されるでしょうね。マネされるというこが他の機種に対していい影響を与えるきっかけになるかと思います。

XPERIAなどでもペン付きのXPERIAになるのでしょうかね。ペンがあれば、便利な時は本当に便利ですからね。

ワイヤレス給電に対応

ワイヤレス給電というのは、iPhone11で対応される予定になっています。ワイヤレス給電に対応されると、AirPodsなどのガジェットの充電が本体を介して行うことが可能となります。

このワイヤレス給電があれば、他のiPhoneやXPERIA、Galaxyなどの充電も可能となります。

万が一周りで充電不足の人がいれば充電をすることができる便利な機能の一つとなっています。この機能がついていると本当にありがたいと思う人は多いのではないでしょうか。

Galaxy S10やGalaxy Note10でも対応しているこの機能ですが、やはり主な使い方というのは、イヤフォンのような小物の充電がメインでしょうね。

小物の充電って結構忘れてしまうんですが、この機能がついていると充電を忘れてもすぐに充電を行うことができるので、かなり便利です。どの程度の出力があるのかわかりませんが、結構オススメですね。

予想価格はどうなる?

128GB256GB512GB
iPhone12 Pro1199ドル(予想)1299ドル(予想)1399ドル(予想)
iPhone12 Pro MAX1299ドル(予想)1399ドル(予想)1499ドル(予想)

iPhone12の価格はかなり高額になると予想されます。価格はかなり高額になると予想されます。

恐らく200ドルくらいはiPhone11からアップするのではないかと思います。5Gに対応することで、それだけ部材コストが上がるということが原因の一つかと思います。さすがにここまで高いと日本円に換算すると相当高額な価格になるのではないかと予想されます。恐らくProモデルでも一番安価なモデルでも13万〜くらいになるでしょう。正直なところここまで高額な価格設定で販売して売れるのでしょうか・・・

Apple Pencilへの対応

ApplePencilへの対応はiPhone11Pro、iPhone11ProMAXで対応されると思われます。iPhone11では対応されないと報じられており、iPhone12でも同じようなことが言えるかもしれません。

ApplePencilというのは、いわゆるペンとなっており、画面に文字を描くことが可能です。iPadではすでに対応しており、かなりの人が絵を書いたり楽しんでいると思いますが、iPhoneにも対応されるということで、期待している人も多いでしょう。

iPhone12ではiPhone12を含む全ての機種での完全対応をしてもらいたいですね。

それにしてもApplePencilを使いたくてiPhoneを購入する人はどの程度いるのでしょうか・・・

ApplePencilを使いたいのであれば、iPadのほうがいいと思っているユーザーも多いはずです。確かに私もそのほうがいいのかな?と思いますが・・・
最近は各社ともにこのようなスタイラスに対応したモデルを結構発売しています。Galaxy Noteなどもペンに対応したモデルとなっており、他にはLGなどもペンに対応したモデルが発売されております。Apple Pencilと呼ばれるかどうかわかりませんが、ペンに対応しているモデルというのは、コアなファンもかなりいるのです。手書きメモというのは、やはり便利なものです。

FaceIDの進化は?

FaceIDは進化すると思われます。FaceIDがマスクにも対応してほしいと思うのは私だけでしょうか・・・日本人ならマスクをする人が非常に多くマスク対応もしてもらいたいですね。

このあたり進化していくのかもしれません。FaceID以外に虹彩認証なども付くのかもしれません。そういうことからFaceIDの進化というのは、進んでいくと思われます。

FaceIDが進化し、より認証機能が強化されるということは、セキュリティ的にもいいことかと思います。

FaceIDというのは、iPhoneXから搭載された認証システムとなっていますが、出た当初はかなり評判も悪かったわけですが、それにもへこたれず、継続しているiPhoneはある意味すごいですね。今後もFaceID一本でいくのでしょう。

TouchIDの復活?

iPhone12ではTouchIDが復活? 画面内蔵型の指紋認証機能が搭載の可能性
iPhone12が2020年にも発売されるという情報はすでに出てきていますが、TouchIDと呼ばれた認証機能を覚えていますか? 現在もiPhone8などが販売されているので、当然ながら知っている人も多いでしょう。 ホームボタン...

TouchIDが復活するかもしれません。TouchIDというのは、いわゆる指紋認証機能となります。

TouchIDの復活は望む声もかなり多いと思います。その理由はなんといっても利便性です。FaceIDの利便性よりもTouchIDの利便性のほうが間違いなくあるかと思います。

セキュリティ的に突破できる確率というのは、FaceIDよりも上がるそうですが、実際のところ相当な悪意を持たないと突破できないと思います。

普通の人なら指紋認証でも顔認証でも突破することはできません。そういうことをトータル的に考えると指紋認証機能があるほうが間違いなく便利でしょう。

日本人は特にマスクなどをする人も多く、マスクなどをしているとFaceIDでのロック解除はできません。FaceIDというのは、マスクをしていない時の顔を覚えているので、マスクをすると残念ながらロック解除をすることができないのです。またメガネなどをしている時もロック解除を行うことは容易ではありません。

メガネをしているとロック解除されることもありますが、私の場合ロック解除されることはマレです。それこそいつもパスワード入力をしているのです。どちらかというとパスワードを盗み見されるほうがデメリットがあります。TouchIDならほぼいつでもロック解除できますので、パスワードを盗み見されることも少ないでしょう。

そういうことからパスワードの盗み見防止という観点からもTouchIDでのセキュリティロック解除を望みます。iPhone12でTouchIDが復活するとそちらを使う人のほうが多くなるのではないかと思います。

昨今OPPOはじめTouchIDの画面埋め込みが流行りだしています。そういうことを考えるとやはり、そういうモデルというのは、かなり期待したいですね。

iPhone12ProMAXでは大容量バッテリーを搭載か

iPhone12ProMAXでは6000mAhの大容量バッテリー A14が搭載予定 コンセプト画像が流出
iPhone12ProMAXの情報がありましたので、紹介したいと思います。iPhone12が2020年モデルのiPhoneとして発売されるということは知っている人も多いかと思いますが、今回はなんと6000mAhもの大容量バッテリーが搭載され...

iPhone12ProMAXも今後発売される見込みですが、iPhone12ProMAXでは大容量バッテリーを搭載する見込みです。

なんと6000mAhものバッテリーを搭載する可能性があると報じられております。かなりの大容量であることは間違いないかと思います。そこまでの大容量なら間違いなくパワーシェア機能いわゆる無接点にて充電を行うことができることができる機能が搭載されるかと思います。大容量バッテリーになるとそれこそ1週間くらいは人によってはバッテリーが持つのではないかと思います。今のところそこまでのバッテリー容量のある機種というのは、多くはありません。Androidの一部で大容量バッテリーを謳い文句にしている機種というものもありますが、そこまでは多くはありません。

バッテリーの容量不足に悩まされる心配もここまでのバッテリー容量があれば、心配いらないのではないかと思います。iPhoneは元々バッテリーの持ちはAndroidと比較してもいいほうだと思います。それがここまでの大容量バッテリーになるのであれば、非常にオススメしたいですね。

またそれに合わせてコンセプト画像というものも出てきております。

カメラが4つ搭載される可能性も高いと思われます。カメラが4つ搭載される1つのカメラはToFカメラと呼ばれるものです。ToFカメラというのは、日本でもGalaxy Note10+ではすでに搭載されている実績もあり、奥行きを捉えることができるカメラとなっており、ボカシなどの機能になるかと思います。ボカシ機能というのは、やはり誰もが気になる機能の一つではないかと思います。

2019年モデルiPhone11Pro iPhone11ProMAXとの比較

iPhone11 Pro アイフォン11プロ MAX トリプルカメラ 仕様 概要 詳細をチェック
iPhone11及びiPhone11Pro、iPhone11ProMAXが発表されました。 新型のiPhoneはどのような機種なのでしょうか。やはりトリプルカメラが売りなのでしょうか。 それではどのような機種なにか紹介し...

こちら最新のiPhone11及びiPhone11ProMAXとの比較となっています。

2019年に発売されたモデルとなっており、なんといってもトリプルカメラがかなりいいです。

今回は新色のミッドナイトグリーンというものも出てきました。

グリーンという微妙は配色が出てきたことにより、人気色はどこに集まるのでしょうか。それが一番気になる部分ではありますね。

やはり今までの定番である、ゴールドなどが一番人気になるのではないかと思います。iPhoneの比較に関しては、色々なサイトで行われています。スペック比較をすると良いところ、悪いところが見えてきますが、実際のところ使ってみないとわからないというのが最終的な印象ですね。iPhone12ではどのような見た目になるのでしょうか。それが本当は気になる部分ですね。

カラバリなども気になるところはあるものの、やはり全体を通じてかっこいい見た目が一番かと思います。

やっぱりiPhone12ではコンバクトサイズに

こちらの情報を見てもらいのですが、5.4インチのiPhoneが登場し、6.7インチの大画面モデルが発売され、コンパクトなものはコンパクト化され、大画面モデルは大画面化されるということがツイートされています。

このあたりの情報に関しては、まだ未知数のものも多いと思いますが、大画面化されると6.5インチのMAXモデルが6.7インチになると思われます。6.7インチというとGalaxy Note10+の6.8インチまでいかないのは少し残念ですね。さらなる大画面を目指すのであれば、iPadminiでもいいような気がします。

miniは7.9インチで6.7インチという絶妙なバランスかと思います。

大画面モデルというのは、個人的にはかなり喜ばれるのではないでしょうか。ただし大画面モデルは、現状の販売実績などから推測すると、そこまで売れている印象はありません。iPhone8の売上がかなり上位をずっと占めていたということも、そういう現れではないかと推測されます。iPhone8は4.7インチと非常にコンパクトなサイズとなっておりますが、それでも売上の上位を占めているのです。購入するのは、若い人が多いということなので、一概にどうなるのかというのは今のところわかりませんが、かなり期待してもいいのかもしれません。

iPhone12はiPhone4のような金属フレーム

iPhone12 見た目の変更はかなりのもの 金属フレーム採用との噂
Appleのアナリストである、Ming-Chi Kuo氏はiPhone12に関してある予想をしています。 iPhone12はiPhone4のような金属フレームを採用すると報じています。AppleのアナリストであるMing-Chi Ku...

こちらiPhone12ですが、iPhone4のようになるかもしれません。

金属フレームを採用するようです。金属フレームはiPhone4の時に採用されたものとなっています。

金属フレームになると噂のある縁部分ですが、こちらにアンテナが搭載されるとも言われております。内部アンテナではなく、外部アンテナとなります。

iPhone4の時はアンテナ問題でケースが無料配布とかされていましたね。アンテナというのは、スマホを通信する上では非常に重要な要素となります。アンテナがないと、通信速度が極端に落ちたりとかするので、必須アイテムでしょう。

金属フレームが搭載されると縁の見た目がかなりかっこよくなる可能性もあり、相当売れるのではないかと思います。

金属フレームになると当然ですが、かなり見た目がかっこよくなります。かっこいいiPhoneなら欲しいですからなiPhone4も相当売れた機種となりましたが、それを彷彿してもらいたいところです。iPhone11と比較しても完全に型が変わるということで、それに対する期待がかなり多いiPhoneになるのではないかと思います。

フルモデルチャンジすると自動車でもそうですが、かなり販売台数を伸ばします。iPhoneもまさにそのような感じで販売台数はかなり伸びるでしょうね。

iPhone12のプロトタイプが登場

2020年に発売されるiPhoneのプロトタイプがリーク? ノッチがなくなりスッキリ画面に
2020年に発売される予定のiPhone12ですが、今までのiPhoneXからあったノッチというものが2020年モデルではなくなる可能性が出てきました。 ツイッターにプロトタイプモデルの画像がアップされており、そのプロトタイプモデルで...

iPhone12のプロトタイプが登場しました。

iPhone12のプロトタイプではノッチがなくなったものが登場しました。

ノッチがなくなるということは、どうでしょうか。かなりすっきりした形となります。ノッチというのは元々iPhoneXから搭載されましたが、出てきた当時は色々言われました。

今ではノッチを搭載しているスマホがかなり発売されております。iPhoneシリーズはそうですが、それ以外のAndroidスマホなどでもノッチが搭載されています。

ノッチ型と搭載しているスマホというのは、AQUOSシリーズなどでもノッチを搭載しています。海外製特に中国から発売されているスマホというのは、ノッチを搭載しているモデルも非常に多いですね。このようにノッチというものを一般的にしたものがiPhoneなのです。iPhoneは今後も間違いなく新しいものが登場するようにしているような気がします。iPhoneにノッチがなくなると中国メーカーはノッチがないスマホの販売に注力するのではないでしょうか。

中国というのは模倣することが大好きな国ですから、iPhoneも真似したいのでしょうね。

iPhoneはiPhoneXそしてiPhoneXSと同じ形を継承してきました。iPhoneは2020年に異なるモデルになるということで、かなり期待している人も多いと思います。

こちらの画像を見てもらいたいのですが、こちらもプロトタイプの画像となります。このプロトタイプでも4つのカメラが搭載されているのです。

4つのカメラがあるということは、ToFカメラは間違いないでしょう。ノッチがなくなることにより、今までと比較してもかなりよくなるでしょう。どうしてもノッチが邪魔だと感じる人は多いわけです。ノッチがないiPhoneは以前のiPhoneに戻るということですね。ただしベゼルはかなり薄くなりますので、大きさはそのままで画面サイズに変更があるという感じになると思われます。

iPhone12は4つのモデルで登場する可能性

2020年モデルのiPhone12は4つのモデルを発表 5G対応とモーションコントロール
2020年に発売されるiPhoneは4つのモデルになるようです。 アップル関連の情報をリークすることが得意な9to5macからの情報となっています。 4つのモデルの5Gモデル Dan Ivesと呼ばるアップルのアナリス...

こちら最新の記事となっていますが、iPhone12は4つのモデルが発表される可能性があると報じられています。

ここ数年3つのモデルでしたが、2020年に入り4つのモデルとなるというのは、正直なところ驚きました。4つもiPhoneが出るのか・・ということですが、その4つのモデルともにすべて5Gに対応する予定になっているようです。5Gに対応するモデルが、2020年にも発売されるということは、以前から言われておりました。

それが4つ発売されるすべてのモデルで発売となるとそれは状況も異なってくるでしょう。

基本的にはアップルというのは、同じモデルの機種での共用部材などよく考えられて設計しておりますので、4つすべてに5G対応というのは理解することはできると思います。またこれからは5Gが当たり前になるということもあり、5Gに対応するというのは、非常にいいことだと思います。

iPhone12というのは、それ以外にもモーションコントロールと呼ばれる機能が追加されると思われます。自分の動きに合わせてiPhoneを操作することができる機能です。直近ではGoogle Pixel4にこの機能が搭載されました。実は日本では昔からあった機能なのですが、海外メーカーが採用するとかなり騒がれますよね・・・そういう意味では日本メーカーの立ち位置って・・・と考えてしまいますが、実際には、海外メーカーはそれだけすごいということなのでしょうね。

iPhone12にAirPodsが同梱される噂

iPhone12にAirPodsが同梱されるという噂があります。AirPodsというのは、ワイヤレスで音楽を楽しむためのイヤフォンですが、今これが世界的にもかなり売れているのです。一時期はうどんなどと呼ばれておりましたが、このAirPodsの販売台数がかなりすごいことになっているようですね。ブラックフライデーなどでは300万台売れたとも報告があるほどです。世界的に見てもそれほど人気のあるガジェットなら、確実に今後も売れ続けるでしょう。また他社も同様にGalaxy BUDSなどの販売などを行っており、iPhone12にこのAirPodsが同梱されることは、消費者目線からいうとかなり素晴らしいことだと思います。
現在は有線イヤフォンしか同梱されておりませんが、AirPodsが同梱されるとかなり販売台数を伸ばすのではないかと思います。
少々高かったとしてもAirPodsが同梱されているということで、それを目当てに販売台数を伸ばすということは、ほぼ間違いないかと思います。
ある意味AirPodsに対する非常にすごい噂となりますが、期待したいですね。

現在AirPodsを持っている人も大勢いるかと思います。Proが発売され、それに買い替えたなんて人も結構多いでしょう。実際のところAirPodsの使い勝手どうですか?非常にカンタンにiPhoneと接続できるため、一度手にすると手放すことができないとも言われております。一度無線の感覚になれてしまうと、有線の煩わしさに戻ることは無理という人も多いのではないかと思います。昔は有線と無線の違いということで、有線のほうが音質がいいと言われておりましたが、最近ではそのようなことを言う人はあまりいませんからね。音の良さというのは、本人の感覚の問題なので、実際には音がいいか悪いかということは、使ってみなければわかりません。本当にこの同梱の噂は叶えてもらいたいですね。

iPhone12をアナリストが予想するとこんな感じ

iPhone12をアナリストが予想するとこんな感じに 4Gモデルと5Gの混在の可能性も
iPhone12に関して有名アナリストがどんなiPhoneになるのか予想しております。 この予想に関しては個人的にはあながちどれも間違っていないのではないかと思っています。 世界的には5Gモデルの発売ということで、かなり期待して...

こちらにアナリスト予想を紹介しておきます。

アナリスト予想
ミンチークオ(TF証券)4つの新しいiPhone
5.4インチOLEDディスプレイ デュアルカメラ搭載
6.1インチOLEDディスプレイ デュアルカメラ搭載
6.1インチOLEDディスプレイ トリプルカメラ搭載
6.7インチOLEDディスプレイ トリプルカメラ搭載
JPモルガン4つの新しいiPhone
5.4インチOLEDディスプレイ デュアルカメラ搭載
6.1インチOLEDディスプレイ デュアルカメラ搭載
6.1インチOLEDディスプレイ トリプルカメラ搭載 ToFセンサー搭載
6.7インチOLEDディスプレイ トリプルカメラ搭載 ToFセンサー搭載
ローゼンブラッド証券6つの新しいiPhone
6.1インチLCDディスプレイ
5.4インチOLEDディスプレイ 4G/5G
6.1インチOLEDディスプレイ 4G/5G
6.7インチOLEDディスプレイ 5G

こちらがアナリスト予想ですが、画面サイズに関してはどこのアナリストもほぼ同じ見解です。後は4G対応モデルか5G対応モデルかというくらいがどうなるかですよね。
ただしベースとしては、アナリストとしての予想がある程度同じというところは面白いですよね。
ToFカメラが搭載されると予想されている場合もあり、ToFカメラは個人的にも採用してもらいたいです。その理由というのは、奥行きを検知するための仕組みというのは、非常に重要だというところなのです。奥行きを検知することができれば、それこそボカシなども簡単に行うことが可能です。個人的にはToFカメラの搭載をAppleには期待したいところですね。

iPhone12はminiというモデルになる可能性がある?

iPhone12はminiというモデルが登場するかもしれません。

現状のiPhone12は6.1インチとそれなりの大画面となっていますが、このminiという機種は5.4インチと若干小さめの画面サイズのモデルとなっています。
6.1インチという非常にコンパクトなサイズですが、ベースの機種はiPhone12と同じなので、スペック的には全く問題ないかと思います。


こちらが5.4インチのiPhoneを紹介しているページとなっていますが、こちらも含めて確認いただければと思いますね。
2020年モデルのiPhoneは、かなり人気が出るモデルになることは間違いないでしょう。画面サイズも異なり、今までと形状も変わるわけです。
5Gにも対応するということで、ほしいと思う人はかなり多くいることは間違いないかと思いますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました