Apple M2 M1X M2X CPUの情報 iPad 2021年 MacBook Macmini などへの搭載

Appleは現在M1というCPUを搭載しているMacBookやiPadなどの販売を行っておりますが、次のモデルにあたるM2やM1X、M2Xなどの情報も出てきているようですね。

まだ具体的に何時頃になるのかわかりませんが、かなり興味を持っている人も多いのではないかと思います。

 
スマホを事務手数料無料で買う方法

ツイッターに情報が出てきた

Apple t6000 – H13(S/C/D?) – Apple (M1X?)
Apple t6001 – (?) – Apple (M2X?)
Apple t8110 – H14P – Apple A15
Apple t8112 – H14G – Apple M2

これだけ見てもまだあまりよくわかりませんが、このように引用されております。

私が理解する限りでは:

t = TSMC
s = Samsung

続いて4つの数字

Hの命名法は次のとおりです。H <チップ生成><タイプ>
Axeのマーケティング名と比較して、チップの生成が1つずれている場合。
タイプは、電話の場合はP、タブレット(およびM1)の場合はG、大型のMacの場合はS、C、またはDです。

このようにあります。

これらを元にみてみると、以下の通りになります。

✔H14P:iPhone13
✔H14G:iPad?もしくはiPadAir?
iPad Air5 (5世代) アイパッドエアー5 2021 スペック 予約 発売日 Wi-Fi Cellularモデル
iPadAir5世代に関する情報をお伝えしたいと思います。Airというだけあり、薄型がメインのモデルとなっています。 iPadAirは薄型モデルのiPadということで、結構販売されているガジェットとなります。 iPadA...

こちらがiPadAirのスペック予想となっています。今のところいつ発売されるかなどの情報はまだありません。

M1XはMacBookProに搭載の予定

こちらも見てもらいたいのですが、M1XはMacBookProに搭載される予定になっています。

Apple M1X:

-12コア。

– 8パフォーマンスコア。

-4つの高効率コア。

-MacBookProで最初に登場
プレスリリースとして発表された16インチ。

-プロトタイプを使用した情報筋によると、「M1が速いと思うなら、M1Xを見たことがない」とのことです。

-名前は最終的なものではありません。

過去にはこのような投稿もあることから結構信憑性は高いのではないかと思います。

今後はiPhoneはAシリーズ、それ以外はMシリーズが搭載の予定


画像引用元:Apple

今後はCPUがiPhoneとそれ以外で変更があると予想されます。

A16 CPU A15は?Apple iPhone 14に搭載されるCPUを リスク生産 3nmという驚異のプロセスルール
A16と呼ばれる次のCPUの開発をTSMCが行っているようです。 A16というCPUというのは、2022年にもiPhoneに搭載されるCPUになっています。 リスク生産というものは何か? リスク生産というものはなんでしょう...

こちら今後新型iPhoneに搭載されるCPUに関する情報となります。

iPhone14 /14 mini /14 Pro /14 ProMAX アイフォーン14 予想 進化 スペック 価格 予約 ドコモ au ソフトバンク
iPhone14の情報をお伝えしたいと思います。iPhone14というのは、2022年に発売される予定となっています。2020年の時点でiPhone12の発売が行われており、その後2021年にはiPhone13の発売が行われるため、iPho...

iPhone14に搭載される予定の、CPUをすでに製造しているといいます。iPhone14は実質iPhone2022年モデルとなります。名称はiPhone14というのは、まだ仮称となりますが、iPhone13という名称は飛ばすとも言われており、2021年モデルではひょっとするとiPhone12sという名称になる可能性は十分にありえます。

そしてタブレット系はM1XもしくはM2が搭載されるCPUとなる可能性も十分にありえるわけです。

✔iPhoneは継続してAシリーズのCPUを採用

MacBookやiMacはMシリーズのCPUを採用

MacBookやiMacはMシリーズのCPUをこれからは採用していくと思われます。

Mシリーズというのは、iPadとも同じCPUとなり、かなり高速に処理が可能となります。今までインテル系のMacを持っていた人は、買い替えていく必要があるかと思います。

今後Mシリーズに対応したアプリなどが続々と登場すると思われます。Mシリーズに対応したアプリであれば、かなり高速に動作させることが可能となりますが、インテル系にしか対応していないアプリは、残念ながら処理速度はそこまで早くないでしょう。

現在発売されているアプリというのは、インテル及びM1に対応しているアプリが大半なので、そこまで大きな心配はいりません。

ただしこれから先はMシリーズにしか対応していないアプリもたくさん出てくるでしょう。

特にAppleが販売しているアプリなどは、Mシリーズのみに対応され古いアプリのバージョンアップはなくなる可能性も十分にありえます。

✔Mシリーズ対応アプリに今後切り替えると予想
✔インテル系はOS含めてバージョンアップできなくなる可能性も高い

Appleは過去の遺産を切り離していく傾向にありますので、Mシリーズへの買い替えも含めて促進されていくのではないかと思います。

Mac自体も結構高額なガジェットの一つとなっており、買い替えとなると結構辛いかもしれませんが、アプリ自体のバージョンアップ時にインテル、M1のどちらにも対応する必要があり、効率が悪くなります。早い段階でM1のみに対応したアプリを販売したいとAppleは思っているに違いありません。

M1はかなり高速

M1のCPUを搭載したMacBookはかなり高速に動作します。

実際に利用した人に体感を聞いた見たのですが、動画編集や画像編集などもかなり高速に動作するということです。

✔M1搭載のMacBookはかなり高速
✔インテル系には戻れない

これが実際の意見となります。

【笠原一輝のユビキタス情報局】 Apple M1の実力を最新世代のIntel/AMD CPUと比較。M1が両者を大きく上回る結果に
 ArmベースのSoCとなるApple「M1」を搭載したMacBook Pro、MacBook Airなどが発売された。筆者もM1の13インチMacBook Proを入手したので、その実機を利用してさまざまな考察をお届けしていきたい。

こちらにも記載がありますが、ベンチマークにて比較してる記事となります。

M1は現時点でWindowsベースの薄型ノートパソコンでは最高峰となる第11世代CoreよりもCPUが約31%、GPUが約39%高速ということが実証できた。
Appleの表現するところの「省電力シリコンとしては世界最速のCPUコア、パーソナルコンピュータでは世界最速の統合型グラフィックス」というのは正当なキャッチコピーだろう。
この差はどこから来るのだろうか? それは前半で触れたとおり、160億というトランジスタ数を実現する製造技術の世代の差だと考えるのが妥当だ。
トランジスタの数が多ければ多いほど高性能な半導体を設計し、製造可能になる。160億という膨大なトランジスタがあればこそ、最新のx86プロセッサと同等のシングルスレッド性能、そして電力効率を重視するコアを含めてすべてのコアを使うことで高い性能が実現できていると考えられる。

こちらにこのような記載がありましたが、CPUが約31%高速かつGPUが39%も高速になっているのです。

これは本当にすごいことではないかと思います。

今後M2やM1Xなどが出てきた時には、更に差が広がることは言うまでもありません。

MシリーズのCPUのMacBookは買いではないかと思います。

こちら楽天で購入することが可能となります。

Amazonのほうが若干安価に購入することができるようですね。

M2の量産開始

M2の量産が開始されたようです。

これはかなりメリットがあるのではないかと思います。

M2は次期MacBookに搭載される予定となっており、かなり楽しみですね。

こちらはNikkei Asiaに投稿されている内容となっていますので、かなり信憑性は高い内容となります。

Apple's follow-up to M1 chip goes into mass production for Mac
TSMC-made chipsets to replace Intel offerings in laptops set to launch in 2H

製造はTSMCが行っており、TSMCというのは、AppleのCPUを製造しているメーカーとなっています。実際にはOEM提供なので、表に出てくることはあまりない会社となりますが、かなりAppleからの信頼性は高く、正直なところ私もこのメーカーはかなりオススメかつメリットがあると思います。

✔TSMCがM2を製造
✔MacBookProに搭載の予定

今後iPadもM1を搭載したようにM2を搭載する可能性が高いということです。ただ2020年のWWDCでMシリーズのCPUへの移行は約2年かかると言っており、インテル系のすべてのモデルをM系に変更するのは、2022年くらいになるということになるのでしょうか。

ユーザーとしてありがたいことは、M2のCPUというのは、iPad含めたApple製品全般に搭載されるということです。これによりインテル系より飛躍的に高速CPUになるということです。

基本的に高速CPUになるということで、かなり期待も持てるのではないかと思っています。やはり高速CPUというのは、処理するときにイライラしないとかなにかとメリットはあります。

そのメリットの恩恵を受けることができるということは、それだけでかなりのメリットになるのではないかと思います。

iPadは今まではAシリーズのCPUを搭載しており、それだけでも十分高速だと感じていた人もM1のCPUに変わったことで、さらに高速度を実感できるのではないかと思います。

ただ私も2018年のiPadを持っていますが、まだストレスを感じることなく利用していますので、買い換える予定はありませんが・・・とにかくiPadを利用して色々作業をしている人にとっては高速化というのは、かなりの課題だと思います。そういうことを考えるとM2が量産開始されるということは、かなり期待できることになるかと思いますね。

M1Xは最新のMacminiに採用の予定

M1Xという最新のCPUというのは、Macminiに搭載される予定になっているようです。

Macminiというのは、ディスプレイのないMacです。本体価格を抑えることが可能ということもあり、Macminiはかなり販売台数を伸ばしています。

✔ディスプレイを自分で選べる
✔ディスプレイを持っている人なら低価格でMacを利用することが可能

メリットとしては、低価格で利用できるというところではないかと思います。低価格で利用できるということを考えると、M1Xが搭載されるとしても価格は維持されるわけです。

ひょっとすると、インテルを採用していた時よりも部材調達価格は下がっているのかもしれません。Appleも部材調達が下がって、さらに処理速度が向上するものを採用するということは、かなりメリットのあることです。

M1Xということで、M1よりもトータルスペックが当然ながらよくなるということもあり、かなり期待している人も多いのではないかと思っています。

A○○Xと呼ばれるモデルをiPadなどで採用しており、iPhoneよりも上位のCPUという位置づけになっていました。

またXが付くCPUというのはグラフィックがよいということになります。グラフィックがよいということは、比較的高解像度のディスプレイであったとしても対応してくれることには期待したいですね。

M1シリーズのCPUになったことから、Appleは今後さらなる飛躍をしていくことは間違いありません。

楽しみに感じる人も多いのではないかと思いますね。

Mシリーズの人気は本当にすごい

Mシリーズが世の中に出てきたことにより、Mシリーズ搭載モデルの人気というのは、本当にすごいと思います。

Mシリーズの評価も高くベンチマークなどでもかなり上位に食い込んでいます。

それこそインテルからの乗換は正解だと言えるのではないでしょうか。

Macbookなどは今までインテルが非常に長かったです。

その前はIBMのCPUを利用していましたが、自社開発のCPUが最善ということになるのではないかと思います。

OSとハードの一体化をすすめるMacだからこそ、間違いなくメリットがあると思っています。

✔ハードとソフトを一緒に開発するメリット
✔M1の処理速度の優位性
✔M1はiPadにも利用できる汎用性

Appleの中でもM1シリーズの汎用性というのは、本当に優れていると思います。

今後はM1XそしてM2と徐々にレベルを上げていくと思います。本当に期待したいと思います。Mシリーズに対してはかなり期待したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました