iPhone12MAXとiPhone12Pro 6.1インチモデルが先行発売の予定

iPhone12の発表もそろそろ近づいてきました。iPhone12を待っている人も多いのではないかと思いますが、iPhone12は4機種発売されると言われております。4つのモデルが発売されるその中身は以下の通りとなります。

iPhone12
iPhone12MAX
iPhone12Pro
iPhone12ProMAX

この4つのモデルが発売されると言われております。iPhoneは非常に人気が高いモデルなので、2020年モデルは初めての5Gを搭載するということもあり、注目を浴びる機種になることは間違いないかと思います。

 

iPhone12MAXとiPhone12Proの2機種が先行発売

iPhone12MAXとiPhone12Proの2機種が先行的に発売されると言われております。

お互い6.1インチの画面サイズとなっており、iPhoneXRなどと同じ画面サイズとなります。画面サイズに関しては年々Android含めて大きくなっており、画面サイズが5インチを切るモデルというのは、非常に少なくなってきているのです。iPhoneシリーズの中ではiPhoneSEのみが5インチを切るモデルとなっています。

iPhone12というのは、4つのモデルとありますが、iPhone12が5.4インチでiPhone12MAXが6.1インチ、iPhone12Proが6.1インチでiPhone12ProMAXが6.7インチとなる見込みです。

画面サイズに関しては年々巨大化されており、画面サイズだけで考えるとかなり大画面になります。iPhone12MAXは標準的なAndroidと同じ画面サイズということになりますが、スペックは基本的にすべてのモデル共通となりますので、動作速度はかなり高速になるでしょう。

Proモデルと何が違うのか?

Proモデルとスタンダードモデルと何が違うのか?というところですが、やはりカメラの差別化ではないかと思っています。

Proモデルは3つのカメラとLiDARと呼ばれる奥行きを計測するセンサーが付属されております。そのためProモデルのカメラは本当にプロ並の写真撮影が可能になるかと思います。

まだ小さなお子さんがいる家などでは子供を撮影することもあろうかと思いますので、iPhone12Proの購入を非常にオススメしたいところですね。

iPhone12ではカメラはデュアルカメラとなっています。デュアルカメラということになりますので、LiDARの付属などもないと思われます。

デュアルカメラは広角と超広角の2つのカメラが付属されるものと思われます。

基本的には、このカメラの違いがiPhone12とiPhoneProシリーズの一番大きな違いになるのではないかと思っています。

iPhone初の5Gスマホに

iPhone初の5Gスマホになる見込みとなっているため、市場の期待度というのは、相当なものだと思います。2020年の後半にかけてミドルレンジモデルで5G採用の動きになっていくと言われており、今後確実にメリットが出てくる5Gです。

2020年の時点ではまだエリアもそこまで大きくはありませんが、今後確実にエリアも広がっていく予定となっています。

5Gのエリアが伸びていく2021年の時点ですでに5G対応のエリアを利用できるiPhone12はまさに買いのスマホではないかと思います。

iPhone12が5Gに対応するということを受けて、今後間違いなく5Gスマホは流行っていくのではないかと思っています。

Androidでも廉価版モデルなどで5Gに対応するモデルが発売され市場全体が5Gに変化していくことと思われます。

iPhone12 /12 Pro /12 Pro MAX 2020年 5G 予約 スペック 発売日 ドコモ au ソフトバンク
iPhone12の発表が行われました。 iPhone12、iPhone12mini及びiPhone12Pro、iPhone12ProMAXの4つのモデルが発売されました。 iPhone12というのはiPhone11の後継モデルとなっ...

こちらにiPhone12の記事を掲載しておりますので、こちらもご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました