iPadのカメラ性能 タブレットで動画を撮影する人が増えてきた


   ドコモ契約ならドコモ光がお得    

ドコモ光契約でキャッシュバック 通信費が下がる

iPadを利用して動画を撮る人というのが非常に増えてきたように思います。

観光地などに行くとタブレットで動画を撮る人が非常に多いことがわかるかと思います。

スマホで動画を撮る人のほうが断然多いわけですが、年配の人を中心にタブレットを利用して動画を撮影している人がかなり見られると思います。

それではiPadのカメラ性能に関してお伝えしたいと思います。

iPadPROで動画撮影

こちらiPadPROで動画を撮影したところになります。どうでしょう?

iPadPROだからかもしれませんが、かなり動画もきれいに撮れていると思います。

こちらほぼ同じ場所でGALAXY NOTE8から動画を撮りました。

見比べてみてどうでしょうか?

こちらiPhoneXで撮った動画となります。

すべてほぼ同じ風景を撮っているわけですが違いはわかるでしょうか。

タブレットの動画性能がかなりレベルアップしていることがわかるかと思います。

まだまだスマホのほうがきれいな動画を撮れる

とはいうもののまだまだスマホのほうが動画はきれいに撮ることが可能です。

スマホレベルにまでタブレットのカメラ性能がアップするということは難しいのでしょうか。

技術的にはそれほど難しいわけではありませんが、用途を考えたときにスマホで動画を撮影するほうが多いということなのでしょう。

スマホで動画を撮るということは、日常茶飯事に行われることですが、タブレットで動画を撮るということは日常茶飯事に行われないということがあるかと思います。

最近は増えてきたものの、スマホで動画を撮る人のほうが圧倒的に多いわけです。そのため力の入れ具合というのはスマホ側になる可能性が非常に高いわけです。

スマホのほうが間違いなくメーカーとしても力を入れているわけですね。

タブレットの用途は撮った動画をその場で誰かに見せること

タブレットで動画を撮るということに対する用途というのはその場で撮った動画を誰かに見せるということです。

撮った動画をその場で誰かに見せるということは、レッスンなどの用途に利用されることが非常に多いということです。

レッスンの用途でタブレットを活用している現場というのはかなり多いと思います。

ゴルフレッスンや野球のレッスンなどです。それらのレッスンでは自分のスイングなどを動画撮影してその場でチェックするという用途に利用されるわけです。

その場ですぐに改善できるということもあり、改善効果というのはかなりのものであると思います。

そのようにタブレット用途というのはその用途によって決まっていくものであると思います。

動画の性能というのは、一概には言えませんが、基本的にカメラの性能によるものが多いのです。タブレットについているカメラというのはレベルアップをしていますが、その動画性能というのは、今のところまだスマホレベルに達していないということが本音です。今後はさらにレベルアップしてスマホと同じレベルにまでレベルアップしてもらいたいと思います。

ソフトバンクへのMNPで高額キャッシュバックをもらいたい人

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。