iPadのカメラ性能 タブレットで動画を撮影する人が増えてきた

 

iPadを利用して動画を撮る人というのが非常に増えてきたように思います。

観光地などに行くとタブレットで動画を撮る人が非常に多いことがわかるかと思います。

スマホで動画を撮る人のほうが断然多いわけですが、年配の人を中心にタブレットを利用して動画を撮影している人がかなり見られると思います。

それではiPadのカメラ性能に関してお伝えしたいと思います。

 

iPadPROで動画撮影

YouTube

こちらiPadPROで動画を撮影したところになります。どうでしょう?

iPadPROだからかもしれませんが、かなり動画もきれいに撮れていると思います。

YouTube

こちらほぼ同じ場所でGALAXY NOTE8から動画を撮りました。

見比べてみてどうでしょうか?

iPhoneX 動画 遠くまでキレイに デュアルカメラの恩恵

こちらiPhoneXで撮った動画となります。

すべてほぼ同じ風景を撮っているわけですが違いはわかるでしょうか。

タブレットの動画性能がかなりレベルアップしていることがわかるかと思います。

まだまだスマホのほうがきれいな動画を撮れる

とはいうもののまだまだスマホのほうが動画はきれいに撮ることが可能です。

スマホレベルにまでタブレットのカメラ性能がアップするということは難しいのでしょうか。

技術的にはそれほど難しいわけではありませんが、用途を考えたときにスマホで動画を撮影するほうが多いということなのでしょう。

スマホで動画を撮るということは、日常茶飯事に行われることですが、タブレットで動画を撮るということは日常茶飯事に行われないということがあるかと思います。

最近は増えてきたものの、スマホで動画を撮る人のほうが圧倒的に多いわけです。そのため力の入れ具合というのはスマホ側になる可能性が非常に高いわけです。

スマホのほうが間違いなくメーカーとしても力を入れているわけですね。

タブレットの用途は撮った動画をその場で誰かに見せること

タブレットで動画を撮るということに対する用途というのはその場で撮った動画を誰かに見せるということです。

撮った動画をその場で誰かに見せるということは、レッスンなどの用途に利用されることが非常に多いということです。

レッスンの用途でタブレットを活用している現場というのはかなり多いと思います。

ゴルフレッスンや野球のレッスンなどです。それらのレッスンでは自分のスイングなどを動画撮影してその場でチェックするという用途に利用されるわけです。

その場ですぐに改善できるということもあり、改善効果というのはかなりのものであると思います。

そのようにタブレット用途というのはその用途によって決まっていくものであると思います。

動画の性能というのは、一概には言えませんが、基本的にカメラの性能によるものが多いのです。タブレットについているカメラというのはレベルアップをしていますが、その動画性能というのは、今のところまだスマホレベルに達していないということが本音です。今後はさらにレベルアップしてスマホと同じレベルにまでレベルアップしてもらいたいと思います。

2019年に入り無印iPadの発売も行われた

2019年に入り無印iPadの発売も行われております。まさにタブレットで動画を撮影する人にとっては間違いなく便利かと思います。

タブレットで撮影しても十分綺麗に撮ることが可能となっているのです。

無印 iPadAir アイパッドエアー 3世代 2019 スペック ドコモ au ソフトバンク
新型のiPadAirが発表されました。iPadAirという名称では以前発売されておりましたが、最近はiPadAirという名称では販売されておりませんでした。 iPadAirという名称もiPadProという名称になり、ハイエンド...

こちらにiPadの情報を紹介しておきたいと思います。

iPadというのは、非常に優れたタブレットとなっております。まさに写真などをタブレット上で楽しむためには本当に必須アイテムであることは間違いありません。

写真管理や動画管理などもiPadに任せるという人もかなり多いと思います。

無印 iPadmini アイパッドミニ 2019年モデル 5世代 5Gen スペック 仕様 ドコモ au ソフトバンク
iPadminiの2019年モデルが発表されました。意表をついた発表だった為びっくりした人も多いのではないかと思います。 iPadmini4の発表から3年以上経過し、この日を待っていた人も多かったのではないかと思います。 ...

こちらも最新のiPadminiとなっております。

iPadminiも刷新された為、期待している人もかなり多いことは間違いないかと思います。

一眼レフのお供にiPadを利用する人も多い

一眼レフのお供にiPadを利用する人も非常に多いです。

一眼レフの画面では写真がきれいに撮れたかどうか分かりづらくなっております。

そのためiPadで画像を確認する為に一眼レフとiPadという組み合わせを所持している人がいるのです。

一眼レフのカメラを購入したら同時にiPadを購入する人もかなり多いですね。最近ではWi-Fiの電波などを利用してiPad側に写真を簡単に送ることができるようなものもあり、画面を見る為だけにiPadを購入するという人もかなり多いのです。

一眼レフに関してもそのようなタイプのものを選択する人が多いですね。結局はタブレットの使い勝手というのは、写真を撮るということもそうですが、写真を見るということも非常に重要な要素であるということがわかるかと思います。

写真を見るという要素の一つとしてiPadを選択するという人も結構多いと思いますね。

ドコモのデータプラス契約ならiPadを安く持つことも可能

ドコモのデータプラスという契約であれば、iPadを安価に維持することも可能となっていることを知っていますか?

ドコモの料金 iPad データプラスが安く維持できる タブレットはお得になる
ドコモが新料金プランを発表したことは知っている人も多いと思います。 ギガホ及びギガライトという2つの大きなプランが発表されました。 ギガホとギガライトという2つのプランというのは、スマホの料金のみとなっています。 ...

こちらを見てもらえればわかると思いますが、データプラスという契約と普通にスマホを所持する場合かなり安価に持つことが出来るようになります。

かなりメリットのある契約が出来るのです。最近のiPadというのは個人的に見てもかなりオススメです。

カメラの性能もかなりあがり、相当高速処理することが出来ます。

またiPadOSというOSも出ることもあり、iPadを幅広く楽しむことが出来るのではないかと思います。

カメラ性能の向上だけではなく、PCとしても利用することが出来るiPadは非常にメリットがあるかと思います。

タイトルとURLをコピーしました